「03.漂流楽団」を読む

04.SAKANA−GIRL


 START 

 
      こ  て  っ  返      ┐                      た                               
      と  い  て  っ  ま  ど                       街  そ                            
      な  る  い  て  な  う     調  こ  な  は        の  の     事  た  た  方             
      ど  だ  る  く  板  し     査  の  っ   ` 昨     中  日     に  時  の  不  *     S    
      見  け  鱗  る  の  て     を  事  て  そ  日     を   `    保  に  は  明  月     A    
      て   ゜ が  答  上  そ     進  実  い  の   `    僕  も     護  た  魚  だ  2     K    
      は  大  蛍  え  に  ん     め  を  る  後  *     は  う     さ  ま  屋  っ  日     A    
      い  き  光  は  乗  な     て  ふ  ら  の  月     一  日     れ  た  の  た  の     N    
      な  く  灯  な  せ  姿     い  ま  し  調  2     匹  が     た  ま  店  き  夕     A    
      い  開  に  か  ら  に     く  え  い  査  日     の  暮      ゜ 近  先  み  方     |    
      よ  か  照  っ  れ  な     予   ` と  の  に     サ  れ        く  で  が  頃     G    
      う  れ  ら  た  た  っ     定  こ  い  結  魚     カ  て        を   ` 発   `    I    
      だ  た  さ   ゜ き  て     だ  れ  う  果  屋     ナ  す        通  売  見  し     R    
      っ  ま  れ  た  み  し      ゜ か  こ   ` で     と  っ        り  ら  さ  ば     L    
      た  ま  て  だ  に  ま        ら  と  本  発     共  か        か  れ  れ  ら          
       ゜ の  青   ` 話  っ        さ  が  当  見     に  り        か  よ  た  く          
         目  く  き  し  た        ら  わ  に  さ     帰  闇        っ  う   ゜ の          
         も  鈍  み  か  ん        に  か  サ  れ     宅  に        た  と  発  あ          
         決  い  の  け  だ        細  っ  カ  た     し  呑        め  し  見  い          
         し  光  全  て  い        か  た  ナ  き     た  み        に  て  さ  だ          
         て  を  身  み  ?        な   ゜ に  み      ゜ 込        無  い  れ  行          
         僕  放  を  て └                           ま                            
         の  っ  覆  も                             れ                            
                                                                             
END TOP (P.1) BACK NEXT

 
                     け  の  こ  た  ま  か  か  な     サ     出  い                   
                  そ  な  は  と  の  で  と  も  る  き  カ  |  来  な  も                
   わ  が  み        し  の  そ  ま  か  自  い  そ  以  み  ナ  |  な  か  う     て  3       
   れ  下  は  *     て  だ  う  で   ` 分  う  れ  前  は  に  ま  か  っ  き     し  日  サ    
   る  さ  焼  月      `  ゜ や  も  そ  が  こ  だ  の   ` な  あ  っ  た  み     ま  の  カ    
   予  れ  か  3     き     っ  思  し  何  と  け  こ  い  っ   ` た  し  は     っ  朝  ナ    
   定  た  れ  日     み     て  い  て  を  さ  で  と  く  て  そ   ゜  ` 腕     て  方  に    
   だ   ゜  ` の     は     た  出  自  し  え  は  を  ら  し  れ     口  の     い   ` な    
    ゜ な  食  夕     僕     だ  す  分   ` わ  な  何  話  ま  は     を  動     る  き  っ    
      お  べ  方     の     何  こ  が  何  か  く  も  し  っ  当     動  か     こ  み  た    
       ` ら   `    こ     も  と  ど  を  ら  な  思  か  た  然     か  し     と  の  き    
      刑  れ  そ     と     な  は  ん  考  な  く  い  け  の  の     し  方     が  記  み    
      の  て  の     も     い  出  な  え  く   ` 出  て  だ  こ     て  も     明  憶  を    
      執  し  犯     忘     空  来  人   ` な  き  す  み  か  と     言  足     ら  が  調    
      行  ま  し     れ     間  な  間  ど  っ  み  こ  て  ら  な     葉  の     か  す  べ    
      は  う  た     て     を  い  だ  う  て  は  と  も   ゜ の     を  動     に  っ  た    
      今  と  罪     し     見   ゜ っ  や  い  自  も   `    だ     し  か     な  か  結    
      夜  い  に     ま     て  き  た  っ  る  分  出  も     ろ     ゃ  し     っ  り  果    
      に  う  よ     っ     い  み  の  て  の  が  来  う     う     べ  方     た  失   `   
      も  決  り     て     る  が  か  生  だ  何  な  サ      ゜    る  も      ゜ わ  *    
      行  定  き     い     こ  出  と  き   ゜ 者  い  カ     き     こ  憶        れ  月    
                  た     と  来  い  て  い  な   ゜ ナ     み     と  え                
                   ゜    だ  る  う  い  ま  の  し  に     は     も  て                
                                                                             
END TOP (P.2) BACK NEXT

 
   て     続     み  ん     れ  で  み  あ  う     僕  を  う  ず     た  て     ス          
   も  た  け  網  は  て  い  て  起  は  ら   ` 僕  が  流  に  つ  し  け  も  き  に  網       
    ` と  た  の  言  持  や  し  こ  人  ゆ  そ  の  感  す  き  水  ば  れ  そ  み  火  の       
   き  え   ゜ 上  う  っ   ` ま  っ  間  る  ん  こ  じ  こ  れ  分  ら  ど  の  は  を  上       
   み  ば     で  か  て  き  っ  た  の  記  な  と  て  と  い  を  く   ゜ 美  サ  つ  に       
   は   `    い  も  は  み  た  こ  心  憶  こ  を  い  な  だ  吐  す     し  カ  け  変       
   涙  誰     い  し  い  は  の  と  も  を  と  忘  る  ん  と  き  る     さ  ナ  た  わ       
   を  か     匂  れ  な  も  だ  を  な  な  も  れ  幻  て  思  出  と     は  に   ゜ り       
   流  が     い  な  か  と  か  喜  く  く  き  た  の  も  っ  し  き     も  な     果       
   す  殺     を  い  っ  も  ら  ん  し  し  み  こ  も  う  た  始  み     う  っ     て       
   ど  さ     さ   ゜ た  と   ゜ だ  て  て  に  と  の  出   ゜ め  は     何  て     た       
   こ  れ     せ  し   ゜ 人     り  し  サ  は  が  な  来  し  た  熱     の  も     姿       
   ろ  た     始  か   ┐ 間     悲  ま  カ  も  そ  の  な  か   ゜ せ     役  き     に       
   か  こ     め  し  そ  だ     し  っ  ナ  う  ん  だ  い  し  そ  ら     に  れ     な       
   ほ  と     た  こ  ん  っ     ん  た  に  わ  な   ゜  ゜  ` れ  れ     も  い     っ       
   ん  を     き  れ  な  た     だ  し  な  か  に     そ  実  を  た     立  だ     た       
   の  ニ     み  は  こ  時     り   ` っ  ら  悪     の  際  見  そ     た  っ     き       
   少  ュ     に  事  と  か     す  自  て  な  い     美  に  て  の     な  た     み       
   し  |      ` 実  な  ら     る  分  し  い  こ     し  は  僕  体     い   ゜    を       
   の  ス     僕  だ  い  人     こ  の  ま  だ  と     さ  き  は  か     も  と     乗       
   胸  で     は   ゜└   の     と  ま  っ  ろ  か     だ  み  涙  ら     の  は     せ       
   の  知     語     と  心     も  わ  た  う  と     っ  が  の  少     だ  言      `      
   痛  っ     り     き  な     忘  り  き   ゜ い     て  涙  よ  し     っ  っ     ガ       
                                                                             
END TOP (P.3) BACK NEXT

 
         が  い  い     の  重           だ  じ  こ  な     ど  始  こ  し     忘  と  み    
         出  た  た  話  こ  い  そ  き  だ  っ  ゃ  と  自  そ  も  め  と  ま  そ  れ  気  さ    
         来  ら   ゜ し  と  罪  れ  み  け  て  な  な  分  れ  目  た  な  っ  れ  て  に  え    
   ど     な  僕  そ  て  を  な  は  は  ど  一  い  ん  と  が  に  奇  ど  た  だ  し  留  も    
   う     く  は  れ  い  忘  の  他  僕  き  緒   ゜ て  関  何  し  病  も  人  け  ま  め  感    
   や     な  な  を  る  れ  だ  の  の  み  よ  だ  わ  係  だ  た  の  す  々  じ  っ  る  じ    
   ら     っ  ぜ  見  う  た   ゜ こ  こ  が  |  い  ざ  な  と  途  こ  ぐ  や  ゃ  た  こ  る    
   き     て  か  て  ち  の  あ  と  と  犯  |  た  わ  い  い  端  と  に  船  な  の  と  こ    
   み     し  悲  僕  に  だ  れ  と  を  し  と  い  ざ  よ  う  に  や  忘  が  い  だ  も  と    
   は     ま  し  は  き  か  ほ  は  忘  た   ゜ そ  憶  う  の  忘  ど  れ  難   ゜  ゜ な  は    
   @     っ  く  火  み  ら  ど  較  れ  罪     ん  え  な   ` れ  こ  た  破  き     く  な    
   日     た  な  を  は  :  き  べ  た  は     な  て  遠  と  て  か  し  し  み     そ  か    
   前      ゜ っ  止  少  :  み  る  の  そ     の  い  い  き  い  で   ` て  は     ん  っ    
   か        て  め  し   ゜ の  こ  だ  れ     は  ら  と  み  っ  始  世  死  大     な  た    
   ら        き  た  だ     こ  と   ゜ だ     私  れ  こ  は  た  ま  界  ん  地     ニ   ゜   
   サ        て   ゜ け     と  も     け     だ  な  ろ  言  の  っ  の  で  震     ュ   ┐   
   カ        涙  き  焦     を  出     じ     け  い  で  う  だ  た  ど  し  に     |  よ    
   ナ        が  み  げ     愛  来     ゃ     じ  に  起  だ   ゜ 戦  こ  ま  よ     ス  く    
   へ        抑  の  て     し  な     な     ゃ  決  き  ろ     争  か  っ  っ     の  あ    
   と        え  姿  し     て  い     か     な  ま  た  う     の  で  た  て     こ  る    
   生        る  を  ま     い  く     っ     い  っ  事   ゜    こ  広  人  死     と  こ    
            こ  見  っ     た  ら     た      ゜ て  件  そ     と  が  々  ん     な  と    
            と  て  て     僕  い      ゜    誰  る  の  ん     な  り  の  で     ど └     
                                                                             
END TOP (P.4) BACK NEXT

 
   も  か  こ  て  う  っ        て     っ  っ  見  き  自     み  ゆ  光                   
   な  ら  と  い  で  て  嘘     終  こ  ぱ  た  て  み  然  考  自  ら  も  サ                
   い  と  は  る  な  い  だ     わ  れ  り   ゜ い  の  な  え  身  ゆ  届  カ     の  の  ま    
    ゜ い  実  の  け  る   `    り  か  た  そ  た  中  成  て  の  ら  か  ナ     だ  犯  れ    
   そ  っ  際  は  れ  か  こ     だ  ら  だ  の  の  に  り  み  意  と  な  に      ゜ し  変    
   れ  て  に  本  ば  も  ん      ゜ 僕  の  き  は  は  行  れ  志  漂  い  な        た  わ    
   に  絶  は  当  自  し  な        は  偶  み  い  サ  き  ば  さ  う  深  っ        罪  り    
    ` 対  あ  は  分  れ  こ        き  然  が  つ  カ  の   ` え  だ  い  た        の  を    
   も  に  り  私  の  な  と        み  で  僕  も  ナ  結  き  も  け  海  き        た  始    
   し  な  そ  自  妄  い  が        を  は  に  サ  が  果  み  失  の  の  み        め  め    
   仮  い  う  身  想   ゜ あ        食  な  買  カ  住  な  が  っ  存  底  は        に  た    
   に  な  も  な  だ  こ  る        べ  い  わ  ナ  ん  の  サ  て  在  で  本        先  よ    
   夢  ん  な  の  と  れ  は        る  の  れ  だ  で  か  カ  い  に  行  当        祖  う    
   や  て  い  だ   ゜ は  ず         ゜ だ  る  っ  い  も  ナ  た  な  き  に        返  だ    
   妄  言  こ   `  ┐ き  な        そ  ろ  こ  た  た  し  に   ゜ っ  先  言        り  っ    
   想  え  と  と  僕  っ  い        う  う  と  の  の  れ  な     た  も  葉        を  た    
   だ  る  だ   ゜└   と   ゜       し   ゜ に  だ  だ  な  っ      ゜ わ  も        始   ゜   
   と  保   ゜ 確  と  悪  き        た     な   ゜  ゜ い  た     も  か  感        め  き    
   し  証  し  か  称  い  み        ら     っ  僕  こ   ゜ の     う  ら  情        て  み    
   て  は  か  に  し  夢  は        も     た  は  の  も  は     き  ず  も        い  は    
   も  ど  し  こ  て  だ  そ        う     の  そ  世  と  と     み  に  な        た  そ    
    ` こ   ` ん  話   ゜ う        す     も  う  界  も  て     は  た  く                
   そ  に  だ  な  し  そ  思        べ     や  思  を  と  も     き  だ  し                
                                                             `               
END TOP (P.5) BACK NEXT

 
    ┐ し  か     こ  が  は  き  現     力  が  に  だ  世  身  き  出     て  だ  の  か  れ    
   僕  自  も  そ  う  も   ┐ み  実  そ  に  つ  も  け  界  に  み  来  ど  同   ` な  も  は    
  └   分  し  れ  と  し  よ  が  だ  し  よ  く  き  な  を  意  が  な  う  じ  と  の  し  き    
   と  自  れ  は  は  何  く  ニ  ろ  て  っ  の  み  の  作  志  そ  い  し  こ  い  か  れ  み    
   い  身  な  僕  し  か  あ  ュ  う   ` て  は  自  だ  っ  も  う   ゜ た  と  う  も  な  の    
   う  の  い  に  な  言  る  |  と  そ  な  い  身   ゜ て  感  し  こ  っ  な  考  し  い  も    
   の  意   ゜ し  い  っ  こ  ス  虚  ん  の  つ  は  も  い  情  た  れ  て  の  え  れ  し  の    
   は  志  僕  た  だ  た  と  を  構  な  だ  だ  気  ち  る  も  世  が  き  だ  方  な   ` だ    
   い  も  だ  っ  ろ  と └   見  だ  き   ゜ っ  づ  ろ  何  な  界  夢  み   ゜ も  い  そ  と    
   っ  感  っ  て  う  し  な  て  ろ  み     て  か  ん  者  い  に  で  は     あ   ゜ れ  い    
   た  情  て  同   ゜ て  の  そ  う  に     そ  な  同  か  の  登  あ  こ     る  こ  以  う    
   い  も  こ  じ     も  だ  う  と  同     の  い  じ  の  は  場  れ  の     だ  れ  外  保    
   誰  持  の  じ      `  ゜ 感  そ  情     世   ゜ 世  意  当  し  妄  世     ろ  は  の  証    
   な  っ  世  ゃ     誰  き  じ  ん  す     界  実  界  志  然  た  想  界     う  誰  ま  は    
   の  て  界  な     も  っ  て  な  る     を  際  に  に  だ  存  で  か      ゜ か  っ  な    
   か  い  か  い     そ  と  い  こ  人     作   ` 登  よ  ろ  在  あ  ら     し  が  た  い    
    ゜ な  ら  か     ん   ゜ た  と  間     っ  き  場  っ  う  な  れ  逃     か  書  く   ゜   
   自  い  逃  と     な  だ  よ  は  な     て  み  す  て   ゜ ら  物  げ     し  い  別  僕    
   分  は  れ  き     言  か  う  関  ど     い  が  る  そ  き   ┐ 語  出      ` た  の  の    
   が  ず  ら  み     葉  ら  に  係  い     る  何  僕  こ  み  き  で  す     そ  物  誰  も    
   忘  だ  れ  は     な   `  ` な  な     誰  か  の  で  は  み  あ  こ     れ  語  か  の    
   れ  と  な  思     ど  き  そ  い  い     か  に  こ  漂  こ └   れ  と     だ  な  の  な    
   て   ゜ い  う     聞  み  れ   ゜  ゜    の  気  と  う  の  自   ` は     っ  の  も  の    
                                                                             
END TOP (P.6) BACK NEXT

 
   る  の  存  た  な  機     と  し  せ     の  そ  た  対  だ     し     虚  愛  た  で  し    
   人  だ  在  こ  い  の  人  は  て  い  僕  い  の   ゜ す  っ  き  て  |  構  し  だ  は  ま    
   間   ゜ を  と   ゜ よ  の  な  も  な  の  ま  場  そ  る  た  み  し  |  な  て  そ  な  っ    
   も  自  感  で  そ  う  心  く   ` の  想  の  所  し  時  け  は  ま  き  の  い  れ  い  た    
   い  分  じ  き  し  な  と  な  き  だ  い  姿  に  て  に  れ  ど  っ  み  で  た  だ  か  で    
   る  勝  取  み  て  も  心  っ  み   ゜ を  だ  漂  最  も  ど  こ  た  は  は  と  け   ゜ は    
   が  手  る  は   ` の  は  て  が  い  感   ゜ う  後  同   ` か  の  そ  な  い  の   ┐ な    
    ` な  こ  僕  人  だ  通  い  そ  つ  じ     だ  に  じ  だ  で  だ  う  い  う  存  僕  く    
   き  た  と  の  の  か  信  た  の  か  ら     け  は  よ  ん  起   ゜ や  の  け  在 └    `   
   み  め  さ  気  心  ら  機   ゜ 目  ら  れ     に  自  う  だ  こ     っ  か  れ  な  と  も    
   の  に  え  持  を   ` で     で  か  な     な  分  に  ん  っ     て   ` ど  の  い  と    
   場  人  も  ち  感  片  い     僕   ` く     っ  自  接  自  た     自  と   ` で  う  か    
   合  の  出  だ  じ  方  う     の  た  な     た  身  す  分  ニ     分   ゜ そ  は  一  ら    
   は  気  来  け  る  だ  と     こ  と  っ      ゜ の  る  の  ュ     の     れ  な  人  名    
   受  持  な  で  力  け  こ     と  え  て     |  感  よ  ま  |     こ     も  い  称  前    
   信  ち  く  な  を  で  ろ     を  す  し     |  情  う  わ  ス     と     幻  か  し  も    
   だ  が  な  く  な  通  の     見  ぐ  ま     そ  さ  に  り  に     さ     の   ゜ か  何    
   け  わ  っ  僕  く  い  発     よ  そ  っ     の  え  な  に  対     え     も  自  持  も    
   で  か  て  そ  し  合  信     う  ば  た     結  も  っ  い  し     も     の  分  っ  な    
   な  ら  し  の  て  う  器     と  に  の     果  見  て  る  て     他      ゜ の  て  か    
   く  な  ま  も  し  こ  と     す  い  も     が  失  し  人  無     人     す  こ  い  っ    
   発  く  っ  の  ま  と  受     る  た  そ     き  い  ま  間  感     事     べ  と  な  た    
   信  な  た  の  っ  は  信     こ  と  の     み   ` っ  に  動     に     て  を  い  の    
                                                                      `      
END TOP (P.7) BACK NEXT

 
            く     よ  え  に  み     け  が  は  る  は        く  な     だ  や  を  も    
            の  僕  う  よ  そ  に  だ  な  も  出  と  そ  だ     さ  目  そ  か   ` 言  出    
   に        あ  は  に  う  の  僕  け  の  し  来  い  う  か     せ  で  ん  ら  き  葉  来    
   食  *     い  ま   ゜ と  こ  の  ど  だ  あ  な  う  じ  ら     て  何  な  仕  み  に  な    
   べ  月     だ  た  ま  し  と  言   `  ゜ る  い  た  ゃ  き     い  も  時  方  は  す  く    
   ら  4     は  涙  し  て  に  葉  こ     と   ゜ だ  な  み     る  な  の  が  感  る  な    
   れ  日     そ  を  て  も  気  が  こ     す  そ  そ  い  と     の  い  き  な  情  こ  っ    
   た   `    の  流   ` 無  が  届  ま     れ  の  れ   ゜ 僕     だ  空  み  い  を  と  て    
    ゜ 焼     ま  し  い  駄  つ  く  で     ば  サ  だ  き  と     っ  間  は  け  抱  す  い    
      き     ま  た  ま  な  い  こ  し      ` カ  け  み  は     た  を   ` れ  く  ら  た    
      上     き   ゜ の  の  て  と  て     そ  ナ  の  は  違      ゜ 凝  ま  ど  こ  出   ゜   
      が     み  そ  き  だ  し  は  話     れ  の  事  |  う        視  る   ゜ と  来  つ    
      っ     を  し  み   ゜ ま  な  し     は  呪  実  |   ゜       し  で     自  な  ま    
      た     見  て  は  い  っ  い  て     僕  縛  か  サ  僕        な  サ     体  く  り    
      き     つ   ` サ  ま  た  の  い     に  か  ら  カ  は        が  カ     が  な   `   
      み     め  そ  カ  ま   ゜ だ  て     食  ら  き  ナ  僕        ら  ナ     な  っ  き    
      は     て  れ  ナ  で  い  ろ  も     べ  き  み  だ  だ        た  み     く  て  み    
      予     い  か  な  が  く  う   `    ら  み  は   ゜  ゜       だ  た     な  い  は    
      定     た  ら  の  そ  ら  :  や     れ  を  逃  サ  し        口  い     っ  た  自    
      通      ゜ も  だ  う  想  :  っ     る  救  げ  カ  か        を  に     て  の  分    
      り        し  か  だ  い   ゜ ぱ     こ  う  る  ナ  し        ぱ   `    い  だ  の    
               ば  ら  っ  を  ふ  り     と  方  こ  で  き        く  虚     た   ゜ 感    
               ら   ゜ た  伝  い  き     だ  法  と  あ  み        ぱ  ろ     の  い  情    
                                                                             
END TOP (P.8) BACK NEXT

「05.子守歌」を読む