「09.ふたり」を読む

10.七角錐の少女


 START 

 
   て  ∧  な  声  く  そ     ∧  中     れ  糸  か  ラ  色     ∧  ら     ∧  の             
   も  そ  ほ  は  わ  れ  :  私  に  と  る  の  か  ス  に  永  誰  歩  き  私  細  荒          
   聞  れ  ど  目  か  が  :  は  は  て  よ  よ  ら  の  覆  い  も  い  み  は  く  れ          
   く  は  に  に  ら  い  ど  こ  き  も  う  う  逃  よ  わ  あ  こ  て  の  す  長  果     七    
   こ  不  は  見  な  っ  こ  こ  み  小  に  に  れ  う  れ  い  こ  も  家  べ  い  て     角    
   と  思  っ  え  い  た  か  か  が  さ  し  な  る  に  て  だ  に  そ  は  て  道  た     錐    
   が  議  き  て   ゜ い  ら  ら  座  か  て  っ  よ  透  い   ` 辿  こ  彼  を  を  大     の    
   で  な  り  い  だ  ど  か  す  っ  っ  消  た  う  明  て  世  り  へ  方  知  僕  地     少    
   き  こ  と  る  け  こ  き  べ  て  た  え  そ  に  に  息  界  着  辿  に  っ  は  の     女    
   る  と  し  き  ど  か  み  て  い  け  て  の  し  輝  が  は  く  り  い  て  ま  上          
   の  じ  て  み   ` ら  の  を  る  れ  い  先  て  く  詰  日  こ  着  つ  い  だ  を          
   だ  ゃ  い  と  僕  聞  声  見  姿  ど  た  端  円  き  ま  の  と  く  も  る  歩  ど          
   か  な  る  の  の  こ  が  渡  も   `  ゜ は  錐  み  り  暮  な  こ  見  ∨  い  こ          
   ら  い  の  距  耳  え  ず  す  見  薄     藍  形  の  そ  れ  ど  と  え     て  ま          
   ∨   ゜ だ  離  に  て  っ  こ  え  昏     色  の  家  う  た  出  は  て     い  で          
      私  っ  か  聞  く  と  と  た  い     の  身  は  に  ば  来  出  い     た  も          
      の  た  ら  こ  る  聞  が   ゜ 闇     天  を  ま  感  か  な  来  た      ゜ 続          
      声   ゜ 考  え  の  こ  出     に     へ  伸  る  じ  り  い  な  け        い          
      は     え  て  か  え  来     浮     と  ば  で  さ  の  ∨  か  れ        て          
      ど     る  く  は  て  る     か     吸  し  地  せ  よ     っ  ど        い          
      こ     と  る  ま  い  ∨     ぶ     い  て  上  た  う     た   `       く          
      に     奇  そ  っ  た        家     込  ゆ  の   ゜ な      ゜ い         `         
      い     妙  の  た   ゜       の     ま  き  何  ガ  藍        く        そ          
                                        `                                    
END TOP (P.1) BACK NEXT

 
      滅  た  る  ∧  長  い        す  わ  も     を  世  ロ  ∧  わ      ┐ と  ∧  ち       
   人  び  の  人  い  い  か  き  何  る  っ  の  だ  処  界  グ  私  る  声  ど  は  そ  ゃ  そ    
   間  た  だ  間  つ  時   ゜ み  を  こ  た  は  か  理  の  ラ  は  は  が  う  声  う  ん  れ    
   が  人  か  の  で  間  そ  が  言  と  人  あ  ら  す  さ  ム  人  ず  聞  し  に   ゜ と  は    
   :  間  ら  生  も  を  れ  プ  っ  ま  工  る  私  る  ま   ゜ 間  じ  こ  て  出  け  き  き    
   :  が   ゜ ん  私  一  は  ロ  て  で  の  け  に  よ  ざ  言  で  ゃ  え  ?  し  れ  み  み    
   滅  私  だ  だ  は  緒  僕  グ  い  は  も  れ  は  う  ま  語  は  な  て └   て  ど  に  か    
   び  の  け  あ  あ  に  が  ラ  る  出  の  ど  人  に  な  処  な  い  い     も   ` は  ら    
   た  前  ど  ら  ら  過  よ  ム  の  来  で   ` 間  な  人  理  い  か  る     私  あ  聞  の    
   ?  に  あ  ゆ  ゆ  ご  く  な  だ  な  あ  そ  の  っ  間  機   ゜  ゜ の     に  な  こ  返    
      現  な  る  る  し  知  ん  ろ  い  っ  れ  よ  た  が  能  私     な     は  た  え  事    
   そ  れ  た  デ  人  て  っ  か  う  ∨  て  も  う   ゜ 送  が  は     ら     絶  が  て  だ    
   ん  る  の  |  間  き  て  で  :     人  言  な     っ  与  人     思     対  伝  い  っ    
   な  は  こ  タ  と  た  い  あ  :     間  語  心     て  え  間     っ     に  え  る  た    
   は  ず  と  を  共  の  る  る   ゜    の  処  は     く  ら  に     て     届  た  ら   ゜   
   ず  は  は  常  に  だ  こ  は        感  理  な     る  れ  よ     い     か  い  し  ど    
   な  な  知  に  あ  か  と  ず        情  能  い     あ   ` っ     る     な  と  い  う    
   い  い  ら  入  っ  ら  だ  は        を  力   ゜    ら  そ  て     こ     い  思   ゜ や    
   じ  ∨  な  出  た   ゜  ゜ な        本  に  そ     ゆ  れ  作     と     ∨  っ     ら    
   ゃ     い  力   ゜    僕  い        当  よ  れ     る  に  ら     だ        て     僕    
   な      ゜ し  あ     た  じ        に  っ  に     デ  よ  れ     っ        い     の    
   い     も  て  ら     ち  ゃ        理  て  近     |  っ  た     て        る     声    
   か     う  い  ゆ     は  な        解  備  い     タ  て  プ     伝        こ     も    
    ゜                                                                        
END TOP (P.2) BACK NEXT

 
   ∧     ∧     れ  和  ら  達  う  距  高  ∧     人  デ  い  ま  ∧     と  ん  私  ∧  だ    
   他  :  核  そ  た  な  ゆ  を  し  離  速  人  架  格  |  っ  っ  私  僕  も  で  は  違  っ    
   の  :  戦   ` の  世  る  可  て  や  な  間  空  な  タ  た  て  の  は  出  も  地  う  て    
   説  平  争  そ  が  界  地  能  情  言  言  た  の  の  を  文  い  中  ど  来  破  上   ゜ き    
   も  和  が  れ  私  を  域  に  報  語  葉  ち  :  だ  引  章  る  に  う  な  壊  に  あ  み    
   あ  な  起  な  だ  作  が  し  を  の  の  は  :  ろ  き  を   ゜ は  な  い  さ  は  な  は    
   る  世  こ  ら  っ  ろ  間  よ  交  違  や  膨  人  う  出  書  個  人  ん  ∨  れ  存  た  生    
    ゜ 界  っ  ど  た  う  違  う  換  い  り  大  格  ∨  し  く  人  間  だ     ず  在  が  き    
   人  を  た  う  ∨  と  い  と  し  な  と  な  ?     て  か  情  た  ?     に  し  見  て    
   間  作  の  し     し  の  し   ` ど  り  情        私  な  報  ち        残  て  て  い    
   た  ろ  だ  て     た  な  て  情  も  を  報        の  ど  や  の  僕     っ  い  い  る    
   ち  う  と  滅      ゜ い  い  報  関  行  を        中   ゜ 人  デ  は     た  な  る  だ    
   は  と  い  び     そ  意  た  の  係  う  交        に  あ  間  |  生      ゜ い  の  ろ    
   や  し  う  た     う  志   ゜ 均  な  よ  換        作  な  関  タ  き     私   ゜ は  う    
   が  た  説  と     し  を  政  衡  く  う  す        り  た  係  が  て     は  だ  本  ?    
   て  ん  も  い     た  伝  治  と  全  に  る        上  は   ` い  い     死  か  当       
   直  じ  あ  う     理  え  に  思  世  な  た        げ  き  そ  ろ  る     な  ら  の       
   接  ゃ  る  ん     想  合  お  考  界  っ  め        ら  っ  の  い   ゜    な  人  私       
   私  な  ∨  だ     の  う  い  の  の  た  に        れ  と  人  ろ        い  間  で       
   か  い      ゜    下  こ  て  正  人   ゜ 大        た  そ  間  な         ゜ た  は       
   ら  の           に  と  も  確  間  そ  量        架  う  が  形        死  ち  な       
   デ  か           生  で   ` な  が  し  か        空  し  ど  で        ぬ  が  い       
   |  ?           ま  平  あ  伝  そ  て  つ        の  た  う  詰        こ  死   ゜      
                                                                             
END TOP (P.3) BACK NEXT

 
      私  そ  と  来  だ  量  て  の  ね  く  て  る  て  の  ∧     の  ∧     た  思  め  タ    
      を  れ  し  な  と  が  い  大  る  な  言  も  使  持  大  そ  役  私  本  か  考  込  を    
      そ  は  て  か  信  増  っ  き  ほ  っ  葉  の  っ  っ  多  ん  割  に  当  ら  と  む  引    
      の  止  も  っ  じ  え  た  さ  ど  た  を  だ  た  て  数  な  は  と  の  だ  他  よ  き    
      よ  め   ` た  て  れ   ゜ は  む  し  増  っ  言  い  の  ば  た  っ  原   ` 人  う  出    
      う  ら  言   ゜ い  ば  し  増  し   ` や  た  葉  る  人  か  だ  て  因  と  の  に  せ    
      に  れ  葉  い  た  増  か  し  ろ  誤  せ   ゜ の  想  間  な  デ  真  は  か  思  な  る    
      作  る  を  や   ゜ え  し  て  そ  解  ば  だ  量  い  は  話  |  実  わ  ∨  考  っ  よ    
      っ  わ  使   ` そ  る   ` い  の  を  増  か  に  と  気  :  タ  か  か     と  た  う    
      た  け  っ  も  の  ほ  そ  っ  人  解  や  ら  反  い  づ  :  を  虚  っ     の   ゜ に    
      の  が  て  し  た  ど  れ  た  間  こ  す  本  比  う  い  信  集  偽  て     区  け  な    
      だ  な  伝  気  め  意  で   ゜ た  う  ほ  当  例  も  て  じ  め  か  い     別  れ  る    
      か  か  え  が  に  志  も  そ  ち  と  ど  の  し  の  い  ら  て  は  な     が  ど  マ    
      ら  っ  る  つ  破  の  彼  し  の  し  そ  気  て  は  な  れ  お  ど  い     つ   ` イ    
      ∨  た  よ  い  局  疎  ら  て  あ  て  れ  持  逆  そ  か  る  く  う  と     か  そ  ク    
          ゜ り  て  を  通  は  人  い  言  は  ち  に  れ  っ  わ  だ  で  い     な  れ  ロ    
         |  方  い  避  が  交  間  だ  葉  相  を  伝  を  た  け  け  も  う     く  に  チ    
         |  法  た  け  う  換  た  に  を  手  伝  わ  伝  け  が  な  い  こ     な  よ  ッ    
         人  が  人  る  ま  す  ち  出  重  に  え  り  え  れ  な  の  い  と     っ  っ  プ    
         間  な  間  こ  く  る  は  来  ね  は  よ  に  よ  ど  い  だ  こ  な     て  て  を    
         た  い  が  と  い  言  分  た  れ  届  う  く  う   `  ゜ か  と  の     し  自  脳    
         ち  以  い  が  く  葉  裂  亀  ば  か  と  く  と  人     ら   ゜ か     ま  分  に    
         は  上  た  出  の  の  し  裂  重  な  し  な  し  間     ∨  私   ゜    っ  の  埋    
             `                                                               
END TOP (P.4) BACK NEXT

 
   葉  タ  と  か  中  度  に  デ  真  人  の  実  る  ∧     ∧  い  い  れ  暮  は     っ       
   に  が  も  ら  に  の  変  |  実  間  一  際   ゜ 私  僕  残  た  星  ば  れ  こ  き  た  い    
   な  再  過   ゜ あ  も  わ  タ  だ  だ  部  は  あ  は  の  念   ゜ の  空  る  う  み   ゜ っ    
   ど  生  去  そ  る  の  っ  が  と ┗   に  私  な  あ  記  だ  :  光  の  ま  し  は  そ  た    
   何  さ  に  し  過  な  て  与  感  と  過  が  た  ら  憶  け  :  を  遠  で  て  き  ん  い    
   の  れ  生  て  去  の  し  え  じ  い  ぎ  持  が  ゆ  じ  ど  そ  数  い  ふ  離  み  な  な    
   価  て  き  あ  の   ゜ ま  ら  て  う  な  っ  自  る  ゃ   ` し  え  と  た  れ  だ  話  ん    
   値  い  て  な  人  さ  う  れ  い  デ  い  て  分  人  な  そ  て  て  こ  り  て   ゜ は  だ    
   も  る  い  た  間  っ   ゜ れ  る  |   ゜ い  の  間  い  れ  い  過  ろ  で  い  そ  ど  と    
   な  と  た  が  た  き  あ  ば  だ  タ  あ  る  こ  の  ?  は  ま  ご  か  一  る  れ  う  い    
   い  い  人  自  ち  も  な  そ  け  が  な  膨  と  記     あ  も  し  ら  緒  け  は  だ  う    
   ∨  う  間  分  の  言  た  れ   ゜ 与  た  大  だ  憶     な  愛  て  降  に  れ  僕  っ  の    
      だ  が  の  デ  っ  と  だ  も  え  は  な  と  を     た  し  い  り  話  ど  が  て  だ    
      け  考  思  |  た  い  け  し  ら  人  人  思  デ     の  て  た  注  を   ` よ  い  ろ    
       ゜ え  考  タ  よ  う  で   ┓ れ  間  間  っ  |     記  い   ゜ い  し  僕  く  い  う    
      だ  て  だ  で  う  存  き  僕  て  で  の  て  タ     憶  る  僕  で  て  た  知   ゜  ゜   
      か  い  と  出  に  在  っ  は  い  は  記  い  と     で   ゜ は  く  い  ち  っ     |    
      ら  た  信  来  あ  な  と  狼  る  な  憶  る  し     は     き  る  た  は  て     |    
      あ  こ  じ  て  な  ん  あ  だ  か  い  の  そ  て     な     み  数  し  い  い     僕    
      な  と  て  い  た  て  な ┗   ら   ゜ 中  の  持     い     を  え   ` つ  る     は    
      た  の  い  る  は  そ  た  と  そ   ┓ の  記  っ     ∨     愛  き  夜  も   ゜    そ    
      の  デ  る  の  私  の  は  い  れ  僕  ほ  憶  て           し  れ  に  日  い     う    
      言  |  こ  だ  の  程  狼  う  が  は  ん  も  い           て  な  な  が  ま     思    
                                                                             
END TOP (P.5) BACK NEXT

 
   葉  ど  し  れ  の  も  ひ  な  伝  ∧     い  し  返  う  で  ∧  生  だ  の     で          
   に   ` て  な  は  私  と  い  え  そ  そ  う  た  し  け  は  だ  む  か  こ  僕  も  知  そ    
   は  そ  る  い  届  の  言   ゜ た  れ   ` の  そ  た  れ  な  か  よ  ら  と  に  き  ら  ん    
   ど  う └   ほ  か  耳  で  そ  い  な  そ  は  の  の  ど  い  ら  う   ゜ を  は  み  ず  な    
   こ  し  と  ど  な  に  は  う  こ  ら  れ  ど  言  か   ` の   ` な  不  愛  余  の  知  は    
   か  た  い  の  い  は  な  す  と  あ  は  の  葉  わ  あ   ゜ そ  こ  必  し  計  家  ら  ず    
   に  言  う  人   ゜ あ  い  る  が  な  :   ┐ の  か  な  そ  の  と  要  て  な  が  ず  が    
   違  葉  言  間  |  な  と  必  ひ  た  :  愛  中  っ  た  れ  想  も  な  い  こ  近  の  あ    
   い  と  葉  が  |  た  い  要  と  が  も  し  で  て  は  に  い  あ  言  る  と  づ  う  る    
   が  あ  を  言  そ  の  う  が  言  言  ち  て  本  い  そ  伝  自  る  葉  と  を  い  ち  わ    
   あ  な  デ  っ  れ  伝  こ  あ  な  っ  ろ  る  当  る  の  え  体  は  を  い  言  て  に  け    
   る  た  |  た  だ  え  と  る  ら  た  ん └   に  ?  言  た  が  ず  重  う  う  く  僕  な    
   ?  の  タ  数  け  た   ゜ の   ` こ  全  な  伝     葉  い  偽  が  ね  ひ  つ  る  は  い    
      伝  と  え  じ  い  だ  な  何  と  部  の  え  あ  を  の  物  な  る  と  も  様  足  |    
   私  え  し  き  ゃ  ひ  か  ら  度  は  だ  ?  た  な  い  は   ` い  必  言  り  子  を  |    
   に  よ  て  れ  な  と  ら   ` も  嘘  よ  ∨  か  た  ま  ひ  あ   ゜ 要  だ  な  は  速   ゜   
   は  う  持  な  い  言   ` 伝  繰  だ   ゜    っ  が  ま  と  な     は  け  ん  ま  め       
   そ  と  っ  い   ゜ な  ど  え  り  と        た  何  で  言  た     な  が  て  っ  て       
   れ  し  て  ほ  私  ど  ち  た  返  い        ひ  度  に  だ  自     い  伝  な  た  い       
   ら  て  い  ど  は  と  ら  い  す  う        と  も  何  け  身     し  え  い  く  た       
   は  い  る  の  数  い  に  こ  必  こ        言  繰  度  だ  の     誤  た   ゜ な   ゜      
   同  る  け   ┐ え  う  し  と  要  と        っ  り  繰  と  も     解  い  き  い  そ       
   じ  言  れ  愛  き  も  て  は  は   ゜       て  返  り  い  の     を  の  み   ゜ れ       
                                                                             
END TOP (P.6) BACK NEXT

 
   の     ∧  な  み  て  か  だ  言   ┐ い     か  う  高      ┐ な  度  錐  せ  ん  デ  も    
   は  き  何  い  だ  こ  も  け  葉  ど  何  だ  ら  誰  い  僕  :  い  同  状  て  そ  |  の    
   き  っ  度  ん  け  と  し  の  と  ん  を  け  な  も  と  は  :  し  じ  に  い  ん  タ  と    
   み  と  も  だ  の  は  れ  デ  は  な  守  ど  の  そ  こ  空  そ  聞  景  ま  て  な  か  し    
   か  夢  言 └   感  な  な  |  違  に  っ   ` か  の  ろ  に  れ  き  色  わ  も  こ  ら  か    
    ` を  っ     情  い  い  タ  う  似  て  そ   ゜ 中  高  消  は  た  な  り  こ  と  の  感    
   あ  見  て     が   ゜ け  な   ` て  い  こ     に  い  え  違  く  の  を  の  出  コ  じ    
   る  て  い     あ  き  れ  ん  僕  い  る  ま     入  と  て  う  も   ゜ 囲  世  来  ピ  ら    
   い  い  る     る  み  ど  か  だ  た  の  で     っ  こ  い  よ  な  |  ん  界  る  |  れ    
   は  る  け      ゜ だ   ` じ  け  と  だ  世     て  ろ  く └   い  |  だ  に  わ  で  な    
   僕  の  れ     き  っ  決  ゃ  の  し  ろ  界     来  へ  き     ∨  も  こ  あ  け  な  い    
   か  だ  ど     み  て  し  な  形  て  う  を     ら  と  み        う  の  る  が  い   ゜   
   |  と   `    は  そ  て  い  を  も  |  拒     れ  壁  の        そ  窓  の  な  と  あ    
   |  思  そ     プ  う  他  か  し  僕  |  絶     な  を  家        ん  か  は  い  証  な    
    ゜ っ  れ     ロ  だ  の  ら  て  の   ゜ し     い  伸  を        な  ら  同   ゜ 明  た    
   だ  た  は     グ   ゜ 誰  だ  い  言     て     よ  ば  見        も  見  じ  違  で  の    
   け   ゜ 違     ラ  き  か   ゜ る  葉      `    う  し  上        の  え  も  う  き  言    
   ど  夢  う     ム  み  と  い   ゜ は     き     に  て  げ        私  る  の  よ  る  葉    
    ` を  ∨     な  に  一  び  そ  他     み     と  い  た        は  の  ば  う  ?  が    
   ど  見        ん  だ  緒  つ  れ  の     は     し  く   ゜       見  は  か  な     そ    
   ち  て        か  っ  だ  な  は  誰     い     て  の  そ        た  3  り  顔  も  れ    
   ら  い        じ  て  な  も  言  か     っ     い  は  れ        く  6   ゜ を  ち  ら    
   の  る        ゃ  き  ん  の  葉  の     た     る  も  が        も  0  円  見  ろ  の    
                                                                             
END TOP (P.7) BACK NEXT

 
      そ     る   ┐ な  つ  ず  し  に  ∧     う  な     り  本  ∧     に  信  は   ┐ 夢    
   そ  れ  も  !  そ  の  め  が  い  言  振  :  と  い  後  向  当  ま  そ  ふ  を  き  き  だ    
   し  で  う     ん   ゜ て  な  デ  え  り  :  し  か  ろ  い  は  だ  う  た  し  み  み  っ    
   て  も  き  そ  な  だ  後  い  |  ば  向  後  て  と  :  て  そ  そ   ` り  て  の  は  た    
    ` 僕  み  し  :  か  ろ   ゜ タ  あ  け  ろ  初  僕  :  み  こ  ん  そ  と  い  話  プ  と    
   い  は  の  て  :  ら  向  前  が  な  な  を  め  は  ?  れ  か  な  し  も  る  に  ロ  し    
   つ  泣  声  い   ゜ 前  き  を  入  た  い  向  て  思     ば  ら  こ  て  そ  の  出  グ  て    
   ま  き  は  つ  そ  に  に  向  ら  に  の  く  気  い  そ  そ  一  と  僕  の  だ  て  ラ  も    
   で  な  聞  か  ん  な  歩  い  な  存  は  こ  が  な  ん  れ  歩  を  は  こ  ろ  き  ム   `   
   も  が  こ  必  な  ど  こ  て  い  在  後  と  つ  が  な  が  も  言  歩  と  う  た  な  夢    
    ` ら  え  ず  は  一  う  い  こ  し  ろ  が  い  ら  も  わ  進  っ  い  を   ゜ よ  ん  な    
   い  叫  な  き  ず  歩  と  る  の  て  な  で  た   ` の  か  ん  て  て  忘  長  う  か  ら    
   つ  ん  く  み  な  も  し  つ  世  い  ど  き   ゜ そ  見  る  で  い  い  れ  い  な  じ  い    
   ま  で  な  の  い  進  て  も  界  な  存  な     れ  て  ∨  な  る  く  て  あ  プ  ゃ  つ    
   で  い  っ  と   ゜ め  い  り  に  い  在  か     で  も     ど  の   ゜ し  い  ロ  な  か    
   も  た  て  こ  僕  る  る  で  は  の  し  っ     も  し     い  ?  き  ま  だ  グ  い  は    
   歩   ゜ い  ろ  は  は   ` 本  未  は  な  た     首  ょ     な     み  っ  そ  ラ   ゜ 醒    
   き     た  へ  き  ず  そ  当  来  未  い   ゜    を  う     い  :  に  た  う  ム  き  め    
   続      ゜ 行  み  が  れ  は  な  来  か        後  が      ゜ :  会  ん  し  を  っ  る    
   け     だ  く  を  な  が  過  ど   ゜ ら        ろ  な     後  あ  う  だ  て  使  と  日    
   て     け  !  愛  い  あ  去  あ  も   ゜       に  い     ろ  な  た └   い  っ  僕  が    
   い     ど └   し  ∨  な  を  る  う  正        回  じ     を  た  め     る  て  た  来    
   た      `    て     た  見  は  新  確        そ  ゃ     振  は  に     内  通  ち  る    
    ゜                                                     ゜              ゜   
END TOP (P.8) BACK NEXT

「01.風のたてがみ」を読む