「10.七角錐の少女」を読む

01.風のたてがみ


 START 

 
          ┐ と     ん  っ  く     た  も           い     で                         
   僕     僕  よ  だ  な  た  る  ま   ゜ 答  そ  |  目  っ  い  い  強        深             
   が     の  り  け  場  白  景  わ     え  ん  |  の  た  っ  る  い        い             
   目     こ  も  ど  所  っ  色  り     を  な  こ  前  い  た  の  風        夢        風    
   を     と  も   ` に  ぽ  は  を     返  ふ  れ  に  誰  い  が  が        の        の    
   醒     を  っ  さ  僕  い  同  ぐ     し  う  は  は  な  こ  見  ち        中        た    
   ま     呼  と  っ  は  月  じ  る     て  に  夢  果  の  こ  え  ぎ        で        て    
   し     ん  ず  き  た  だ  よ  り     く  考  の  て  だ  は  た  れ        も        が    
   た     だ  っ  か  っ  け  う  と     れ  え  続  る  ろ  ど   ゜ た                 み    
   の     の  と  ら  た  が  な  眺     る  た  き  こ  う  こ     雲        誰             
   は     は  気  僕  ひ  そ  も  め     人   ゜ じ  と   ゜ な     を        か             
   い     い  に  に  と  の  の  て     は  だ  ゃ  の     の     空        が             
   ま     っ  な  は  り  存  ば  み     こ  け  な  な     だ     の        ド             
   か     た  っ  そ  で  在  か  た     こ  ど  い  い     ろ     彼        ア             
   ら     い  て  う  立  を  り  け     に   ` の  荒     う     方        を             
   少     誰  い  し  っ  主   ゜ れ     は  そ  か  野      ゜    か        た             
   し     な  る  た  て  張  薄  ど     い  れ  ?  が     そ     ら        た             
   前     ん  こ  い  い  し  暗   `    そ  を     広     し     彼        く             
   の     だ  と  ろ  る  て  い  目     う  言     が     て     方                      
   こ     ろ  が  い  の  い  空  に     に  葉     っ     :     へ                      
   と     う  あ  ろ  だ  る  に  入     な  に     て     :     と                      
   だ     ?  っ  な  っ   ゜ 掛  っ     か  し     い     僕     運                      
    ゜   └   た  こ  た  そ  か  て     っ  て     た     は     ん                      
             ゜     ゜                       ゜                                 
END TOP (P.1) BACK NEXT

 
   と        の  せ  し  は     と  が  き  本  械      ┐ し  と  て  ん  う  し  ら  ど       
   い  い  ま  時  ら  て  冷  僕  似  わ  な  当  |  そ  そ  た  が  い  だ  と   ` な  う  目    
   っ  く  ず  に  れ  そ  凍  は  た  か  の  は  |  の  う  狭  な  る  ろ  す  そ  か  も  が    
   て  ら  は  誰  る  れ  睡  い  よ  っ  か  気  睡  時  か  い  ん  と  う  る  れ  っ  う  さ    
   あ  押  そ  か  眠  が  眠  ま  う  た  も  が  眠   ` :  空  と   `└   の  に  た  ま  め    
   た  し  こ  か  り  終  に  ま  な  か  し  つ  機  よ  :  間  な  頭  と  を  頭  け  く  た    
   り  て  か  ら  が  わ  よ  で  睡  と  れ  い  だ  う └   で  く  の  ま  邪  の  れ  い  僕    
   を  み  ら  呼  い  っ  る  ず  眠  い  な  た  っ  や     僕  わ  上  だ  魔  上  ど  か  は    
   さ  て  出  ば  ま  た  夢  っ  機  う  い  と  た  く     は  か  に  は  し  に   ` な  す    
   ぐ  も  る  れ  ま  後  を  と  だ  と   ゜ い  の  僕     ず  っ  あ  っ  て  は  体  か  ぐ    
   っ  そ  方  た  で  に  見  長  っ  夢  ど  う  だ  は     っ  て  る  き  い  何  を  っ  に    
   て  の  法  気  続  は  る  い  た  の  う  よ  と  自     と  き  の  り  る  か  動  た  起    
   み  蓋  が  が  い  人  こ  眠  気  中  し  り  い  分     眠  た  は  と  ら  が  か   ゜ き    
   て  は  問  し  て  工  と  り  が  で  て  は  う  の     っ   ゜ 透  し  し  あ  す  暗  上    
   も  開  題  て  い  的  も  に  し  見  睡  思  こ  眠     て  ど  明  な  か  っ  こ  か  が    
   そ  か  だ  目  た  に  な  つ  た  て  眠  い  と  っ     い  う  な  い  っ  て  と  っ  ろ    
   れ  な  っ  を   ゜ 作  い  い  か  い  機  出  に  て     た  や  ガ  頭  た  僕  も  た  う    
   を  か  た  醒  そ  ら  永  て  ら  た  だ  し  気  い     ら  ら  ラ  の   ゜ が  出  の  と    
   開  っ   ゜ ま  し  れ  い  い  な  も  と  た  が  る     し  そ  ス  ま   ┐ 起  来  で  し    
   け  た     し  て  た  眠  た  の  の  い  と  つ  そ     い  れ  ら  ま  ど  き  な  よ  た    
   る  し     た  僕  夢  り   ゜ だ  が  う  い  い  れ      ゜ を  し  で  う  上  か  く  け    
   ス   `    |  は  を   ゜ 最  か  こ  こ  う  た  が        蓋  い  思  し  が  っ  わ  れ    
   イ  か     |  そ  見  そ  初  ら  れ  と  べ   ゜ 機        と  こ  っ  た  ろ  た  か  ど    
             ゜              ゜                                            `   
END TOP (P.2) BACK NEXT

 
   に   ┐ た  機     な  し  を  う  た  |     な  う      ┐ た  ほ  か        じ  :  ッ    
   丸  や   ゜ の  僕  か  て  開   ゜ ぶ  と  音  こ  に  僕  こ  い  ど  っ  ど  そ  こ  ひ  チ    
   く  っ     中  は  っ  い  け  そ  ん  い  声  と  と  が  こ └   強  た  う  ん  め  ょ  ら    
   窪  ぱ     で  上  た  た  た  し  僕  う  に  も  つ  そ  か  と  く  け  し  な  ら  っ  し    
   ん  り     自  半  の  時  の  て  の  わ  反  な  ぜ  う  ら  そ   ┐ れ  て  の  れ  と  き    
   で   ゜    分  身  だ  に  だ   ┐ 思  け  応  く  ん  叫  出  の  外  ど  そ  は  た  し  も    
   る  頭     の  を  ろ  は   ゜ 開  考  で  し   ` ガ  ぶ  し  時  に   ` ん  嫌  ま  た  の    
  └   の     頭  起  う  そ  お  け  を  は  て  そ  ラ  と  て  の  出  ま  な  だ  ま  ら  も    
      部     が  こ   ゜ の  そ  ろ  直  な  こ  れ  ス   ` く  僕  た  だ  ふ  と  な  僕  発    
      分     収  し     思  ら └   接  い  の  は  の  そ  れ  は  い  ぼ  う  思  の  は  見    
      が     ま  て     考  く  と  こ  な  蓋  驚  蓋  れ  !  思   ゜ ん  に  っ  か  ず  す    
      ち     っ  か     が  寝  い  の   ` が  く  が  が └   っ  こ  や  思  た  ?  っ  る    
      ょ     て  ら     機  ぼ  う  機  と  開  ほ  開  魔     た  こ  り  っ   ゜    と  こ    
      う     い  後     械  け  強  械  思  く  ど  い  法      ゜ を  と  た        こ  と    
      ど     た  ろ     に  た  い  が  っ  よ  あ  た  の        開  し  の        ん  は    
      ヘ     あ  を     う  ま  想  拾  た  う  っ   ゜ 呪        け  て  か        な  出    
      ル     た  振     ま  ま  い  っ   ゜ に  け  音  文        て  い  は        狭  来    
      メ     り  り     く  で  に  て  そ  な  な  を  だ        早  た  よ        い  な    
      ッ     を  向     伝  開  反  い  う  っ  か  た  っ        く  頭  く        と  か    
      ト     覗  き     わ  け  応  た  で  て  っ  て  た        出  が  わ        こ  っ    
      み     い   `    っ  よ  し  の  は  い  た  る  か        て  さ  か        ろ  た    
      た     て  睡     て  う  て  だ  な  た   ゜ よ  の        い  め  ら        に   ゜   
      い     み  眠     い  と  蓋  ろ  く  |     う  よ        き  る  な        閉  :    
                                  `                                          
END TOP (P.3) BACK NEXT

 
   を      ┐    じ   ┐ み      ┐ た  ひ     け     ぜ  の  間  ろ         ┐ り          
   し  そ  こ  僕  顔  似  て  前  :   ゜ と  少  だ  ひ  か  と  だ  う  照  い  明   ` そ  き    
   た  こ  れ  は  な  て  そ  に  :     り  し  っ  と  嫌  同  っ  と  明  つ  か  ま  れ  っ    
   人  に  も  急  ん  い  れ  見  い      ` 安  た  り  な  じ  た  考  も  の  り  わ  を  と    
   間  あ   ` い  だ  る  に  た  や     似  心   ゜ の  予  睡   ゜ え  何  ま  が  り  確   `   
   ば  る  こ  で └   ん  気  睡   `    た  し     人  感  眠  そ  な  か  に  :  を  か  そ    
   か  睡  れ  他     じ  が  眠  何     よ  て     間  が  機  し  が  に  か  :  眺  め  こ    
   り  眠  も  の     ゃ  つ  機  か     う  別     が  し  が  て  ら  反  照 └   め  る  で    
   だ  機  :  睡     な  い  に  お     な  の     そ  て  隙  そ  見  応  明     て  と  機    
   っ  で  :  眠     い  た  戻  か     顔  睡     の  僕  間  の  渡  し  が     み  僕  械    
   た  眠   ` 機      ゜  ゜ り  し     の  眠     中  は  な  部  し  て  部     た  は  と    
   |  っ  こ  も     :      ` い     人  機     で  睡  く  屋  た  灯  屋      ゜ 立  人    
   |  て  れ  覗     :     も └      間  を     眠  眠  並  の  そ  る  の        ち  間    
    ゜ い  も  い     ふ     う        が  覗     っ  機  べ  中  こ  よ  中        上  と    
      た  そ  て     た     一        眠  い     て  の  ら  に  は  う  を        が  が    
      の  う  み     り     度        っ  て     い  中  れ  は  白  に  照        っ  繋    
      は  だ  た     と     そ        て  み     る  を  て  僕  で  な  ら        て  が    
      す  :   ゜    も     の        い  る      ゜ 覗  い  が  統  っ  し        睡  る    
      べ  :        ま     中        る   ゜    た  い  た  眠  一  て  て        眠  の    
      て └         っ     を        だ  そ     だ  て   ゜ っ  さ  い  い        機  だ    
      同           た     覗        け  こ     そ  み  :  て  れ  る  た        か  ろ    
      じ           く     い        だ  に     れ  た  :  い  た  の   ゜       ら  う    
      顔           同     て        っ  も     だ   ゜ な  た  空  だ           降   ゜   
                                                                             
END TOP (P.4) BACK NEXT

 
   れ  い  ら  う     あ  神  国  ろ     そ  中  顔     こ  の     な     に  眩  の          
   な  う  れ  し  夢  の  話  が  な  睡  し  で  を  た  と  あ  い  出  こ  は  を  中  そ       
   か  こ  て  た  の  睡  や  興  こ  眠  て   ` し  ぶ  を  の  ま  来  う  も  感  に  の       
   っ  と  い  鯨  中  眠  物  り  と  機  同  僕  て  ん  考  光  立  事  し  う  じ  入  後       
   た  に  っ  や  で  機  語   ` を  は  じ  だ  い   ` え  景  っ  ま  て  こ  て  っ   `      
    ゜ つ  た  鳥  僕  や   ゜ 栄  僕   ` な  け  る  僕  て  と  て  で  い  こ  ほ  て  部       
   本  い  の  や  は  同  そ  え  に  そ  の  が  の  も  み  ど  い  が  る  に  ん  い  屋       
   当  て  だ  狼  い  じ  し   ` 教  れ  は  違  だ  あ  る  っ  る  夢  と  立  の  っ  の       
   の  は  け  な  ろ  顔  て  争  え  が  顔  う   ゜ そ   ゜ ち  こ  だ   ` っ  一  た  隅       
   僕  そ  れ  ど  い  の  人  い  た  人  だ  と  同  こ     が  の  っ  ま  て  瞬   ゜ に       
   が  の  ど  の  ろ  人  間   `  ゜ 工  け  い  じ  で     現  ど  た  だ  い  だ  そ  扉       
   い  機   ` 姿  な  間  た  消  こ  的  で  う  顔  眠     実  こ  の  い  た  け  し  が       
   つ  械  僕  で  も  を  ち  え  の  に  は  こ  を  っ     的  ま  で  く  の  目  て  あ       
    ` は  が  さ  の  作  が  て  星  見  な  と  し  て     だ  で  は  ら  だ  を  そ  る       
   ど  ま  い  ま  に  る  滅  い  の  せ  い  は  た  い     ろ  も  な  も  っ  瞑  こ  の       
   こ  っ  っ  ざ  な  技  ん  っ  歴  る  の  考  人  た     う  続  い  経  た  り  に  を       
   で  た  た  ま  っ  術  で  た  史  夢  だ  え  間  人     か  く  か  っ   ゜  ` 入  見       
    ` く  い  な  た  の  い  こ   ` の  |  に  ば  間     :  荒  と  て     再  っ  つ       
   誰  教  誰  知   ゜ こ  っ  と  い  中  |  く  か  た     :  野  思  い     び  た  け       
   か  え  な  識  そ  と  た   ゜ く  で   ゜ か  り  ち      ゜ と  え  な     開  途  た       
   ら  て  の  を  し   ゜ こ  数  つ  い     っ  の  と     そ  さ  て  い     い  端  僕       
   生  は  か  教  て     と  々  も  ろ     た  あ  同     ん  っ  く  そ     た  に  は       
   ま  く  と  え  そ      ゜ の  の  い      ゜ の  じ     な  き  る  ん     時  目  そ       
                                                       ゜                     
END TOP (P.5) BACK NEXT

 
      も  自  と        た  こ         ┐ ま     い  か  に  れ  を        っ     す  れ    
   た  ま  分  い  そ  で   ゜ の  い  ひ  さ  し  そ  た  も  さ  が  醒  そ  :  た  誰  夢  た    
   と  っ  の  う  れ  も     世  つ  と  て  て  し  夢  わ  っ  誰  ま  の  :   ゜ か  の  の    
   え  た  目  こ  は  :     界  の  り   ` い  て  と  か  ぱ  な  せ  声  あ     に  中  か    
   ば  く  の  と   ┐ :     も  ま  呟  こ  た  僕  は  ら  り  の └   は  の     呼  を   `   
   僕  不  前  だ  ひ   `    こ  に  い  れ   ゜ は  関  な  わ  か  と  一  声     ば  漂  そ    
   は  思  に  っ  ょ  と     れ  か  て  か     気  係  か  か  と  何  生  は     れ  っ  ん    
   ま  議  広  た  っ  考     か  空  い  ら     が  が  っ  ら  い  度  懸  誰     た  て  な    
   だ  で  が   ゜ と  え     ら  は  た  ど     つ  聞  た  な  う  も  命  だ     よ  い  こ    
   あ  は  っ  あ  し  て     目  だ   ゜ う     い  こ   ゜ か  こ  繰  に  ?     う  た  と    
   の  な  て  の  た  み     を  ん     し     た  え  た  っ  と  り  僕        な  の  も    
   睡  い  い  白  ら  る     醒  だ     よ     ら  て  だ  た  は  返  の        気  だ  わ    
   眠  も  る  い  こ   ゜    ま  ん     う     あ  く   ` し  僕  し  こ        が   ゜ か    
   機  の  風  部  れ        す  明     か     の  る  そ   ` 自  言  と        し     ら    
   の  だ  景  屋  も        の  る    └      睡  よ  れ  ど  身  っ  を        た     ず    
   中  っ  は  で  夢        だ  さ           眠  う  は  こ  の  て  呼        の     に    
   で  た  夢  見  な        な  を           機  だ  睡  で  こ  い  ん        は     僕    
   ひ   ゜ だ  た  の         ` 増           の  っ  眠  呼  と  た  で        そ     は    
   と     っ  風  で        と  し           中  た  機  ん  と   ゜ い        う     た    
   り     た  景  は        僕  て           で   ゜ が  で  同  た  た        し     だ    
   眠     と  と  な        は  い           目     見  い  じ  だ   ゜       た     繰    
   り     し  い  い        思  た           を     せ  る  よ   `  ┐       時     り    
   続     て  ま  か        っ   ゜          醒     て  の  う  そ  目        だ     返    
              └                                                              
END TOP (P.6) BACK NEXT

 
      て     う  た  う        る  と  そ  僕            ┐ た  飛     以  も     と  け    
   僕  い  止  こ  と  ど  そ  |   ゜ を  う  は  こ  い  僕  :   ゜ ば  そ  外  ち  そ  い  て    
   は  く  ま  と  し  う  う  |     待   ` そ  こ  ま  は  :     す  の  に  ろ  う  う  い    
   も  銀  な  に  て  で  考  だ     っ  こ  の  に   ` 叫  誰     か  時  だ  ん  で  夢  る    
   う  色  い  は  も  も  え  か     て  の  時  い  風  ん  だ     の   ` れ  そ  は  を  の    
   自  の  風  変  こ  良  た  ら     い  世  に  る  の  だ  !     よ  そ  も  ん  な  見  で    
   由  た  は  わ  う  く  ら  僕     る  界  な  の  中   ゜└      う  ん  い  な  い  て  は    
   な  て  僕  り  し  な   ` は      ゜ の  っ  は  に           に  な  や  人   ` い  な    
   の  が  の  が  て  っ  こ  こ     そ  ど  て  僕  そ           ひ  こ  し  間  と  る  い    
   だ  み  茶  な  僕  て  れ  の     こ  こ  初  だ  の           と  と  な  が  誰  だ  か    
   と  の  色  い  が  し  が  世     で  か  め  け  声           き  を  い  い  が  け   ゜   
   思  よ  い  の  き  ま  夢  界     僕  で  て  じ  が           わ  考  の  る  保  な  誰    
   っ  う  髪  だ  み  っ  か  に     の  は  気  ゃ  は           強  え  だ  わ  証  の  か    
   た  だ  を   ゜ の  た  ど  い     こ  ま  が  な  っ           い  て  か  け  し  で  に    
    ゜ っ  巻     声   ゜ う  る     と  だ  つ  い  き           風  い  ら  が  て  は  呼    
   た  た  き     を  も  か  の     を  見  い  の  り           が  る   ゜ な  く  な  ば    
   て   ゜ 込     聞  し  な  だ     ず  ぬ  た  だ  と           吹  僕     い  れ  い  れ    
   が     ん     い  こ  ん   ゜    っ  き  よ  と  聞           き  の      ゜ る  か  て    
   み     で     て  れ  て        と  み  う  い  こ           抜  こ     こ  だ  と  目    
   を     長     い  が  こ        呼  が  に  う  え           け  と     こ  ろ  考  が    
   な     く     る  夢  と        ん  僕  感  こ  て           て  を     に  う  え  醒    
   び     伸     と  だ  は        で  の  じ  と  い           い  笑     は  か  た  め    
   か     び     い  っ  も        い  こ  た  に  た           っ  い     僕  ?   ゜ た    
                                     ゜     ゜                                 
END TOP (P.7) BACK NEXT

 
   荒  ひ     の     か     こ  探  ま  硝  泉  け  声  だ  僕     気  夢  い        だ  せ    
   野  と  既  世  そ  き  も  と  し  だ  子  の  れ  を  の  の  き  も  の  ま  そ  そ   ゜ て    
   に  り  に  界  ん  み  し  に  て  儚  の  ほ  ど  確  偶  こ  み  な  中  ま  う  の     走    
   た  の  歩  に  な  と  も  し   ` く  城  と   ` か  然  と  は  か  に  で   ` こ     る    
   っ  き  き  あ  ふ  出  こ  よ  僕  果  に  り  そ  に  だ  を  あ  っ  は  閉  僕  と     獣    
   た  み  は  た  う  会  れ  う  は  て  閉  に  の  聞  っ  呼  の  た  戻  じ  の  を     の    
   ひ  を  じ  り  に  う  が   ゜ い  な  じ  た  声  い  た  ん  何   ゜ る  込  す  風     よ    
   と  探  め  を  考  こ  夢     つ  い  こ  た  に  て  の  で  人     方  め  る  が     う    
   り  す  た  変  え  と  だ     終  夢  め  ず  僕  い  か  い  も     法  ら  こ  告     に    
   立  た  こ  え  た  の  と     わ  を  ら  ん  は  る  も  た  い     は  れ  と  げ     ど    
   っ  め  の  た  僕  出  い     る  見  れ  で  答   ゜ し  の  た     わ  て  は  て     こ    
   て   ` 世  陽  の  来  う     の  て  て  い  え  ど  れ  だ  同     か  い  も  い     へ    
   い  僕  界  の  こ  る  の     か  い  い  る  よ  こ  な   ゜ じ     ら  た  う  る     で    
   る  は  の  光  と  夢  な     も  る  る  か  う  に  い  そ  顔     な  あ  決  よ     も    
    ゜ ど  時  が  を  に  ら     わ  か  か  も   ゜ い  け  れ  の     か  の  ま  う     行    
      こ  間  照   ` し   `    か  も  も  し  と  る  れ  は  人     っ  睡  っ  に     く    
      ま  の  ら  も  よ  僕     ら  し  し  れ  め  か  ど  も  間     た  眠  て  思     こ    
      で  中  し  う  う  は     な  れ  れ  な  ど  は   ` し  た     し  機  い  え     と    
      も  で  て  す   ゜ そ     い  な  な  い  な  わ  僕  か  ち      ` の  た  た     が    
      続   ` い  っ     れ     旅  い  い  き  く  か  は  し  の     も  中   ゜  ゜    出    
      く  た  た  か     を     に  き  き  み  溢  ら  き  た  中     う   ` 僕        来    
      広  っ   ゜ り     い     出  み  み  を  れ  な  み  ら  か     戻  あ  に        る    
      い  た     朝     つ     る  を  を   ` る  い  の  た  ら     る  の  は        の    
                                  `                                          
END TOP (P.8) BACK NEXT

「02.真昼の光は嘘をつく」を読む