う た た ね こ や
〜 谷山浩子と本のあるところ 〜 

サイト内検索 help

ひとりでお帰り


 START 

 
      け  し  屋     :  も  た  下  ら  に  ち  毎  っ  と  ン        っ  よ  車  こ          
   食  て  て  の  そ  ま  う  ら  3  意  な  ょ  回  た  3  の  そ  こ  た  う  が  と  な  こ    
   事  部  バ  前  ん  あ   `  ` 階  識  っ  っ  の   ゜ 階  3  の  れ  り  に  渋  が  ん  れ    
   は  屋  ッ  に  な   ` 仕  出  で  が  て  と  ぼ  そ  ま  階  頃  は  す   ゜ 滞  う  だ  は    
   外  に  グ  た  わ  そ  事  か  な  な  夜  不  ら  の  で  で  に  わ  る  お  し  ま  か  割    
   で  入  の  ど  け  ん  に  け  い  く  遅  満  な  部  あ   ` わ  た  と  ま  た  く  よ  と    
   済  る  中  り  で  な  行  る  だ  な  く  だ  く  屋  る  エ  た  し  い  け  時  い  く  最    
   ま  と  か  着   ` く  く  時  け  り  帰  っ  ち  は  階  レ  し  が  う  に  み  か  わ  近    
   せ   ` ら  い  そ  だ  気  に  ま  そ  っ  た  ゃ  け  段  ベ  の  ち  お  ま  た  な  か  の    
   て  心  鍵  た  の  ら  な  階  だ  う  て   ゜ い  っ  を  |  住  ょ  ま  わ  い  く  ら  話    
   き  は  を  時  日  な  ん  段  ま  だ  き  特  け  こ  い  タ  ん  う  け  り  に  な  な   ゜   
   た  ベ  取  に  の  い  て  を  し  と  た  に  な  う  ち  |  で  ど  が  の  前  っ  い  そ    
    ゜ ッ  り  は  わ  話  な  の  だ  ま  時   ` い  気  い  が  い  そ  つ  い  に  ち  け  し    
   だ  ド  出  も  た  は  く  ぼ  っ  で  な  そ  階  に  ち  な  た  う  い  ろ  も  ゃ  れ  て    
   か  に  し  う  し  ど  す  ら  た  思  ん  の  段  入  の  か  の  い  た  い  後  う  ど  ず    
   ら  直  て  疲  は  う  こ  な  け  っ  か  日  の  っ  ぼ  っ  は  う  り  ろ  ろ  時   ` っ    
    ` 行   ` れ   ` で  と  く  れ  た  は  み  こ  て  ら  た  3  感  す  な  に  っ  不  と    
   本  と  そ  き  階  も  は  ち  ど   ゜ 階  た  と  い  な  か  階  じ  る  こ  も  て  思  前    
   当  い  の  っ  段  い  間  ゃ   ゜ ま  段  い  だ  た  く  ら  建  だ   ゜ と  動  い  議  の    
   に  う  鍵  て  を  い  違  な  も  あ  を  に  け  け  ち   ` て  っ     が  け  う  と  話    
   そ  感  で  い  の  け  い  ら  し   ` の   ` が  れ  ゃ  帰  の  た     見  な  の  い  で    
   の  じ  ド  て  ぼ  れ  な  な  そ  こ  ぼ  へ  わ  ど  な  っ  マ  時     え  く  が  ろ  も    
   ま  だ  ア   ` っ  ど  し  く  う  れ  り  と  た   ` ら  て  ン  の     な  な  あ  い  あ    
   ま  っ  を  苦  て   ゜  ゜ な  だ  が  な  へ  し  そ  な  来  シ  話     く  っ  る  ろ  る    
   寝  た  開  労  部     :  る  っ  地  が  と  は  の  か  る  ョ   ゜    な  た   ゜ な   ゜   
       ゜                 ゜                                                   
END TOP (P.1) BACK NEXT

 
   だ  つ  い  興  っ  い  み  話     し  う  っ     を  だ     枕  る  に     も  て  ど  る    
    ゜ ぜ  る  味  ち  う  た  が  :  て  思  て  で  い  か  ま  元  だ  は  部  冷  か   ` こ    
   時  ん  と  な  か  こ  い  あ  :  思  え  し  も  ち  ら  あ  に  け  部  屋  え  ら  さ  と    
   間  後   ` ん  ら  と  な  る  そ  い  ば  ま   ` ば  :   ` あ  だ  屋  の  き  吹  す  も    
   も  ろ   ┐ て  訪  な  も   ゜ う  出  思  う  こ  ん  :  そ  る  と  も  暖  っ  く  が  出    
   こ  か  寝  な  ね  の  の  そ  い  し  う  も  う  小  と  ん  時  思  体  房  て  冬  に  来    
   れ  ら  る  い  て  だ  は  う  え   ` ほ  の  い  さ  自  な  計  っ  も  を  い  の  お  た    
   と  目  こ  フ  い  ろ   ┐ い  ば  何  ど   ゜ う  く  分  も  の  た  す  入  た  風  風  し    
   似  隠  と  リ  っ  う  寝  う   ` も  眠  寝  時  し  を  の  針  ら  っ  れ   ゜ は  呂   `   
   て  し └   を  て   ゜ る   ┐ ひ  考  れ  よ  は  て  納  だ  は   ` か  て     凍  だ  そ    
   い  を  は  し  も   ┐ こ  眠  つ  え  な  う   ` ベ  得  ろ  も  は  り  か     え  け  う    
   る  し  知  て  会  寝  と  れ  じ  な  く   ` い  ッ  さ  う  う  や  暖  ら     る  は  し    
    ゜ て  ら  他  っ  る └   な  を  い  な  寝  ざ  ド  せ   ゜ 1  く  ま  お     よ  入  た    
   は  眠  な  の  て  こ  を  い  数  よ  る  よ  寝  に  て  そ  2  寝  っ  風     う  っ  い    
   や  り  い  こ  な  と  頭  時  え  う   ゜ う  よ  も   ` れ  時  よ  て  呂     に  て  気    
   く  の  う  と  ん └   の  に  る  に  そ   ゜ う  ぐ  わ  で  を  う  い  に     寒  お  分    
   時  世  ち  を  か  は  中  何  と  し  ん  眠  と  り  た  も  指  と  る  入     か  い  で    
   間  界  に  考  く  ひ  か  か  眠  よ  な  ろ  す  こ  し  は  し  考   ゜ る     っ  た  も    
   が  に  や  え  れ  ね  ら  を  れ  う  こ  う  る  ん  は  や  て  え  い  と     た   ゜ あ    
   経  連  っ  る  な  く  追  思  る  と  と   ` と  だ  部  め  い  て  よ   `    し  夜  っ    
   た  れ  て   ゜ い  れ  い  い   ` す  を  眠  眠   ゜ 屋  な  た  い  い  出      ` お  た    
   な  て  き  そ   ゜ 者  出  浮  み  る  し  ろ  れ     の  の   ゜ た  よ  て     部  そ  ん    
   い  い  て  う  だ  で  す  か  た   ゜ ば  う  な     明  は     わ  後  き     屋  く  だ    
   か  く   ` し  か   ` っ  べ  い     ら   ゜ く     か  確     り  は  た     の  な  け    
   な  の  と  て  ら  こ  て  る  な     く  そ  な     り  か     に  寝  時     中  っ  れ    
                       └                               `                     
END TOP (P.2) BACK NEXT

 
    ┐    ん  と  に     う  と  た     に  楽  に     た     も  い  う  寝     時  る  あ    
   だ  意  の  聞  そ  も  は  通   ゜ そ  い  に  好  仕  あ  そ  い  て   ゜ よ  で  間  け   `   
   っ  地  問  く  の  う  ひ  り  食  れ  た  し  き  事  の  の  い  く  体  う  も  は  ど  と    
   て  の  題  と  後  あ  と  の  事  で  い  て  な  が  人  時  こ  れ  を  と   ` 驚   ` 気    
    ` 悪  が   ` の  の  り  食  の   ` と  く  人  終  の  に  と  な  動  す  何  く  何  に    
   恋  い  解   ┐ 用  人  で  事  後  わ  思  れ  に  わ  こ  わ  を  い  か  る  も  ほ  か  し    
   人  質  決  俺  事  の  帰  が  も  た  っ  る  会  っ  と  た  思  頭  し  の  考  ど  に  て    
   じ  問  す  と  は  部  っ  終  い  し  た  よ  え  た   ゜ し  い  が  て  と  え  は  熱  い    
   ゃ  だ  る  会  な  屋  た  わ  っ  は   ゜ う  る  後     の  出  勝  い  同  な  や  中  る    
   な  と  の  っ  と  に  ほ  っ  し  そ  食  に  の  に     頭  し  手  な  じ  い  く  し  あ    
   い  思  ?  て  い  は  う  た  ょ  う  事  思  は  ふ     に  て  に  い  く  の  進  た  い    
  └   っ └   い  う  何  が  あ  に  な  だ  う  ほ  た     浮  し  じ  か  ら  も  む  り  だ    
   と  た  と  て  話  度  い  の  い  れ  け   ゜ っ  り     か  ま  た  ら  い   `  ゜ 気  は    
   い   ゜ あ   ` だ  か  い  人  ら  ば  じ  だ  と  で     ん  う  ば   ` む   ┐    を  時    
   う     の  そ  っ  行 └   の  れ  い  ゃ  か  す  食     だ   ゜ た  そ  ず  寝     と  計    
   よ     人  れ  た  っ  と  口  る  い  な  ら  る  事     の     し  の  か  る     ら  の    
   う     は  で   ゜ て  い  か  よ  と  く  も   ゜ を     は     て  か  し  こ     れ  針    
   な     逆  星   ┐ い  う  ら  う  思   ゜ っ  沈  し     少      ` わ  い  と     て  の    
   こ     に  乃  ど  た  言  出  に  っ     と  ん  た     し     思  り  か └      い  動    
   と     聞 ┌┐ う   ゜ 葉  た  と  て     長  だ   ゜    前     い  に  ら  を     た  き    
   を     き  ほ  し  そ  だ  の   ゜ 話     く  気  こ     に     出  い  困  考     り  は    
   言     返  し  て  れ  っ  は  で  を     い  分  う     会     さ  つ  っ  え     す  遅    
   い     し  の  な  に  た   ┐ も  し     っ  を  い     っ     な  も  て  な     る  く    
   そ     た └┘ の   `  ゜ き   ` て     し  少  う     て     く  は  し  が     と  感    
   う      ゜ さ  ?  彼     ょ  ひ  い     ょ  し  時     い     て  動  ま  ら      ` じ    
              └                                                              
END TOP (P.3) BACK NEXT

 
      の     の  談  こ        い  い  も  ど   ┐ こ     な  り  だ  ゃ  :     ひ  っ  に    
   誰  か  そ  話  な  と  昼  そ   ゜ 出  考   ` こ  と  頭  る  よ  と  ね  :  グ  と  た  な    
   か   ゜ ん  も  ん  っ  間  ん     し  え   ┐ れ  を  に  よ  い  思   ` と  チ  り   ゜ っ    
   が  わ  な  あ  か  て  だ  な     て  な  寝  じ  考  浮  う  こ  う  と  思  を  で  け  た    
   外  た  ふ  る  も  い  っ  冗     し  い  よ  ゃ  え  か  な  と   ゜  ゜ っ  聞  帰  っ  の    
   の  し  う  意  そ  う  た  談     ま  よ  う  い  よ  ん  こ  で  す  確  た  か  っ  き  だ    
   廊  は  に  味  う  の  ら  み     う  う └   け  う  だ  と  は  ぐ  か   ゜ さ  て  ょ  け    
   下  部  し  で  い  が  笑  た      ゜ に  と  な  と  あ  に  な  に  に  会  れ  来  く  れ    
   を  屋  て  は  う  あ  い  い     時  し  思  い  し  の  な  い  人   ` う  る  た   ` ど    
   歩  の  眠  そ  と  る  ご  な     計  よ  っ   ゜ て  人  る   ゜ に  あ  た  ば  と  そ   `   
   い  外  れ  ん  こ   ゜ と  こ     を  う  て  ち  も  の  の  :  寄  の  び  か  い  の  実    
   て  で  な  な  ろ  こ  な  と     見  と  し  ゃ   ` こ  は  :  り  人  に  り  う  ま  際    
   る  物  い  よ  が  れ  の  を     る  し  ま  ん  ま  と  つ  で  か  の  話  で  わ  ま  に    
   音  音  ま  う  あ  と  に  く     と  て  う  と  た  を  ら  も  か  言  す  嫌  け  あ  は    
   だ  が  ま  な  る  は   ` り      `  ` と  寝  同  追  い   ` る  っ  こ  に  だ  の  何    
   ろ  す  で  も   ゜ か  夜  返     針  ま  や  な  じ  い   ゜ こ  こ  て  と  な  っ  人  も    
   う  る  ど  の  わ  な  だ  す     は  た  っ  く  こ  出     う  と  い  が  っ  た  と  言    
    ゜ の  れ  か  た  り  と   ゜    少  あ  ぱ  ち  と  そ     い  を  る  そ  た   ゜ 別  う    
   特  を  く  も  し  違  冗        し  の  り  ゃ  を  う     う  考  こ  の  の     れ  こ    
   に  聞  ら  し  が  う  談        も  人  眠 └   考  と     時  え  と  こ  か     て  と    
   大  い  い  れ  書  け  に        進  の  れ  と  え  し     に  る  は  と  も      ` が    
   き  た  過  な  い  れ  な        ん  こ  な  思  て  て     仲  の  正  ば  し     わ  出    
   か   ゜ ご  い  て  ど  ら        で  と  い  う  し   `    が  は  し  か  れ     た  来    
   っ     し   ゜ る   ` な        い  を   ゜ け  ま  他     悪  あ  い  り  な     し  な    
   た     た     こ  怪  い        な  思  何  れ  う  の     く  ま  の  じ  い     は  か    
                                           ゜                                 
END TOP (P.4) BACK NEXT

 
         だ  の     や  ル           だ  で  頼           か   ┐    う  っ     の  わ    
   :  そ  っ  も  そ  ま  ス  も  と  ド  け  足  り  わ  ま  :  も  ト  と  わ  た  :  は  け    
   :  ん  た  い  れ  ね  み  う  こ  ア  れ  音  に  た  た  :   ` ン  こ  け   ゜ :  時  で    
   ト  な  の  く  に  こ  た  帰  ろ  の  ど  を   ` し  ド  ト  叩  ト  ろ  で  も  あ  計  は    
   ン  こ  か  ら  し  は  い  っ  が  前 └┘ 忍  音  は  ア  ン  か  ン  が  は  う  あ  の  な    
   ト  と  も  な  て  お  な  て   ` に   ゜ ば  を  ベ  が  ト  れ └    ` な  お   ` 針  い    
   ン  を   ゜ ん  も  こ  の  し  そ  立     せ  立  ッ  叩  ン  た  と  わ  い  そ  い  だ  け    
    ゜ 考     で   ` と  だ  ま  こ  っ     て  て  ド  か   ゜ の  ド  た  だ  い  ま  け  れ    
   :  え     も  こ  わ  っ  っ  に  て     も  な  を  れ  :  は  ア  し  ろ  時  ご  だ  ど    
   :  て     ヘ  ん  り  た  た  は   `     ` い  抜  た  :  わ  を  が  う  間  ろ  っ   `   
   ト  い     ン  な  な  の  の  誰  ド     外  よ  け   ゜ ト  た  ノ  考   ゜ だ  帰  た  わ    
   ン  る     だ  時  ん  か  だ  も  ア     で  う  出  |  ン  し  ッ  え     っ  っ  か  た    
   ト  と      ゜ 間  だ  も  ろ  い  の     は  に  し  |  ト  の  ク  た     た  て  ら  し    
   ン   `    ひ  に  け  し  う  な  レ     ち  玄  て  ど  ン  部  す  こ     か  来   ` の    
    ゜ ま     ょ  来  ど  れ  か  か  ン     ゃ  関   ` う   ゜ 屋  る  と     ら  る  そ  部    
      た     っ  る   ゜ な  と  っ  ズ     ん  ま  部  し     の  音  は      ` 人  の  屋    
      ド     と  セ     い  思  た  で     と  で  屋  よ     ド  が  間     き  が  音  で    
      ア     し  |      ゜ う   ゜ 外     聞  歩  の  う     ア  聞  違     っ  い  は  音    
      が     た  ル     :   ゜    を     え  い  小   ゜    だ  こ  っ     と  る  よ  を    
      叩     ら  ス     :  な     覗     て  た  さ        っ  え  て     お  の  く  立    
      か     変  な     セ  に     い     る ┌┐ な        た  た  い     客  か  聞  て    
      れ     質  ん     |  か     て     ら  部  明         ゜ の  た     さ  な  こ  て    
      た     者  て     ル  の     み     し  屋  か           だ  ら     ん   ` え  い    
       ゜    と  い     ス  セ     る     い  の  り            ゜ し     と  と  た  る    
            か  う     と  |      ゜    の  中  を           し  い     い  思   ゜ も    
                                                          ゜                  
END TOP (P.5) BACK NEXT

 
      の   ┐ ら  り  自  り  わ  そ  見  思        空  て  な  か     こ  く  ご  思      ┐   
   :  よ  ち  し  は  分  と  た  ん  て  い  部  き  に  し  ん  っ  で  の   ` て  わ  と  は    
   : └   ょ   ` お  の  し  し  な  い  出  屋  ょ  浮  ま  て  た  も  あ  本  い  ず  つ  い    
   呆      ` そ  だ  こ  た  に  の  な  せ  に  う  か  っ  い   ゜  ` た  当  ね  返  ぜ  っ    
   然     ち  の  や  と  丸  そ  は  か  な  帰  は  ん  た  う  強  さ  り  に  い  事  ん └     
    ゜    ょ  下  か  を  い  う  も  っ  か  っ  満  だ  ド  わ  盗  っ  は  強  に  を  目       
         っ  の  に  主  輪  思  っ  た  っ  て  月  大  ア  け  が  き  我  盗  ド  し  の       
         と  大  夜  張  郭  わ  た  ん  た  来  だ  き  か  で  レ  見  な  と  ア  て  前       
         :  地  空  し  で  せ  い  だ   ゜ る  っ  な  ら  も  ン  た  が  か  ま  し  で       
         :  を  を  て   ` る  な  ろ  き  時  た  大  わ  な  ズ  の  ら  変  で  ま  ド       
          ` 照  照  い  小  く  か  う  っ  に  ん  き  た  い  に  と  あ  質  開  っ  ア       
         ど  ら  ら  た  さ  ら  っ   ゜ と  月  だ  な  し   ゜ 映  同  き  者  け  た  を       
         う  し  し   ゜ な  い  た  で   ` が  :  丸  の  そ  ら  じ  れ  だ  て   ゜ ノ       
         し  て   ` そ  星   ` な  も  疲  出  :  い  目  の  な  よ  る  っ  し  し  ッ       
         て  い  そ  の  た  そ   `  ` れ  て   ゜ 月  に  か  い  う  と  た  ま  か  ク       
         こ  た  の  満  ち  の  と  目  て  い     だ  飛  わ  よ  に  こ  ら  っ  も  さ       
         ん   ゜ 下  月  を  月  い  の  い  た     っ  び  り  う   ` ろ  ど  た  そ  れ       
         な     に  か  押  は  う  前  た  か     た  込  に  に  や  で  う  の  れ  た       
         と     生  ら  し  大  ふ  の  か   `     ゜ ん   ` 隠  っ  は  す  だ  だ  の       
         こ     い  放  の  き  う  月  ら  考        で  勢  れ  ぱ  あ  る   ゜ け  で       
         ろ     繁  た  け  く  に  を   ` え        来  い  て  り  る  ん  :  で   `      
         に     る  れ  る  て  感  見  空  て        た  よ  い  誰   ゜ だ  :  は  わ       
         森     森  た  よ  く  じ  る  な  み        の  く  た  も     か  ま  な  た       
         あ     を  明  う  っ  る  と  ん  て        は  開  |  い      ` っ  く  し       
         る     照  か  に  き   ゜  ` て  も        夜  け  |  な     と  た   ` は       
                                                                             
END TOP (P.6) BACK NEXT

 
      か  マ      ┐ い  れ     み     り  わ  部        た  の  て  て  う  は  け  た       
   こ  っ  の  両  ん   ゜ は  部  た  マ  わ  れ  屋  2  こ   ゜ 部  い  出  ど  数  か  と  月    
   れ  た  ま  手  |  そ  本  屋  け  ボ  か  て  な  階  こ     屋  る  来  正  え  ひ  こ  ば    
   は   ゜ ま  を  |  の  当  の  れ  ロ  ら  し  ん  か  は     を   ゜ た  面  き  と  ろ  か    
   い  こ  だ  上  |  ま  に  外  ど  シ  な  ま  か  ら  3     出  :  道   ` れ  つ  で  り    
   よ  う  っ  げ  っ  ま  土  に   ` か  い  っ  も  下  階     て  :  が  わ  な  も  見  見    
   い  し  た  て └    ` の  一  景  と   ゜ て   ` は  の     す  し  あ  た  い  な  え  て    
   よ  て  け  伸     ペ  感  歩  色  思     い  複  土  は     ぐ  か  っ  し  樹  か  る  い    
   ヘ  立  れ  び     タ  触  足  が  っ     て  雑  の  ず      ` も  て  の  々  っ  は  て    
   ン  っ  ど  を     ペ  だ  を  も  て      ` に  中  だ     廊   `  ` 目  が  た  ず  気    
   だ  て   ` す     タ  っ  出  と  玄     ど  張  に  っ     下  そ  そ  の  繁   ゜ の  が    
    ゜ い  こ  る     と  た  し  に  関     う  り  埋  た     が  の  れ  前  る  :  マ  つ    
   ど  る  こ   ゜    素   ゜ て  戻  に     な  め  ま  ん     あ  道  が  に  森  :  ン  か    
   う  と  は  考     足  か  み  る  立     っ  ぐ  っ  だ     っ  が  そ  は  の  と  シ  な    
   い  不  寒  え     の  す  る  様  っ     て  ら  て  け     た  始  の  森  中  い  ョ  か    
   う  思  さ  て     ま  か   ゜ 子  た     い  さ  し  ど     は  ま  ま  を  だ  う  ン  っ    
   こ  議  な  み     ま  に  土  は  ま     る  れ  ま  な     ず  っ  ま  両  っ  か  や  た    
   と  と  ん  た     で  冷  の  な  ま     ん  た  っ  |     の  て  月  側  た   ` ビ  け    
   な  気  て  ら     外  た  よ  か  し     だ  樹  た  |     と  い  の  に   ゜ わ  ル  れ    
   ん  持  少   `    に  い  う  っ  ば     か  の  ら   ゜    こ  る  方  裂  そ  た  が  ど    
   だ  ち  し  服     出  の  に  た  ら     も  枝  し        ろ  の  向  く  し  し  ど   `   
   ろ  が  も  も     て  が  見   ゜ く     う  や  い        な  は  へ  よ  て  が  う  部    
   う  い  感  パ     み  心  え     待     さ  葉   ゜       の  わ  と  う   ` い  い  屋    
   :  い  じ  ジ     た  地  る     っ     っ  に  隣        だ  た  伸  に  ち  る  う  を    
   :   ゜ な  ャ      ゜ い  そ     て     ぱ  覆  の        っ  し  び  し  ょ  の  わ  出    
                                                                             
END TOP (P.7) BACK NEXT

 
   箱  ら  わ     た     に     こ     ば  な  る     の  も  な     で     た     し  と    
   に  し  た  月   ゜ わ  見  森  ろ  考  い  い  の  で  は  思  い  だ  も  ど   ゜ |  た  考    
   し  出  し  は     た  え  の  以  え  い  の  な  も  む  う   ゜ い  実  う     |   ゜ え    
   ま  さ  は  空     し  る  ま  外  て  と  だ  ら   ` ず  け  ひ  た  際  し     そ     て    
   っ  れ  そ  の     は  丘  ん  に  み  い   ゜  ` そ  か  れ  ょ  い  は  て     う     い    
   て  て  れ  上      ` の  な  は  る  う  で  わ  れ  し  ど  っ   ` よ  そ     だ     る    
   鍵  い  を  か     そ  上  か  な  と  の  も  た  が  い   ` と  部  く  れ      `    う    
   を  る  見  ら     の  ま  を  い   ` か   ` し  本  だ  も  し  屋  わ  が     誰     ち    
   か  と  返  わ     ま  で  通  よ  そ   ゜ 行  は  当  ろ  し  た  を  か   ┐    か      `   
   け  何  し  た     ま  続  る  う  れ     く  そ  に  う  そ  ら  訪  ら  大     が     わ    
   て  か  て  し     の  い  道  に  は     と  の  大   ゜ ん  森  ね  な  切     わ     た    
   あ  を  い  の     格  て  は  思  目     い  人  切     な  の  て  か  な     た     し    
   っ  思  る  こ     好  い   ` え  の     っ  の  な     と  中  来  っ  こ     し     は    
   た  い   ゜ と     で  る  ま  た  前     て  と  こ     こ  に  た  た  と     の     す    
   大  出  満  を      `  ゜ っ   ゜ に     も  こ  と     ろ  隠  誰   ゜└      こ     ご    
   切  し  月  見     丘     す     あ      ` ろ  な     に  れ  か     に     と     く    
   な  そ  の  て     を     ぐ     る     い  へ  ら     い  た  は     な     を     大    
   こ  う  放  い     目     に     道     っ  行   `    る  の  ど     る     呼     切    
   と  な  つ  る     指     伸     が     た  か  誰     の  か  こ     の     び     な    
   を  気  銀   ゜    し     び     続     い  な  か     な  も  に     か     に     こ    
    ゜ が  色  歩     て     て     い     ど  く  が     ら  し  も     :     来     と    
   も  し  の  き     歩      `    て     こ  ち  呼     見  れ  見     :     た     を    
   う  て  光  な     き     向     い     へ  ゃ  ん     つ  な  あ      `    ん     思    
   少  く  に  が     始     こ     る     行  い  で     け  い  た     自     だ     い    
   し  る  照  ら     め     う     と     け  け  い     る  と  ら     分     っ     出    
       ゜     `                                                               
END TOP (P.8) BACK NEXT

 
      っ     が  る  ち  る  ど   ┐    手     さ  そ  ど  こ     満     ん  :  :  ま  で    
   そ  て  こ  ど  よ  て  よ  う  ま  落  を  空  れ  の  丘  う  丘  月  |  て  :  な  っ  そ    
   ん  い  う  ん  う  来  う  い  る  ち  伸  を  て  ま  の  に  の  の  |  思  な  ん  て  の    
   な  う  い  ど  な  る  に  う  で  て  ば  見  い  わ  高  は  上  道  わ  っ  ん  だ  あ  箱    
   こ  の  う  ん   ` と  見  こ  落  来  せ  上  て  り  く  森  に  を  た  た  だ  か  っ  の    
   と  は  の  強  大  い  え  と  ち  る  ば  げ   ` は  な  が  た  歩  し  り  か  楽  た  ふ    
   を  ち  を  く  き  う  た  か  て   ` 届  る  ま  歩  っ  ず  ど  い  は  も  歌  し  メ  た    
   考  ょ  な  な  く  の  の  と  き  と  き  と  る  い  て  っ  り  た   ` す  い  い  ロ  が    
   え  っ  ん  っ  な  は  だ  い  そ  わ  そ   ` で  て  い  と  着   ゜ 自  る  た  よ  デ  開    
   て  と  て  て  っ  や   ゜ う  う  た  う  ち  海  来  る  続  く     分   ゜ く  う  ィ  い    
   い  違  い  い  て  っ  大  と  な  し  な  ょ  の  た  と  い  と     で     な  な  |  て    
   る  う  う  る  い  ぱ  地   ` 気  は  ほ  う  よ  道  こ  て   `    も     っ  せ  が   `   
   う  の  ん  せ  る  り  に  だ  が  思  ど  ど  う  以  ろ  い  そ     わ     て  つ  流  オ    
   ち  だ  だ  い  よ  気  接  ん  す  っ  大  真  に  外  だ  る  こ     か     く  な  れ  ル    
   に  ろ  ろ  の  う  の  近  だ  る  た  き  上  な  す  け  の  で     ら     る  い  出  ゴ    
    ` う  う  よ  な  せ  す  ん └    ゜ い  に  っ  べ  森  が  道     な      ゜ よ  し  |    
   わ  か   ゜ う  気  い  る  月  と  |   ゜ 月  て  て  が  見  は     い     踊  う  て  ル    
   た   ゜ 未  だ  が  だ  月  が  い  |     が  い  が  な  下  終     何     っ  な  き  の    
   し     知  っ  し  っ   ゜ 大  う  月     浮  る  樹  く  ろ  わ     か     て  不  そ  よ    
   の     と  た  た  た  :  き  こ  が     か   ゜ 々  な  せ  っ     に     み  思  う  う    
   体     の   ゜ の   ゜ :  く  と  落     ん     で  っ  た  て     動     よ  議  な  に    
   は     遭     は  落  で  な  じ  ち     で     埋  て   ゜ い     か     う  な  気   `   
   眩     遇     月  ち  も  っ  ゃ  て     い     め  い  ち  て     さ     か  気  分  中    
   し     :     の  て   ` て  な  来     る     尽  て  ょ   `    れ      ` 持   ゜ に    
   い     :     光  来  落  い  い  る      ゜    く   ` う  向     て     な  ち  :  し    
                            ゜  ゜                          `        ゜         
END TOP (P.9) BACK NEXT

 
   せ  を  と  ま  い     め  た  る  の  を     を  い  に     る  か     い           月    
   て  広  消  れ  も  静  た  テ  と  あ  下  し  飲  た  マ  あ  で  ら  住  る  人        光    
   ま  げ  え   ` の  ま   ゜ ン   ` い  に  ば  ん   ゜ フ  た  そ  少  宅  少  の        に    
   わ  て  て  あ  だ  り     ポ  誰  だ  向  ら  で  そ  ラ  り  れ  し  地  女  気        包    
   り  地  い  た  っ  返     の  に  じ  け  く  い  の  |  は  自  離  の  が  配        ま    
   だ  面  く  り  た  っ     メ  も  っ  た  し  る  缶  と  冬  体  れ  中  い  が        れ    
   す  を   ゜ の   ゜ て     ロ  聞  と   ゜ て  の  の  い  の  が  て  に  た  な        て    
    ゜ 蹴  コ  空  そ  い     デ  か  し  何   ` だ  熱  っ  夜  ま  い  あ   ゜ く        い    
   腕  っ  |  気  の  た     ィ  れ  て  か  少  ろ  で  た  の  わ  る  る     な        た    
   を  た  ヒ  を  か  公     |  る  い  考  女  う  両  格  冷  り  せ  小     っ         ゜   
   い   ゜ |  ふ  す  園     に  こ  た  え  は   ゜ 手  好  気  か  い  さ     た             
   っ  歌  の  る  か  に     の  と  け  ご  缶     を  で  に  ら  で  な     公             
   ぱ  い  缶  わ  な  流     せ  の  れ  と  を     あ   ` 包  見  夜  公     園             
   い  な  を  せ  歌  れ     て  な  ど  を  持     た  手  ま  捨  の  園     で             
   に  が  持  な  が  出      ` い   ` し  っ     た  に  れ  て  闇  は      `            
   伸  ら  っ  が  少  し     ぽ  言  や  て  て     め  は  て  ら  に   `    ひ             
   ば   ` た  ら  女  た     つ  葉  が  い  い     な  缶  い  れ  沈  ま     と             
   し  そ  ま   ` の  曲     り  を  て  る  る     が  コ  る  て  み  わ     り             
   て  の  ま  順  小  は     ぽ   ` 少  の  手     ら  |   ゜ い  こ  り     で             
    ` リ   ` 々  さ  ど     つ  ゆ  女  か  を     中  ヒ  少  る  ん  の     空             
   く  ズ  少  に  な  こ     り  っ  は   ` 下     の  |  女  よ  で  家     を             
   る  ム  女  夜  口  か     と  く  顔  し  ろ     コ  を  は  う  い  々     見             
   り  に  は  の  か  懐     紡  り  を  ば  し     |  持  コ  だ  て  の     上             
   く  合  両  闇  ら  か     ぎ  と  上  ら   `    ヒ  っ  |  っ   ` 灯     げ             
   る  わ  手  へ  生  し     始  し  げ  く  顔     |  て  ト  た  ま  り     て             
                                                    ゜                        
END TOP (P.10) BACK NEXT

 
   た  道  こ     少     向  れ        |  か     く  た  少     向        ト     さ  り    
   の  な  の  わ  し  :  け  か  も  少  |  く  ち  こ   ゜ 女  空  か  |  そ   ゜ ぎ  っ  と    
   に  ん  公  た  ず  :  て  ら  う  女  そ  冷  ょ  す  そ  は  に  っ  |  こ     こ  き  ま    
    ` て  園  し  つ  そ   ゜ 公  い  の  ん  た  っ  り  れ  コ  な  て  や  は     ち  と  わ    
   そ  し  に  は  思  う     園  ち  名  な  く  と  合  を  |  っ  お  が  客     な  反  る    
   の  な  来  塾  い   ゜    を  ど  前  こ  な  冷  わ  手  ト  た  じ  て  席     く  対   ゜   
   夜  い  る  の  出  以     出  空  は  と  っ  え  せ  に  の  コ  ぎ  歌  の     踊  に  ぴ    
   に  で  こ  帰  し  前     て  |  高  わ  た  ち  て  は  ポ  |  を  が  な     る  体  ょ    
   寄  そ  と  り  て   `     ` |  見  た  手  ゃ  み  め  ケ  ヒ  す  終  い     少  を  ん    
   り  の  が  道  い  確     帰  わ  星  し  を  っ  る  る  ッ  |  る  わ  彼     女  回  と    
   道  ま  た  に  た  か     り  た  乃  は  コ  た   ゜ と  ト  の   ゜ り  女     の  転  ジ    
   な  ま  ま  ほ   ゜ に     道  し   ゜ ふ  |  な      ` に  缶      ` の     姿  さ  ャ    
   ん  家  に  ん     こ     を  の  |  い  ヒ   `    手  し  を     少  ス     を  せ  ン    
   か  に  あ  の     ん     歩  ほ  |  に  |  と     袋  ま  公     女  テ     照  る  プ    
   し  帰  っ  少     な     き  う  わ  思  で  少     を  っ  園     は  |     ら   ゜ し    
   た  る  た  し     日     始  を  た  い  あ  女     し  て  の     ど  ジ     し     た    
   の  こ   ゜ だ     が     め  見  し  出  た  は     た  い  く     こ  な     て     か    
   は  と  冬  け     あ     た  上  だ  し  た  思     ば  た  ず     に  の     い     と    
   空  の  の  遠     っ      ゜ げ  っ  た  め  っ     か  手  か     も  だ     る     思    
   に  ほ  寒  ま     た     わ  た  た   ゜ た  て     り  袋  ご     い   ゜    の     う    
   き  う  い  わ     と     た  少   ゜    の  い     の  を  に     な        は     と    
   れ  が  日  り     わ     し  女        に  る     両  取  捨     い        月      `   
   い  多  は  を     た     に  は        :   ゜    手  り  て     観        の     今    
   な  か  寄  し     し     背   `       :  せ     を  出  る     客        ラ     度    
   月  っ  り  て     は     を  そ        と  っ     軽  し  と     に        イ     は    
                                     ゜              `                        
END TOP (P.11) BACK NEXT

 
      ら  :  っ           も     と  の  だ  初  い  に     わ  女  こ     が     浮  が    
   う  れ  :  て  空  だ  :  続  で  も  後  っ  め   ゜ 無  そ  た  |  か  あ  な  い  か  出    
   ま  た  そ  い  を  け  :  く  も  な  は  た  か  忘  視  の  し  |  ら  の  ん  ま  ん  て    
   く   ゜ の  る  見  ど  あ  よ   ` く  新  わ  ら  れ  さ  頃  は  昔  少  丘  と  の  で  い    
   い     瞳  わ  上  |  の  う  み  な  し  た  知  て  れ  の  そ  の  女  の  な  わ  い  た    
   か     に  た  げ  |  少  に  ん  っ  い  し  ら  し  て  わ  の  わ  を  上  く  た  た  か    
   な     は  し  た  と  女  思  な  た  友  は  な  ま  い  た  た  た  見  で  理  し  満  ら    
   い     自  の  少  考  は  え  か   ゜ だ   ` か  っ  た  し  め  し  下  月  解  は  月   ゜   
   こ     分  さ  女  え   ` た  ら     ち  ま  っ  た   ゜ は  に  に  ろ  の  で  あ  な  少    
   と     で  ら  の  て  ち  時  無     も  も  た  の  ど   ` 呼  会  し  光  き  の  の  女    
   も     は  に  瞳  み  ょ  も  視     出  な  の  か  う  学  ば  う  て  に  た  時  だ  が    
   あ     思  後  は  る  う  あ  さ     来  く  か  も  し  校  れ  た  い  包   ゜ の   ゜ 顔    
   る     っ  ろ  ま   ゜ ど  っ  れ     た  私  も  し  て  で  た  め  る  ま     月     を    
   け     て  を  っ     そ  た  て     し  立  し  れ  そ  ま  の  に   ゜ れ     に     上    
   れ     も  見  す     の   ゜ い      ` の  れ  な  う  わ  だ  ?  :  て     な     げ    
   ど     み  て  ぐ     頃     た     い  中  な  い  な  り  ろ     :   `    っ     て    
    `    な  い  で     の     頃     じ  学  い  し  っ  の  う  :  ど  そ     て     見    
   そ     か  る   `    わ     は     め  校   ゜  ` た  ク   ゜ :  う  れ     い     て    
   の     っ  よ  そ     た     そ     ら  に  小  そ  の  ラ     そ  し  か     る     い    
   く     た  う  の     し     れ     れ  進  学  う  か  ス     う  て  ら     ら     た    
   ら     強  な  目     な     が     る  学  校  で  は  メ      ゜ ?  わ     し     の    
   い     さ  気  は     の     い     よ  し  の  は  わ  イ     き     た     い     は    
   で     が  が  月     だ     つ     う  て  6  な  か  ト     っ  あ  し      ゜    夜    
   い     感  し  に      ゜    ま     な   ` 年  く  ら  た     と  の  は     そ     空    
   じ     じ  た  な           で     こ  そ  生  て  な  ち      ` 少  こ     れ     に    
             ゜                                                               
END TOP (P.12) BACK NEXT

 
   ま  ま     思  か  れ  わ  て     押     と  ど  た     だ  彼  の  と  い  し     わ  け    
   の  の  で  っ  ら  を  た  い  も  し  そ  明   ` く  |  か  女  を  思  る  そ  で  た  た    
   わ  わ  も  て   ゜ 本  し  る  ち  て  う  る  そ  な  |  ら  に  見  え  と  う  も  し  り    
   た  た   ` し  だ  当  は   ゜ ろ  あ   ゜ い  れ  っ  そ   ゜ は  て  た   ` で   ` は  し    
   し  し  そ  ま  か  に  そ  そ  ん  げ  む  日  が  た  う     彼  笑   ゜ や   ` 家  思  て    
   |  が  れ  う  ら  わ  の  れ   ` る  し  に  い   ゜ 考     女  っ  少  っ  そ  ま  っ  い    
   |  想  は   ゜  ` か  頃  な  わ  よ  ろ  続  つ  い  え     の  て  な  ぱ  の  で  た  た    
   未  い  出     届  っ  の  ら  た  う  わ  い  ま  ま  た     背  い  く  り  の  の   ゜ ら    
   来  を  来     く  て  淋  心  し  で  た  て  で  の  ら     負  ら  と  彼  背  帰     彼    
   の  伝  な     は  あ  し  配  は  な  し  い  も  あ   `    っ  れ  も  女  中  り     女    
   自  え  い     ず  げ  さ  す  も  く  の  る  続  な  夜     て  る   ` の  は  道     に    
   分  る  こ     の  ら  や  る  う  て  ほ  |  く  た  道     い  よ  少  こ  ひ  を     笑    
   |  こ  と     な  れ  つ  必  彼  は  う  |  わ  が  を     る  う  女  と  ど  ひ     わ    
   |  と   ゜    い  る  ら  要  女  い  が  と  け  歩  歩     荷  な  に  が  く  と     れ    
   の  は  過     言  の  さ  な  の  け  笑   ゜ じ  い  い     物  余  は  頼  小  り     て    
   想  出  去     葉  は  を  ん  こ  な  い     ゃ  て  て     で  裕  わ  り  さ  で     し    
   い  来  の     を  わ  知  て  れ  い  な     な  い  い     せ  な  た  な  か  歩     ま    
   を  な  自     か  た  っ  な  か  の  が     い  る  く     い  ん  し  く  っ  い     う    
   こ  い  分     け  し  て  い  ら  だ  ら      ゜ の  少     い  て  の  て  た  て     か    
   の   ゜ に     た  だ  い  は  の  と  彼     そ  は  女     っ  な  抱  心   ゜ い     も    
   少  だ  向     い  け  る  ず  人  思  女     の  暗  に     ぱ  い  え  細  そ  く     し    
   女  か  か     と  だ  か   ゜ 生  う  の     道  い  声     い  だ  て  い  れ  少     れ    
   が  ら  っ     思  と  ら  で  を   ゜ 背     は  道  を     の  ろ  い  存  を  女     な    
   知   ` て     う  思   ゜ も  知     中     き  だ  か     は  う  る  在  見  は     い    
   る  い  い      ゜ う  そ   ` っ     を     っ  け  け     ず   ゜ も  だ  て  淋     と    
                                                                             
END TOP (P.13) BACK NEXT

 
         し  た  歌  彼     て  か  こ  い  て  で        自  づ  い  り     は  い     こ    
   も  少  の  し  だ  女  彼  い  る  ん  る  い  続  少  :  分  か  と  返  時  わ  い  そ  と    
   う  女  中  に  っ  が  女  く  け  な  の  て  い  女  :  が  れ  お  る  間  た  の  れ  は    
   い  が  で  届  た  歌  は   ゜ れ  ふ  だ   ` て  が  そ  あ  る  し   ゜ が  し  か  は  な    
   ち   ` ま  い   ゜ っ  忘     ど  う   ゜ わ  い  歩  れ  る  こ  く  振  経  な  も  悲  い    
   ど  ふ  だ  た  わ  て  れ      ` に  ま  た  る  い  が  ん  と  思  り  っ  の  し  し   ゜   
   満  い  響  か  た  い  て     き  振  わ  し   ゜ て  い  だ  な  う  返  て  だ  れ  い       
   月  に  い  す  し  た  い     っ  り  り  は  そ  い  ま  っ  く  時  っ   ` か  な  こ       
   を  立  て  か  の  の  た     と  返  道  い  し  る  の  て  が  が  て  少  ら  い  と       
   見  ち  い  な  心  は  も     そ  っ  を  ま  て  満  わ  こ  ん  来   ` 女   ゜ と  の       
   て  止  る  信  の   ` の     の  た  し  も   ` 月  た  と  ば  る  そ  は     わ  よ       
    ` ま   ゜ 号  ド  わ  を     先  り  た  そ  そ  の  し  に  っ   ゜ こ  大     た  う       
   あ  っ     は  ア  た  わ     に  も  り  の  の  道  な  気  て  そ  に  人     し  で       
   の  て      ゜ を  し  た     あ  し   ` 道  道  は  の  が  い  う  少  に     は  も       
   時   `    :  叩  が  し     る  て  立  を  は  い  だ  つ  た  し  女  な     思  あ       
   の  こ     :  い  あ  に     何   ` ち  歩  き  ま  ろ  く  自  て  だ  っ     う  る       
   わ  ち     そ  た  の  思     か  と  止  い  っ  の  う   ゜ 分   ` っ  て      ゜  ゜      
   た  ら     の  の  頃  い     に  て  ま  て  と  わ   ゜    が  そ  た   `    だ  :       
   し  を     少  は  に  出     少  も  っ  未  そ  た        い  の  自  あ     っ  :       
   は  振     女  あ  自  さ     し  長  た  来  の  し        た  頃  分  る     て  で       
   な  り     の  の  分  せ     ず  い  り  に  先  の        か  に  を  日      ` も       
   に  返     歌  歌  で  て     つ  時   ` 向  ま  と        ら  誰  見  後     あ   `      
   を  っ     が  だ  作  く     近  間  時  か  で  こ        い  に  つ  ろ     の  そ       
   思  た     わ   ゜ っ  れ     づ  が  に  っ  伸  ろ        ま  も  け  を     少  れ       
   っ   ゜    た  わ  た  る     い  か  は  て  び  ま        の  気  て  振     女  で       
                      ゜                                                      
END TOP (P.14) BACK NEXT

 
            ひ  も     見  と  け  い  り        の  う  し     出  日  ら  ら     か  て    
         そ  と  う  街  て  を  れ  け  で  わ  前  中  か  て  夢  す  の  く  の  わ   ゜ い    
         の  り  す  は  い  信  ど  れ  お  た  を  に  も   ` か   ゜ 朝  の  出  た  そ  た    
         ま  急  れ  も  る  じ   ゜ ど  帰  し  向  は  し  ひ  ら  き  が  あ  来  し  れ  だ    
         ま  ぎ  違  う  か  て  :   ゜ り  は  い  い  れ  ょ  さ  っ  く  い  事  は  と  ろ    
          ` 足  う  眠  ら  い  :  あ   `  ` て  ま  な  っ  め  と  れ  だ  は  夢  も  う    
         も  で  よ  り   ゜ る  で  な  と  少   ` で  い  と  て   ` ば  眠  み  を   ┐  ゜   
         う  歩  う  か     か  も  た   ゜ 女  少  も   ゜ し  し  あ   ` っ  ん  見  が   ┐   
         後  い  な  け     ら   ` の  わ  の  女  こ  で  た  ま  の  わ  て  な  て  ん  サ    
         ろ  て  人  て      ゜ き  背  た  淋  は  の  も  ら  え  人  た  い  夢  い  ば  ヨ    
         を  い  も  い     満  っ  中  し  し  ま  少   ` こ  ば  に  し  た  な  る  る  ナ    
         振  く  見  た     月  と  を  は  そ  た  女  た  の   ` も  も  い  の   ゜ か  ラ    
         り   ゜ あ   ゜    の  大  押  あ  う  歩  が  と  夢  こ  笑  少  と  だ  誰  ら └     
         返     た  す     道  丈  し  な  な  き  眠  え  を  の  顔  女  も   ゜ か  ね  か    
         る     ら  っ     を  夫  て  た  背  始  っ  そ  見  世  を  の  思  :  が └    ゜   
         こ     な  か     歩   ゜ あ  に  中  め  て  う  た  界  見  よ  う  :  扉  か   ┐   
         と     い  り     く  わ  げ  何  に  た  い  だ  こ  は  せ  う   ゜ だ  を  :  ま    
         は      ゜ 暗     わ  た  る  も  声   ゜ る  と  と  消  る  に  も  っ  叩  :  た    
         な     そ  く     た  し  こ  し  を     の  し  す  え  こ  顔  う  た  い   ゜ 逢    
         か     の  な     し  は  と  て  か     だ  て  ら  て  と  を  少  ら  た     い    
         っ     道  っ     を  わ  は  あ  け      ゜ も  忘  し  が  上  し   `  `    ま    
         た     を  た     い  た  出  げ  た         ` れ  ま  出  げ  だ  も  あ     し    
          ゜    少  道     つ  し  来  ら   ゜       わ  て  う  来  て  け  う  の     ょ    
               女  で     で  の  な  れ  ひ        た  し   ゜ る  歩   ゜ し  時     う    
               は  は     も  こ  い  な  と        し  ま  そ   ゜ き  明  ば  か    └     
                                                                             
END TOP (P.15) BACK NEXT


あとがき
 2000年12月19日完成。浩子さんのイメージストーリーです。
 1年以上前に3分の2くらい出来上がっていたのですが、ずっと手がつけられないままになっていたら、データがすっかり消えてました。……というわけで、これは書き直したものです。