サイト内検索 help
おすすめさん
『谷山浩子の幻想図書館 Vol.3 アタゴオルは猫の森』
『谷山浩子の幻想図書館 Vol.3 アタゴオルは猫の森』
serial experiments lain TV-BOX
『serial experiments lain TV-BOX』
春期限定いちごタルト事件 米澤穂信(感想)
米澤穂信『春期限定いちごタルト事件』
月光シアター
谷山浩子(公式
谷山浩子『月光シアター』
委員長お手をどうぞ(1)
山名沢湖(感想)
山名沢湖『委員長お手をどうぞ(1)』
白のふわふわ
山名沢湖(感想)
山名沢湖『白のふわふわ』
スミレステッチ
山名沢湖(感想)
山名沢湖『スミレステッチ』
EVER17 (感想)
『EVER17』


う た た ね こ や
〜 谷山浩子と本のあるところ 〜 
 


 2004年 5月

2004/5/3 (月)

[感想]『高く遠く空へ歌ううた』小路幸也[講談社]

amazon / bk1

 メフィスト賞受賞作の前作がわりと構成にこだわった作品だったのと較べて、そのあたりが素直なこっちのほうが物語そのものの良さが際立っていて、こういうものが書きたかったのかな、とかそれでメフィスト賞なのかな、とかいうのが何となく納得出来るような感じがしました。それに対して、解決の部分みたいなところは前作と同じであまり良くないというか、この話の流れを乱してしまってる気がします。そんなわけで、冒頭で主人公が死体を見つけちゃったりとかしてますけど、それよりも仲間との野球チームのこととかいった、事件みたいなものと関係ないいろいろが面白いです。

2004/5/6 (木)

 このライトノベルがすごい!
 一般投票の結果が発表されました。お疲れさまです〜。
 コラムも掲載されてます。

 2003年ベスト恋愛ゲーム投票
 こちらも一緒に。

 いずみさん初コミックスですねー。

2004/5/8 (土)

 5月です。谷山浩子ファンにとってのシーズンオフが来ました。秋まで辛抱です。

 引力ゲーム(天文・気象) (こんがり焼あじ)
 月の重力が微妙すぎてなまら難しい……。カーズは帰って来ないのかなあ(<関係ない)。

(前略)限定枠とかコラムとか追加されてます。

 やっとコラム読みました。皆さんいろいろ考えますね。
 ライトノベル喫茶はあれですね。やっぱり前にチャットで言ってたNGOまいじゃー推進委員会を設立してあんなものやこんなものを収集、公開してもらうしか。
 ……それにしてもいまだにゆんゆんパラダイスはネタにされますか(^〜^;)

 きのう何ヶ所か書店やコンビニをまわって見つからなかったコミックハイ!だったんですが、きょう最初に入ったコンビニに置いてありました。うーん。

ニンジンのジレンマ

 メイドさんと幼なじみを兼ねた萌えは成立しないジレンマ(嘘)を読んで、ラノベ読みのジレンマならこんな感じじゃないでしょうか?と考えてみました。





イラスト\文章悪い良い
悪い回避見逃し
良いイラストに騙された萌え〜〜

 ついでに考えた、他人に自分の好きな本や何かを勧める時の、お勧め本のジレンマ。





相手の興味\勧め方おおまか詳しい
あまりない興味なし興味UP
けっこうある興味UP興味DOWN

 タイトルは谷山浩子ネタです。「ぼく」と称してるのに「野菜のプリンセス」とも歌っているという、キャロットスープに入るニンジンのジレンマ(^〜^;)

このライトノベルがすごい! かもしれない コレに投票してる人はコレにも投票してる・検索

 検索結果が41件(その内自分の投票したのが3件)。
 一歩さんと同じように3人以上のお勧めを拾ってみる。


悪魔のミカタ 11 It/ザ・ワン
撲殺天使ドクロちゃん
先輩とぼく
銀盤カレイドスコープ vol.1 ショート・プログラム:Road to dream
銀盤カレイドスコープ vol.2 フリー・プログラム:Winner takes all?
トリニティ・ブラッド(10) Reborn on the Mars VI 茨の宝冠
神様家族 4 シャボン玉ホリデー
灼眼のシャナ 2
灼眼のシャナ 5
A君(17)の戦争6 すべてはふるさとのために
BLOODLINK 夜光
我が家のお稲荷さま。
イリヤの空、UFOの夏 その4
魔術士オーフェン 無謀編13 これで終わりと思うなよ!
魔術士オーフェンはぐれ旅(20) 我が聖域に開け扉(下)
導きの星 IV 出会いの銀河
きみとぼくの壊れた世界
零崎双識の人間試験
AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 1<上>
AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 2<下>
されど罪人は竜と踊る III 災厄の一日
平井骸惚此中ニ有リ
陰陽ノ京 巻の四
キーリ 2 砂の上の白い航跡
マルドゥック・スクランブル The Third Exhaust-排気

 ……正直大杉(^〜^;) シリーズの前のほうなら読んでるとか挫折してるとかいうのも入ってるんですが。

 ……っていうか、ドクロちゃんですよ。
 ずいぶん前に(1巻の)1話だけ読んで、読みかけのまま存在を忘れてました(^〜^;) 気がついて2話目から読み始めたんですが、また途中で忘れてました(ヒドイな)。どこ行ったかな……。ありました。しおりも挟まってました。これから第3話だよドクロちゃん。

 TKOさんの選がかなりの勢いでかぶってる感じがします。しかも、「太陽の塔」とか「美亜〜」ではなかなかかぶらないでしょう。普通(^〜^;)

 ……っていうか、まずは「導きの星」の1巻から読まなきゃいけませんか?(^〜^;) っていうか(<こればっかりだ)一歩さん遊びすぎ(笑)

 考えてみれば、このミスを見て「(ランクインしてる作品を)ほとんど読んでない」とか毎年のように言ってる気がするのですが、それをこの企画でもくり返すことになるのね……。

2004/5/9 (日)

 BAD_TRIPさんが移転してた(瑞澤私設図書館ver5.0)
 はわわ。わたしも気付きませんでした……<きのうの日記書いてる時点で気付きましょう。

 異次元コボちゃん(はてなダイアリー - はてなの杖日記)

このラノ投票結果とかコラムとか1

 いろいろと企画についての感想とか書ければ……とか思ってるとこですが。それはともかく。

 10〜20代の男女にお尋ねします。この中で一番好きなライトノベルはどれですか?(はてなダイアリー - Easy Lazy Diary?)
 Stellaさんが上位12作品をサンプルにして(はてなアンケートで)とったアンケート。……ウケた。おもしろいことするなあ。
 はてなだとやっぱりファウスト関係の西尾維新は強いのか。

 一歩さんのとこからやおいの香りが……。

 それにしても、他人から本を勧められるには自分のストライクゾーンは狭すぎだなあ。とあらためて思いつつ。「ブレイク‐エイジ」は実際、作者も作品も認識してなかったようなので、確かに距離はありそうです……。っていうか、企画とはまったく無関係にライトノベルを続けて読む予定になってるところ(マイペースそのもの)。

 12: 早見裕司『ジュニアの系譜』スレッド
 掲示板の感想用スレッドだけ先に立っているようです。かみんぐすーん。

[感想]コミックハイ!vol.3

 吉田照美のラジオの広告があるあたりが1番謎だな(^〜^;)

 山名沢湖「委員長お手をどうぞ 第3話 風紀委員長と不思議の国」
 1話で、メガネっ娘の主人公って山名さんだと珍しいなー、と思ってたらまたでした。委員長+メガネ+ショートカット+幼なじみ。言も動もとても委員長っぽくていい感じ。そして学校の中に遊園地。不思議の国のガイドさんだったり、スイッチ切れたりして(ちょっと違う)忙しいちよりさん。187ページなんか特に素晴らしい。……炸裂してます。

「委員長お手をどうぞ」って、この分量のストーリー漫画の連載っていままでなかったし(同人でも当然ないでしょうし)どーなるんだろーと思ってたんですが、すげー良いですね。こんなにおもしろいとは思ってませんでした。山名作品として非常に充実した作品になってるし、これからも楽しみです。

[感想]『ナイフが町に降ってくる』西澤保彦[祥伝社文庫]

amazon / bk1

 時間の止まってしまった町で、探偵役のふたりがナイフで刺された人間についての謎を解く話。コズミック並みに人が刺されてたりとか探偵役の男のほうの名前が「統一郎」だったりとかいったあたりもちょっと可笑しかったりしますが、もともと「邪馬台国〜」と同じ頃に出版された作品のようなので名前のほうは偶然のようです。

 すごくそのまんまな真相で、そういう真相であっても別に構わないはずなんだけど、どうもスッキリしない感じでした。まあこの作者だとそうなるんだろうし、ダミーの解決のほうがインパクトあるのも意図的なんでしょうけど。もっと早く気付いてください。

2004/5/10 (月)

 このラノで新しいコラム早見裕司 ジュニアの系譜が始まりました。楽しみです。『創世記』のほうも今度は中山星香のメールなんていう番外編が。

 気が付いたら「せんせいのお時間」をけっこう楽しみにしている自分がいました。……内容は相変わらずなんですが(^〜^;) で、新キャラ。この演技は何だろう……と思ったら清水香里なのか。

 Sally Gardens
 ニフティの旧ホームページサービスからhomepage3.nifty.comに移転、ということで紺野さんのサイトもご近所。

□「Quick Japan」次号、ライトノベル特集です。冲方丁×乙一選ライトノベル必読書100冊、冲方丁ロングインタビュー。米光は、ライトノベル変遷についての原稿と、ライトベルとその周辺マップを担当しました。
今週末ぐらいあたりから書店に並ぶらしいです。

 こどものもうそうより。
「ライトベルとその周辺マップ」というのがわたし気になります。

更新谷山由紀『天夢航海』感想(ネタバレ長文)

 2年近く前に書いた長い感想です。しばらく前に昔の読書感想ページをまとめて削除してしまっていたので、これだけ過去ログページにあらためてUPしました。読み直すと恥ずかしくなってアップ出来なくなる可能性があるので(^〜^;)当時書いたままです。

 ここ何日かこちらこちらこちらと、なぜか続けて感想を見かけたので、思い出して復活させてみました。……それにしても、どれも茗荷丸さんが関わってるような。

 ついでに百景書館『コンビネーション』、『天夢航海』、『こんなに緑の森の中』の感想リンクにひさしぶりにリンクしておきます。……またリンク切れにしてしまいました。すみません>ゆぎりさん

 ……えーっと、そんなわけで、昔の感想(nDiaryを使いはじめる前かな)の感想はざっくり削除してますのでよろしくです。同じくnDiary以前の日記も削除してしまいたいのですが、残す記事を選り分けるのが面倒なので放置してます(^〜^;)

このラノ投票結果とかコラムとか2

 母集団からしても――という言い方はちょっと違うかもしれませんが――やっぱり投票結果(特に上位)が電撃文庫ばかりという感じになっているわけで、一歩さんにお願いして一般枠票集計結果から電撃作品をのぞいたリストを出していただきました。

 電撃をのぞいてみたら、いきなりそれ以外のレーベルの熾烈な争いという感じに。そうした中でも、今回の投票期間だと、ちょうど富士ミス勢が着々と票を伸ばしているところ、という感じがあります。シリーズ別だと、マルドゥックやいーちゃんを抑えてDクラがトップ

 閑話休題。

 今回の投票結果を見ると、大雑把に言って男の子はSF女の子はファンタジーというようになったみたいですね。女性の結果だと、投票総数が少ないからでしょうけど、男性の結果とは違って上位でも票が平たいです。まあ、男性のほうも飛び出てるのはイリヤだけなわけですが。

 イリヤ4巻が別格というほど票を集めたのには作品の人気そのものとは別に、人気シリーズ最終刊でしかも同じシリーズ、同じ著者で票が分散される作品が対象期間になかったというあたりが絶妙だったようですね。>シリーズものの票をまとめた結果

 しかし、デュアル文庫ってこれだけしか出てなかったのね……。もともとそんなに多くはなかったと思いますがしかし……。

[感想]『キーリ 死者たちは荒野に眠る』壁井ユカコ[電撃文庫]

amazon / bk1

 霊視の出来る少女が旅先で出会った死者の魂を次々に成仏させていく物語。……というのは嘘ですごめんなさい(^〜^;) 前半は大雑把に言えばいわゆるハートフルゴーストストーリーっぽい感じもする話ですが、後半はサブタイトルの似合う渋めの話になりますね。文章も良いしストーリーもまとまってますけど、個人的にはその前半と後半の内容をあの分量で1冊にうまくまとめてしまってるところでものたりない感じがしました。この内容ならそれだけでもっと長くても良かったんじゃないか、と。

2004/5/11 (火)

 火浦功が通りすがるとかありえないですね。このラノすごい。ヤバイ。

 クラナドですけど、噂になってる例のSFネタがあるんなら谷山浩子ネタもあるんじゃ……?と思うきょうこの頃。『青猫の街』にはあったし。

 訃報にはここでは触れないようにしてるし、同じ理由でリンクを張ったりもしませんが。ご冥福をお祈りします。
敗血症性ショック

このラノ投票結果とかコラムとか3

 一般投票は、リストに載っていない作品(西尾、乙一以外の「その他」)への投票ってなかったんでしょうか……?

今からどう遊ぶ?
 順位の上のほうの作品をリストにして、読んでる作品をチェックしていく「このラノどれだけ読んだかにゃ?」とかでしょうか。独創的だなあ(大嘘)。
 活動目的不明系スチャラカクラブの系譜とか出来ないかなあ、と思うんですが。スタンダードなところで言えば光画部みたいなの(それいきなり漫画だ)。新しいほうだとSOS団とか。古典部(「氷菓」)とか。いろいろ出て来そう。

 あらためて見てみると、一歩さんの挙げてる作品もひとっつも読んでないですね。うーん。

 はてなダイアリー - 屍を越え行く也〜「このライトノベルがすごい!」反省記
 スタッフさんの苦労がしのばれます。

まいじゃー推進委員会!というメインwebサイトの運営があるのでさすがにダブルは無理。ぜったい無理だって!

 いつもイケイケ……ゲフンっ。
 詩う……ゲフンゲフンっ。

[感想]『Dクラッカーズ2 敵手−pursuer−』あざの耕平[富士見ミステリー文庫]

amazon / bk1

 1巻を読んで合わなかったのに2巻を読んだりすることはまずないんですが、浅木原さんがいろいろ書かれてるのを見て読んでみました。

 1巻が学校で起きた自殺事件をヒロインたちが探る話にスタンドアクションみたいなのを無理やり付け足したような印象なのに対して、2巻は街で対立する2つの勢力とヒロインたちによる探りあいで、どっちかというとアクションメインなので仕掛けもうまく決まってるし、けっこう面白かったです。1冊1冊でも完結させてるってあとがきにあるんですが、少なくとも1巻についてはそれがマイナスにしかなっていなくて、読者としては2巻まで読んでとりあえず区切りがついた感じです。カプセルの能力も牧野修の『Mouse』のようなものなのかと暫定的に理解(^〜^;) でも、アクションを楽しむのには能力やカプセルについての仕組みがあいまいor謎だし、かといってそれを謎として話を引っ張っていくのにはちょっと弱い感じなのですよね。

2004/5/13 (木)

 さらにそれを見て「ねこざむらい」かと思ったニャ(きょうのひとりごと)。

 更新しました。追記もあるよ。

 冲方丁 まだ見ぬ地平へ
 このラノ、作家によるコラム第3弾。もはやぐうのねも出ません(^〜^;)

「このライトノベルがすごい!」関連リンク集(モノグラフ)
 有里さん作。超便利。

 bk1のオススメが2冊ともになってました。ありえません。

このラノ投票結果とかコラムとか4

 ……何か、速いパス回しという感じだなあ。

 ラノすご どれだけ読んだかにゃ?
 「発案」というより、個人的には「何がどれくらい読まれているか、という企画で取ったデータを使って何がどれくらい読まれているかというデータを取る、という企画をして……」という「冗談」でした(自分のチェック出来るものがほとんどないのが予想出来るし(^〜^;))。……それはともかく過去にあったチェック企画から考えてもそういう欲求は実際にあるだろうとも思ってはいたのですけど、きょう帰って巡回してみたらいきなり目に入って来たのがすでにチェック結果を挙げてるページで、それでホントにやってることを知ってびっくりしました。……いやいや。本気の人には勝てないものです。

 そうそう。このラノの一般投票が面倒とか(CGIの)投票がうまくいかないという意見がけっこうあったようなので、「読んだかにゃ」みたいな形だとそういう方にも参加してもらえるというところが利点になるかも……という予測はいちおうあったんですが。……っていうか、これ書いてる時点ですでに「イリヤ」が60票を超えてるので、もう予測でも何でもないんですが(^〜^;) 欠点というか、「このラノ」と違うのはデータにある中でチェックするしかしようがないというところですね。

 しかしこれは「よく読まれてる作品」と「人気(評価)の高い作品」の違いが出る……かな? まあ、大作のシリーズなんかも不利になって来そうですけど。

 チェックはまたあとで。なんてふうに書くほどのものじゃありませんが……。

 このライトノベルがすごい! 作品相関図
 一歩さんとこで話題になっていたのですがインターネット殺人事件のほうでシリーズ別集計結果を元にグラフを作っていただいたようです。
 グラフそのものはこちら

 このライトノベルがすごい! かもしれないでも上のグラフとはまた別の「はてなのおとなりページ風グラフ」が出せます。見られるはずです。……うちの機械はまだ見せてくれないんですが(また凡ミスのよかーん(^〜^;))。ページの「冗句グラフ」とあるところですね。

2004/5/14 (金)

 リッパーさんとこで壱乗寺かるた『さよならトロイメライ2』[富士見ミステリー文庫]の感想「どうやら編集に殺人事件は駄目とか言われたらしい」を読んでびっくり。こういう時は何て言えばいいんだったかな……。あ、そうそう。思い出した。下手なミステリの結末より驚きだった!

 恋風。
 今週はまるでお兄ちゃんみたい(^〜^;) 最後のほうの坂道のシーンは、ずっとシリアスな見せ場のはずなのにそこで通っていったのがいま時せいろを何段も重ねて持ちながら自転車に乗った蕎麦屋、ってところで吹きました。普通はお兄ちゃんに好きとか言ったりしないじゃん。けど七夏はヤバイ。そんなの気にしない。凄い。ヤバイ。
 次回予告おまけコーナー。おー、これはいよいよlainみたいですね。

[感想]『学校を出よう!2 I−My−Me』谷川流[電撃文庫]

amazon / bk1

《それでは、いつか、どこかの時間線上で。またお会いいたしましょう。できれば》

 1巻を読んで合わないと思ったらもう続きを読むようなことはまずないんですが(って同じことを書いたばかりのような気がしますが)、続編のほうが評価が高いようなので読んでみました。甲斐がありました。続きも読みます。

 1巻はSFとかいうよりもどちらかというとだらだらと長くなってしまったキャラクター小説という印象で、妹とか割烹着とかに興味がない限り読む必要がないような感じでしたが、こっちは面白かったです。……っていうかシリーズほとんど関係ないじゃん。シリーズ物にしたほうが売れるってことなんでしょうけど、これは疑問だなあ。っていうかシリーズものをやるならこっちを1巻にしなくちゃ(新シリーズにするとかね)。もったいないですよ。
 ああ、そうそう。あの人が出て来たのとか悪くなかったですけどね。榎木津かきみは。

 基本的には「連環型時間もの」とでも言うのか、「なぜかタイムスリップしてしまった(orするようになってしまったor出来るようになってしまった)主人公が何とかして矛盾なく自分の元いた時間に戻ろうとする話」のパターンというかバリエーションですけど、いままで読んだそういったタイプの話の中では1番面白かったです。その手の話って根本的に無理があったり、あるいは物語が進むにつれてすでに読者も知っている展開(主人公にとっての未来、かな)を主人公がなぞっているだけのように思えたりするところが欠点だったりするんですが、この作品の場合は後者のように感じるようなだらけた展開には少なくともなっていないと思うし、前者に関してはその無理を通す仕掛けがあるので。……まあ、正直言って透湖が無敵すぎなんですけど(^〜^;)

 それにしてもこれは脳内でギャルゲーに変換されそうな作品です(^〜^;) 案外シンプルな真相+さらにもう一段階の展開というあたりのネタの扱い方も含めて「涼宮ハルヒの憂鬱」と同じ作者なのだなあ、と思わされます。2つの作品に共通してるのが、アイデア的な部分で言えばどちらかというと短編タイプの切れ味があると思うのだけど、それがキャラクター小説としてきれいに長編に展開されて納まっているというところですね。ただのキャラクター作品ではないし、思いついたアイデアだけで話を無理に長くしたようなものにもなっていない。――というものを書けるのはすごいんではないでしょうか。このシリーズの場合はEMP能力やその学校の周辺といったものを設定や舞台にした連作長編、ということになるんだろうと思うので連作好きとしても気に入って来てますが、このあたりもギャルゲーっぽいですね。……とにかく、この作者に興味がわいて来たので(^〜^;)ちょっと本気で追っかけてみようと思います。

 言うまでもないことかもしれませんが、1巻で詳しく出て来たような、このシリーズのEMP能力や学校についての設定って神林長平の『七胴落とし』ですよね。検索してみると、神林長平に触れてる感想はあっても、「学校を出よう」+「七胴落とし」だとまったく引っかからなかったんですけど。

ラノすご どれだけ読んだかにゃ?

# 07 ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹 (19票)
# 10 涼宮ハルヒの憂鬱 (14票)
# 17 学校を出よう! 2 I-My-Me (12票)
# 26 アリソン 2 真昼の夜の夢 (10票)
# 93 ZOO (3票)
# 93 シャープ・エッジ Stand on the edge (3票)
# 93 ライトジーンの遺産 (3票)
# 133 平面いぬ。 (2票)
# 133 学校を出よう! (2票)
# 133 美亜へ贈る真珠 梶尾真治短篇傑作選ロマンチック篇 (2票)

 10冊です。ぶっちゃけ少なさで勝負です。ドクロちゃんはまだ読み終わっていないのです。

 短編、連作短編、あるいは長編でも1冊で完結してるものといった短かめのものが好きなことをあらためて認識です。大作ものは田中芳樹あたりしか読んでない気がするのです。投票画面を見ながら7巻とか10巻とかそんなに読まれてるところになかなか驚きです。

このラノ投票結果とかコラムとか5

 最終的には「このラノ」の得票数と「読んだかにゃ」の得票数の比率で隠れた良作(=あまり読まれていないわりに評価が高い作品)みたいなものが出せたりする……かな?? 票が少ないところのデータを使ってもあまり信頼出来る結果が出ないのかもしれませんけど。

 企画変わってるし。

「読んだかにゃ」というタイトルのネタ元はこちら。「?」は不要だったようです。あー。

 せっかくなんでネットでの評判とライトノベルの売上げ - StarChartWikiの話題について考えてみようかと思ったんですが、「七姫物語」「ドクロちゃん」が2位と3位に入っているという結果は……どう考えればいいものかー(^〜^;)(終了)

 このあいだ『キーリ』を読んだりしつつ「このラノ」を見て思ったことなんですが、男性向けのレーベルに書いている女性の作者ってけっこう少ないですね。自分の読んでるものからするとなかなか気が付かなかったのですけど。女性向けレーベルがほとんど女性の作者でも別に驚かないですけど、男性向けのほうにはそれなりに女性作者がいるような気がしてました。このあたりってどうなんでしょうかね……。まあ、男性に見える名前でも男性だとは限らないですし(もちろん逆もそうですが)、著者近影とか出してない方もけっこういるので、その中には実は女性だっていう人がいても不思議ではないですけどね。……主人公がアレなアノ人とか。

2004/5/15 (土)

 近所の看板に書いてあった標語。
「貴方もいつか被害者に
 恐ろしいから心にカギを」

 ……殺伐とした世の中でござりまするがな。

このラノ投票結果とかコラムとか6

 はっきり傾向の差が出てますよー?は……、ちょっとわかりにくかったのですけど、1番上の段落に対しての反応でしょうか?? 「票が少ないところのデータを使ってもあまり信頼出来る結果が出ないのかも」って書いたのは「読んだかにゃ」の結果に対してのものではないです。たぶんそのあたりが通じなかったということなんでしょうね。すみませんでした。

 具体例をいま書いてる時点でのデータで出すと、『きみとぼくの壊れた世界』だと「このラノ」20票に対して「読んだかにゃ」180票なので、「20/180=1/9」でこの作品を読んだ9人に1人が「すごい」と言っているということになって、『Kishin-姫神- 邪馬台王朝秘史 5』は「このラノ」2票に対して「読んだかにゃ」が5票なのでこの作品を読んだ2.5人に1人が「すごい」と言っているということになります。これで出した数字の分母が少ないほど良い作品だということになるんじゃないか――というようなのが前回書いた「隠れた良作(=あまり読まれていないわりに評価が高い作品)みたいなものが出せたりする……かな??」ということです。「傑作度」みたいな感じですね。この小学生レベルの計算についてももっと良い方法があるかもしれませんが、まあ根本的に分母と分子のサンプルが完全に一致しているわけではないあたりで何人に何人が「すごい」と言っているという分は大嘘なんですけど。それで、あそこで疑問を書いたのは、この時の分母が多いものと少ないものではかなりの差があるだろうから、その数字――要するに3ケタと1ケタの違いがあるようなもの――を元にした結果はあまりまともな比較対象にはならないかな?ということです。

このラノ投票結果とかコラムとか7

 このラノがすごい! かもしれない Hiki - (コラム)スチャラカクラブの系譜

 見落としてましたが、ページが出来てたんですね。
 ここを見ると、わたしがコラムを書くかのように見えるかもしれませんが、ひとりでそこまで出来るような知識はわたしにはありません(きっぱり)。ってことで、みんなで寄ってたかって思いつくものを挙げてリストを作りましょうよ、という感じですね。

 とりあえずいまの段階では向こうに書くとごちゃごちゃしてしまいそうなので(人を呼べたらいいな、ということもあるので)こっちで案を出してみます。

 必要条件としてはこんな感じでしょうか。
1.学園内の生徒による自主的な団体活動。
2.本来の活動内容そのものは作品のメインじゃないし、あまり(あるいはほとんど)描かれない。
3.スチャラカ。

 何かもうひとつ条件を考えた気がするのですが忘れました……。
 2については要するに野球漫画に出て来る野球部のようなものはほぼ除外、というような感じです。それだと『げんしけん』とかどうなのよ?ということになるかもしれませんが、そのあたりは適当(きっぱり)。生徒会とかもオッケーでしょう。……まあ、スチャラカなのかどうかはまた別の問題ですけど(^〜^;)

 漫画でも良いですが、リストは小説と別々にしたほうが良さそう。漫画だとそれこそいくらでも出て来そうな気がしますね。ゲームとかも出て来るかな?

 学園ものに限定してるのは、そうじゃないと数が多すぎるからというあたりもあると思いますが、単なる個人的な趣味かもしれません。ただ、スペオペに出て来るチームみたいなものでもだいたいは「敵を倒す」とか「何か探す」みたいな目的を持ってるというか仕事としてやってるという性格があるだろうから、というのが学園ものと分ける一応の理由かな。2にあてはまらないってことで。とは言っても、一歩さんが挙げてる軍関係の作品は読んでないのでわかりませんが、フォーチュンクエストのパーティーとか単に学園ものじゃないというだけで明らかに同じ系譜ではあるんですけどね(^〜^;)

 リストの項目として必要なのは「団体名」、「作品名と作者名」、「活動目的(表向きの)」、「実際の活動(簡単なエピソードとか特長とか、その他構成人数とか)」とかいう感じでしょうか?

 とりあえずそんなところで。あー、これ書いてたら『月は東に日は西に』が無性に読みたくなって来たので読みます。

2004/5/16 (日)

[感想]『きみとぼくの壊れた世界』西尾維新[講談社ノベルス]

amazon / bk1
 ギャルゲーのパロディとしての選択肢小説(なんでしょうかそれ)ではあるんですが、それよりある意味まっとうな、あるいはちょっと古風な青春ミステリという感じがして戯言シリーズと同じ作者が書いてるとは思えない印象だったりしました。まあこの作者では戯言シリーズしか知らないところにノンシリーズ作品を読めば差を感じるのは当然かもしれませんが。なかなか良い話でした。「たんてい編」がちょっと冗長でしたが。

2004/5/17 (月)

 そういえば4月からHEY!HEY!HEY!の客席が円形になってますね。

 Ayalist日記 (5月17日)。
「キャロットスープの唄」についての話は人づてに聞いて知ったものです。確かその時の話によればそれを指摘された浩子さんは「自分のことを男の子だと思っているお姫様」というような説明をしたということだった記憶があって、いわゆるボクっ娘かと思っていたんですが、こちらの説明によるとどうやらまるっきり逆だったようです(^〜^;)

 でも、ニンジンなんだからジェンダー関係ないんじゃ、というツッコミもありますが、それ以前に「野菜のプリンセス」って考えてみればあだ名や二つ名みたいなものであって(自称だけど)、固体の実際のところとは関係がないんじゃないかと。外国人でも何でもないのに「田舎のプレスリー」とか言うようなもので(^〜^;) いわゆる叙述トリックで使われるような類のものと同じですね。

[感想]「エース特濃 月刊少年エース6月号増刊」

 超見つかりません。しかしこの雑誌のデザインセンスはいったい何なのでしょうかね……。清涼院流水特集については特に書くことなし。デュアル文庫で何か書くらしいですね。

 ツガノガク「時をかける少女」
 とにかく無事完結。めでたい。コミックスもちゃんと出る模様。このあいだ出た1巻については前号でまったく触れられてなかったんですが。

 山名沢湖「萌える団地妻 ももえたん」(<嘘。いまさらネタ)
 何かアニソン風味。ラストがまた非常に良いですね。

このラノ投票結果とかコラムとか8

 (コラム)スチャラカクラブの系譜
 一歩さんによるコラムの下書きが。反応しようと思うんですがまだ書けないので明日以降かな。このあたりでは発熱地帯キャラから雰囲気へ?仲良し空間論とそこでリンクされてる日刊海燕の記事が関連するでしょうかね。そのあたりも読み直してみることにします。

FantasticEarth:このライトノベルがすごい!@書泉ブックタワー リポートにある「思ったよりもこじんまり」という意見については、あの店のスペースとかそのフェアの性格みたいなものからすると「そんなものだろうなあ」という感じ。そもそもあそこってライトノベルにしたって常設の棚だけで相当な数があってそれだけのスペースを占めてるわけですしね。確か1、2年ぐらい前にまだ谷山由紀の『こん森』とかあったんですけど、それはすごいのかどうなのか……。

 限定枠について。『さよなら妖精』あたり挙げようかどうか考えた結果、誰か他に極楽トンボさんとか投票するだろうしまあいいかーと思って投票しなかったんですが、あとからやっぱり挙げておけば良かったかなー、と思ってたりします。ミステリ方面ではライトノベルレーベルで書いてる作家としてけっこう目にする機会も多いように思うといったあたりも挙げなかった理由だったりするのですが、ライトノベル読者という対象で考えてみるとやっぱりこういう機会にもっと推してみてもよかったんじゃないか、ということで。そんなわけで反省。こういうのはちょっと難しいですね。

 ミステリということでいえば、舞城あたりが対象期間に講談社ノベルスあたりから本を出してたらどうなってたかなーとか興味がいってたりしますが。

2004/5/18 (火)

「伏せ字」というより、どちらかと言うと「変換ミス」という趣きです(きょうのひとりごと)。

 QJ見つかりません。サイトで表紙まで確認したのに……。

 ニコン オンラインアルバム: 岩代駅Hiroko Taniyama News
 人間のいない駅として有名な岩代駅の写真がいろいろあります(<ヒドイ説明)。

このラノ投票結果とかコラムとか9

 スチャラカクラブの系譜
 ページのスタイルは固まった感じなので、条件に合いそうなものを思いつく方はぜひご協力お願いします。Hikiのページに書き込むのに抵抗がある方は、掲示板とかで反応していただけると嬉しいです。

 ラノすご どれだけ読んだかにゃ?
 19日いっぱいで投票の受け付けを停止するそうです。

件数:550
項目数合計:19823
項目数最高:154
項目数最低: 1
項目数平均:36.0

「読んだかにゃ」の途中経過。ありさとの蔵の掲示板より。書き込みしてた小熊さんも何気にすごいなあ。

 作家の方のコラムは、一般人でも「すごい!」とか思ってるわけですが、編集者や他の作家さんなんかも驚いてるでしょうね。「創世記」12回の熱さやその感想スレッド、「まだ見ぬ地平へ」の作品論なんかは特に。「まだ見ぬ地平へ」は3回目が『撲殺天使ドクロちゃん』論で次回が「マリア様がみてる」論だそうです。……輝いてるよこの人。

[感想]『さよならトロイメライ』壱乗寺かるた[富士見ミステリー文庫]

amazon / bk1

 トリックとか、ちゃんと本格ミステリしてました。やろうとしてることも面白かったんですが、そのあたりもうちょっとちゃんとやってほしかったという感じですね。「救う」みたいなこと言いつつ、死にまくりそうだったのでは……。主人公の語りは「読みにくい」とかいうよりも「見てらんない」という感じに近かったのですが3分の1が過ぎて長峰亮平が出て来たあたりで急に良くなりました。

 保健所の「さよならトロイメライFLASH(はてなダイアリー - 浅木原書店の日誌)

2004/5/19 (水)

 忘却の旋律
 この話って最初に「モンスターが人類に勝った世界」みたいに説明されてるけど、要するに「見た目は平和なようだけど実はモンスターに支配されてる世界」の話のようですね。……って言ってること同じみたいですが。今週の話を見ていて初めて腑に落ちた感じ。

 子どもの作り方を知らずに不妊と悩んだ夫婦(俺センター)
♪ぼく○んじん あかいにんじん こどもにはきらわれるけど
♪ぼく○んじん あかいにんじん ぼくのせいじゃない

 CooRieの新曲「センチメンタル」も良いですね。「成恵」のOPの時みたいにアップテンポだけど、また良くなってる感じ。前にガッシュの挿入歌(ソロ)聴いた時にアップテンポだとAimみたい、とか思いました(Aimはアップテンポなのしか聴いたことないけど)。
 * web喫茶よずりの *
 Webラジオやってるそうです。普段もウィスパーボイスらしい。

うたたねこさんに怒られてしまうようなきもするし。
 未アップなだけとわかったので、気長に待たせていただきますよ。
 ……っていうより、これだけの企画で楽しませていただいたスタッフの方には感謝こそすれ文句を言ったりとかするわけないです。

更新谷山浩子ファンへの101の質問

 回答集黒龍さんの回答を加えました。黒龍さんのサイト黒龍の水槽にある回答ページへのリンクです。

このラノ投票結果とかコラムとか10

  (コラム)スチャラカクラブの系譜にとりあえずコラムっぽいもの書き始めました。
 リストのほうよろしくです。学園ものじゃないものも挙げられるように、別枠もつくりました。

「読んだかにゃ」関連。
「ラノすご どれだけ読んだかにゃ?」順位表
既読数分布図
 100冊以上読んでる人は少数派ですね。
詳細じゃない順位表票数順(メジャー/マイナー)/らんきんぐ差順(マイジャー/かると?)/比率順(?)

 比率順の1番下のほうは(そのあたりはらんきんぐ差順もだいたい同じですが)涙をさそうものが。シリーズで数を重ねた巻はやっぱりこうなりやすいかな、と思いますけど、その中で「学校を出よう!」の強さがもう……(^〜^;) そんなわけで2巻の感想リンクは良いかも。

●「雷撃大賞(仮名) 審査員奨励賞」を獲る方法 第一回
 これも読者としては笑うところですが、作家の方はけっこう笑えなかったりするかも。「Iちせ さんが〜」ウケた。しかしこの文章って「赤松健の傾向と対策」とかじゃないのか?(^〜^;)

 久美沙織がラブリーだなあ。

2004/5/20 (木)

 きのうの日記でウケてたらメガネの逆襲が。

 山名さんによる映画「キャシャーン」感想漫画。(04/05/20)
 素敵感想漫画でした。映画は「うろおぼえキャシャーン」だったのか……。

このラノ投票結果とかコラムとか11

 〜歩さんに何か言われてる……。
 伏せ字なんてごはんさえ炊いとけば何とかなるもんです。<ごはん全然関係ありません。

 Hikiってアンカー立てられるんでしょうか? ページの頭にインデックス作ったほうが良いかな、と思ったんですが。

 おそれ多くてとても言えませんが……。
 やっぱり誘導とかはおそれ多くてとても出来ませんが……。こっそり新スレ立てておくくらいのことが精一杯だッ。

「ライトノベルのあしたはどっちだ」スレッドも別枠で立てたほうがいいような気が……。でも余計なことして流れを止めたりしたらつまらないとか何とかでやっぱり静観。……うわ、これだけの面子が集まってるその上さらに召喚呪文とか唱えてるし! ガクガクブルブル。

[感想]『バッカーノ!』成田良悟[電撃文庫]

amazon / bk1

 ノンストップ・ギャングスター・ファンタジー。

 文章も読みやすく、多視点で進む話がちゃんと書き分けられているので引き込まれますね。禁酒法時代のアメリカを舞台にギャングたちが……みたいなストーリーになってますが、それほどダークだったりはしないというあたりである意味パラレルワールドだと思うので、そのあたりも読みすいです。普段わりと短編嗜好なんですが、珍しく長編を志向して書かれた作品を楽しめたなあ、などと素直に思います。

「映画的」というようにも言われているようですけど、世代的に連想するのはやっぱり某漫画の3部から5部あたりですね。こういう作品にアイザックとミリアみたいな有り得ないキャラを出しておいて、それをちゃんと話に絡めてしまうところが愉快というか素敵です。

このラノ投票結果とかコラムとか12

 ラノすご どれだけ読んだかにゃ?集計
 最終的な集計結果。

 浅木原さんの154冊は毎日のようにアップされる読了本の数を見ていればうなずかされますね。すごいな……。

 ありゃりゃ。失礼しました。古いのは必要がなくなったので管理人削除したのかと思ってました。わたしが新スレ立てた時に消えた(まったく気付いてませんでした(^〜^;))のは投票不具合報告スレッドだったと思うので、幸いそのあたりでの問題はないと思いますが。

 上に書いたインデックスの件は一歩さんに対応していただきました。そんなわけで引き続きよろしくです>スチャラカクラブの系譜

2004/5/21 (金)

 ゴマンダー。

 恋風
 何となく見た目がいままでと較べて普通のアニメになってるような感じが。……と言っても、いままでが良かったとか悪かったとかいうことではないんですが、うーん……何だろう?
 ……っていうか萌え。
 『きみとぼくの壊れた世界』とか読んだせいか、兄妹でもフツーに見てたりします。やばい。

 はてなアンテナが編集出来ません……。

 なんじゃこりゃ!? 缶飲料(1)
 某所に書き込んだネタ。
 (5)まであるんですが、その中でも(1)のインパクトがなかなか……。「流水キッス」という(たぶん)清涼飲料水がかなり嫌な感じです(^〜^;)

クレヨン社のニューアルバム発売決定

 7月21日から公式サイトのアルバム注文フォームにより予約受付を開始するということです。

このラノ投票結果とかコラムとか13

(余談:早見さんは(笑)等の絵文字が嫌い?(感想スレ15))
 ……まあ、(笑)のない掲示板という感じでしょうか。

 まだ本を見てないのでとりあえず「冲方丁×乙一によるライトノベル必読書100冊」には触れないようにしてましたが……さっそくチェックしてる方が(^〜^;)

 スチャラカクラブについて、日刊海燕にて反応していただきました

 前にリンクさせていただいたこちらに書かれていた喪失感に近いものがあったのは、個人的には新井素子「……絶句」、ゆうきまさみ「究極超人あ〜る」あたりですね。「あ〜る」はもし連載で読んでたらもっと来るものがあっただろうな、とコミックスで読んで思ってました。

 ここで話題にしてる作品は前に読書地図(あるいはオタク・クロニクル?)「学園ホームコメディの系譜」と書いたラインでもあるんですよね。あの地図ではこのラインだけが谷山浩子の影響(?)からちょっと外れるように書いてたんですけど、スチャラカクラブのコラムに書いたようなことを考えると谷山浩子のファンがこのあたりの作品のファンとかぶるのがちょっとわかるような気がします。

[感想]『卓球戦隊ぴんぽん5』桑田乃梨子

amazon / bk1

 スチャラカクラブものを読もう!(1)……とか思ったんですが、いちおうちゃんと卓球してました。いちおう卓球してる、という以外はスチャラカクラブですが。楽しいです。タイトルも勢いだけだなあ(^〜^;)

 だいぶ前から聞くタイトルだ……と思ったら10年ほど前の作品ですね。いままで読んだこの人の作品だと、ひとりだけ弱気なキャラがまわりにふりまわされてるという感じが多いでしょうか。

2004/5/22 (土)

 ごく当然のように足使ってるのは笑いました>バレーボール
 バレーといえば、顔使ってたのはミルモの話だったかな?

「後期クイーン問題」とかって、つまりSFで「踊っているのでなければ 踊らされているのだろうさ」と言うようなものなんでしょうか。

 G-CON・星雲賞参考候補作一覧(散慢雑多)
 元長柾木が……。

 懲りずにまた「キャロットスープ」のネタ。
 応援演説だというのにも関わらずつい本音が出てしまう、とても正直なダイコン氏。
♪ぼくタイコン しろいダイコン ぼくからも おすすめします
♪かれニンジン あかいニンジン とにかく おいしい
♪いつも やさいなかまで すごいうわさです
♪かれニンジン あかいニンジン いちどマズー(゚Д゚) たべてみて
 ……ダメじゃん。

このラノ投票結果とかコラムとか14

 このライトノベルがすごい!付属掲示板弐式
 コラム感想などの掲示板が移行。ご苦労さまです。

 ラノすご どれだけ読んだかにゃ?結果発表
 お疲れさまでした。感謝。

 一番下のほうにある作品の満足度はやっぱり数字としてどうなのか……という感じもしますね。それなりの票があって満足度20%を超えてるのは「イリヤの空、UFOの夏 その4」「平井骸惚此中ニ有リ」「おいしいコーヒーのいれ方 7 坂の途中」「遠征王と隻腕の銀騎士 運命よ、その血杯を仰げ」の4作品でしょうか。

 シリーズものの巻を重ねてる作品としては「流血女神伝 女神の花嫁 中編」(19.5)や「Dクラッカーズ7−1 王国−the limited world−」(17.4)、「Dクラッカーズ7−2 王国−a boy & a girl−」(19.0)あたりの満足度の高さが目を引きますね。

2004/5/23 (日)

 なんでじゃろ。
『さよならトロイメライ』の場合はミステリの読み方がどうというよりも単純に文章に対する評価の違いなんじゃないでしょうか。
 読み方ですけど、「犯人は誰なんだろ?」とかいったことを「このシーンの作者の意図、ストーリー展開における位置付けはなんじゃらほい?」という見方も含めて推理する、という感じだとミステリの場合はより本格ミステリっぽい読み方になる……かもしれません(ホントか?)。

 鍋に入れて煮込んだくらいでニンジンはとろけやしねえ
 きっととろけてるのはニンジンの頭なんですよ。それで「プリンセス」とか言いやまあ、料理が全然出来ないと言っている谷山浩子の作った歌ですから(身も蓋もないです)。
 おいしくとろけて『フューチャーデイズvol.3.』(合本)が出来上るるところを想像してます。

 そういえばアルバム『しっぽのきもち』には吾妻ひでおの名前がクレジットされてますが、あれはこのバージョンの「キャロットスープの歌」のダイコン(のパートを歌っているの)が吾妻ひでおだということなんでしょうか??

 ダイコンの役をやっているのは本物のダイコン役者だ……とか思ったことは内緒にしておいてください。

このラノ投票結果とかコラムとか15

 「なけりゃ作ればいーじゃないのよ。ほれほれっ」
 というわけでこのライトノベルがすごい! かもしれないに一般投票の年齢別結果が追加されました。
 しかし、絵師さんの名前はランキングの上のほうを見てもほとんどどの絵かわからなかったり……。

「月は東に日は西に」(1985)
「究極超人あ〜る」(1986)
「聖エルザクルセイダーズ」(1988)
 ……というわけで、このあたりがスチャラカクラブ第1の波ということになるのかな?
 ついでに調べてみたら「やっぱり猫が好き」は1988年でしたか……。

 唐突ですが、条件には当てはまらないんですが、ジョジョの第4部もスチャラカクラブっぽいところはあるなあ、とか考えてみるのでした。中心メンバーは高校生ですし。あの漫画もだいたいは敵を倒す繰り返しで最後に大ボスを倒すみたいな話なんですけど、それが4部では大枠でも街のどこかに潜んでいる殺人犯を探し出すというちょっとミステリーっぽい目的になってるし、さらに挿入されるエピソードにもSFやミステリーの短編みたいな感じの強いものがあったり、最終目的とまったく関係もないようなレストランで食事するだけの話とかがあったりして、何かズレてるんですよね。ジョジョはタイトルの通りもともと奇妙な漫画ですけど、第4部はことさら奇妙だと思うのでした。まあ、あの絵で日本とか日本人とか言い張るだけで相当なインパクトがあるわけですけど。

冲方丁×乙一によるライトノベル必読書100冊

 反応リンク集も出来てたので数えてみました。25冊。……まだ『撲殺(以下略)。

 剣客商売とか凹村戦争とか入れてたりするあたりで挑戦的なリストですけど、とりあえず『神様のパズル』が必読?とツッコミ入れたいところです。

4-334-07506-1 アルスラーン戦記
4-04-460601-3 フォーチュン・クエスト
4-06-181319-6 創竜伝
4-8291-2311-7 無責任艦長タイラー
4-04-873390-7 GOTH
4-8402-1388-7 猫の地球儀
4-8402-1944-3 イリヤの空、UFOの夏
4-8402-1585-5 キノの旅
4-8402-0558-2 タイム・リープ
4-8402-1035-7 ブギーポップ パンドラ
4-8296-2003-X ゆんゆんパラダイス
4-257-76907-6 星虫
4-19-905035-3 時の果てのフェブラリー
4-04-873339-7 NHKにようこそ!
4-8402-2278-9 バッカーノ!
4-8402-0807-7 僕の血を吸わないで
4-7584-1003-8 神様のパズル
4-04-429201-9 涼宮ハルヒの憂鬱
4-04-425301-3 失踪HOLIDAY
4-06-182250-0 クビシメロマンチスト
4-8401-0674-6 嘘つきは妹にしておく
4-7577-0709-6 赤城山卓球場に歌声は響く
4-15-030167-0 七胴落とし
4-15-030314-2 今はもういないあたしへ…
4-15-030121-2 ダーティペア

[感想]『扉の書』安田晶[講談社X文庫 White heart]

amazon / bk1

 それを読んだ人間は不老不死を得ることが出来るという「扉の書」。誰も読むことの出来なかったその書物をめぐる物語。

 明らかに趣味でないジャンルなんですが、わりと読みやすい文章で、けっこう楽しめました。……が、しかしまあ、最後のほうを読みながらひょっとして「2巻に続く」とかなってるのかな?と思っていたら、そんなラストになっているとは。いきなり連載を打ち切られたような感じなんですが。これが作書の素だったりするんでしょうか……?(^〜^;)

2004/5/24 (月)

「先生のお時間」。
 トリコロのCMが入ってるのが1番の笑うとこでしょうか。みか先生は、ちよちゃんに対してリアル金田朋子みたいなものなのかも。

 第4回「もえたん 萌える探偵小説」
 今回は桐咲了酒『快傑!トリック☆スターズ』と桜庭一樹『GOSICK』のレビューです。

 私の中では「キャシャーン」と聞くとなぜか無性にロボっぽいモノを
想像してしまうんですが、これはどうしてなんでしょうか? そんなどうでも良い事を
考えながら街を歩いていると、ふとその解答に突然ぶち当たってしまい相当驚きました。

 爆笑。初めて見ました……。
 カタカナの部分だけ見ると大魔王のほうに近いかもしれません。

 学校を出よう!2巻感想リンク集
 うちも入れていただいてます。

2004/5/26 (水)

「ウルトラQ」。
 ご町内SF。見た中で1番見た甲斐のある話のように思うんですが、ノスタルジーに過ぎる作りにどことなく引いてる部分もあったり。

「忘却の旋律」。
「鳴り響けあた(以下略)」。あほだ……。

このラノ投票結果とかコラムとか16

 冲方丁×乙一によるライトノベル必読書100冊・アンケート
 チェック式アンケートby一歩さん

 QJをやっと見つけてばっと見て来ました。
 ライトノベル≒エンターテイメント小説、みたいな発言とか、冲方×乙一の対談にもレーベルの編集者のアンケートにもあって頼もしい。この特集に書かれてることと「創世記」&感想スレッドにある話題と一緒に読んでみたりすると良いかもしれません(<買ってないのに言うことじゃないな)。スチャラカクラブに絡むような話もあったりなかったりしますね。

 日経キャラクターズのほう忘れてた……。

 まあ、個人的にはライトノベルって「非ジャンル小説」なのかもしれません。「絵が付いてる小説」or「絵が付いてない小説」ということも含めて何でもありなものに付けられている名前。つまり「混沌」のようなもの。だからSFやミステリみたいなジャンル小説のこだわりもいらないし、ジャンルとして語られる必要もないのかもしれません。……とまで書くとちょっと極端ですけど。

 某コラムの続きを書かないと……。

2004/5/28 (金)

「恋風」。
 友達の部屋にあったぬいぐるみはきんぎょ注意報?

 「空想旅行に行こう−本当の旅よりもずっと遠いところへ」 ニュースな本棚|Excite エキサイト : ブックス
 こちらにしては珍しくオーソドックスな企画(^〜^;)

 広告書き込みのコピペ改変ネタが流行ってるみたい。そんなことしてる暇あったらサイトの更新しましょうよ(<誰!?(^〜^;))。

このラノ投票結果とかコラムとか17

「スーパーラノベ作家大戦」っていうか「もしもライトノベル作家が一つのクラスにいたらPure 〜先生!インテリジェンスがありません!〜」っていうか。

 前回の続き。
 アンチジャンル志向のジャンルというか。普通にジャンルというより、ジャンルを崩して形成されてるものなんじゃないかな、と。つまり増殖していく(^〜^;) 「指輪物語」がライトノベルだとか「剣客商売」がライトノベルだとかいうのは言ってる本人も冗談ではあるんだろうけど、そういう冗談が言える状況はあるわけで。歴史物とかミステリとかいったジャンルに関係なくライトノベルだと言ってしまえるのなら、そのジャンルの過去の作品であっても同じってわけで。そのあたりやっぱり読者本位呼び方で、某ジャンルで「SF作家の書いたものがSF」なんて言葉があったのに合わせると「ライトノベル読者の読むものがライトノベル」という感じですね。

 だって漫画なんかだと初めからSFとかいったジャンルはあんまり意識されないし。意識されるのはそれよりも少女漫画とか青年漫画とかいった性別とおおまかな年代くらいなわけで。ただジャンル内で傑作とか言われていても手に取りにくかったりもするわけで、そういうふうにあまりジャンルとか気にしなくて手に取れるようになってるんじゃないでしょうか。

[感想]『学校を出よう!3 The Laughing Bootleg』谷川流[電撃文庫]

amazon / bk1

 1巻よりは良いと思うんですが。ネタが1巻とそれほど変わらないし、半端にドタバタやってるだけのような感じがします。女の子キャラの心情描写とかあんまり出来ないのかな……とか思ってしまいました。この2巻やハルヒの1巻だと直接する必要がないつくりになってたわけですけど。

 佳由希と優弥の会話は『ハルヒ』のキョンと古泉あたりの会話とあまり変わらないような……。

「なんでそんなことが起こるんだ?」
「さてねえ。僕にも解りませんねえ。誰かのきまぐれか何かではないですか?」
「誰のだ?」
「知っているのなら、ここに来る前にその方のところをうかがっていますよ。僕らにとって機嫌を取るべきは、まさにその彼、または彼女ですからねえ」

2004/5/29 (土)

「たいくつだニャー」(2004/0527)
 ねこぢるの漫画みたい……。

 おおほんとに更新しておられる……。

[感想]『バッカーノ! 1931 鈍行編 The Grand Punk Railroad』『バッカーノ! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』成田良悟[電撃文庫]

『バッカーノ!』の続編。大陸横断鉄道の特急列車に乗り合わせたとんでもない奴らとそこで起きた事件を描く2分冊の物語。

 不死者だとわかっていて痛めつけようとしたり殺そうとしたりするのが恐〜。前作と同様に目茶苦茶で面白いですが、ひとつの列車の中で起きる話となると長すぎでしょうか。それにフレアやジャグジーが浮いてる感じだし、フレアについてはどうしてそんなに強いのか納得出来ませんでした。

 飛び道具のアイザックとミリアのおふたりは、今回は本当に飛んでおられました。ほんとにしょーもないなあ(^〜^;)

2004/5/30 (日)

 あそびにいくヨ!
 とりにくん。

 はてなダイアリー占い(はてなダイアリー - ピアノ・ファイア)
うたたねこさんは ネタ に向いています。
 ……。

 内村プロデュース占い(はてなダイアリー - 右脳TV)
うたたねこさんは【 原口あきまさ 】系です!
 ……。

[感想]『フィンガーボウルの話のつづき』吉田篤弘

amazon / bk1

 クラフト・エヴィング商會の中の人のソロ1作目の連作短編集。でも読んだのはこれが3冊目です。最初のソロ作品だからなのか、3冊の中ではクラフト・エヴィング商會の作品に1番近い感じでもあるし、かなり良いです。「その静かな声」や「ろくろく」なんかが好き。「なかなか書き始められない物語」とかいうと魅力的なのに「予告編だけの映画」とかいわれるとすごくつまらなそうなのはどうしてなんでしょうか(^〜^;)

 作中に出て来る「ジュールズ・バーン」という作家の名前が『10 1/2章で書かれた世界の歴史』の人みたい。

2004/5/31 (月)

Amazonのおすすめ

 ざくざく「評価」をつけていったら何だか良くわかりませんがホントに面白そうなものをおすすめされてしまったのでメモ。

アリスの不思議なお店
コーネルの箱
ALICETOPIA(アリストピア)



【過ぎ去る日々をノコして】  [戻る]

     2003年4月以前の日記


サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ