サイト内検索 help
おすすめさん
『谷山浩子の幻想図書館 Vol.3 アタゴオルは猫の森』
『谷山浩子の幻想図書館 Vol.3 アタゴオルは猫の森』
serial experiments lain TV-BOX
『serial experiments lain TV-BOX』
春期限定いちごタルト事件 米澤穂信(感想)
米澤穂信『春期限定いちごタルト事件』
月光シアター
谷山浩子(公式
谷山浩子『月光シアター』
委員長お手をどうぞ(1)
山名沢湖(感想)
山名沢湖『委員長お手をどうぞ(1)』
白のふわふわ
山名沢湖(感想)
山名沢湖『白のふわふわ』
スミレステッチ
山名沢湖(感想)
山名沢湖『スミレステッチ』
EVER17 (感想)
『EVER17』


う た た ね こ や
〜 谷山浩子と本のあるところ 〜 
 


 2003年 2月

2003/2/1 (土)

[更新]谷山浩子ファンへの101の質問

 君崎くんたさんの回答を加えました。
 君崎くんたさんのサイト言の葉のしるべにある回答ページへのリンクです。

 君崎くんたさん、どうもありがとうございました。

2003/2/2 (日)

「学びの雨」はピアノ伴奏で合唱すると正真正銘の卒業式モードになってしまうことがわかりました(^〜^;)

2003/2/6 (木)

[更新]掲示板

 新しい掲示板をつくりました。
 こんどはレンタル掲示板ではなくて自分のとこにCGIを置いています。ちょっと便利になってると思いますのでよろしくです。

 谷山浩子ページにある掲示板のほうもこちらの新しい掲示板になってます。

 ――ってこっちはだいぶ前に入れるようにしてはあったのですが。すっかり放置してました(^〜^;)

2003/2/7 (金)

[更新]私的タニヤマヒロコ分布表

 谷山浩子ページの新企画。
 谷山浩子の歌を「SF」や「ファンタジー」や「ホラー」などにジャンル分けして自分の表をつくってみようという企画です。くわしいことは企画のトップページに説明がありますのでそれを読んで気軽に挑戦していただけるとうれしいです。

 CGIを作成していただいた一歩さんには大変お世話になりました。どうもありがとうございます。それからテストプレイをお願いさせていただいた方もどうもありがとうございました。ちょっと時間がかかってしまいましたが無事に公開することが出来ました。

[更新]谷山浩子系はやっぱりまわってるアンテナ

 グループ機能を使ってみました。

 今後、気が向いたら登録数を([三日月]に含まれそうなページを中心に)ぐっと増やすかもしれません。今回のグループ分けはそれでリストが増えすぎることのための対策というのと専門サイトだけチェック出来ると便利かも(?)というあたりが主な理由。

2003/2/8 (土)

[感想]「夢喰見聞(2)」真柴真

確かにこの目は光を
失っているけれど
静はそれを苦にした
ことないから

だって

目に見えないものに
理想を抱き続ける
ことができるもの

 現実から目を逸らしていることによってもたらされる幸、不幸。そして現実を見つめることによってもたらされる幸、不幸――。
 この物語で蛭孤に悪夢を食べてほしいといって登場する人物たちが迎える結末は見方によって幸福とも不幸ともとれるものが多い気がします。そして彼らが選ぶのは必ずしも現実の幸福というわけではなく、むしろ不幸を望むものもいるわけで、そのことが「人間は自分の望む真実しか見ないものだ」といった言葉を思い起こさせます。

 ベタが多くて黒の領域と白の領域が極端に分かれている独特の絵といい読み切り作品のようにまとまったそれぞれの話といい、非常にうまいですね。キレイすぎる、まとまりすぎていると感じる人もいそうですが、そのあたりも初めからそのつもりで書いているような気が。おもしろいのでオッケーです。今回の2巻よりも独立した短編が多い1巻のほうが好きですけど。

「合鏡」(後編):こんな恋愛で救われるはずもない、という「らしい」話ですね。
「音」:好き。不幸とも幸福とも取れるかもしれませんが「電波塔の少年」的なところもあります。
「油絵」(前編・後編):すばらしいですね。1巻の「文字」もそうでしたが、「ありえない絵」を成立させたこの漫画独特の意欲作だと思います。しかし、彼女の木炭画はひどい(^〜^;) よくここまでやるなあ。
「貘」:主人公「蛭孤」の来歴話――と思わせつつ実際は謎を投げかけただけ、という感じですね。それにしても(好きな人の)顔を見ただけで鼻血吹くキャラなんてギャグ漫画にもそうそういないと思いますが(^〜^;)
「カゴメ」:前にもあった憑喪神的な話ですが、これはちょっと人物も多くてゴチャゴチャしてるかな。

 うちってアクセス解析によるとこの作品と作者が1番多い検索ワードなんですよね。なぜか(^〜^;)

[谷山]MC来た。

 ファンクラブのサイトが出来たそうです。ちょー激しくいまさらですが(^〜^;)

 しかし、見てみると会員情報の変更や入会・更新手続きが出来たりグッズのオンラインショッピングが出来たりして思ったよりすごいです。――そのくらいのレベルで「すごい」と思わせることが出来るファンクラブというのもすごいですが(^〜^;)
 ファンクラブ販売のチケットも購入出来たりするようで(ほんとかなあ(^〜^;))、これでファンクラブ絡みで郵便局へ振り込みに行く必要がなくなるということになれば非常に便利ですね。
 更新やサービスの維持に期待……とりあえずしてみましょう。

 ……それにしてもサイズが小さすぎてぜんっぜん読めません(^〜^;)>会報バックナンバー

2003/2/12 (水)

[更新]谷山浩子ファンへの101の質問

 流星乙女さんの回答を加えました。

 浩子さんの「天城越え」っていうのはけっこう聴いてみたいかも。
 流星乙女さん、ご回答どうもありがとうございました。

おたく元年・1978年論ノートYuki's Diary / つれづれ日記(2月11日)より)

 新井素子が新人賞を取った時の選考座談会については読んだことなかったのですが、この人を選ぶことに異常なほど確信的な星新一というのは際立って見えますね。他2人の選考委員が保守的にすら見える、というようなその当時の状況みたいなものはわたしにはわからないのですけど。

2003/2/13 (木)

声優相性診断所瑞澤私設図書館より)

 ネタになる……かな?と思ってためしに占ってみたら関先生が2位。微妙すぎ……。

第 1 位 : 西口有香 [ にしぐち ゆか ] 97.9%
第 2 位 : 葛城七穂 [ かつらぎ ななほ ] 95.9%
第 3 位 : 冬馬由美 [ とうま ゆみ ] 95.9%

2003/2/20 (木)

 頭痛が遺体……。
 頭の左のほうに鉄の棒を入れたような感じ。頭を横にするとズキズキ。悪寒もガクガク。大人になってからこんなまともに病気っぽくなったのはめずらしいかも。耳もまだ聞こえません。

 佐藤亜紀「戦争の法」復刊決定だそうです。

[更新]谷山浩子ファンへの101の質問

 辻本浩輝さんの回答をリンクに加えました。
 辻本浩輝さんのサイトねぼけまなこにみかづきをにある回答ページへのリンクです。

 ミスティナイトで読まれた辻本さんの作品はどれも印象的だったのでいまでも記憶に残ってます。

 辻本浩輝さん、ご回答どうもありがとうございました。



【過ぎ去る日々をノコして】  [戻る]

     2003年4月以前の日記


サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ