サイト内検索 help
おすすめさん
『谷山浩子の幻想図書館 Vol.3 アタゴオルは猫の森』
『谷山浩子の幻想図書館 Vol.3 アタゴオルは猫の森』
serial experiments lain TV-BOX
『serial experiments lain TV-BOX』
春期限定いちごタルト事件 米澤穂信(感想)
米澤穂信『春期限定いちごタルト事件』
月光シアター
谷山浩子(公式
谷山浩子『月光シアター』
委員長お手をどうぞ(1)
山名沢湖(感想)
山名沢湖『委員長お手をどうぞ(1)』
白のふわふわ
山名沢湖(感想)
山名沢湖『白のふわふわ』
スミレステッチ
山名沢湖(感想)
山名沢湖『スミレステッチ』
EVER17 (感想)
『EVER17』


う た た ね こ や
〜 谷山浩子と本のあるところ 〜 
 


 2004年 7月

2004/7/2 (金)

 はてなダイアリーって、web日記とかBlogとかいうよりも一種の巨大BBSみたいな感じですね。……と、他のBloサービスとかを見ていまさらはてなについて書いてみたり。

「占い式!奇妙な物語ナビ」 ニュースな本棚

 またもやスズキトモユさんの労作が……。

 結果は8番目でした『赤い館』は未読だし、乱歩にしても伊藤潤二にしても好きというほど読んでないし、合うのかどうかはかなり微妙かな。……と思ったのですが、他の結果をざっと見てみるとこれが1番しっくりくるかな……と思ってしまいました。漫画ナビの時と較べて今回「奇妙な物語」で挙げられてる作品の範囲はスズキトモユさんの趣味が出ているかもしれません。

 質問画面に本の紹介が出てくるので、最初はその本が好きかどうか(読んでみたいかどうか)で答えるのかと勘違い。どちらにしても、別のルート経由した上で、結果は同じだったようです。

2004/7/4 (日)

冲方丁×乙一によるライトノベル必読書100冊・アンケート
「スイミー」みたい。
 そういえば先に自分で数えていたのでCGIの集計には投票してませんでした。ちょっと残念。

『マリア様がみてる〜眼〜』(嘘)
 ……ひさしぶりに見ると、悪魔か異星人に何かされてるんじゃないかと思うくらい目が大きいですこの主人公。マツケンサンバのCMってのがよくわかってるなあ。ジェネオンめー。

『蒼穹のファフナー』。
 ロボットものは基本的に受け付けないのですが、ちょっと様子見。アンジェラのOPとEDがやけに中島みゆきっぽい感じです。

 そんなわけで「先生のお時間」がないのがちょっと寂しい。

[感想]『灼眼のシャナ』高橋弥七郎[電撃文庫]

amazon / bk1

 本当の自分がとっくに死んでいると言われた少年が、この世のものではない力を持った存在のシャナと関わっていく話。

 しばらく前に読みかけて挫折したのですが、その続きから今回は最後まで読みました。……挫折したのは話がバトルから始まってるせいでしょうか。口絵では学園ラブコメっぽい感じのするものが多いですが、物語が始まったあたりはバトル&けっこう暗めの印象ですね。それが引きずるので、そのあとの日常シーンにもイラストのような雰囲気をなかなか感じないというか。後半はそれなりに日常シーンを重ねたあとで、登場人物の関係も変わって来るのでそれなりに読めました。作品に出て来る「生きていないのに生きている」という設定は吸血鬼ものや仮想人間もの(上遠野浩平のナイトウォッチシリーズとか神林長平作品全般とかみたいな)にも近くてうまいと思います。

2004/7/7 (水)

 第7回フリーゲーム大賞(まいじゃー推進委員会!)
 ここ2、3ヶ月あたり、フリーのADVやRPGなんかに手をつけていてこちらのサイトでも落とさせてもらっていたので、銅賞以上の作品はひと通り手をつけてました(途中で放ってるのもありますが)。いずれもシナリオやキャラクター造形がよく出来ていて楽しいです。
 いま、しばらく前から入賞作品の『Cresteaju』を進めてるところで、感想も書こうと思ってるんですが、これが予想を超える広大なマップと膨大なシナリオでなかなか終わらないのでした。

[感想]コミックハイ!vol.5

 山名沢湖「委員長お手をどうぞ 第5話 ご指示下さい 体育委員長」
 今回は体育副委員長の沢井さん。初登場コマから口が山脈になってたり委員長の福田くん(身長差およそ頭ふたつ分?)の胸ぐらつかんだりしてる怒れる女の子ですが、このふたりはまた背の低い姉と背の高い弟みたいな組み合わせで先行きも楽しみな感じ。
 5話目にして初めて委員会(会議)のシーンが。

 今回は「ひとひら」「朋LINK!」「学園法廷」あたりも良かった。「学園法廷」についてはむしろいままでが微妙すぎる話が多かったのですが、今回はミステリ的にもいままでよりそれらしかったですし(何か雑ですけど)。

 次号はゲストで流星ひかるとタカハシマコ。来た━━━。流星さんはこの雑誌のコピー(「少女漫画系青年誌」)を見ると連想せずにはいられませんでした。

[感想]『Dクラッカーズ5 乱−rondo−』あざの耕平[富士見ミステリー文庫]

amazon / bk1

 2部の新キャラが長所と短所をフル稼動させた意外な活躍を見せたりとかいろいろありますが、おおむねまた甲斐とウィザードのやりたい放題で終わったような。

 4巻の感想にも書いたように、1巻から疑問に思っていたことなんかは本当にひと通り説明されてしまいました。そう来るのか……。さて、第2部が終わってこれからはどんな展開になるのでしょうか。

 4巻の感想
 3巻の感想
 2巻の感想

2004/7/8 (木)

>流星ひかるに反応できる時点でかなりダメな人です。多分。
 ○| ̄|_

 ……しかし、流星さんの日記を見たら不穏すぎな記述が。

 手計算で50回足し算をするとなんとかならない事もない。
 うむむ、それは何とかならないかもです(^〜^;)
 ここ2、3日、FTPソフトを起動するたび動きが変だったのですけど、もう大丈夫なハズ……。失礼しました。

>「週刊わたしのおにいちゃん」特別増刊号(メディアワークス)
>4ページのカラー漫画です。黒。

 いずみさん、そっちいっちゃうのかー。

 7/18(日)14:00より リブロ熊本店にて梶尾真治先生 『インナーネットの香保里』サイン会 先着100名!
 これとは別の、東京であるトークショー&サイン会(松原秀行、あさのあつこ、はやみねかおる、令丈ヒロ子)の告知もあります。……これって年齢制限とかないのでしょうか(^〜^;)

 bk1はてな
 はてなとbk1の両方からメール来ました。

「パジャマの樹」をくり返し聴いてます。

2004/7/9 (金)

『森絵都の本』 参加者募集!(BOOKS 【M】)
 別冊宝島『森絵都の本』が出版されることになったそうで、この本に掲載するためのアンケートや質問などが募集されています。銀河通信オンラインの日記より。
 でも森絵都でそんな本が出る需要があったのですね……(^〜^;)

[感想]『王国神話 空から降る天使の夢』明日香々一[富士見ファンタジア文庫]

amazon / bk1

 超珍しくファンタジア文庫を読みました。中世ファンタジー版「天使が降って来たもの」なんですが、全体的に雑な感じが。文章も説明不足ぎみですし、ラストのほうの展開もあれでハッピーエンドのつもりなのかと思わずにいられません。途中で明かされる事実についてももっとサプライズを演出する書き方をしてもいいんじゃないかと思ったりもしますが、これはまあこれでいいのかも。ほら話としては面白いので、もうちょっとちゃんとした小説にしてくらたらなあ、という気がしました。後半の無茶なところを除けばかなり少女漫画っぽいノリの作品でしょうか。

2004/7/12 (月)

[谷山]『Mezzo Piano』

 谷山浩子の編曲・演奏による谷山浩子のインストルメンタルアルバム『Mezzo Piano』が2100円で9月15日に発売されます。
amazon

[感想]『嘘つきパズル 究極の名探偵★誕生』黒田研二[白泉社My文庫]

amazon / bk1

 サル顔の語り手やホモや老婆たちのグループが嵐で遭難した先の無人島で怪物に襲われたり殺人事件に巻き込まれたりする話。魔夜峰央のイラストが強烈。

 西澤保彦みたいな変格ものでミステリとしてはちゃんとしてます。……本当に究極の名探偵だというあたりはすごい。でも、それよりも怪物なんかの話にちゃんとオチを付かないのがどうも気になってしまいます。あと、裏表紙の紹介にあるように「暑苦しい」というのは確かですが、あとがきにあるような駄洒落や親父ギャグはたいしたことないのがちょっと残念。

2004/7/13 (火)

 発売されたばかりの早見裕司『Mr.サイレント5 愛情世界の聖なる希望』[富士見ミステリー文庫]【 amazon / bk1 】に谷山浩子ネタ(?)の短編「空からマリカが」が収録されているようです(未確認)。……このシリーズには手をつけてないのですよね。

 谷山浩子のアルバム紹介とかやってみましょうか。

クレヨン社のニューアルバム

 クレヨン社6thアルバム『誰にだって朝陽は昇る』

 公式サイトにて7月21日から予約開始。9月4日発売です。

2004/7/14 (水)

 taniyama.nemuko.bbs HomePageインストルメンタルアルバムの曲目情報が掲載されてました。
 1曲目から「ふたり」ってのも素晴らしいですが、公平に見て申し分のない選曲だと思います。……でも「銀河通信」とか「見えない小鳥」とか(以下略)。

 ウルトラQ
 ひと言で表すとKanonのアレってことですか?

 忘却の旋律
 時々出て来る死にそうな声の志摩子さん(お約束)がもう……。
 前にも思ったのですけど、メカが何となくタイムボカンシリーズみたい。

 GA
 先週は始まってたことに気付かずに見過ごしてしまいました。まあ、その前の週まで水曜の深夜は特に何も見てなかったから……(キン肉マンも鉄人も何回も観てましたが)。観るのはひさしぶりですが、いままで通りなので深夜に見てると思うと違和感バリバリですね。いきなりだと。今週は1本目が大和屋脚本でした。ちくわとしての機能も充分(byハカセ)。

2004/7/15 (木)

 そんなわけで、も〜っと谷山浩子ファンサイトっぽいこともたまには、ということで谷山浩子のアルバム紹介をしてみることにしました。本の感想なんかと同じような感じで、ファンとかじゃない人にも読んでもらえたらと思いながら書くつもりなのでどうぞよろしく。ツッコミとかも歓迎です。
 第1回目はわたしが初めて聴いた谷山浩子のアルバム『冷たい水の中をきみと歩いていく』ということで。

 何だかよくわかりませんが、ここにバケツプリン置いときますね。

[谷山]アルバム紹介(1)『冷たい水の中をきみと歩いていく』

『冷たい水の中をきみと歩いていく』amazon

忘れてた あの時に
何か約束をしたんだ
何か大事な約束を
どこへ あれからぼくたちは
どこへ はぐれてしまったのか

 ――「瞬間」

 1990年2月21日のリリース。ジャケットと歌詞カードは外国(マカオだそうです)で撮影した本人と風景の写真。

 谷山浩子の中では最も長いタイトルのこのアルバムは、その名前の通り透明な水のようなイメージが強いです。それは表題曲の「冷たい水の中をきみと歩いていく」「瞬間」「森へおいで」に登場する少年が手にしていてそして失っていく輝きに通じているのだと思います。そんなふうに少年的なイメージのある曲も多いこのアルバムは、たとえば遊佐未森あたりが好きな人にも聴きやすいかもしれません。他のアルバムと比較すると、全体的におだやかに安定したアルバムでもあると思います。


[曲目と一部曲紹介]
1.青色帽子ツアー

 失恋した友人を青い空の下へと連れ出す、爽やかな励まし系ソング。

2.流星少年


3.冷たい水の中をきみと歩いていく


4.瞬間

 夢の中で見つけた、忘れてしまってもう戻ることのない、きみとぼくの「瞬間」の歌。

5.PUPPY


6.LUNA


7.森へおいで

 森を捨てて街へと出ていった少女が戻って来るのを待ち続ける、森の少年の寂しくせつない歌。

8.トライアングル

 三角関係なのですが、3人ともが歩みを止めたまま先へ進むことの出来なってしまった恋愛未満の歌です。

9.恋人の種


10.銀河通信

 代表曲といっていい歌の1つ。寂しくなったり辛くなったりした夜、静かに耳をすませた時に夜空の向こうから聴こえて来る遠い友だちのメッセージ。

11.月日の鏡


2004/7/16 (金)

 そんなわけでメールアドレスが変わってスッキリ。amazonだとかのいくつかのサービスに登録はしましたが、いまのところスパムの類は1通も来てません。

 読書意欲なんかもまったくないきょうこの頃。谷山浩子を聴きながらアルバム紹介の記事を書いてちょっと元気を出してますが、いずれにせよ他のことは出来てないです。

[感想]『Cresteaju』(フリーゲーム)

 作者サイト:さくらやまスクエア

 フリーのRPG。物語のはじまりはエターナルという組織が力を強めて来た世界で、支配を拒んでいたためにエターナルに攻め込まれた都市クレスフィールドに住む主人公が友好の深い都市アネートへの手紙を持って旅立つ……というもの。

 グラフィックや演出など、2Dの頃のFFにかなり近い感じ。ストーリーも過去にあった帝国の作り出した生命兵器が……みたいなFFっぽい展開で、シナリオ分量も多くてたいへん面白かったです。復活祭の事件で信者がおかしく思わないあたりはどうかと思いましたが、流砂の遺跡の展開なんかは熱いです。音楽もRPGのものとしてはかなり好み。3Dビューによるシミュレーション風の戦闘もよく出来てますが、これはユニット数がそれほどないのとフィールドが限られているのとでちょっと半端な感じもしました。

2004/7/22 (木)

 日曜から何の前触れもなくネットに繋げなくなってたりエース特濃が買えなかったり夏だったりしてダブルぴんちっ!

 接続のほうは、設定を変えたりもしてないはずだし、コードあたりの物理的な部分も問題ないはずなので原因不明。むっかーしあったみたいに原因不明のままでまた復活するんじゃないかと期待しつつ、しばらくして何事もなければ再インストールしてみることにします。……暑さで中のハンダでも溶けたかな?(^〜^;)

 そんなわけで、とりあえずむっかーしのノートPCを出して来て繋いでみました。このノートも使わなくなる前の最後の頃はモジュラージャックが物理的に壊れて繋ぎにくくなってたのですけど、その頃のまま使用中。

 特濃はきょう某所に1冊だけあったのを買って来ました。

 そんなわけで適当に規模を縮小して更新してます。

 GA。
 先週は「こんなにこのアニメ好きだったっけ?」とちらっと思ったのですが、今週はふつーに見てました。2本目はスパイダーマンのパロディでしたけど、あれはひょっとしてタツノコリスペクト?

 そういえば、東宝と東映のアニメ映画は大谷育江の魔物対決になりましたか。

2004/7/23 (金)

 きょうはまた、きのうノートのほうで普通に使ってた外付けハードディスクがなかなか認識されなかったり。……そんなことやってるあいだにタモリ倶楽部終わってるし。もう嫌や。

 書くの忘れてましたが、ライトノベルの作家でも名前だけのペンネームとか見ないなー、とこのあいだ書いたらほんの数日後に本屋で見かけたスニーカー文庫の新刊『E×N 巻之一 きみとの縁てやつ』amazon 】の作者がひらがな2文字でした。

 このあいだ「出ないかなー」とか書いてたのですが、CooRieのアルバムが出ることになったみたいですね。まだ詳しい情報は出てないみたいですが。

[感想]エース特濃 月刊少年エース8月号増刊

 そんなわけで最終号。お疲れさまでしたっ。次回から始まる「大塚英志エース」にご期待くださいっ。

「でりつま」はももえさんの強引なギャグセンスが炸裂しつつ終了。彼女は天然とかいうのとは明らかに違うと思います。「チョイクロ」は服のブランド名だったのか。「指輪物語」はどう終わるのかと思ったらいつも通りのそのまんま。「黒鷺」はまあ続くんでしょうけど……。嫌いじゃないですが地味すぎる漫画ですね。事件との関わり方とか不自然だし。木村ひかげはどこか別の出版社の雑誌で拾ってあげてください。

 ……しかし、雑誌が廃刊だか休刊になったというよりも、残ってた1話完結型の連載を切って逃げたような感じが。

2004/7/24 (土)

 ついに田中ユタカの『愛人』最終巻が出るそうで。ライトノベルなんかで続きが出ないのとは違って、連載が終わってるので普通ならいつ出てもおかしくない状態だったのですごく待った感じがあります。

 小説とか読む気がしないので、だいぶ前に買って以来そのままだった文庫版の水沢めぐみ『ポニーテール白書』を見つけて読んでみました。これは相当に少女漫画で、けっこうきついものがありますね。子供の頃に輸血したくらいで「血のつながりが……」とか言ってる外国人はかなり迷惑だな。あと、漫画を文庫版で初読するのはやっぱり良くないなあ、と思いました。

 アルバム紹介の2回目は、ここのところお気に入りな感じの『翼』です。

[谷山]アルバム紹介(2)『翼』

『翼』amazon

きみへと飛ぶよ 僕は電波 星も越えて行く
言葉と歌を抱いて 寒い夜の空を走る

 ――「電波塔の少年」

 2002年4月17日リリース。ジャケットはどこかの国の子供の写真。これは谷山浩子としてはインパクトあるなあ。裏側の雲が手前の人物と重なって翼に見える写真は狙って撮ったのでしょうか……。歌詞カードは一枚に繋がってる紙を折りたたんだタイプです。

 このアルバムは、聴いていると「距離」というものが強く意識されているような気がします。物理的な距離というより、それは人と人のあいだにあるものや現在と未来とのあいだにある時間的なもので、たとえば会わないことを自分で決めた「僕」の感じる「きみ」との距離が「星より遠い」ように、「会いたい」といった強い気持ちによる心の翼によって飛び越えていくものになっているように思います。


[曲目と一部曲紹介]
1.学びの雨

 過酷な状況でも勉強しようとしているアフガニスタンの子供の報道を見て作られた作品。9曲目の「ゆりかごの歌」が絶望の歌なのに対する希望の歌。「エンヤ」とか言われたりもしてる曲ですが、みんなで歌うと卒業式みたいな気分になれます。

2.星より遠い


3.人がたくさんいる


4.パタパタ


5.向こう側の王国

 谷山浩子のステージ『幻想図書館2 不思議の国のアリス』のテーマ曲として作られた、行きて帰りし物語のOPとなるファンタジックな旅立ちの歌。

6.ウミガメスープ

『幻想図書館2』のために作られた曲で、歌詞は『不思議の国のアリス』(矢川澄子訳)の作中に登場するウミガメスープの歌をそのまま使ったもの。もともとおかしな『アリス』の詩にあやしげなメロディとコーラスをつけた一品。

7.電波塔の少年

 夜の電波塔の上に立ち、「きみ」へ向けて届くことのないメッセージを飛ばす少年の歌。数ある「淋しい少年ソング」の中でも純度の高い傑作。

8.洗濯かご

 浮気した夫のことを考えている妻の歌を谷山浩子が作るとこうなるという感じで、幻想と微妙な生活くささが夢のように混ざり合って語られる作品。

9.ゆりかごの歌

 2001.9.17のテロ事件に影響を受けて作られたという、「初めて本当の意味で『殺す』という言葉を使った」と作者が言っている通りの重たい作品。赤ん坊がゆりかごの中で見る、風やおもちゃたちが恐ろしい言葉を語る夢。でもその言葉は実は現実で、本当の悪夢というものは夢からさめてもその現実からは逃れられないことなのだという、人間にかけられた呪いの言葉の歌。

10.カタツムリを追いかけて


2004/7/25 (日)

 谷山由紀の『コンビネーション』の復刊リクエストが60票『天夢航海』の復刊リクエストが50票になりました。半分いったというのもここで触れはじめた頃からすればすごいことですが、もうあと半分票が入れば本当に出る可能性もあるわけなので、興味はあるけどまだ投票してない方がいたら投票していただけるとうれしいです。
 ……本当、読者としては谷山由紀さんもどこかの出版社とかで拾ってくれるとうれしいんですけど。ってどこだかわかりませんが。幻冬舎あたりでばばんと。

[感想]『LADY PEARL』(フリーゲーム)

「冒険では、出逢いに甘えることが楽しむコツなんだ。
 独りになろうとしちゃいけないよ。

 それと、家に帰るまでが冒険だ。
 いつか帰る場所のことも忘れちゃいけないよ。」

 作者サイト:万泊後宴2004
 公式サイト:ALICE WEB

 このあいだ触れた第7回フリーゲーム大賞の大賞にもなっている、なぜか女性キャラばっかり登場するRPG。あずまんが大王とかみたいな……というか、うちあたりでよく使われている表現で言えば「仲良し空間」的なRPGで、敵を倒したり強くなったり世界を救ったりということよりもコミュニケーション的な部分の楽しみが圧倒的に多いRPGです。出会い、別れ、意外な再会といった展開も良い。主人公たちが「冒険者」とかじゃなくて、ちゃんとその世界で仕事を持ってるあたりも好感を持ちました。……といっても冒険者みたいな仲間もけっこういましたが(^〜^;)

 シナリオの規模としてはやたら大きなものではないですし、舞台も世界の一部地域に留まります。町の数や人の数もそれなりになりますが、仲間になる人物やその他の顔グラフィックが出る主要キャラクターは、魔女・シスター・姫・巫女さんなども含めてほとんどが女性キャラで、そしてまたみんなかわいいのでした。

 顔グラフィックなども含めて、見せ方など細かいところのセンスがあると思います。テキストのほうはこのゲームの要でもあるのでとても良いです。「ねじり切る」とか、何度か吹きました。シナリオ的には、ラス前あたりで説明がもう少しあっても良いんじゃないかと感じたところぐらいがどうかと思ったところ。あと、BGMが無くなるシーンは、演出にしては多すぎますね。気になったのはそのくらい。リーダーが寝坊ばかりするキャラなので、戦闘でも「睡眠」にかかりやすいとかいったあたりの設定もうまいです。楽しかった。

2004/7/26 (月)

『ライトノベル完全読本』amazon / bk1
 拾い読み。歴史みたいなのはいまのところお腹いっぱいぎみなのでもっと現在の作品についての批評なんかがあると良いのになあ、と個人的には思うのですが日経でつくるとこういう感じ、というところなんでしょうか。ライトノベルの読者(ファン)として読むところはあまりないのかも。デザイナーのインタビューは良さそうかな。女性作家3人対談は(一般の)男性読者向けということもないだろうし、ちょっと謎です。奥が深い……。ライトノベルレーベル担当者のインタビューにはカラフル文庫も入ってますね。

 Nikon Imaging|コミュニティ谷山浩子のインタビューが掲載されています。
 アルバム紹介で『心のすみか』の時に「カメラブームはどうなったんでしょうか……」みたいなことを書こうと思っていたのですが(^〜^;)

 もえたん 萌える探偵小説
 第6回が発表されました。
谷川流『学校を出よう!2 I My Me』[電撃文庫]と葉山透『金の瞳の女神 ルーク&レイリア』[富士見ミステリー文庫]の2作品。今回はどちらも高めの得点でしょうか。

 何年かぶりで清涼院流水を読みました。心地の良いガッカリ感が……。

2004/7/31 (土)

 再インストールしてみましたが、やっぱり直りませんでした。どうしたものか。

 再インストールしたら今度はnDiaryが動かなくなった。……rubyが復元出来てなかったようです。

 そういえば「銀河通信」に最初に付けられたタイトルは「真夜中の電話」だったそうで。……そのまんまだ。「真夜中の太陽」と一緒に真夜中リンク集に入れてしまおう(そんなものはありませんが)。

 GA。
 1本目はまた大和屋だった。好き放題やってますね。そういえばサエキトモの声ってのもひさしぶりだったような。

 ウルトラQ。
 製麺機か。恥ずかしい脚本書くなあ。

[谷山]アルバム紹介(3)『お昼寝宮・お散歩宮』

『お昼寝宮・お散歩宮』amazon

「わたし、人をさがしているの。突然いなくなってしまった人を」
「それじゃあ、今からわたしたちとお昼寝しましょう」
「……お昼寝? こんな時にお昼寝?」
「お昼寝には不思議な力があるのです。あなたのさがしている人も、きっとお昼寝の中でみつかります」

 ――「お昼寝宮」

 1989年1月21日リリース。最初に出たCDのジャケットは変形版で、その全面に北見隆によるサーカスや手品師などのイラストが描かれていました。北見隆のちょっと昏めの幻想的なイラストはアルバムと合っていて、印象が強いです。

 1曲目から6曲目は谷山浩子の同名小説を元に作られた、台詞などオーディオドラマ的要素のある組曲『お昼寝宮・お散歩宮』です。組曲中の「第5の夢・そっくり人形展覧会」猫のみた夢お昼寝宮・お散歩宮など、アルバムタイトルの通りに明るくてかわいい曲もありますが、「第2の夢・骨の駅」「かくしんぼ」鬼こごめなど、民話や遊び歌的な恐い歌が多いのも特徴。個人的には「手品師の夜」「ただ風のために」「鬼こごめ」と、後半にすごく好きな曲が集まっています。


[曲目と一部曲紹介]
1.お昼寝宮


2.第2の夢・骨の駅


3.第5の夢・そっくり人形展覧会

たくさんいる同じような顔をした人間たちの中から「本物の彼」を選ぶはめになった主人公の歌。しかも返品不可。

4.猫のみた夢

中華風のふわふわしたメロディーに乗せて猫の夢(主に食べ物関係)が語られるかわいい歌。

5.夢の逆流


6.お昼寝宮・お散歩宮


7.手品師の夜


8.ただ風のために

ネパールへ旅行に行って出来た曲。「愛」や「言葉」といったものが遠くなっていく、大きな自然と風に抱かれる、やさしく美しい歌。

9.天の貝殻

 外国(これもたぶんネパールだと)でたまたま耳にして気に入った歌が特定出来ずにあとからその雰囲気を思い出して作ったという、不思議な旋律の作品。死んでしまった彼のことを待ち続ける生活を送る女性の歌。

10.かくしんぼ


11.鬼こごめ

 楠桂の漫画のイメージソング。愛していた人が別の人間になってしまう悲しい歌。おどろおどろしいベースの演奏も特徴。

[感想]『Dクラッカーズ6 追憶−refrain−』あざの耕平[富士見ミステリー文庫]

(isbn4-8291-6204-x)

 3巻の派手さとはまた違うけど、ある意味これで終わっちゃってもいいような盛り上がりでした。告白じゃなくて脅迫になってるし。

 これを読みながら「面白い」と感じているのは、作品そのものの評価とは別に、小説でこういう面白さを体験するのは初めてなんじゃないかということもあるみたいです。これまでの感想でも書いたように、あまり長編シリーズものって読まないのですよね。スペオペも中世ファンタジーも伝奇ものも読まない。でもこのシリーズはそのどれでもない。認識がどうのといったあたりは前にも触れた『MOUSE』にやっぱり近いところもありますが、そのあたりのSF的な仕掛けを中心にして1冊にしてる小説とも違う。そのあたりはやっぱり雑誌で連載されてる漫画に近いですね。そういう意味ではリアルタイムで読んでいるとより面白かったかもしれないとも思います。

 今回も甲斐が大暴れでした。

 5巻の感想
 4巻の感想
 3巻の感想
 2巻の感想



【過ぎ去る日々をノコして】  [戻る]

     2003年4月以前の日記


サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ