「01.風のたてがみ」を読む

02.真昼の光は嘘をつく


 START 

 
   は  ん  夜     て   ┐    ず  う  午  う     る  聞  が  ふ  遊     く  陽  か             
   こ  だ  だ  そ  ほ  い  あ  や  し  後  わ  :  け  こ  か  た  ん  さ  る  は  に  い          
   の   ゜ っ  う  し  ま  の  っ  て  が  け  :  れ  え  す  り  で  っ  様  ま  流  つ          
   ひ  そ  た  言  い  か  人  て  待  過  じ  も  ど  て  か  並  い  き  々  だ  れ  も     真    
   と  の   ゜ わ └   ら  か  来  っ  ぎ  ゃ  ち   ゜ く  に  ん  る  か  な  薄  て  の     昼    
   月  時  あ  れ     君  ら  る  て  て  な  ろ     る  耳  で   ゜ ら  物  青  い  様     の    
   を  の  の  た     に  の  の  い  い  か  ん     甲  に  ブ  ひ  向  が  い  く  に     光    
   過  想  人  の     会  連  だ  れ  く  っ   `    高  届  ラ  と  か  つ  空  時  公     は    
   ご  い  が  が     い  絡  と  ば  の  た  あ     い  い  ン  り  い  く  の  間  園     嘘    
   し  が  迎  電     に  が  思   ` を   ゜ の     笑  て  コ  は  側  る  高  を  の     を    
   て  希  え  話     行  途  っ  い  待  私  人     い  心  を  女  の  光  い  過  隅     つ    
   来  望  に  で     く  絶  て  つ  っ  は  と     声  地  漕  の  ブ  と  ほ  ご  に     く    
   ら  の  来  あ      ` え  い  か  て  た  こ     に  良  ぐ  子  ラ  影  う  し  あ          
   れ  灯  て  の     必  て  る  あ  い  だ  こ     は  い   ` で  ン  と  に  て  る          
   た  と  く  人     ず  も   ゜ の  る   ` で     嫌   ゜ き  も  コ  を  あ  い  ベ          
   の  な  れ  と      ゜ う     人  だ  こ  待     な  も  ぃ  う  で  際  っ  た  ン          
   だ  っ  る  話     だ  ひ     に  け  う  ち     思  っ   ` ひ  ふ  立  て   ゜ チ          
   ろ  て  の  を     か  と     会   ゜ し  合     い  と  き  と  た  た   ` 春  で          
   う  い  だ  し     ら  月     え  そ  て  わ     を  も  ぃ  り  り  せ  目  の  わ          
    ゜ た  と  た     待   ゜    る  れ  何  せ     さ   ` と  は  の  て  に  終  た          
      か  私  最     っ        日  で  も  た     せ  時  い  男  子  い  入  わ  し          
      ら  は  後     て        が  も  な  と     ら  お  う  の  供  る  っ  り  は          
      私  喜  の     い        必  こ  い  い     れ  り  音  子  が   ゜ て  の  静          
                                                    ゜                        
END TOP (P.1) BACK NEXT

 
   子  さ  そ  た     飽  ど  ど  い      ┐ 座   ┐ に  め     く      ┐ な  っ  な          
   供  っ  う   ゜ い  き  う  う  だ  ど  え  っ  ど  蠢  の  見  っ  急  あ  準  て  こ  も  :    
   た  き  か  適  つ  る  の  し  に  う  ?  て  う  い  化  上  と  に  ら  備  や  と  し  :    
   ち  の  と  当  も  こ  と  た  彼  言    └   か  て  粧  げ  躰  す   ゜ や  っ   `  ` も    
   が  子  考  に  の  と  か  と  女  っ  あ     し  い  に  て  を  ぐ  ど  手  て  あ  あ  う    
   そ  供  え  相  様  の   ` か  は  て  の     た  た  彩  み  硬  そ  う  続  く  る  の  ひ    
   こ  た  て  づ  に  く  話  ニ  別  答  :     の   ゜ ら  て  く  ば  も  き  る  は  人  と    
   で  ち  い  ち  私  口  し  ュ  の  え  :     ?  |  れ   ┐ し  で   ` な  の  ず  が  月    
   遊  が  た  を  に  を  な  |  こ  た └         |  た  な  た  声  こ  ど  だ  な  来   ゜   
   ん  い   ゜ 打  は  動  が  ス  と  も        奥  お  顔  ん   ゜ を  ん  も   ゜ い  な       
   で  つ  ふ  ち  よ  か  ら  で  を  の        さ  隣  が  だ     か  に  あ  そ   ゜ か       
   い  の  と  な  く  し  い  話  話  か        ん  の  あ └      け  ち  っ  の  あ  っ       
   る  ま  ブ  が  わ  続  つ  題  し  と         ゜ 奥  り  と     ら  は  た  た  の  た       
   こ  に  ラ  ら  か  け  の  に  始  わ        こ  さ   ` 思     れ └   の  め  人  ら       
   と  か  ン   ` ら  て  ま  な  め  た        ん  ん  そ  っ     て     だ  に  は  ?       
   に  い  コ  ど  な  い  に  っ  て  し        な  だ  の  た     わ     :  は  遠          
   気  な  の  う  い  る  か  て  い  が        と   ゜ 口   ゜    た     :  き  い  |       
   が  く  ほ  や  話   ゜ 私  い  た  考        こ     も  そ     し      ゜ っ  国  |       
   つ  な  う  っ  ば     の  る   ゜ え        ろ     と  こ     は        と  か  い       
   い  り  を  て  か     横  眠  芸  て        に     が  に     思        い  ら  や       
   た   ` 見  逃  り     に  り  能  い        じ     さ  は     わ        ろ  海   `      
    ゜ 別  て  げ  だ     座  病  人  る        っ     か  き     ず        い  を  そ       
      の   ` 出  っ     り  が  が  あ        と     ん  つ     び        ろ  渡  ん       
                      `                                                      
END TOP (P.2) BACK NEXT

 
   考     う  を     を  若     無  を  そ     笑     理  す   ┐  ┐ ら     う   ┐ の   ┐   
   え  こ  へ  済  |  わ  い  手  理  や  う  放  い  何  を  も  そ  す  腰  ち  夕  :  ね  あ    
   て  の  自  ま  |  た  母  を  に  り  思  っ  出  が  作  の  う   ` を  ょ  飯  :   ゜  `   
   い  街  然  せ  で  し  親  つ  笑  な  っ  て  し  お  っ  ね  ね  す  上  う  の  え  さ  そ    
   た  は  と  て  も  は   ` な  顔  が  た  お  た  か  て   ゜  ゜ い  げ  ど  買  え  っ  う    
    ゜ い  足  家   ` 足  犬  い  で  ら  私  く   ゜ し  あ  や  ご  ま  た  よ  い   ゜ き  そ    
   そ  つ  が  へ  ま  早  の  で  会   ┐ は  と     い  げ  っ  主  せ   ゜ い  物  そ  お  う    
   こ  も  向  帰  だ  に  散  歩  釈  そ  時  ま     の  な  ぱ  人  ん     理  に  う  宅   ゜   
   は  陽  く  る  い  後  歩  く  し  う  間  た     か  い  り   `  ゜    由  行  な  の  そ    
   昼  気   ゜ の  い  に  |  男   ` で  を  何      ` と  お  い  そ     が  か  ん  前  う    
   間  だ  :  に  だ  し  |  女  急  す  気  を     そ  い  休  つ  れ     見  な  で  で  い    
   で   ゜ :  は  ろ  た   ゜  ` い  ね  に  話     う  け  み  も  じ     つ  い  す  お  え    
   さ  歩  ま  ま  う   ゜ 少  ベ  で   ゜ し  し     言  ま  の  遅  ゃ     か  と   ゜ 会  ば    
   え  き  だ  だ   ゜    し  ビ  そ  そ  て  始     っ  せ  時  く   `    っ └   |  い  今    
   眩  な   ` 少  そ     ざ  |  の  れ  い  め     た  ん  く  ま  私     た     |  し  日    
   し  が  帰  し  う     わ  カ  場  で  る  る     彼  も  ら  で  は     と     あ  た  は    
   い  ら  り  早  思     め  |  を  は  ふ  か     女  の  い  お  こ     思      ` わ  ご    
   電  そ  た  い  っ     い  を  離  ま  り  わ     は  ね  は  仕  れ     い     い  よ  主    
   飾  ん  く   ゜ た     て  押  れ  た  で  か     声  ぇ  お  事  で      `    け └   人    
   が  な  は  駅   ゜    き  し  た  |  時  ら     を └   い  み  :     ベ     な     お    
   い  こ  な  前  買     た  て   ゜ |  計  な     上     し  た  :     ン     い     休    
   た  と  い  の  い     公  い    └   に  い     げ     い  い └      チ      ゜    み    
   る  を   ゜ ほ  物     園  る     と  目   ゜    て     料  で        か     も     な    
                                                                             
END TOP (P.3) BACK NEXT

 
   の  だ  合     と  て     近      ┐ て      ┐ 気  ん  ア  明  入  そ  で  つ     消  と    
   時  け  わ  相  な  い  彼  く  そ  そ  い  知  ご  を  も  ノ  は  っ  の  座  い  目  す  こ    
   間  と  せ  変  く  た  女  を  う  れ  た  ら  注  壊  そ  演  弱  て  お  っ  た  と  ほ  ろ    
   が  い  だ  わ  私  文  が  走  言  で   ゜ な  文  す  れ  奏  め  み  店  た  喫  耳  ど  で    
   そ  う  ろ  ら  は  庫  戻  る  っ  は  私  い  を  よ  な  が  で  る  は   ゜ 茶  が  の  点    
   こ  人  う  ず  窓  本  っ  電  た   ` は  う  よ  う  り  抑   ` と   ` わ  店  痛  音  け    
   で  も  か  往  の  を  て  車  声  少  ミ  ち  ろ  な  に  え  音  思  木  り  に  く  量  ら    
   交  見   ` 来  下  バ  い  の  に  々  ル  に  し  人  入  気  楽  っ  造  と  入  な  で  れ    
   わ  え  街  を  の  ッ  く  音  ガ  お  ク  ウ  い  も  っ  味  は  た  を  新  っ  る  は   `   
   り  る  路  行  人  グ  の  が  タ  待  テ  エ  で  い  て  の  イ  よ  模  し  た  よ  や  人    
    `  ゜ 樹  き  混  か  を  こ  ン  ち  ィ  イ  し  な  い  音  |  り  し  く   ゜ う  り  々    
   ま  人  の  来  み  ら  見  こ  ガ  く  |  ト  ょ  い  た  量  ジ  落  た  感  少  な  の  の    
   た  々  あ  す  を  取  届  ま  タ  だ  を  レ  う  よ  け  で  |  ち  内  じ  し  光  音  喧    
   そ  が  た  る  覗  り  け  で  ン  さ  頼  ス  か  う  れ  流  リ  着  装  る  迷  と  楽  騒    
   れ  持  り  人  い  出  た  聞  と  い  ん  が └   だ  ど  さ  ス  い  に  ビ  い  音  が  で    
   ぞ  っ  で  の  て  そ  後  こ  い └   だ  す     っ   ` れ  ニ  た  な  ル   ` を  流  溢    
   れ  て  た  数  み  う   ` え  う      ゜ ぐ     た  こ  て  ン  感  っ  の  窓  避  さ  れ    
   の  い  だ  は  た  と  読  る  音        横      ゜ の  い  グ  じ  て  二  際  け  れ   `   
   方  る  立  多   ゜ し  み  ら  が        に        お  る  の  が  い  階  の   ` て  そ    
   向  い  っ  い     て  か  し  被        来        店   ゜ よ  し  て  に  席  私  い  れ    
   へ  く  て   ゜     ` け  い  さ        て        の  お  う  た   ` あ  を  は  る  を    
   と  つ  い  待     な  に   ゜ っ        立        雰  客  な   ゜ 中  っ  選  目   ゜ か    
   流  も  る  ち     ん  し     た        っ        囲  さ  ピ  照  に  た  ん  に     き    
                            ゜                                                
END TOP (P.4) BACK NEXT

 
       ┐  ┐ 聞        も  ん  い  い  と     な  通  る     の     な  そ  当      ┐ れ    
   三  も  こ  こ  :  そ  う  な  人  た  を  あ  も  っ  の  毎  私  こ  い  う  は  運  だ  て    
   人  お  っ  え  :  の   ` は  を  だ  ふ  の  の  て  は  日  に  こ   ` し  私  ば  け  い    
   組  っ  ち  た  な  時  こ  ず  待  け  と  人  だ  い  声  の  信  に  と  た  に  れ  ど  く    
   の   ` こ  ほ  ん   ` の  な  ち   ゜ 考  は  っ  る  だ  よ  じ  住  言  時  は  て  :   ゜   
   セ  わ  っ  う  だ  ふ  街  い  続  そ  え  本  た  声  け  う  ら  む  っ  間  わ  き  :  そ    
   |  た  ち  を  ろ  い  に   ゜ け  れ  て  当   ゜  ` だ  に  れ  人  た  が  か  た └   ん    
   ラ  し  !  向  う  に  い  あ  て  に  し  に  そ  そ  っ  電  る  た  ほ  流  ら  紅     な    
   |  疲     い  ?  鼓  る  の  い  気  ま  来  こ  し  た  話  の  ち  う  れ  な  茶     気    
   服  れ  こ  た     膜   ゜ 人  る  が  う  て  で  て  け  で  は  は  が  て  い  を     に    
   が  ち  こ   ゜ 思  を  :  は  だ  つ   ゜ く  交  優  れ  話  も  幻  い  い  の  口     さ    
   店  ゃ   `    わ  突  :  も  け  か  も  れ  わ  し  ど  し  う  の  い  る  だ  に     せ    
   の  っ  窓     ず  き  き  う  な  ず  し  る  さ  い   ` た  あ  よ  の  と   ゜ し     る    
   中  た  際     私  刺  っ  す  の  に  か  の  れ  笑  あ   ゜ の  う  か  い  こ  な     風    
   に  よ  あ     は  す  と  ぐ  か  ず  し  だ  た  い  の  受  人  な  :  う  の  が     景    
   入  |  い     顔  よ  そ  近  も  っ  た  ろ  言  声  人  話  だ  も  :  こ  街  ら     が    
   っ └   て     を  う  う  く  :  と  ら  う  葉  は  の  器  け  の   ゜ と  を  考     そ    
   て     る     上  な  だ  ま  :  来  私  か  も  何  低  か  な  だ     が  行  え     こ    
   き     よ     げ  声   ゜ で   ゜ る  は   ゜  ゜ よ  く  ら  の  っ      ゜ く  て     に    
   た     !      ` が     来  い  は  騙  そ     り  て  流  だ  た     感  人  み     あ    
   と    └      そ  し     て  や  ず  さ  ん     も  も  れ   ゜  ゜    じ  た  た     っ    
   こ           れ  た     い   ` の  れ  な     確  よ  て     い     ら  ち   ゜    た    
   ろ           が   ゜    る  そ  な  て  こ     か  く  く     ま     れ  に  本      ゜   
                         ゜                                                   
END TOP (P.5) BACK NEXT

 
   の  ち  を  安  ら     の  騒  る  む  れ     の  れ  と  じ        ョ  し  く  つ  だ  だ    
   人  砕  こ  に  し  あ  人  い   ゜ 人  た  こ  声  る  思  ら  ち  ひ  |  て  髪  下  け  っ    
   は  い  の  な  て  あ  形  で  い  形  偽  こ  に  こ  う  れ  ょ  ど  ト  も  を  げ  腰  た    
   こ  て  街  る  い   ` で  い  ま  た  り  は  神  と  よ  な  う  く  ヘ  う  ポ  て  ま   ゜   
   の  ほ  か   ゜ る  私  し  る  私  ち  の  ガ  経  が  う  い  ど  嫌  ア  一  ニ  い  で  高    
   街  し  ら  早   ゜ は  か  彼  の  を  光  ラ  を  な  な  よ  私  な  |  人  |  る  髪  校    
   の  い  連  く  あ  今  な  女  後  ま  と  ス  す  く  勢  う  の  感   ゜  ` テ   ゜ を  生    
   光   ゜ れ  私  の  日  い  た  ろ  る  音  の  り   ` い  な  真  じ     一  |  疲  伸  だ    
   と  私  出  の  人  も  と  ち  で  で   ゜ 街  減  私  で  音  後  が     番  ル  れ  ば  ろ    
   音  を  し  こ  は  こ  い  だ  こ  生  そ  だ  ら  は  笑  量  ろ  し     最  に  た  し  う    
   の  |  て  と  ま  う  う  っ  の  き  の   ゜ せ  す  っ  で  の  た     初  し   ` て   ゜   
   中  |  ほ  を  だ  し  こ  て  お  た  洪  見  た  ぐ  た  し  席   ゜    に  て  と  い  買    
   で  救  し  見  来  て  と  そ  店  人  水  知   ゜ 後   ゜ ゃ  に        入  い  言  る  い    
   私  っ  い  つ  な  人  に  う  の  間  が  ら     ろ  し  べ  陣        っ  る  っ  子  物    
   の  て   ゜ け  い  形  気  だ  雰  の   ` ぬ     か  か  り  取        て  子  た  が  を    
   こ  ほ  こ  て  の  た  づ   ゜ 囲  よ  き  誰     ら  も   ` っ        来  だ  の  鞄  し    
   と  し  の  ほ  か  ち  い  自  気  う  っ  か     ぶ  そ  気  た        た  っ  は  の  た    
   を  い  幻  し  と  に  て  分  を  に  と  の     つ  れ  で  彼        子  た  そ  他  ら    
   見   ゜ の  い  考  囲  も  た  壊  動  こ  手     け  は  も  女        は  け  の  に  し    
   失  き  世   ゜ え  ま  い  ち  す  か  の  で     ら  全  違  た        極  れ  子  紙  く    
   っ  っ  界  早  る  れ  な  が  よ  し  街  つ     れ  く  っ  ち        端  ど  で  袋   `   
   て  と  を  く  と  て  い  た  う  て  に  く     る  途  た  は        な   ゜ は  を  一    
   い  あ  打  私  不  暮   ゜ だ  に  い  住  ら     そ  切  か  信        シ  そ  な  二  人    
                                                                             
END TOP (P.6) BACK NEXT

 
   た  間     線  手  が        ほ  け  た  顔  子  た     い  そ  の     れ      ┐ な  る    
    ゜  ` 彼  を  が  自  彼  |  う  て  ち  を  が  そ  私  の  の  に  :  は  彼  な  街   ゜   
   い  彼  女  見  指  分  女  |  が  い  は  顰  軋  の  は  だ  堅  付  :  ど  女  に  の  |    
   や  女  た  せ  し  の  た  踊  明  た  そ  め  ん  硬  バ  か  い  き  も  う  た  そ  中  |    
    ` た  ち  て  て  口  ち  り  ら   ゜ の  た  だ  い  ッ  ら  木  合  う  で  ち  れ  で  私    
   私  ち  が  い  い  に  の  す  か  そ  音   ゜ 悲  感  ク   ゜ の  っ  い  も  の  |  は  は    
   を  か  私  る  る  生  目  ぎ  に  れ  に  振  鳴  触  の     椅  て  い  い  お  っ  私  こ    
   見  ら  の  シ  の  え  の  る  大  は  気  り  を  を  中     子  は  加  い  し  !  の  こ    
   つ  溢  ほ  ョ  は  て  前  人  き  そ  づ  向  上  確  に     の  い  減  よ  ゃ     声  に    
   め  れ  う  |   ` く  に  形  か  う  い  い  げ  か  右     上  ら  に  う  べ  お  な  い    
   た  出  を  ト  真  る  立  は  っ  だ  た  て  て  め  手     で  れ  し  な  り  っ  ん  る    
   ま  し  初  カ  っ  の  つ  壊  た  ろ  様  み   ` て  を     た  な  て  会  は  か  て   ゜   
   ま  て  め  ッ  白  を   ゜ し  か  う  子  る  そ  椅  伸     だ  い  ほ  話  絶  し  届  そ    
    ` い  て  ト  な  感  私  て  ら   ゜ も  と  の  子  ば     静   ゜ し  ば  え  い  く  う    
   そ  た  振  の  生  じ  は  し   ゜ 彼  な   ` 音  か  し     か  人  い  か  な  ん  は  言    
   の  声  り  小  地  て  あ  ま     女  く  セ  に  ら  た     に  形   ゜ り  く  じ  ず  っ    
   表  も  向  さ  が  い  る  お     た  お  |  わ  立   ゜    座  は  私  だ  続  ゃ  が  て    
   情  初  い  な  低  た  は  う     ち  し  ラ  た  ち  そ     っ  人  は   ゜ い  な  な  み    
   も  め  た  胸  い   ゜ ず   ゜    の  ゃ  |  し  上  し     て  形  人     て  い  い  て    
   手  て   ゜  ゜ 角  構  の        話  べ  服  は  が  て     い  ら  形     い  の   ゜ も    
   の  止  そ     度  え  な        し  り  の  思  る  手     れ  し  が     る  !?      `   
   動  ま  の     の  た  い        声  を  少  わ   ゜ に     ば  く  踊      ゜└      こ    
   き  っ  瞬     曲  右  牙        の  続  女  ず  椅  し     い   ` る     そ        ん    
                                                                             
END TOP (P.7) BACK NEXT

 
   澄     く     は  い  と        っ     も      ┐    赤  私  奥  白     な     人  も    
   ま  私  で   ┐ 少  て  を  こ  |  た  私  他  悲  き  そ  黒  は  へ  い  力  が  右  形   `   
   せ  は  そ  ひ  し  も  見  の  |  包  は  の  鳴  ゃ  し  い  何  と  輝  い  ら  手  に  す    
   て   ` ん   ` だ   ゜ つ  騒  こ  丁  固  ふ  を  ぁ  て  色  度  食  き  っ  私  の  戻  べ    
   い  か  な  人  け  だ  け  ぎ  れ  は  く  た  上  ぁ   ` だ  も  い  を  ぱ  は  上  っ  て    
   た  す  ふ  殺  微  か  て  が  で  軽  握  り  げ  ぁ  ま  け  何  込  持  い  そ  に  た  の    
    ゜ か  う  し  笑  ら  く  大  い  い  り  の  た  |  た  が  度  ん  っ  踏  ん  左  よ  時    
      に  に  だ  ん  も  れ  き  い  音  し  ど  の  |  時  こ  も  で  て  み  な  手  う  間    
      聞  誰 └   だ  う  る  く   ゜ と  め  ち  は  |  間  の  繰  い  い  込  こ  を  だ  が    
      こ  か  と   ゜ 大  だ  な     と  て  ら  刺  |  が  世  り  る  た  ん  と  重  |  止    
      え  が  か     丈  ろ  れ     も  い  か  さ  !!  動  界  返  の  そ  だ  を  ね  |  ま    
      て  叫   ┐    夫  う  ば     に  た  だ  れ └   き  に  す  に  の  わ  思  て   ゜ っ    
      く  ん  警     |   ゜  `    足  手  っ  た     始  色   ゜ 手  先  り  っ  突     て    
      る  で  察     |  こ  き     も  を  た  子     め  を  私  ご  端  に  て  き     い    
      列  い  を      ゜ ん  っ     と  ゆ  の  だ     た  つ  の  た  が  衝  い  出     た    
      車  る  呼     そ  な  と     の  る  だ  っ      ゜ て  体  え  肉  撃  た  す      ゜   
      の  ら  べ     う  大  あ     床  め  ろ  た        い  に  は  を  は   ゜  `    ま    
      音  し  !     考  き  の     に  た  う  の        た  も  ほ  左  感     そ     る    
      に  い └      え  な  人     転   ゜ か  か         ゜ 返  と  右  じ     の     で    
      た  :  と     て  街  も     が  血   ゜  `          っ  ん  に  な     動      `   
      だ  :  か     わ  の  私     っ  に     そ           て  ど  分  か     作     本    
      耳   ゜  `    た  中  の     た  染     れ           く  な  け  っ     を     来    
      を     遠     し  に  こ      ゜ ま     と           る  い  て  た     し     の    
                                                       ゜     ゜               
END TOP (P.8) BACK NEXT

03.漂流楽団」を読む