サイト内検索 help
おすすめさん
『谷山浩子の幻想図書館 Vol.3 アタゴオルは猫の森』
『谷山浩子の幻想図書館 Vol.3 アタゴオルは猫の森』
serial experiments lain TV-BOX
『serial experiments lain TV-BOX』
春期限定いちごタルト事件 米澤穂信(感想)
米澤穂信『春期限定いちごタルト事件』
月光シアター
谷山浩子(公式
谷山浩子『月光シアター』
委員長お手をどうぞ(1)
山名沢湖(感想)
山名沢湖『委員長お手をどうぞ(1)』
白のふわふわ
山名沢湖(感想)
山名沢湖『白のふわふわ』
スミレステッチ
山名沢湖(感想)
山名沢湖『スミレステッチ』
EVER17 (感想)
『EVER17』


う た た ね こ や
〜 谷山浩子と本のあるところ 〜 
 


 2004年 1月

2004/1/1 (木)

 今年もよろしくお願いします。

 そんなつもりはあまりなかったはずがやっぱり2003年良かった本リンク集更新してます。

いしいしんじ「悪いねじまわし」

 ネット連載。――してたんですね。

白泉社My文庫

 チャットで話題に出て来てページを見にいったのですが、最近のライトノベルの話題でこちらに「あるといいのに」と書いてあったような、新刊の半分近い内容をまとめて1ファイルで落とすことが出来るようになってたみたいですね。……でもレーベル自体がもうない、みたいなっ(^〜^;)

 ここの新人作家募集の十戒なんてのは、当時話題にしてましたが、作品は……「嘘つきパズル」がごく一部のあいだで話題になった程度という印象でしょうか。うーん……。

2004/1/3 (土)

 古畑。あの彼がまたあんな役で……と思ってたらそんなオチなのね。普通にウケました。あれってフジテレビのアナウンサーの名前?
 忘れてましたが「今泉慎太郎」がこのあと25時25分からあるらしいですね。たった一度だけのーさあいまがチャンスー♪(これが2004年最初の谷山浩子ネタなのか)

 えなり一休さんのCMやってましたが、テーマ曲が「気球に乗ってどこまでも」ですか。

 女子十二楽坊は実は13人だった(知ったかぶり週報)
 13人いる!(増えててもわかりません……)

2003年まんがランキング&雑記リンク(2004 1/2)

 2003年良かった本リンク集にも追加しましたが、漫画系サイトはこちらのサイトがよくまとまっているようです。

2004/1/5 (月)

 NHK-FMの「タイムスリップ明治維新」は原作にある「女子高生が幕末にタイムスリップする」という設定だけ持って来た予感(鯨カンケーない(^〜^;))。――きょうからってこと夜になるまで忘れてました。

読書系情報

 「戯言シリーズ」スクールカレンダー(仮)はてなダイアリー - 衝動買いと、戯言と、馴れ合いが好き
「零崎双式の人間試験」も2月刊行らしいですね。ファウストvol.2も。

 01/17 : 寮美千子ポエトリー・リーディング「小惑星8304」@カフェレストラン「ラシェット」(小田急線相模大野)ZABON

 そういえば須藤真澄「マヤ」の情報が『書店員のたわごと』の12月29日に載ってました。創英社って?……と思ったら三省堂グループの自費出版社のようですね。……何か動いたのかと思うのは考えすぎ?(^〜^;)>某人

2004/1/6 (火)

 エコエコアザラク -眼-
 1月からの新番組をまだ全然チェックしたなかった……と思いつつテレ東かけてみたら、これやってました。シリーズ構成と脚本で小中千昭&村井さだゆきが絡んでるらしいです。Bパートから見たので今回の話自体はよくわからないままだったのですけど、EDでヒロインが歩道橋の上に立ってるのをチェックして「やってるやってる」とか思ってたり(これとかね)。

サウンドクルージングカリブカラオケに行こう!

 神田にあるコスプレ出来るカラオケ店らしい。
 いろいろアレですね。……日・祝お休み。

ファンタジー職業適性診断 < TRPGが好きっ!.com

 はてなダイアリー - 衝動買いと、戯言と、馴れ合いが好きより。

 占い師「そなたに最も似合う職業は、綿密な調査が得意な『魔法使い』じゃ。

 何事にも『慎重さ』『丁寧さ』『正確さ』を求めるタイプじゃな。
 自己主張は弱く、感情表現も弱い。『無表情』で『寡黙』なところが特徴じゃ。
 プライベートなことでも気さくに問い掛けてくる『盗賊』タイプが苦手なようじゃの。
 周囲の話題にならないようにするため、苦手なことを知らせておくことをお勧めするぞ。」

 ……らしいです。「魔法遣い」じゃなくて良かった。

ラノベの売上に関してのネットの影響力はけっこうあると思う

 リンク先はこれで良かったでしょうか??

 その後、、特にこの話題が他で展開してるような気配はないみたいですね。電波…とどいた? にあったリンク先まではさすがに追いきれてませんが(^〜^;)

 えーっと、ネットで話題になった作品が売れるというのが本当なのかどうかみたいな疑問はともかく、もともとの「そのあたりに売る側が何か出来るとしたらそれは何だろう」みたいな実際的な話になると基本的には(ネットがない頃から)売る側がやって来たのと同じことやその応用になるんじゃないかと思うので、わたしみたいな一般の読者(素人ともいう)にたいしたことが考えられるわけでもないような気はします。

 ……とか思いつつもそういうことを考えてたりするわけですが(^〜^;)

「マリみて」の場合はすごく特殊なケースですよね。それをもっと一般化というか、同じような売り方を意図的にするためにはどうすればいいかというあたりを考えるのがきっと1番効果があるんでしょうね。これが電撃文庫(男性向けライトノベル)とかを読んでる層にコバルト(少女小説)の作品を読ませたっていう、ジャンルを越えた繋げ方をしたケースだとすると、あくまで例えばの話ですけど(ライトノベルじゃないし)ギャルゲーやってる層に少女漫画を読ませるみたいなことも出来るんじゃないかとか思うわけですが。

 ……というか、そういう売り方が出来たのは「まんが王」がギャルゲーのムックやらエロ漫画やらとコバルトを一緒に並べて売れるようなところだったからというのがあるだろうから、たとえば出版社がそれを見習う(?)としたらレーベルを越えた情報を提供するページなんかを作るくらいのことは必要かも……。

 このあたり、Amazonの「おすすめ」みたいな機能ももっとシステムとかいろいろ充実させたら面白いんではないか……とは思います。

 きょうはこんなところで。

2004/1/7 (水)

 めんぼくないです。
 何の疑いもなくnDiaryなんかと同じ要領でやっていたらしい。

謎の巫女さん
「巫女さんやでー。
 さて。お正月といえば初詣。初詣といえばおみくじや。
 でもきっとおみくじを引いてないゆう人もこの中にはおるかと思います。そんなこともあろうかと私がかわりに引いてきました。
 それをいまから読もうと思います。
 ええな? いくでー。
 むむ。いまこれを読んでいる人の運勢は……半吉やー!

 そんなわけで今年のあなたは半吉さんや。よかったなー」

[感想]「太陽の塔」森見登美彦

 これを読んで、ここを連想した。
 きっと、みんな同じ事考えてる――かどうかは見当すらつきませんが、それはともかく……。


 我々は二人で頭をつき合わせては、容赦なく膨らみ続ける自分たちの妄想に傷つき続けて幾星霜、すでに満身創痍であった。そうして我々は「世の中腐ってる」と嘆くのだったが、正直なところ、時には、世の中が腐ってるのか我々が腐ってるのか分からなくなることもあった。ともかく、我々の日常の大半は、そのように豊かで過酷な妄想によって成り立っていた。
 かつて飾磨はこう言った。
「我々の日常の九〇パーセントは、頭の中で起こっている」

 乙一が滝本竜彦みたいなものを書こうとしてみたといったような感じもしないでもないのですが、それでいてこれがファンタジーノベル大賞から出て来た作品だというのもすごく納得、というような印象。京都に住む大学生の主人公とその仲間たちの妄想がほとばしる――みたいな売り文句通りの笑える部分もたくさんありますが、その上で落ち着きのあるまっとうないい話だと思いました。

 こちらにファンタジーノベル大賞の選評がありますが、その他に冒頭の部分も読めるようになってます。ただ、「あらすじ」はないようなものだといってもいいので読まないほうがいいかも。

「太陽の塔」森見登美彦[Amazon]

「こんなに長い名称をスラスラと言えるなんてお姉さまってやっぱりすごい」

 ラジオの「タイムスリップ明治維新」は3日目にして聴き逃しましたが、マリみては無事に見ました。逆じゃなくて良かった。

 ヴィジュアル系ですね……。

2004/1/8 (木)

 ロサ・ ディプロトドンティア・マクロプス(我孫子武丸)。

えなりかずきの一休さん

 ちょっとだけ見ました。あの一休さんはどんな年齢設定なんだ……。

「えなり」「一休さん」「タイムスリップ」というキーワードでどうにも鯨統一郎のことが浮かんでしょうがないわたしはしょうがないです。

「一休」と出そうとしたら、タイプミスしたまま変換して「イ九」になってしまいました。いきなり話が縄文時代と弥生時代のあいだへ……(^〜^;)

ライトノベルの話の話。

 前回とはちょっと別で、「ネットで話題になった作品が売れるというのが本当なのかどうか」というほうに寄った話(……かな?)。直接言及するわけではありませんが、話の流れとして麻耶さんのここそのひとつ下の話題にリンク張っておきます。

 たとえばエロゲーあたりの場合なら、ネットで情報を共有しているユーザーの層がユーザー全体とかなり重なって来るだろうから「ネットで話題になっている作品」と「売れている作品」がかなり近いものになるだろうと思います。

 それがライトノベルの場合、そうじゃない読者がかなりいるわけですよね。そこでネットで情報を共有している読者の層とそうでない読者の層とのあいだで情報の壁みたいなものがあるわけで、ネットで話題になれば少なくともネットで情報を共有している層の読者にはそれだけ売れていることになるだろうけど、ネット外の読者に対する売上げにまで影響を与えているかというとどうなのかと思うわけです。ネット上でそうした情報の速度や密度が高いのに対して、ネット外の読者には逆にそうしたネット上の情報が伝わりにくいのではないかと考えてみると、ネットで話題になってるというのもローカルな流行みたいなものでそれが「売れる」と言ってももともとの売り上げにローカルな流行の分が上乗せされるだけなんじゃないかと思うわけです(まあ、それだけでも余計に売れればそれでいいといえるかもしれませんけど)。「ネットで話題になったものが売れている」ように見えるけど、見方によっては「ネットで話題になってるわりには売れていない」ということにもなるんじゃないかという話。……「マリみて」ぐらいになればネットでの盛り上がりがその外まで影響を与えたといえるのでしょうけど。

 そんなことを考えてみると、作家個人とかじゃなく出版社あたりが作品そのものでない要素で売り上げを上げようとした場合、ネットで話題になるような何かをするよりもネットの口コミ情報をネット外までスムーズに伝えられるような方法を考えたほうがいいんじゃないかとか思うわけですが(何となく無理っぽい)。いずれはネットの人口そのものが増えてもっと読者全体と近くなるんでしょうけど。

 このあたり、ライトノベルについてはもともと(ネット外で)口コミからメディアにまで取り上げられるといったようなブレイクをするルートを持ってなかったということがあるんじゃないかとか思ったのですが(そもそも市場の大きさが……とかあるんでしょうけど)。それでごく限られた仲間内とかいった以上の範囲へ広げられるように評判を拾い上げられるものがネットの他にあまりなかったし、その口コミの範囲はやっぱりネットで情報を共有している層に限られているということで(ネット外でその範囲を多少広く出来るのがリアル書店かな?)。売る側にとってネットの話題が気になるとしたらこのあたりからということなのでしょうか。

2004/1/9 (金)

 テンバツ!テンバツ!
(UNDER17はまたいい感じに壊れてるなあ……)

 『こんにちわ』撲滅委員会(CUTTING EDGE)
 =「ごきげんよう」推進委員会だと思った人は挙手(^〜^;)/

夢の中で本を読む方法はてなダイアリー - 日々是魚を蹴る

 ちょっとファンタジーか何かのようなすごい話ですが、しかし本を読めるようになるのに10年もかけるのならもっと他に夢の中でしたいことはなかったのか……と思わずつっこまずにはいられません(^〜^;)

知的グッズ(知ったかぶり週報)

 わははは。早見表から「ニュートンのなるほど林檎」とか「ベーコンのベーコン」とか「天動説のほんの一部」とか見ていくと、いろいろクラフト・エヴィング商會みたいですね。「最後の人類のサイコロ」あたりも何とも言えません。

私は今日ナニをオススメされました

ぼくと未来屋の夏 (Mystery land)
はやみね かおる著

太陽の塔 / 森見 登美彦著

死なないで / 井上 剛著

 しっかり読んだばかり作品と既読作家の未読作品が紹介されてます……。わたしの場合は、bk1はほとんど使ってないし、「おすすめ」もいままでちゃんと見たことなかったので、きょう見ただけだと何とも言えないですけど。

 Amazonで「もえたん」がおすすめされるってのは前にうちでも書いたのですが、こっちは「この商品が購入または評価されていたから」という理由の他に、ただ売れ線を紹介されてるような気がすることが……。きょうはこんな感じでした。

『みんなのうた 映像集』, (その理由は?)
『谷山浩子ピアノ・ソロ・アルバム―やさしく弾ける』, (その理由は?)
『萌える英単語もえたん』, 渡辺 益好, 鈴木 政浩 (その理由は?)
『13歳のハローワーク』, 村上 龍 (著) (その理由は?)

夜会のDVD

 夜を往け -Go Through the Night-より。

他に気になったのは、DVDのパッケージに入っていた冊子の情報がかなり少なかったことでしょうか。書いてあったのは歌詞だけで殆ど解説も何もありませんでした。せめてどんな物語だったとか、共演者は誰だったとかくらい記載していて欲しかったです。「白菊」で一緒に歌っていた人とか、「あなたの言葉がわからない」に登場した言葉の判らない人とか、「陽紡ぎ唄」や「六花」で共演していたやけに歌のうまい人とか。とにかく説明不足過ぎです。名前くらい載せないとバチが当たるってもんです。YAMAHAも適当な仕事をしないでくださいよ。なんて勿体ない。

 そのようなものだったのですか(^〜^;) そのDVDは買ってないのですよね。夜会は何度か観に行ったしビデオも2作だけ持ってますが。

 いちおうちょっとだけマジレスしておくと、「陽紡ぎ唄」や「六花」で共演していたやけに歌のうまい人は谷山浩子という歌手っぽい人です。この、映像ソフト化されていないvol.11の「ウィンター・ガーデン」のDVDについては、ヤマハはきっとこのダイジェスト版をを出てしばらくしたら出すつもりなんだ、とか思ってたりしますが(<陰謀論(^〜^;))。まあ、予想じゃなくて願望ですけど。

 そういえば、今回の夜会もおもしろそうですね。

2004/1/10 (土)

【NHKドラマ愛の詩】ミニモニ。でブレーメンの音楽隊

 いつもよくわからないこの枠。今期はミニモニ。らしいです。
 ……加護亜依はメイドなのか?

[谷山]電波塔。Inout

 前にも紹介させていただいたサイトですが。

2004/1/11 (日)

 そういえば「ありのままに」(杉山加奈・東京少年少女合唱隊)がB-Karaに入ったみたいですね。といっても歌そのものをほとんど聴いたことないんですが……。

 命中。
「連想した」というのは文章の感じからで、わたしは読んでいるあいだ何度もそれをくり返しましたが、ご本人にはお会いしたことっすらないはずだし、よく知っている人が読んだらまた全然違うと思うかもしれません。

 きのう触れたドラマ、ビデオで第1話を観ましたが、けっこうまともにおもしろい……かも。現代編は山寺宏一が出てますね。そして新撰組!を見忘れたわたし……。

ミュージックファンド

 誰でも作品を作れ、誰でも批評することが出来る時代なら、出資者になることもまた?

 出資者側の問題点としては、出資前に制作CDの試聴を行うことができないという点でしょうか。出資額が集まってからCDを制作するため、実際に販売されるCDの曲の試聴はできません。それ以前の楽曲の試聴は可能かもしれませんけど、それだとちょっと不安がありますよね。そのアーティストのファンでないとちょっと出せないかもしれません。

 ファンの立場だと、これから作られるものに具体的に関わることが出来るというのは心をくすぐられるかもしれません。でも、どうなんでしょうね。真紀奈17歳さんの記事の最後のほうにあるように「これくらい」という需要の目算があれば普通に自主制作のほうがいいのかも。明らかに需要が多ければメジャーに行ったほうがいいのでしょうし、それなら実績のないアーティストがそのための通過点として利用する価値はある……のかな?? これって出資することによってアーティストとファンとの距離が近くなったように感じられるあたりが1番の特色なのかと思いました。……まあ、距離が近くなればいいとは限らない気はしますが(^〜^;) 具体的な量と質のあるファンの期待を背負って創作するという環境は作り手や出来上がる作品に対していままでとは違う影響があるんでしょうね。

2004/1/13 (火)

 きのうはまとまらずに、その部分はばっさり……。

またライトノベル

 ネットでの評判がライトノベルの売上げにどれだけ影響を与えるか、という話。

 2chに集まる読者やそこで支持される作品っていうのはマイノリティに傾きやすいんだろうし、ネットで情報を共有している層であっても読書系サイトとはまたずれた層だと思うので、前に書いたのと同じでコミュニティの外まで評判を伝えるのは難しいということなんじゃないかと思いました。……「2ch(ライトノベル版)→個人サイト」の場合で言えば、単独でおもしろいスレが紹介されるようなことはありますが、2chで何の作品が人気があるかみたいなことまで間接的にはなかなか伝わって来るようなものではないですからね。

 ネットから一般へ情報を伝えるということだと、ここに書かれてる話からしても、ごうさんのところにあったように「アンテナ高い店員重要」ってことになるのでしょうかね。

 ネット内部の話だと、いくつかの小さいコミュニティで評判になっている作品があったとして、その情報が内輪レベルを超えてもっと広い範囲へと伝わるようになるためには複数のコミュニティを跨ぐ存在としての大手サイトを通る必要があるのかな、と。

 ライトノベルのネットで評判と部数の関係(うぱーのお茶会より)

 ネットで情報を共有している層は一部のオタクなので、そこで話題になるものとそれ以外の読者に売れるものが違う――という場合も出て来るということですね。見方によっては「ネットで話題になってるわりには売れていない」ということにもなるんじゃないかというようなことは前に書いたんですが、ネットだと「読者を選ぶ」みたいに言われるような作品であればあるほど、ある決まったコミュニティではすごく話題になっているのにその外ではまったく話題になっていないというような状況になって、現象としては「ライトノベル板で評判になると、その作品は売れない」といったように見えることになる気がします。

 冲方丁については、麻耶さんのところにあった文章で触れられている時点と現在の時点ではかなり変わってるでしょうね。わたしの巡回していた範囲でも前はほんの一部すごく高い評価をしているサイトがあったぐらいで、それが「マルドゥック・スクランブル」が出たところでいろいろなサイトで話題になったという印象です。――このあたりちゃんと追ってみるとおもしろいのかもしれませんね。基本的にこの場合は(口コミ云々というより)ハヤカワ文庫刊として商品を作ったことによる成功のように思いますが。

2004/1/14 (水)

 しまたー。
 きのうの日記を12日の日付けで上書きしてました。
 まあ、本当の12日の日記はひとりごとと乱歩Rの感想をちょこっと書いたぐらいだったので不幸中の幸いということでそのままにして、12日に間違えたきのうの分を13日に直しておきます。

 小学館 話題の新刊書籍立ち読みサイト オープン!(CUTTING EDGE)

[谷山]絵本「まっくら森」

 「まっくら森のうた」の絵本がサンマーク出版から出版されるようです(紹介ページ)。

 谷山浩子メールニュースより。

なるたる

 アニメ版@TBSの第1話。

 すっかりスタッフもキャストも忘れてたのですがシイナの第一声が出た瞬間に「でじこかよ」と思ってしまいました(でも多少どれみに近いしゃべり方かなあ)。火曜(日付けでは水曜ですけど)は「エコエコアザラク」と合わせて小中千昭デーになってしまいました。

口コミの話。

 ネットでの評判とライトノベルの売上げ - StarChartWiki

 きのうあたりに書かれていたものを読んで、作る必要があるのかな……と思っていたら有里さんが作ってくださっていました。感謝。ごくろうさまです。

 ラノベの話題性はすごいな

売上と話題性というテーマより、ラノベに関しての話って、どうしてこうも盛り上がるのか、という方が気になってきますが、それはさておき。

 ライトノベルというのももちろんあるのですけど、個人的にはネットで情報を共有している層の読者には、普通に売れている作品が「ネットで話題になった作品が売れている」かのようにも見えるわけですよね。と書いた時点からネットのコミュニティといったような方向へ。

 1月8日に書いたあたりでいちおう書いておきたいことはひと段落した気がしているし、売上げあたりの話についてはもう具体的に書いてくださる方がいるので読ませていただく側にまわろうかと。

 そんなわけでまたちょっと別の方向で書いてみます。もうライトノベル限定の話でもないかも。

 前回、ネットで評判が広がるためには大手サイトを通る必要があるみたいなことを書いたのですけど、その大手サイトにあたる個人ニュースサイトみたいなところ(それにまんが王とか)って、雑誌とかに相当するような、限定的な範囲でのマスコミ的な働きを持っているわけですよね。そしてそこで流通するものっていうのはイラスト、宣伝、ストーリー傾向などに大手サイトで話題になりやすい要素がある、ニュースバリューのある作品でしょう。逆に良い作品であってもそうした要素がない場合は大手サイトを介して情報が流通しないし、大きな話題にはならない。

 そこで話としては「話題になりにくい作品を大手サイトの話題に乗るように――」という方向もあるのでしょうけど、個人的に求めてるのはそれと違うのですよね。売れるのもいいことだろうし、話題になるのもいいことだろうと思いますが、売る側ではないので本当のところ売れるかどうかは重要ではないし(売れなくて続刊が出ないような話になるとまた無視してはいられないんですが……)、話題になった作品だからといってそもそも自分の好みには合うとも限らないからです。

 ネットに繋いで感想とか読んでいるのはそれ以外の既存のメディアで手に入るものでもなく、身近な仲間内で手に入るようなものでもない情報を求めているというのがあるわけです。そこで、いままでの話だと「ネットの口コミ」というのは大手の個人ニュースサイトなんかを含めたものを指していたのですけど、うちみたいなサイトをやってるような人間として期待するネットの口コミ的なものっていうのは、自分の趣味に合いそうな作品の情報をそうした大手サイトまで通さずに見つけられるようなもののように思うわけです。

 いま現在だと、自分の趣味に合う作品を探そうとすると地道に似たような趣味のサイトを見つけたり信頼出来る書評を書いているサイトを見つけたりしてそこで薦められているものを読むしかないかもしれませんが、もっと効率的に話題になりにくい良作の情報を送受信することが出来るシステムがないものかな、と思うのですよね。思うだけでそれが出来るわけではないですが。すぐ思いつくものだと、書評リンク的なもの、amazon、bk1にある「おすすめ」のようなものをもっと使えるようにしたものとかいった感じでしょうか。ときめきくらぶにある「少女漫画家占い」みたいなのもおもしろいのですけど。

2004/1/15 (木)

 フワフワな世界です

 彩紋家家系図(D4D4D=3D+8 / diary for database for detective)
 他の流水作品はあまり読む気しないのですが、「彩紋家事件」は読んでみようかと前向きに考えようと思わないでもないきょうこの頃です。……下巻が出てから。

店長さんたちによる「日本一早い書評!」〜 『パーフェクト・プラン』柳原慧/著 宝島社 〜

 イーエスブックスのユーザー数名による新刊の先行書評企画。

発売前の本を有志の店長さん20名にお送りし、実際に読んでいただいてコメントをいただきました。今回取り上げたのは、ミステリーの新人賞、『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した作品です。

[感想]「安楽椅子探偵アーチー」松尾由美[創元クライム・クラブ]

 ちゃんと内容をひと言で表しているのだけど、それにもかかわらず中身のおもしろさが伝わらないタイトルかも。

 誕生日プレゼントとしてテレビゲーム機を買ってもらうはずだった小学5年生の衛が、親から渡されていたお金で買って来たのはアンティークショップにあったひじ掛け椅子。それはただの椅子じゃなく、何としゃべる椅子で、しゃべるだけじゃなくその上に衛からまわりであった事件の顛末を聞くだけでその謎を解いてしまう、まさしく正真正銘文字通りの「安楽椅子探偵」だった。――という話です。安楽椅子探偵が椅子っていう発想もばかばかしくもすごいものがあるわけですけど、この話のまたすごいところは語り口調や話すようになってからの時間で類推される椅子の人格が衛に対してちょうど祖父にあたるような年齢のもので、その家にやって来た古いしゃべる椅子が共働きの家で暮らす衛にとって特別な相談相手になっているということだと思うのですよね。そのあたりは表紙のイラストのほうに出ているように思います。

 そういえば、児童文学で椅子がしゃべる話といえば「ふたりのイーダ」という名作が。「本当にしゃべるんだったっけ?」と考えてしまったくらい深いところにあった記憶をこの本を読んでいて掘り起こしてしまいました。ほとんど憶えてませんでしたが……。

 ただ、読み進めていくと「僕とお爺さん」の話としても、ミステリとしても、しゃべる椅子の秘密についてもちょっとどうかな……と思ってしまいました。このあたりは設定の良さからちょっと期待値が高すぎたというところがあるかもしれません。

[感想]「安楽椅子探偵アーチー」松尾由美[Amazon]

2004/1/17 (土)

[書評]書評ヘッドライン

 思いつき企画。続くのか不明。

「イカロスの誕生日」小川一水【 amazon / bk1
ストーリーの基幹に「希望」という文字が描かれているような作家だ。

「あなたの人生の物語」テッド・チャン【 amazon / bk1
僕の妹でいてくれてありがとう(04.01.17)
 おもしろすぎます……。

「聖遺の天使」三雲岳斗【 amazon / bk1
ともかく、久方ぶりに登場した、島田学派直系の力を持った新人さん(とはもうとてもいえませんが)ですよ

2004/1/19 (月)

 書評Wiki始めましたMystery Laboratory

 萌えについて
「男性が無理やり萌えようとして、発見してきた」という見方をすることが「無理やりなので無理がある。もたない。いずれ限界が来る。 」のではないかと。

 乱歩R。
 おお、天地茂ですね。「そんな初歩的な……」にはワラタ(でもあれは結局どうだったの?)。

[感想]「目を擦る女」小林 泰三[ハヤカワ文庫 JA]

amazon / bk1

「なるほど、そう来るか」鰒がようやくのことで呟いた。「どうでもいいけど、仮想世界ネタばっかりだと、そのうちに飽きられるぞ」

 メタフィクションっぽいものをいろいろ楽しめる短編集。ミステリとしては山口雅也の「ミステリーズ」みたい……なのかも。おもしろいのですけど、ばかばかしい話のわりに地味ですね。あと、同じ傾向ものに偏っているところがそれぞれの話のインパクトを薄めていて、短編集としては損してるように思います。

 表題作の「目を擦る女」「超限探偵Σ」「脳喰い」と続けてホラー、ミステリー、ノスタルジーものっぽく振ってみせてるのですがどれもいい具合にばかばかしい感じ。「空からの風がやむ時」「刻印」はわりとオーソドックスなハヤカワのSF短編的な作品。「未公開実験」はタイムパラドックスという矛盾を解消したタイムトラベルもの、というと大げさかな。「ターイムマスィーーン」と叫ぶのが「トリック2」の「ゾ〜ン」みたい(^〜^;)

2004/1/20 (火)

「うたやねこ」じゃないですよ?

クロスレビューリレー:読書(はてなダイアリー - ヤッキュンのモラトリアム広場。)

 はてなダイアリークラブですけどリンク。
 書評リンク的なものも兼ねているみたいですね。「コズミック」からスタート。

2004/1/21 (水)

最近じゃないウェブログ

 土佐日記 - Tosa Blog
 一葉blog
(Love Booksより)

 それぞれ「土佐日記」と樋口一葉の日記をウェブログにしたもの……らしいです。「あしたの日記」(byはれぶた)並みのインパクトかも(^〜^;) 土佐ブログの「日本最古のネカマブログ」って強いなあ。

2004/1/22 (木)

 そういえば、なるたるとえこえこ録り忘れてる……。

 新刊情報はここで探せ(Love Books)

 イーエスブックス:姫野カオルコ書店
 前に触れた乙一書店と、それから坂本龍一書店もあるそうです。

クレヨン社の「夜間飛行」サンプル盤

 前に触れましたが、活動再開したクレヨン社が製作中のニューアルバムに収録される予定の曲、「夜間飛行」のサンプルCDが配布されています。

2004/1/23 (金)

 ファンタジー・ブックガイド 掲載書籍リスト(本日の有里)
 読んだかどうか曖昧な作品、挫折した作品、読まなくちゃと思いながらそのままの作品がいくつか。そしてそれ以外のほとんどの作品は読んでません……。

萌えについて

 皮肉というか、「何でも萌えで語られることに対する違和感」みたいな感じでしょうか。

 でも、「これはSFじゃない」、「これはライトノベルじゃない」とかいうのと同じように「これは萌えじゃない」ってのもあんまり意味がないのかもしれません……。何かの作品とかについて「萌えとはここが違うんだ」みたいに語ったとしても「でもそれも萌えでしょ」とか言われちゃうと勝てない気がしていて、難儀な感じです(^〜^;) ここでいずみのさんが書かれてるあたりと多少かぶるでしょうか。「でもそれも萌えでしょ」というツッコミを避けようとするなら萌えという言葉を初めから使わない文脈じゃないと、という感じ。……このあたりはまた新ためてでも書けるといいのですけど。

 まあ、この件についてはいずみのさんに繋げられれば、と思ったので。

2004/1/26 (月)

洋楽関心地図と読書体験

 洋楽関心地図(04.01.25)

「間違った世界地図」っていいですね。

 関連としては、きのうの日記というより、前にあったオタク・クロニクル寄りでしょうか、と思いつつおもしろかったのでリンク張りました。……っていうか洋楽は聴かないので地図そのものについてはまったくわからないんですが(^〜^;)

 わたしぐらいの読書量の少なさと趣味の狭さであれば、本(作家)でこういうタイプの図も書ける気がして来ました……(簡単単純なメモリー)。
 当然その真ん中に谷山浩子が来るんじゃないかと思ってるのですが、脳内ではそうであっても、2次元化するとそのままの形にはならないかも。

 ところで同じくR2onの1月26日の日記を読みながら、ネタバレのことも含めて「いかに物語の情報や読書体験の情報を上手に交換するか」みたいなことがうちのサイトのテーマのひとつでもあるなあ、と新ためて思ったり(大げさ)。この話題だと2003/04/11の日記で書いたことあたりもわりと関係が深いようなないような気がしますが。

 読書体験に与える影響を少なくする紹介というようなことについてはここで1回書いたのですが、それに関しては説明せず書名だけ言って「いいから読め」という紹介というのはやっぱり問答無用に1番強いです。それも含めて作品の内容に触れないような紹介が強いなあ、と思ってます。そんなことを思って感想を書いてると結果として狙い撃ちこの感想の1行目)とかになったりするわけですが(^〜^;)

 それ以前に最近あまりここで感想書いてませんね……。

2004/1/27 (火)

 なぜかきょうになって「戯言シリーズ スクールカレンダー」で検索して来る方が多数(特に情報とかないですよ)。最後通牒に載ったからとか……?

 乱歩R。
 この無理やりな真相(視聴者的にはバレバレ)をわざわざやるからには何らかのリアリティっぽいものを感じさせる工夫のあるドラマにしてほしかったなあ、と思いました。

 エコエコ。
「四方田千砂」とか言ってましたよ。不意打ちでけっこうウケました。

 いろいろ、きのうの日記に書き足らなかったこともあるはずだし、他にも触れたいこととかあるんですが、ちょっと余裕がない感じです。いずみのさんの書かれてる「最近のオタク」って言葉はどのあたりを指してるんだろう……?

 某原稿が終わるので、書きかけのまま放置してる文章を再開する予定……。しかし、これはちゃんと完成するのか?(^〜^;)

 この調子が続けばあと 20年くらいはもちそうな気がします。
 ……ずいぶん長持ちするガムなんですね(すみません。冗談です(^〜^;))。

2004/1/28 (水)

 等身大Pinkyとか、わりとフツーにお店の入り口に置いてあったりとかしそう(どんなイメージなんだか)。

 ○○してはいけないってのは、たしかにそうだけど、
 実際は○○してる作品が多い罠。

 ありきたりなパターンで書いてありきたりの作品になるのがアマで、それでおもしろいと思わせるものが書けるのがプロってことでしょうか。
 ひと通り眺めたのですが、「見せ方」は徹底的に工夫して下さい。ってのが1番かな……。
 駄洒落小説は横田順彌のハチャハチャで終つてゐる。にはウケました。終わってたのか。ちくしょう。

「限界が来る」発言にまつわるコメントリンク集

反応が……

 俺履歴と書評とか
あんまり面白くならない気もする。読書量があろうとなかろうと。

 まあ、しょせん自分語りですから(<おい)。

 考えてるのは、X軸方向がはまった時期。Y軸方向は適当に近いものが隣り合うように並べていく感じでしょうか。それで右端と左端をくっつけて円筒形になるようにする、と。……そういえばこれってワープの説明に出て来たりするネタですね(何の話なんだか)。
 もうちょっと考えたほうがいいかもしれません。

 どうもありがとうございます>いずみのさん

 わりと見かけるオタク三世代分類くらいのスパンの話というかそんなタイプの話というとこで理解しておきますね。……いえ、「最近」という言葉を使ってるのでそれよりもっと細かい何かで区切った話なのかとも思って気になってしまったわけで、大体でそんな感じとわかれば(全然違ってたりして……)「どう捉えてるか」みたいなことについては構わないです。

2004/1/29 (木)

 ホントに、何でもアニメ化するんだなあ……。

 御大ヤバイ
 流水ヤバイ
 ヤバイ。まじで流水ネタにされすぎ。マジヤバイ。

 そういえばいろいろあって某原稿があがったら再インストールする予定だったのでした。適当に週末にでもやるかもしれません。何かうまくいかなくて音信が途絶えたりとかしたらよろしく(^〜^;) V林田さんの収録作の中で一番心にキたのは「約束」。にも脊髄反射したかったんですが(っていましてるけど)、あとで普通に書こう……。何か、いろいろあとにつかえてるな……。

読書地図

 縦軸時間、横軸分類(円筒形)

 早っ。しかも何かイイ! さすが一歩さんは馬力が凄い、地図とか平気だし。

 ふむふむ。わたしは「和製・翻訳」ってのは使えないな(^〜^;) その替わりに「女性作家・男性作家」ってのは使えるかな?? わからんですが、とりあえずわたしももっとやる気になってみます……(^〜^;)

 そういえば男性オタクにとって花とゆめコミックスって少女漫画でも特異な位置にありますね。

2004/1/30 (金)

 新人賞応募原稿作成支援サイト 下読みの鉄人CUTTING EDGE
 最近の話題絡みで。

 読書地図書いてます。図とか書いたことなかったのでけっこう大変ですが、とりあえず何とかなりそう。致命的なミスとかあって破棄したりしない限り、あしたかあさってにはアップします。プロミス。

 説明せず書名だけ言って「いいから読め」という紹介
 +3段階感想(^〜^;)

祝辞

ヤバイ。まいじゃー推進委員会ヤバイ。まじでヤバイよ。マジヤバイ。
まいじゃー推進委員会ヤバイ。
まずまいじゃー、もうまいじゃーなんてもんじゃない。超まいじゃー。
まいじゃーとかいっても
「『メジャー』と『マイナー』を混ぜた造語ってことはつまり『普通』くらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
なにしろ名台詞らしい、スゲェ!なんか書評とかじゃ無いの。何点とか星☆いくつとかを超越してる。名台詞だし超まいじゃー。
しかも毎日のように更新してるらしい、ヤバイよ、毎日のように更新だよ。
だって普通はサイトとかは毎日は更新出来ないじゃん。だって自分の睡眠時間がだんだん減ってったら困るじゃん。読書時間とか超減ったりとか困るっしょ。
掲示板の書き込みが増えて、昔は普通にレス出来てたのに、最近はまとめレスでしかもなかなか追いつかないとか泣くっしょ。
だからサイトとか毎日更新出来ない。話のわかるヤツだ。
けどまいじゃー推進委員会はヤバイ。そんなの気にしない。更新しまくり。移転して、チャットとかお絵かき掲示板とか増やしてまだ空き容量がどれくらいあるかよくわかんないくらいのやる気。ヤバすぎ。
名台詞っていったけど、もしかしたらキャラの台詞じゃなくて地の文もあるかもしんない。でもそんな細かいこと言ってると
「殲滅です☆」
って事になるし、いつ広辞苑アタックが来るかわからない。ヤバイ。いつ来るかわからないなんて凄すぎる。
あと超強い。約1司書。名前で言うと木乃葉子。ヤバイ。強すぎ。管理人が逃げる暇もなく死ぬ。怖い。
それに超マリア様がみてるが好きだ、別館は「いつもイケイケ青信号!」、それに超銀盤カレイドスコープ。とある推進委員会……とかあとがきに平気で出てくる。とあるて、小学生でも書かねぇよ。最近。
なんつってもまいじゃー推進委員会は引用が凄い、名台詞とか平気だし
うちらなんて名台詞とかたまたま読んでる本に出てきただけで上手く扱えないから目に止まらなかったり、読んでもすぐに忘れたり、サイトに使わなかったりするのに
まいじゃー推進委員会は全然平気。名台詞を名台詞のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、まいじゃー推進委員会のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイまいじゃー推進委員会が200万HITとか超めでたい。もっとがんばれ。超がんばれ。

 ……出来としては正直ビミョーな感じですが、ともかくそんなわけでおめでとうございます〜

 元ネタ→宇宙ヤバイのガイドライン 7個ぶんくらいヤバイ
 ジェネレータ→宇宙ヤバイ自動作成

2004/1/31 (土)

 あー、谷山浩子ヤバイみんみんさん作だったのですね。「一発屋とかじゃ無いの」とかおもしろすぎです。6スレ目はもう読めなくなっちゃいそうなので保存しておかないとヤバイ。

読書地図(あるいはオタク・クロニクル?)

 こうで、こうで、こうだ!

 地図の見方。
 X軸:年(適当)。
 Y軸:閉←→開(≒「暗←→明」とか「重←→軽」とか)。
 他、フィーリングで見てください。多少は見栄えを気にしたアレンジもあります。

 意図せずに男性作家と女性作家にくっきり分かれました。時間的に見ると大雑把にSF→ミステリ→ヤングアダルトというように移行してるような気がします。谷山浩子の作品で見てもわりとそれに沿うように移行しているような気がします。……まあこの地図自体を含めてただの思い込みかもしれませんが(^〜^;)

 もうちょっと詳しい解説。ハヤカワJAから入ってそこから全般的に谷山浩子に流れる。開方向ではそこから発した少女漫画の流れ、ミステリ方向を経由した女性作家の流れ、ちょっと外側の学園ホームコメディの流れが「ヤングアダルト」という括りででひとつになるような感じ。閉方向では認識と世界の変容の流れが神林から発して谷山新本格「lain」あたりを通っている。そして、この開方向と閉方向のふたつの流れが山名沢湖でまたひとつになっている。――というのはこういうふうに図にしてみるとちょっと大げさというか、わざとらしい気もしますが。

 やっと宿題提出。あー、すっきり。あとでプロフィールのページからリンクしておこうかな?



【過ぎ去る日々をノコして】  [戻る]

     2003年4月以前の日記


サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ