4月30日 

 最後通牒でアワーズライトがあと2号で休刊とのニュース……(;´Д⊂)

 嘘に泣き、「嘘だ」と泣く4月。
 いろいろとこれからではないですか……。



4月28日 

[漫画]「ひみつの階段(1)」紺野キタ

 ポプラ社に移ってシリーズ名が変わって出た本の作品はちょっとどうかなあとも思ってたのですけど、今回入ってる新作は良かったです(といっても2作だけですが)。

「Diary」もいろいろすごいですね。「DD」とか(^〜^;) あのタイの女の子って……うーん、「See You」の彼女と消え方が同じですけど、どうなんでしょうか。



4月26日 

 こちらにアワーズライト作品の評がありますね。そういえば2chにもアワーズライトのスレがPART5まで立ってました(まだ読んでませんけど)。

[漫画]「サトラレ(2)」佐藤マコト

 面白かったです。「毎回最終回のつもりで書いてます」という作者の言葉もうなづけますね。
 しかし、どうして西山の髪が突然立っているのか(^〜^;) ……彼が出て来ないとギャグがないですね。



4月25日 

 谷山浩子さん、デビュー30周年おめでとうございます。



4月24日 

 まいじゃー推進委員会「ほしのこえ」全台詞集・声優版が(ネタバレなので注意)。

 ……勇者です。

[どれみ]4月21日分

 盛り上がりすぎ(笑)>修学旅行編
 もうすっかり学園アニメになってますね。

 次週はいよいよむつみっち主役回。
 ……ってあれ? 修学旅行は今週で終わったんですね。家に帰るまでが修学旅行だと思うんですが(^〜^;)

[収穫]4月24日

1.「ひみつの階段(1)」紺野キタ[ポプラ社 POPLARコミックス]

[CD]
2.「バランソ」つじあやの
3.「BUST WASTE HIP」THE BLUE HEARTS



4月23日 

[漫画] 田中ユタカ「愛人(4)」

 殺されていった
 数え切れない
 者たちは
 夢を見ない

 世界は
 ひとごろしの
 夢でできている
――田中ユタカ「愛人(4) #29 ひとごろしの夢」

 この作品も3巻ぐらいの長さでで完結して良かったんじゃないかと思ってますが、それとは別で4巻に入ってからの展開は良いと思いました。それにしても「HITO」の正体についてあんな話になるとは……。

[漫画]ささだあすか「パジャマでごろん」

 新婚物語。
 このカップルの淡白ぶりとベタベタぶりが良いですね。この感じはけっこう好み……(奥さんショートカットだし(笑))。

[漫画]田中メカ「お迎えです。」

 笑いました。
 かなり絵のインパクトで笑わされてる率が高い気がしますが……(^〜^;)

 幽霊モノですけど、そのあたりのエピソードとしてはちょっと薄いかな……?

[漫画]幸村誠「プラネテス(1)」

 読む前は苦手なタイプかと思ってましたけど、面白かったです。
 煙草の話が良いですね。おバカだなあ、これ……(^〜^;)

[漫画]アワーズライト6月号

 日曜日に買いに行ったら、どこにもなくて、そのためだけに渋谷のまんがの森まで逝ってしまいました(おまけに、そこまで行っておきながらショパンの事情により「ひみつの階段」は買えず)。

 本当にほぼひととおり読んでいるなあ、というわけでちょろちょろと感想書いてみました。読んでないのは「ぼるぐ」と「エビアンワンダー」(<なぜか話がわからなくなってました)くらい。

魔法少女本願寺美礼R
 なんですかこの変わり方は(^〜^;) ……RはREVERSE(反転)のR?

純粋デート倶楽部
 石田さん全開の痛い話。……それにしても異常に色っぽい小学生です(^〜^;)

デッドコピー
 いい感じで嫌な感じになって来ました<どっちだ(^〜^;) 次回が楽しみ。
「次回クライマックス!?」ってのは最終回ではないのかどうなのか、さっぱりわからんです(^〜^;)

紺碧の國
 周縁にいる人たちの話……。話はなかなか進まない感じですが、良いです。「祈り――ここではないどこかへ――」という今回のサブタイトルがまた妙に「天夢航海」みたいです(^〜^;)

ヤマモト
 ごはん食うな(^〜^;)

永遠のグレイス
「物語はクライマックスへ」ってありますが、……クライマックスなんですか?(^〜^;) さっぱりわからんです(^〜^;)

恋愛ディストーション
 イヌ×イヌの仲良しっぷりがなかなかほほえましかったのですけど、納まるところにすっぽり納まってしまいました。
 こういう、ラストにある後日談みたいなのを見ると「そんなにすぐ結婚したんですか」とツッコミたくなるきょうこの頃。……こういう漫画でいきなり何ヶ月もあとの話が挿入されるのはヘンだし。

ラッキーヌードル
 山名さんの読み切り。ササヤカにいい話でした。
 ひょっとしてひょっとするとSF?……という感じですが、しかしこんな未来世界にはいま時なかなか出会えないと思われ(^〜^;)

(女の子の髪がいつもの作品より長めなのがちょっと残念と思っていることは激しく内緒(^〜^;))

世縒り指
 いままでばらばらだった話がいよいよひとつの物語として動き出す感じでしょうか。

結びの杜
 1巻では学園お化けモノみたいでもありましたが……すでにそれは星より遠い?

ときめきマリン
 なぜか妖怪モノ。
 これも「本願寺美礼R」もどこが魔法少女なんだという感じ(^〜^;)



4月20日 夏の終わり(^〜^;)

 TVでつじあやのCMやってますね。

[GAME]「歌月十夜」終了。

 始めたのは去年だったような気も……(^〜^;) ゲームとして行き詰まったりしたことはまったくなかったのですけどね。でも、埋まっていないCGがまだけっこうあったりしますが。……クイズも全然答えられてません。

 夢十夜というよりレギュラーヒロインたちの十番勝負という感じだったような(^〜^;)
 本編はわたしの趣味タイプの話。ラストはなかなかでしたが、矛盾してるような気も……?

[購入]4月18日

1.「フリッカー式」佐藤友哉[講談社ノベルス]

[CD]
2.「猫のテブクロ」筋肉少女帯

 人が殺されて、トリックなんかの謎を探偵が解いて……というタイプの話にはもうすっかり飽きが来ているような気がするきょうこの頃なのですが、その割りにわたしはメフィスト賞に何を期待しているのでしょうか?(^〜^;)



4月17日 ゆりかご〜

「ゆりかごの歌」につかまってます……>「翼」
 これはかなしい歌ですね。冷たい雨に打たれているとかいうような。

 そろそろ歌詞カードを見ますか……。



4月16日 聴いてます聴いてます

 買って来ました>「翼」

 ジャケットは表より裏が印象的。
 これって「こういうものを撮ろう」と段取りして撮っているわけなのでしょうか……。

[購入]4月16日

[CD]
「翼」谷山浩子



4月14日 

[収穫]4月14日

1.「ふわふわの泉」野尻抱介[エンターブレイン ファミ通文庫]
2.「愛人(4)」田中ユタカ[白泉社 JETSCOMICS]
3.「黄色い本」高野文子[講談社 アフタヌーンKCデラックス]

[収穫]4月13日

1.「SFマガジン・セレクション 1989」早川書房編集部編[ハヤカワ文庫]
2.「ファイナル・セーラー・クエスト ひと夏の経験値」火浦功[アスペクト ログアウト冒険文庫]
3.「お迎えです。(1)」田中メカ[白泉社 花とゆめCOMICS]
4.「パジャマでごろん」ささだあすか[白泉社 花とゆめCOMICS]



4月12日 

[漫画]「魔女リーナ マジョれ〜な」石田敦子

 二重人格魔女っ子。……加えてメガネ&たて巻きロール(笑)

 これはコミックスになって初めて読んだのですけど、アワーズライトの連載よりこういうほうが好み。これからもっと面白くなりそうな感じなんですけどね……ほんとに。2巻は出るのでしょうか……。

 しかし、カラーページを見ると、この作者の色彩感覚はいかがなものかと思ってしまうのですが(^〜^;)

[購入]4月11日

「魔女リーナ マジョれ〜な」石田敦子[角川書店 ニュータイプ100%コミックス]



4月9日 

[漫画]「ワールドエンド・フェアリーテイル(1)〜(3)」箱田真紀

 やっと3巻を読めました。
 これはすごく美しいですね。ストーリは(長さの割には)あまりないですけど。
 ちょっと「ウテナ」を連想したりするのは「世界の果て」とか「学園もの」とかいうあたりのキーワードが重なるからでしょうか。ノリは全然違いますけど。

[アニメ]あずまんが大王

 まったりしてますねぇ。……というか、普通というか。
 次回予告がいちばん可笑しかったです。人物紹介が全体のオチになっているというのは遠大過ぎて、くり返して見ないと気づきませんでした(^〜^;)

 ちよパパがいいように使われ過ぎな気がしたり(^〜^;) 第1回だけで編入生が1人に転校生が1人ってのもすごいことですね。

 それにしてもこの音楽面の揃え方はいったい何なんでしょうか。

 ちよちゃん登場シーンであいこっちの声が(笑)

[収穫]4月9日

「きみに会いたい」芝田勝茂[あかね書房]

[収穫]4月8日

[同人誌]
1.「GOOD NIGHT」山名沢湖・卯月千尋[突撃蝶々]
2.「オブラート」山名沢湖[突撃蝶々]
3.「殺人ちゆりつぷ」山名沢湖[突撃蝶々]
4.「へなチョコ」山名沢湖ほか[突撃蝶々]
5.「ユリイカ」山名沢湖・砂川美於[突撃蝶々]



4月8日 

[どれみ]4月8日放映分

 ハナちゃん進化。……なかなかの佳作という感じ。

 ハナちゃんが関先生に諭されているシーンはこの子に親がいないことを思い出させますね。魔女幼稚園にいるのはマジョポンとかマジョピーみたいなのだし、ダメですね、魔女界は(^〜^;)
 ……そういえば、先々代の女王様は「母親」なんですよね。

 次回予告。
 ついにあの男たちが帰って来ますか(^〜^;) ……しかし、とっくに黒歴史かと思ってました(笑) 週1でやっているアニメで1年以上放っておかれていたキャラというのもすごいですよね(^〜^;)



4月7日 

 桃のお花見に行って来ました。
 出かける時と帰って来る時は雨模様だったのに、花見しているあいだだけ晴れ過ぎ(^〜^;)

[ラジオ]FMシアター「神様」

 そんなわけで、聴きました。
 脚本はおおよそ原作通りという感じでした。

 主人公の女性はかなりイメージと違ってました。30代か40代くらいの落ち着いた感じかと思っていたのですけど、浩子さんは20代くらいの若く感じるしゃべり方をしてました(というか、いつもコンサートのMCなんかで話しているのとあまり変わらなかったような気も……(^〜^;))。

 くま思っていたよりもくまだったのもびっくりでした(^〜^;) もっと人間的というか紳士的な感じかと思ってました。

 こすみすみこはまるっきり中島みゆきみたいな話し方(というか話芸)でした。聴きながらずっとウケてました。

[収穫]4月7日

「クビキリサイクル」西尾維新[講談社ノベルス]



4月3日 4月1日の空席

< 騙されたという人はたくさんいるでしょうけど、こんなふうに悔しがっているのはわたしだけなのでしょうか?(^〜^;)

 でも、自動人形で、しかも連作っぽい(?)形式で、その上サブタイトルが「0と1の少女」ですから。これは読みたくなるのは仕方がないでしょう。人として。
 ああ、これが読めないなんて、本当に悔しい……(^〜^;)

 ……これが、ネタで壊れているとかいうのならいいのですけど、そんなことはないというあたりが困りものです(^〜^;)

 でもまあ、騙されたとかいう感覚はないです。そういう捉え方はしていなくて(騙されたと認めたくないという説もありますが(^〜^;))、面白い小説を何冊読んでも得られないような不思議な体験をさせてもらったというような感じです。……ちょっとオーバーかもしれませんけど。

 ずっと探し続けてる
 この椅子に座る誰かを
 でもこれは誰の物語
 わたし あなた 誰かの
 ――谷山浩子「椅子」

 ……そんなわけで、まいじゃー推進委員会で文中リンクされていたのでもういちど言及しつつ、そろそろいつも通りに更新するとしましょうか。



4月2日 

 きのうの日記で触れている件について、知らない方はこちらにある本の紹介などを読んでからこちらのサイトこのあたりを読んでいただけると理解していただけるでしょうか……。

 こちらのサイトで紹介されてる小説でこれほど読んでみたいと思ったことはないのに。初めてbk1を使ってまで買おうと思ったのに。……bk1の買い物カゴやリンクがクリック出来ないのは登録とかしてないからなのかと思いました(アホです(^〜^;))。本編を読む楽しみがなくなるので十夜さんの感想もあらすじの他に感想の最初のほうをちらっと見ただけで読むのをやめました(やっぱりアホです(^〜^;)) ……っていうか、これを買うためにわざわざ大きな本屋に行くところでした(思いっきりアホです(^〜^;))。

 こんな魅力的なものを見せられて、しかも読めないだなんて……破壊力強すぎですって(^〜^;)
(ほとんどリアルlainのような世界……)

 ……で。
 この小説は十夜さんが書くのでしょうか?(^〜^;) それとも極楽トンボさん?(^〜^;)


4月1日 

 嘘ですかーーーーーーーーーーーー(´Д⊂)

 どうりで買えないと思った……。
 ……もう、更新しないで寝ちゃいます(^〜^;)