サイト内検索 help
おすすめさん
『谷山浩子の幻想図書館 Vol.3 アタゴオルは猫の森』
『谷山浩子の幻想図書館 Vol.3 アタゴオルは猫の森』
serial experiments lain TV-BOX
『serial experiments lain TV-BOX』
春期限定いちごタルト事件 米澤穂信(感想)
米澤穂信『春期限定いちごタルト事件』
月光シアター
谷山浩子(公式
谷山浩子『月光シアター』
委員長お手をどうぞ(1)
山名沢湖(感想)
山名沢湖『委員長お手をどうぞ(1)』
白のふわふわ
山名沢湖(感想)
山名沢湖『白のふわふわ』
スミレステッチ
山名沢湖(感想)
山名沢湖『スミレステッチ』
EVER17 (感想)
『EVER17』


う た た ね こ や
〜 谷山浩子と本のあるところ 〜 
 


 2003年 5月

2003/5/14 (水)

[谷山]はてなダイアリーキーワード

 はてなダイアリーに谷山浩子のキーワードページが出来てました。
 ……1番下のボタンがちょっと妄想をかきたてるような気がします(^〜^;)

ちょっと前の文章にいまさら反応してみます。

 一歩さんのプリンSF。爆笑でした。

 新青春チャンネル78〜4月24日の感想文についての話が面白かったです(本当にいまさらだ)。
 わたしも面白かった作品について他の人にお勧めするようなつもりで感想を書いたりしているようなわけで、その場合は内容についてあまりに的確に書いてしまうより、「いったいどんな内容なんだ」というような興味を持ってもらえるような文章を書けたほうが良いのか……と考えてしまいました。実際にそういったものにしようとするとどんな文章になるのか……と考えてみて、それが例えばまいじゃー推進委員会!の「本日の名台詞」みたいな形になるのかな、と思いました。

2003/5/15 (木)

[谷山]カラオケ新曲

 HyperJoy「ガラスの巨人」入るそうです。曲ナンバーが53578で配信が6月上旬予定のようです。

アニメ

 アニメは見逃しまくりです。録画もしてなかったり。

 CooRieはなかなか萌えます。「ななか」のED、カラオケに入らんのかな。
「成恵」の本編は見られないのですが、そのせいもあるのか、これがアニメ化ってのはいまだに冗談のようにしか思えません(^〜^;)

[感想]読書いろいろ

 最近読んだ本について、楽しめたものが多かったのでいくつか。「アリス・ミラー」については別にして書こうかな……。

アリソン 時雨沢恵一 電撃文庫[Amazon]
 あらすじを見てとりたてて特徴もない感じだと思いながら読み始めたのですが、事件が起こってからはこれでもかという感じで伏線張りまくってるおもしろすぎる話でした。「ずっと戦争して来た国がそれで仲良くなるものか」という点とタイトルは惜しいと思いました。

マリオネット症候群 乾くるみ 徳間デュアル文庫[Amazon]
 あははは。新井素子と西澤保彦を合わせたような……という説明で済んでしまうような気もする内容です。愉快。

空を見上げる古い歌を口ずさむ 小路幸也 講談社[Amazon]
 メフィスト賞でハードカバーでヤングアダルトで帯が恩田陸――ということである程度どういうタイプの作品かわかるのでは、と思います。もうちょっと対象年齢が上がると恩田陸、もうちょっと(アクション)漫画的になると「ブギーポップ」みたいな話になるのかな、と思いました。読んでいて楽しいので満足。でも最後まで来てちょっと底が浅い印象が残りました。

2003/5/16 (金)

「アリス・ミラー」(ひとつ下)に追記。

 バーチャルネット 読書家妹 鞠絵14歳の5月13日に「最終的に解決されていない――」とあるのはラストで解決――というか実践されている件でしょうか……?

[感想]「『アリス・ミラー城』殺人事件」北山猛邦

 この作品を読んでみると綾辻行人の館シリーズと似ているな、という印象を受けます。タイトルや孤島の城に集まった探偵たちという舞台と状況。淡白な文章と平面的な登場人物。トリックを重視して現実的な真相へ至る推理小説でありながら幻想的な要素のある物語でもあろうとするところ。

 ……でも、似ているといっても最後に書いた点については館シリーズと鏡に映したように逆のものな気がします。綾辻を出発点とした新本格はどんどん幻想的な要素(あるいはトンデモな要素というか(^〜^;))を強めた作品が多くなっていったと思うのですが、北山はUターンして出発点に来たという感じです。トリックによって幻想的な世界が演出されたりするのではなく、その逆に幻想的な背景がトリックを語るためにあるというか。……このあたりは作中のシュールレアリスム云々というあたり関係してるかもしれませんけど。

 この物語の中では殺人のトリックが主役であって最も強固なものだと感じます。幻想、も(殺人の)動機も、探偵という存在も、まだ生きている人間も死んでしまった人間も、人を殺すためのの方法と較べて重みのないものだと思うと、文章が淡白だったり人物が平面的だったりするところと合わせても怖さがあるという気になって来ます。
 ……物理トリックを重視するようなタイプのミステリは本来わたしの趣味ではないのですけど、この作者の行き先は興味がありますね。

「『アリス・ミラー城』殺人事件」北山猛邦 講談社ノベルス[Amazon]

収穫


  1. 「『アリス・ミラー城』殺人事件」北山 猛邦 講談社ノベルス

  2. 「海底密室」三雲岳斗 徳間デュアル文庫

  3. 「マリオネット症候群」乾くるみ 徳間デュアル文庫

  4. 「永久機関装置」神林長平 ソノラマ文庫

  5. 「ちまちまぱぺっと」ひな。 角川コミックス・エース
  6. [CD]

  7. Miracle Play・天使が降る夜 dip in the pool

 5月に入ってからのもので憶えてるものだけ。
 6はずっと前に丸井のクリスマスCMでかかってた曲。タイトルも歌手名も知らないままでずっと気にしてたのですが、去年R2on(11/13)でようやくそれがわかって、手に入れました。

2003/5/17 (土)

nDiary

 導入してみました。ふう。……冬休みの宿題を春休みが終わってからやってるみたいな気もしますが(^〜^;)
 有里さんのnDiary導入用覚え書きにもお世話になりました。ありがとうございます。

 いままでのスタイルを崩さないように……ということでとりあえずこんな感じに。いろいろぐちゃぐちゃしてるので、やっぱり根本的なところからスタイルとか直したほうが良いかも。……とも思うのですけど、そこまでする気にはなれないので当分はこのままだと思いますが。

 これでちゃんと動くのかな〜と思いつつ。――問題があったらその時はさくっと元に戻しますか(^〜^;)

ダ・ヴィンチ増刊 ミステリー迷宮道案内

 これもしばらく前の話ですが。
「ダ・ヴィンチ」でミステリ特集の増刊が出ていて、作家インタビューとかちらっと見たのですが公式サイトに増刊のデータってないんですね)「ヴィーナスの命題」の真木武志が2作目執筆中というのでちょっとびっくり。……5年後くらいには出てるでしょうか(^〜^;)

[感想]エース特濃

 1号と較べてはっきり好意値が下がってしまった。
 ツガノガク「時をかける少女」が1番良かったかな。そういえば原作も読んでないし大林宣彦版もテレビで何度か観てるはずなのにちゃんと通して観たことは一度もなかったような。山名沢湖「でりつま」は1ページ1エピソードってのを忘れいて、1ページ目で吹いた(^〜^;) 葉月京「イヌネコ。」を看板だと思ってるらしいあたりがズレてると感じますね……。

2003/5/19 (月)

[アリスミラー城殺人事件]リンク永世メモ

 乙です。
 好評……だそうです。でも、この人ってメフィスト賞の中ではいまのところ売れてもいないし話題にもなってないという印象ですよね。その点「アリス・ミラー」はどうなるんでしょうか。そして(講談社からの)4作目は出るのでしょうか……(^〜^;)

「クロック城」、読み直してみます。

ミズウミ電報

 TOP絵更新。素敵です。確かに「ミズタマ」みたいですね。

 5月から6月にかけて雑誌掲載が3作品……でしょうか。がんばってるなあ。

2003/5/20 (火)

[更新]谷山浩子ファンへの101の質問

 むくさんの回答を追加しました。 むくさんのサイトねむねむ館にある回答ページへのリンクです。

 むくさん、ご回答どうもありがとうございました。

第3回「本格ミステリ大賞」の謎

 正直、死ぬほど笑いました。すごすぎ。

[感想]「海底密室」三雲岳斗

 探偵役が人工知能なのですけど、そのあたりに関する突っ込んだ言及があまりないあたりが「M.G.H.」と較べて個人的には物足りなかったです。犯人についても、こういう真相は受け入れにくいなと思いました。

「海底密室」三雲岳斗[Amazon]

[感想]「『クロック城』殺人事件」北山猛邦

 再読。
 読み直してみたら思ってたよりちゃんと世界を作っているなあ、という印象。「アリス・ミラー」が本格8割、幻想2割だとすると、こっちは幻想8割、本格2割という感じでしょうか。わりと映画的な映像が浮かぶような世界のような気がします。……っていうか、こういうのもセカイ系とかいうのなんでしょうか? まあ、この言葉自体、実体がつかめないのですけど。
 首を切った理由についてはすごいというかえげつないというか……。いま読んでみると派手なほうのトリックよりこっちのほうが北山猛邦らしいかな。

「『クロック城』殺人事件」北山猛邦[Amazon]

 おまけ。
 第一回黎明文学賞オンラインブックストアー黎明
 2chの北山猛邦スレから。

2003/5/21 (水)

C言語上の小説Mystery Laboratoryより)

 言語についてはまったくわかりませんが、「続・美琴姫様騒動始末」ってのがすごいですね。作者の公式ページなわけですが。普通に読めるかな……?

今週の水曜スペシャル

 うちの部屋を探検してます。……いえ、荷造りというか、まだそこまでいってませんが、本や紙くずをかきわけて整理してます。幻の怪魚はまだ見つかりません。

 いまのところ実家に持っていく本をとりあえず詰め終えたダンボールが7箱。……いままで実家から少しずつ持って来た意味なし(^〜^;) なるべく処分して行こうと思っているのですけど、そっちは4、5箱分くらいになるのでしょうか。アワーズライトの所有してる分は一通り持って行こうかな。

[谷山]ドはドクロのド

 ニュースになってた話題ですが、読冊日記に谷山浩子バージョンの話が……。
リスナーの投稿だそうです。

 20年前か。谷山浩子のオールナイトニッポン。直接知らないわけだよなあ……(^〜^;)

2003/5/22 (木)

2、3週は見逃したので……

 ラストエグザイルはすっかり話についていけなくなっていて残念。知らないあいだに野田順子とか出てるし。

 ステルヴィアのほうはそのあたり何とでもなりますが(^〜^;)
 やっぱりアリサが印象に残ります。出番が減っていってるわりに。

>「宇宙のステルヴィア」のOPの原画とか(DVD版じゃないと間に合わないって噂が・・)という話が戯れ言〜ナージャたんハァハァ日記〜に……。
 むしろ初回からずっと流れているのが正式なOPかとすでに思ってました(^〜^;) それはともかく、39人もいるカトゆー家の人たちは大家族ですね。

 成恵のEDはちょっと遊佐未森っぽいような……。声の伸ばし方あたり?

夏の読書 101

 書き込みどころか、読了本のタイトルをメモするのも忘れてたりしましたが、とりあえずいままでで91冊読了。残り10冊で期限まで1ヶ月と3分の1くらい? かなり微妙なところです。

 きょうは鼻が重いです。

2003/5/23 (金)

部屋を片付ける

 散らばっている本をしまったりゴミを捨てたりしていたら下のほうから新井素子「とり散らかしておりますが」が……。

[谷山]ツバサ

 CLAMPの新連載の第1話は「学びの雨」じゃないの?とせっかくなので書いてみる。……以上。

「陰摩羅鬼の瑕」の次は「鎌鼬の夜」(嘘)

 書くの忘れてましたが、今週のステルヴィアで授業のシーンにちらっと映ったのはたぶんテルミンですよね。未来の学生はあれ演奏出来るのかよ!……と、ツッコミとしてはまあ、そんなものなわけですが。

 ステルヴィアのEDは曲だけ聴いてるとけっこう良いかな。星空が目に浮かぶような感じです。でも、少なくともアニメの星空ではないな……。

2003/5/24 (土)

更新、みたいな

 谷山浩子FAN同盟に参加申し込み中です(……登録の案内ページにあるイラストがとてもかわいいです。登録する予定やHPのない方も見てみると良いかも)
 同盟とかウェブリングとかにいままで参加していなかったのは同盟なんかのバナーとか、やたらには自分のページに貼りたくないな、という理由があったのですけど、ここに来て最近の更新+「FAN同盟」のバナーによる経験値で急にうちのファンシーレベルが上がったような気がします(^〜^;)

 谷山浩子系はやっぱりまわってるアンテナを調整。登録サイトを増やしました。
 掲示板に類するページについて、私的要素が強く谷山浩子の話題が少ないものは登録しない方向に向かうことにしました。基本的に誰でも読めて、誰に読まれても良いというページで構成するということで。あと、「満月」は情報&それを含めた谷山ONLYサイトの更新だけ見られるようにして、掲示板は含めないことに。このあたりは適当にやってますが、ご意見があればお気軽によろしくお願いします。

[谷山]綾辻ファンに薦める浩子さんの曲

 綾辻行人データベース綾辻行人&谷山浩子のページを読んでました。良いですね。

 館シリーズのイメージアルバムの企画というのは知りませんでした。「館シリーズが10作揃ったら」って、いつの話なんでしょう……(^〜^;)

[感想]「世界の果ての庭」西崎憲

 たとえば、庭にぽつんと置かれた鉄製の椅子というものは、奇妙に魅力的だ。

 ファンタジーノベル大賞の受賞作はわりとヘンな作品が多いですが、肌ざわりは「やっぱりファンタジーノベル大賞だなあ」といつも感じます。

 普通にそれぞれの話が短編として並んでいたほうが楽しめたかな、と思います。駅の話も母の話も庭の話も良いのですが、全体としてわたしの中では印象が薄くなってしまってます。

「世界の果ての庭」西崎憲[Amazon]

2003/5/25 (日)

早。

 登録完了のご連絡をいただきまして、谷山浩子FAN同盟に加盟させていただきました。
 こんな半端なサイトなのに「谷山さんも扱うサイト」ではなくて「谷山さん専門サイト」のほうに入れていただいていてびっくりしてます。……こういうのが「はわわ」という感じなのでしょうか? はわわ。

 登録していただいたばかりなのでまだ同盟のほうから飛んで来た方はあまりいないと思いますが、どうぞよろしくです。

想い出の確率

 ……えーっと、これをまとめると、つまり太陽にも月にも海王星にも禿がいるということですね(^〜^;)

「結局、世の中なんて、うまくいくか、いかないかのどっちかよ。まあ統計学的にみて、五十パーセントはうまくいくわけですよね。四捨五入しちゃえば、十割だわ」
――加納朋子「ななつのこ」[Amazon]

2003/5/26 (月)

まいじゃー王太郎

 『舞城王太郎は阿修羅ガール』TNM
 そこに繋げるのか(^〜^;) 舞城王太郎は女性なんじゃないかというのは前にどこかのサイトmourning morningかな?で読んで「なるほど、カッコイイなあ」と思いました。……もちろん実際どうなのかは別ですけどね。

 まいじゃー推進委員会!は実は広辞苑を武器に使う司書の人が運営していて、管理人の極楽トンボさんは架空の人物なんじゃないか……とか思ったことは特にカッコイイわけでも何でもないだろうと思うので内緒。

新本格プロレス同好会の冒険

 本格ミステリの定義みたいなのって、いままでも問題にされて来たし、本格ミステリ大賞がらみとか一千億の理想郷あたりの流れでまた話題になってるという感じですけど。

 そのあたり、そこまでこだわらずにいられないというのは因果なことだなあという気が。自分の好きな作品もそうでない作品も、人が死ぬものも死なないものも、論理的な推理を重視したものも驚きを重視したものも物理トリックものも叙述トリックものも、何もかもひとまとめにして定義付けるような必要があるのかな……と思ってしまうのですよね。狼と羊と象とアザラシを同じ場所で飼うための方法を必死に考えているみたい――というと言い過ぎかもしれませんが(^〜^;) ……そんなふうに思うのって本格に対する愛がないということなのかもしれないですね。
 新本格の流れでミステリを読むようになった層にはそれほど本格に愛がない人はかなりいるんじゃないかとも思うのですが。それってひょっとしてドーブツ的?……なんて書きながらふと思いついて、つまり本格ミステリは謎に萌える小説だよっ、とか書いてみたりします。戯言ですけど(^〜^;)

 ちなみに記事のタイトルはいわゆる「飾り」というものなので気にしないでください(^〜^;)

2003/5/27 (火)

移業コレクション

 きょうのアクセス数にもびっくりしてますが、nDiaryを使うとトップページのカウンターは回らないものなのだという事実にもいまさらびっくりです(笑)

 引っ越しのダンボールは15箱くらいになりそうです。本とCDとビデオとDVDで。
 ずいぶん前に処分するつもりでまとめておいた本の中に思っていたより面白いと思う本を見つけて処分出来なくなったり。なるべく持っていく本を少なくするはずだったのにいいところ探しをしてどうするのでしょう(^〜^;) 異形コレクションもいくつか買っているわりほとんど読んでなくて処分してもいいくらいに思ってたはずなのに、作家の名前を見るとやっぱり読みたくなります。

 「ぶたぶた」が異形コレクションに入りますか(^〜^;)(5月27日)

無表情キャラについての考察無表情一直線

 ……あまりキャラ萌えとかいう感覚はわからないのですけど、lainも無表情キャラだと言われると(5月22日の日記)なるほど無表情は偉大です。……ってそれよりも27日の日記で吹いてしまいました。さいたまAAに反応しすぎかもですわたし(^〜^;)

2003/5/29 (木)

銀河通信

 谷山ファンとしてリンク。これも長距離電話?

 銀河通信といえば、最近はHIROKO TANIYAMA '80s(先生! アンカーがありません(^〜^;))を聴いてます。ここに入っている曲がこうして聴けるのはあらためて素晴らしいことだと思います。

[感想]Comic ZEROSUM

 山名沢湖「つづく・しずく・しずか」。
 アメノヒバス。一種の鏡面ワープみたいな? あのふたりはクセ毛アンテナで引き合ってるのかも。それと表面張力。あとドリフ(嘘)

 夢路さんのもアメノヒバスでした。実家に置いて来たので他の作品はほとんど読んでません。

 SFマガジンもちろっと立ち読みして来ました。おお、1番最初!?>「いちご実験室」 ……思わず他に何が紹介されてるのか見忘れ(^〜^;)「ライトノベル25年史」とか元長柾木の短編とかも気になるので図書館行って読むかも(<買わんのか)。

2003/5/30 (金)

[感想]「記憶の果て」浦賀和宏

 初浦賀。
 うっとうしい文章にうっとうしい長さでした(^〜^;) 物語としてそれが必要だったというところはあるのでしょう。人工知能らしきものの正体とか「名探偵なんていらない」とか(これもうっとうしいけど)いったあたりはけっこう面白いです。……というわけで評価としてはかなり微妙なのですが、1998年に出た作品というところはちょっと驚きます。まあ、他のも読んでみようかな、ということで。

 わたしが読んだのはノベルス版ですが、ノベルス版よりも文庫版のほうが高いのはなぜ?(^〜^;)

「記憶の果て」浦賀和宏[Amazon]

2003/5/31 (土)

[更新]谷山浩子ファンへの101の質問

 かわさとしげぞうさんの回答を加えました。
 かわさとしげぞうさんのサイト谷山浩子FAN同盟にある回答ページへのリンクです。

 かわさとしげぞうさん、ご回答どうもありがとうございました。

銀河通信2

 ブログふたたび
 29日に触れた話題の続きです。

 ブログについては、ウェブ日記とどこがどう違うのかもわからないくらいなので、まったく意識してなかったりします(^〜^;)

 匿名型BBSの「匿名」とはを読んで、書き込みをしたのが「わたしでもあなたでも誰でもかまわない」無記名掲示板は「そっくり人形展覧会」でしょうかと思ったり。



【過ぎ去る日々をノコして】  [戻る]

     2003年4月以前の日記


サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ