「02.真昼の光は嘘をつく」を読む

03.漂流楽団


 START 

 
   と  開     配  っ  全  て  衛     ら  も        は  は  る  っ  嵐  か  は  き             
   闇  け  客  は  て  か   ` 星  こ  な  う  僕     確  と  よ  か  に  ら  ど  り  僕          
   の  ら  室  少  い  つ  そ  と  の  い  僕  の     か  め  う  り  呑  な  こ  た  は          
   中  れ  の  し  た  最  れ  信  船   ゜ に  乗     だ  ど  に  と  み  く  か  も  不     漂    
   を  な  扉  も  の  速  に  号  に     は  っ     っ  な  冷  口  込  な  ら  の  安     流    
   獣  く  も  な  だ  な  よ  を  は     こ  た     た  く  た  を  ま  っ  そ  だ  だ     楽    
   の  な  コ  か   ゜ 航  っ  送  船     の  船      ゜ 浸  い  開  れ  て  ん  と  っ     団    
   よ  っ  ン  っ  し  路  て  受  員     船  は        さ  海  け  た  い  な  初  た          
   う  て  ピ  た  か  が  予  信  が     が  長        れ  水  て  僕  く  気  め   ゜         
   に  い  ュ  :  し  自  定  す  乗     ど  い        て  に  い  と  よ  持  は  そ          
   襲  る  |  :   ` 動  さ  る  っ     こ  あ        い  よ  て  い  う  ち  思  の          
   っ  ら  タ   ゜ こ  的  れ  た  て     に  い        っ  っ   ` う  だ  が  っ  不          
   て  し  |     の  に  た  め  い     向  だ        て  て  そ  船  っ  湧  て  安          
   く  い  制     船  選  目  の  な     か  嵐        し  や  こ  の  た  き  い  と          
   る   ゜ 御     が  び  的  端  か     っ  の        ま  が  か  底   ゜ 上  た  い          
   高  窓  の     陸  出  地  末  っ     て  中        う  て  ら  に  た  が  の  う          
   い  を  た     地  さ  へ  が  た     い  を        と  僕  入  は  だ  っ  に  の          
   波  打  め     に  れ  着  載   ゜    る  漂        い  の  り  大   ` て  だ  は          
   だ  つ  に     辿  る  く  せ  船     の  っ        う  空  込  き  そ  く  ん  原          
   け  激  中     り  よ  た  ら  に     か  て        こ  っ  ん  な  の  る  だ  因          
   が  し  か     着  う  め  れ  は     も  い        と  ぽ  だ  穴  不  の  ん  の          
   こ  い  ら     く  に  の  て  人     わ  た        だ  の  凍  が  安  か  本  は          
   の  雨  は     気  な  安  い  工     か   ゜       け  心  え  ぽ  の  わ  当  っ          
                                                                             
END TOP (P.1) BACK NEXT

 
   の     障  に  の  の  お  に     結     思  こ  書  返  説  し  こ        た  外     部    
   だ  こ  が  も  だ  だ  そ  特  ど  果  も  っ  の  を  事  明  か  れ  こ     く  に  僕  屋    
   ろ  の  生  連   ゜ ろ  ら  に  う  は  ち  た  船  送  は  し  し  を  の     方  連  に  か    
   う  船  じ  絡  し  う  く  エ  し  や  ろ  け  に  っ  戻  た   ` 使  部     法  絡  は  ら    
    ゜ が  て  が  か   ゜ こ  ラ  た  は  ん  れ  あ  た  っ  文  船  え  屋     が  を  ど  見    
   ま  目  い  付  し  た  の  |  の  り   ` ど  る  け  て  書  の  ば  に     な  す  う  え    
   る  的  る  か   ` ぶ  端  メ  だ  同  き   ` は  れ  は  を  チ  外  も     い  る  す  る    
   で  地  の  な  一  ん  末  ッ  ろ  じ  み  そ  ず  ど  こ  送  ケ  と  衛     わ  こ  る  世    
   こ  に  だ  い  ヶ   ` か  セ  う  だ  の  れ  の   ` な  っ  ッ  の  星     け  と  こ  界    
   の  着  ろ  と  所  そ  ら  |   ` っ  所  も  他  結  か  て  ト  連  と     で  さ  と  だ    
   船  か  う  い  や  こ  衛  ジ  と  た  へ  無  の  局  っ  は  を  絡  通     は  え  も  け    
   は  な  か  う  二  か  星  の  考   ゜ も  駄  端  ど  た  み  取  は  信     な  出  出   ゜   
   嵐  い  ?  の  ヶ  ら  へ  よ  え     送  な  末  こ   ゜ た  っ  取  す     い  来  来       
   の  の     は  所  相  の  う  て     っ  努  に  か  他  け  た  れ  る     の  な  な       
   中  も     変  な  手  送  な  み     て  力  も  ら  に  れ  会  る  た     だ  い  か       
   を  き     だ  ら  の  信  も  た     み  に  連  も  も  ど  社  :  め     け  の  っ       
   選  っ      ゜ と  端  は  の   ゜    た  終  絡  音  何   ` に  :  の     ど  だ  た       
   ん  と     衛  も  末  成  は  文      ゜ わ  し  沙  ヶ  何  い  は  端     :   ゜  ゜      
   で  そ     星  か  に  功  出  書     :  っ  て  汰  所  日  ま  ず  末     :  い  こ       
   航  の     自  く  届  し  な  を     :  た  み  は  も  た  の  だ  が      ゜ や  こ       
   行  せ     体   ` か  て  い  送     し   ゜ よ  な  同  っ  状  っ  あ         ` か       
   し  い     に  ど  な  い  か  る     か     う  し  じ  て  況  た  る        ま  ら       
   て  な     故  こ  い  る  ら  時     し     と   ゜ 文  も  を   ゜  ゜       っ  は       
                         `        `                                          
END TOP (P.2) BACK NEXT

 
   不  だ        な  う  閉     そ  の  の  が  で        な  ニ  |     と  は     の  い    
   正  も  ニ     い  ど  じ  も  う  こ  中  な  そ  い     も  ュ  ス  同  い  ず  少  何  る    
   を  の  ュ     の  ん  こ  う  な  と  に  い  ん  ま     の  |  は  じ  う  な  な  か  よ    
   し  ナ  |     だ  な  め  き  ほ  を  い   ゜ な  頃     は  ス  何  よ  こ  の  く  に  う    
   て  イ  ス     ろ  に  ら  み  ど  考  る  そ  こ  き     な  で  の  う  と  だ  と  動  だ    
   い  フ  は     う  叫  れ  と  だ  え  の  し  と  み     か  も  問  に  は  :  も  か  っ    
   る  で  相     か  ん   ` 会  っ  て  は  て  を  は     っ  こ  題  衛  有  :  き  さ  た    
   ら  人  変      ゜ で  こ  う  た  い  わ  外  考  ど     た  の  な  星  り   ゜ み  れ   ゜   
   し  を  わ        み  ん  こ   ゜ る  か  の  え  う      ゜ 船  く  を  得  だ  は  て  も    
   い  刺  ら        て  な  と     と  り  音  た  し        に  見  使  な  か  僕  い  し    
   と  し  ず        も  船  は     つ  き  も   ゜ て        関  る  っ  い  ら  か  る  か    
   か  た  だ        僕  の  出     い  っ  あ  こ  い        し  こ  た  は   ` ら  の  し    
    ` と  っ        の  中  来     そ  て  ま  の  る        た  と  電  ず  答  の  か  た    
   同  か  た        声  に  な     の  い  り  船  だ        こ  が  波  な  え  連  も  ら    
   じ   `  ゜       が  閉  い     こ  る  聞  は  ろ        と  出  で  の  が  絡  し  衛    
   よ  ど  ど        き  じ  の     と  の  こ  あ  う        に  来  送  だ  返  を  れ  星    
   う  こ  こ        み  こ  だ     を  に  え  ま   ゜       ふ  た  ら   ゜ っ  待  な  か    
   な  か  か        に  め  ろ     忘   ` な  り  揺        れ   ゜ れ     て  ち  い  ら    
   事  の  の        届  ら  う     れ  少  か  揺  れ        て  け  て     来  続   ゜ の    
   件  政  主        く  れ  か     て  し  っ  れ  る        い  れ  く     な  け     信    
   が  治  婦        こ  て   ゜    し  で  た  る  船        る  ど  る     い  て     号    
   い  家  が        と   ` 嵐     ま  も   ゜ こ  の        よ  ど  ニ     な  い     以    
   つ  が  く        は  も  に     い  他  嵐  と  中        う  の  ュ     ど  る     外    
                                                                             
END TOP (P.3) BACK NEXT

 
   し  と     も        き  も  の  し  ニ     も  っ  い  な  い  も  が  だ  |     も  も    
   て  が  そ  ち  そ     な  の  間   ` ュ  そ  驚  た  る  っ  た  か  十   ゜ |  ひ  の  送    
   し  原  こ  ろ  ん     い  な  違  そ  |  う  く  わ  の  て  り  く  日  あ   ゜ ょ  ば  ら    
   ま  因  に  ん  な     の  の  い  れ  ス   ` こ  け  だ  し  も   ` や  る  こ  っ  か  れ    
   っ  で  書  衛  時     だ  か  な  が  な  そ  と  だ  ろ  ま  す  実  二  ニ  こ  と  り  て    
   た  起  か  星  に     か   ` の  本  ん  れ  で  か  う  っ  る  際  十  ュ  で  す  だ  来    
   と  こ  れ  か  見     ら  そ  か  当  て  が  は  ら   ゜ た  か  に  日  |  見  る   ゜ た    
   い  っ  て  ら  つ      ゜ ん   ` に  い  何  な   ` ど   ゜ ら  は  も  ス  た  と      ゜   
   う  た  い  送  け        な  あ  あ  つ  だ  か  同  の  昔   ` 何  違  と  情  本     ニ    
   よ  核  た  ら  た        こ  る  っ  も  と  っ  じ  ニ  の  僕  ヶ  っ  別  報  当     ュ    
   う  戦  の  れ  の        と  い  た  似  い  た  も  ュ  情  は  月  た  の  は  に     |    
   な  争  は  て  は        は  は  こ  た  う   ゜ の  |  報  今   ` り  ニ  日  同     ス    
   も  に   ` き  一        こ  意  と  よ  の     を  ス  が  日  何  す  ュ  付  じ     以    
   の  よ  あ  た  編        ん  図  な  う  だ     何  を  間  の  年  る  |  が  も     外    
   だ  っ  の  も  の        な  的  の  な  ろ     回  見  違  日  と   ゜ ス  ど  の     の    
   っ  て  衛  の  短        と  に  か  も  う     も  て  え  付  い  そ  と  れ  な     情    
   た  人  星  だ  い        こ  流   ` の   ゜    見  も  て  さ  う  の  で  も  の     報    
    ゜ 間  が   ゜ 小        ろ  さ  そ  ば  ど     せ  そ  送  え  単  く  そ  ば  か     も    
      た  故     説        で  れ  れ  か  っ     ら  ん  ら  わ  位  ら  の  ら  も     似    
      ち  障     だ        は  た  と  り  ち     れ  な  れ  か  で  い  日  ば  し     た    
      が  し     っ        判  虚  も  な  に     て  調  て  ら  ず  な  の  ら  れ     よ    
      絶  た     た        断  偽  何  の  し     い  子  来  な  れ  ら  日  な  な     う    
      滅  こ      ゜       で  の  か  だ  ろ     て  だ  て  く  て  と  付  の  い     な    
                                                                             
END TOP (P.4) BACK NEXT

 
         っ  に  の     だ     と  か  か  な  も     っ  た  の  ュ     た  際  う  た       
   外     た  乗  人  考  ろ  い  同  ?  し  ら  連  そ  た  と  こ  |  し   ゜ に  な   ゜ も    
   に     ら  っ  間  え  う  や  じ     た  こ  絡  う   ゜ し  と  ス  か     あ  こ  し  ち    
   出     急  て  な  て  か   ` よ  あ  ら  の  が  考     て  か  さ  し     っ  と  か  ろ    
   た     に  い  ど  み   ゜ そ  う  る  核  船  取  え     も  ら  え  :     た  ま  も  ん    
   い     寒  る  見  れ  |  れ  に  い  を  に  れ  て     不  す  が  :     の  で  そ   `   
    `    気  の  て  ば  |  以  出  は  浴  乗  な  み     思  る  信   ゜    で  書  の  そ    
   と     を  は  は  僕  と  前  ら  船  び  っ  い  る     議  と  じ  も     は  い  話  れ    
   思     感  僕  い  は  つ  に  れ  室  て  て  こ  と     は  こ  ら  う     な  て  に  は    
   っ     じ  だ  な  こ  ぜ  こ  な  や  死  い  と  辻     な  の  れ  こ     い  あ  は  よ    
   た     た  け  い  の  ん  の  く  客  ん  る  の  褄     こ  小  な  の     か  っ   ┐ く    
    ゜    よ  な  じ  船   ` 船  な  室  で  は  説  は     と  説  く  世     な  た  こ  あ    
         う  の  ゃ  に  そ  に  っ  に  し  ず  明  合     で  と  な  界     ど  の  の  る    
         な  か  な  乗  ん  僕  て  避  ま  の  も  っ     は  似  っ  で     と  だ  内  よ    
         気  も  い  っ  な  以  い  難  っ  他  つ  て     な  た  て  は     考  か  容  う    
         が  し  か  た  こ  外  る  し  た  の  く  い     い  よ  い  ま     え  ら  は  な    
         し  れ   ゜ 時  と  の  の  て  と  乗   ゜ る     か  う  る  と     る  そ  嘘  内    
         た  な  本  か  を  乗  か   ` い  客  し  と     と  な  の  も     は  ん  だ  容    
          ゜ い  当  ら  思  客  ?  そ  う  た  か  思     思  こ  だ  な     ず  な └   の    
             ゜ は  ず  っ  は     の  の  ち  し  う     え  と  か  は     は  こ  と  小    
            そ  こ  っ  た  い     ま  だ  も   `  ゜    る  が  ら  ず     な  と  い  説    
            う  の  と   ゜ る     ま  ろ  も  そ  誰     の  あ   ` の     か  が  う  だ    
            思  船  他     の     僕  う  し  れ  と     だ  っ  そ  ニ     っ  実  よ  っ    
                                                                             
END TOP (P.5) BACK NEXT

 
         終  て  海  に  て  っ  本  っ  れ  虚     僕  初  ょ  も  こ        は  い  な       
   :     わ  い  の  出  も  た  当  て  が  構  核  は  め  っ  う  と  考  僕  な  切  け  僕    
   :     る  る  中  て  こ  と  に  き  本  以  戦  思  か  と  開  が  え  は  い  っ  れ  は    
   何     ん  の  に  い  ん  し  核  っ  当  外  争  っ  ら  す  け  出  て  扉  か  て  ば  死    
   を     だ  だ  身  っ  な  て  が  と  の  の  だ  て  嘘  る  ら  来  み  の  :  こ  な  ぬ    
   考     |  か  を  た  部  も  使  何  こ  何  な  い  だ  と  れ  な  れ  前  :  の  ら  ま    
   え     |  ら  投  ほ  屋  も  わ  の  と  も  ん  た  っ  中  る  い  ば  に   ゜ 部  な  で    
   て      ゜  ゜ げ  う  の  う  れ  問  だ  の  て   ゜ た  か  よ  の  本  立     屋  い  こ    
   い        そ  出  が  中  関  て  題  っ  で  話     の  ら  う  か  当  ち     か  の  の    
   る        う  し  ず  に  係  い  も  た  も  も     だ  開  に  試  に   `    ら  だ  部    
   の         ` た  っ  閉  な  た  な  と  な  嘘     と  け  な  し  こ  ノ     出  ろ  屋    
   だ        こ  っ  と  じ  い  と  い  し  い  に     い  ら  っ  て  の  ブ     て  う  に    
   ろ        の  て  ま  こ   ゜ し  だ  て  の  決     う  れ  て  み  部  に     し  か  閉    
   う        扉  い  し  め  た  て  ろ  も  だ  ま     可  な  い  た  屋  手     ま  ?  じ    
   ?        を  い  だ  ら  と  も  う   ` か  っ     能  い  る  こ  の  を     っ     こ    
            開  く   ゜ れ  え  ど   ゜ こ  ら  て     性  な  か  と  扉  か     た  そ  め    
   僕        け  ら  む  続  何  れ  |  こ   ゜ い     も  ん  も  は  を  け     ほ  れ  ら    
   は        れ  い  し  け  が  ほ  |  か  も  る     あ  て  し  な  自  た     う  な  れ    
    ゜       ば  に  ろ  る  あ  ど  い  ら  し   ゜    る  こ  れ  い  分   ゜    が  ら  た    
            す  僕  自  よ  っ  嵐  や  外  万  そ     と  と  な   ゜ で        い  い  ま    
            べ  は  分  り  た  が   ` に  が  れ     い  自  い  本  開        い  っ  ま    
            て  思  か  は  と  強  も  出  一  こ     ま  体   ゜ 当  け        の  そ  で    
            が  っ  ら  外  し  か  し  た  そ  そ     の  が  ひ  は  る        で  思  い    
                                                                             
END TOP (P.6) BACK NEXT

 
      て  ろ  っ  そ  起  な  う  ほ           の  る  か  そ     っ  よ  も  し             
   部  い  う  た  れ  こ  く  な  ど  核     僕  が  |  に  う  僕  た  う  怖  れ  そ     急    
   屋  た  と   ゜ は  っ   ` も  た  戦     に  聞  |  い  思  は   ゜ な  い  な  の     に    
   の   ゜ 虚  だ  事  た  調  の  く  争     は  こ   ゜ る  っ  死     恐   ゜ い  時     怖    
   外     偽  け  実  と  べ  も  さ  に     扉  え  そ  の  た  に     怖  だ  危  に     く    
   に     だ  ど  で  告  て  い  ん  な     を  た  ん  だ   ゜ た     の  け  険  僕     な    
   出     ろ   ` あ  げ  い  く  あ  っ     開  の  な   ゜ 少  い     感  ど  に  が     っ    
   よ     う  そ  れ  て  く  つ  っ  た     け  だ  ふ  思  な  と     情  そ  対  怖     て    
   う     と  の  ば  い  と  も  た   `    る   ゜ う  い  く  思     は  の  し  く     ノ    
   と     も  時  も  る  ま  あ   ゜ と     こ     に  切  と  っ     明  瞬  て  な     ブ    
   い     う  の  ち  も  と  っ  最  い     と     耳  っ  も  て     ら  間  じ  っ     に    
   う     ど  僕  ろ  の  も  た  初  う     が     も  て  そ  い     か  に  ゃ  た     か    
   気     う  に  ん  が  な   ゜ に  小     出     と  海  う  る     に  感  な  の     け    
   持     で  は  驚  あ  ニ  し  見  説     来     で  へ  思  ん     僕  じ  か  は     て    
   ち     も  そ  く  る  ュ  か  つ  は     な     そ  飛  っ  じ     自  た  っ  部     い    
   に     よ  ん  べ  こ  |  し  け  捜     か     い  び  て  ゃ     身  湧  た  屋     た    
   な     く  な  き  と  ス   ` た  し     っ     つ  込  い  な     に  き   ゜ の     手    
   る     な  こ  こ  が  で  そ  も  て     た     が  め  る  い     対  上  も  外     を    
   こ     っ  と  と  わ  も  れ  の  み      ゜    囁  ば  自  か     す  が  ち  に     離    
   と     て  が  の  か  核  だ  と  た           い  楽  分  ?     る  っ  ろ  あ     し    
   は     し  事  は  っ  戦  け  似  ら           て  に  が        も  て  ん  る     た    
   そ     ま  実  ず  た  争  で  た  驚           い  な  ど  |     の  く  そ  か      ゜   
   れ     っ  だ  だ   ゜ が  は  よ  く           る  れ  こ  |     だ  る  れ  も          
                                                                             
END TOP (P.7) BACK NEXT

 
   ず     て  こ     て  じ     の  そ  い     た  し  た  ど  間        な  が  つ  出  か    
   に  こ  い  と  そ  い  こ  誰  に  の  て  果   ゜ て  く  変  な  そ     く  す  も  来  ら    
    ゜ の  る  の  ん  る  め  か   ` 扉  僕  て  だ  そ  同  わ  い  う     な  る  あ  な  も    
      船  し  な  な  人  ら   ` 僕  は  は  の  け  れ  じ  る  映  し     っ   ゜ の  か  時    
      が  か  い  こ  が  れ  僕  に  開  と  な  ど  は  世  こ  像  て     て  そ  瞬  っ  々    
      い  な  ニ  と  い  て  と  は  け  て  い   ` 明  界  と  と  僕     し  う  間  た  あ    
      っ  か  ュ  を  る  い  同  そ  よ  も  海  そ  日  が  が  音  は     ま  思  に   ゜ っ    
      た  っ  |  思  の  る  じ  れ  う  狭  を  れ  も  広  な  楽  い     っ  い  現  得  た    
      い  た  ス  い  だ  人  よ  が  と  い  漂  で  明  が  く  が  ま     た  始  れ  体   ゜   
      ど   ゜ を  な  ろ  が  う  ど  思  と  流  も  後  っ   ` 流  も      ゜ め  た  の  だ    
      こ     今  が  う  い  に  う  え  こ  し  や  日  て  た  れ  こ        た  僕  知  け    
      へ     日  ら  か  る  ど  し  ば  ろ  て  は  も  い  っ  て  こ        ら  の  れ  ど    
      向     も  も  :  の  こ  て  開  に  い  り  続  る  た  い  に        も  こ  な  本    
      か     こ   ` :  だ  か  も  け  閉  る  僕  い  よ  い  て  い        う  と  い  当    
      っ     う  僕   ゜ ろ  で  出  ら  じ  は  は  て  う  ま   ` る        ど  を  何  に    
      て     し  は     う  狭  来  れ  こ  ず  不  い  な  も  そ   ゜       う  呼  か  出    
      い     て  い     か  い  な  る  め  な  安  く  気  こ  れ  端        す  ん  が  る    
      る     た  つ      ゜ 部  い  か  ら  の  だ  の  に  れ  は  末        る  で  海  こ    
      の     だ  も     助  屋  :  も  れ  に  っ  だ  さ  ま  毎  か        こ  い  の  と    
      か     眺  と     け  の  :  し  て   ` た  と  せ  で  日  ら        と  る  底  は    
      も     め  変     を  中   ゜ れ  い  そ   ゜ 思  た  と  ほ  は        も  よ  か  や    
      知     続  わ     求  に     な  た  れ     わ   ゜ ま  と  絶        出  う  ら  は    
      ら     け  る     め  閉     い   ゜ で     せ  そ  っ  ん  え        来  な  い  り    
                                                                             
END TOP (P.8) BACK NEXT

「04.SAKANA-GIRL」を読む