「04.SAKANA−GIRL 」を読む

05.子守歌


 START 

 
   ど  と     ど  情  ま     に     し     に  深      ┐ う  付  に  は  暗  |             
   お  眺  ず  う  は  え  部  言  も  て  そ  慣  く  病  ふ  し  き  は  ま  く  ナ  飲          
   ま  め  っ  か  穏  は  屋  い  っ  い  の  れ  息  室  う  た  添  夜  る  人  |  み          
   え  る  と  も  や  そ  の  き  と  る  ま  た  を  に  :  人  っ  勤  で  気  か  終     子    
   は  こ  忙  医  か  こ  半  か  し  自  ま  目  つ  入  :  た  て  の  廃  の  ら  え     守    
   本  と  し  者  だ  で  分  せ  っ  分  の  で  い  る └   ち  夜  医  墟  な  病  た     歌    
   当  も  さ  に  け  長  を  た  か  に  姿  は  た  と     の  を  者  の  い  室  牛          
   に  な  に  は  れ  い  占   ゜ り  し  勢  あ   ゜ 私     気  明  や  よ  廊  へ  乳          
   眠  か  追  わ  ど  夢  め  そ  し  ば  で  ま  室  は     配  か  看  う  下  と  の          
   っ  っ  わ  か   ` を  て  う  な  ら  足  り  内  閉     は  す  護  な  を  歩  パ          
   て  た  れ  ら  再  見  い   ` い  く  元  暗  の  じ     な  家  婦  静  ゆ  き  ッ          
   い  か  て  な  び  な  る  ま  と  し  を  さ  照  た     ぜ  族   ` け  っ  出  ク          
   る  も  お  い  目  が  ベ  だ  い  て  見  を  明  扉     か  な  そ  さ  く  し  を          
   わ  し  ま  ら  を  ら  ッ  夜  け  気  な  感  も  に     少  ど  し  に  り  た  捨          
   け  れ  え  し  さ  眠  ド  も  な  が  が  じ  落  背     し  も  て  包  と   ゜ て          
   じ  な  の  い  ま  っ  へ  長  い  つ  ら  な  ち  中     も  い  私  ま  抜  照   `         
   ゃ  い  寝   ゜ す  て  と  い   ゜ い  た  い  て  か     感  る  の  れ  け  明  私          
   な  ね  顔     こ  い  歩  の  |  た  だ   ゜ い  ら     じ  は  よ  て  る  の  は          
   い   ゜ を     と  る  み  だ  |   ゜ ぼ     る  寄     ら  ず  う  い   ゜ 落  自          
    ゜ :  ゆ     が   ゜ 寄   ゜ そ     ん     け  り     れ  な  な  た  夜  と  販          
   き  :  っ     あ  そ  る     う     や     れ  か     な  の  患   ゜ の  さ  機          
   っ  だ  く     る  の   ゜    自     り     ど  か     い  に  者  実  病  れ  の          
   と  け  り     か  表  お     分     と     闇  り      ゜ そ  に  際  院  た  コ          
                                                                             
END TOP (P.1) BACK NEXT

 
   ら  苦     て  だ  送  っ  い  た  タ  た  そ  中  ほ     い        と  な  も     中  眠    
   な  情  あ  ソ  っ  ら  た  て   ゜ |   ゜ れ  の  ど  そ  う  私      ` い  し  い  を  る    
   い  処  れ  フ  た  れ  り  し  し  に  そ  に  情  流  の  と  が     そ  け  れ  ま  歩  こ    
   も  理  は  ト   ゜ て  と  ま  か  よ  こ  応  報  さ  頃  こ  つ     し  れ  な  の  い  と    
   の  係  い  の  そ  く  い  っ  し  り  に  え  通  れ   ` ろ  い     て  ど  い  お  て  も    
   が  に  ま  追  し  る  う  た   ` 排  は  て  信  る  世  だ  最     私   ` し  ま  い  起    
   い  届  か  加  て  苦  ト  り  そ  除  あ  設  を  よ  の   ゜ 近     の  私  何  え  る  き    
   く  く  ら  ・   ` 情  ラ   ` の  す  ら  立  管  う  中     ま     こ  は  も  に   ゜ る    
   つ  文  半  変  機  の  ブ  逆  過  べ  ゆ  さ  理  に  に     で     と  話  感  は     こ    
   も  書  年  更  構  文  ル  に  程  き  る  れ  す  な  は     勤     を  し  じ  も     と    
   混  の  ほ  を  で  書  の  必  で  情  情  た  る  っ  無     め      ゜ て  ら  う     も    
   ざ  中  ど  し  は  を  発  要  排  報  報  の  こ  て  法     て        み  れ  何     出    
   る  に  前  て  そ  処  生  な  除  が  が  が  と  い   `    い        よ  な  も     来    
   よ  ど  の  い  れ  理  も  情  さ  自  集  中  が  た  無     た        う  く  見     な    
   う  う  こ  た  ら  す  あ  報  れ  動  め  央  必  か  責     の        と  な  え     い    
   に  も  と   ゜ の  る  り  が  る  的  ら  通  要  ら  任     は        思  っ  な     ま    
   な  意  だ     苦  こ   ` 送  は  に  れ  信  と   ` な     中        う  て  く     ま    
   っ  味  っ     情  と  そ  ら  ず  処   ` 機  さ  そ  情     央         ゜ い  な      `   
   た  が  た     を  が  う  れ  の  理  コ  構  れ  う  報     通        お  る  っ     い    
    ゜ よ   ゜    も  私  し  て  情  さ  ン  な  て  し  が     信        ま  か  て     ま    
   そ  く  私     と  の  た  こ  報  れ  ピ  の  い  た  溢     機        え  も  い     も    
   れ  わ  た     に  仕  時  な  が  て  ュ  だ  た  世  れ     構        の  し  る     闇    
   は  か  ち     し  事  に  か  届  い  |  っ   ゜ 界  る     と        こ  れ  か     の    
                                                                             
END TOP (P.2) BACK NEXT

 
   え  し  て  様  号  し  信  機     の  お        と  き     う  く  目  て  人  い  か  た    
   ば  た  中  な  で   ` 機  だ  そ  よ  ま  私     に   ` そ  と  わ  に  し  を  文  く  と    
    ` も  央  仮  送  睡  構  っ  の  う  え  の     な  通  う  思  か  し  ま  殺  面   ` え    
   こ  の  通  想  る  眠  の  た  ド  に  は  仕     っ  信  い  っ  ら  た  っ  し  で  た  ば    
   れ  を  信  空   ゜ 中  コ   ゜ リ  ひ  ひ  事     た  機  っ  て  な  私  た  て  は  だ  文    
   を  教  機  間  そ  の  ン  一  |  と  と  が      ゜ 構  た  も  か  は └   し  な  通  法    
   使  え  構  を  し  脳  ピ  般  ム  り  り  忙        も   ┐ 着  っ  ど  な  ま  い  信  が    
   っ  て  が  頭  て  へ  ュ  家  シ  で  で  し        そ  苦  信  た  う  ど  い  と  機  滅    
   た  い  集  の  砂  頭  |  庭  ッ  遊  家  く        れ  情  拒   ゜ や  と  そ  い  構  裂    
   子  く  め  中  漠  に  タ  の  プ  ん  に  な        ら └   否  し  っ  モ  う  う  に  だ    
   供  と  た  に  や  か  |  端  と  で  い  り        を  は  さ  か  て  ニ  だ  だ  対  と    
   は  い  情  作  都  ぶ  か  末  い  い  る   `       本  そ  れ  も  対  タ └   け  す  か    
   自  う  報  り  市  っ  ら  を  う  た  こ  帰        格  ら  て  そ  応  |  と  だ  る  い    
   分  シ  の  上   ` た  世  利  機  の  と  宅        的  か  し  の  し  に  か  っ  苦  っ    
   が  ス  中  げ  宇  ヘ  界  用  械  だ  が  時        に  ら  ま  発  た  映   ┐ た  情  た    
   森  テ  か   ` 宙  ル  中  す  は  ね  多  間        調  爆  う  信  ら  し  私   ゜ と  よ    
   の  ム  ら  そ  空  メ  の  る  本   ゜ く  も        査  発  の  者  い  出  は  そ  し  う    
   中  だ  適  こ  間  ッ  情  こ  当     な  遅        を  的  だ  に  い  さ  サ  れ  て  な    
   に  っ  切  を  と  ト  報  と  は     っ  く        開  に   ゜ 返  の  れ  カ  で  は  わ    
   い  た  だ  舞  い  か  を  で  睡     て  な        始  増     事  か  た  ナ  も  ふ  け    
   る   ゜ と  台  っ  ら  引  中  眠      ` っ        す  え     を  ま  言  に   ┐ さ  で    
   夢  た  判  に  た  の  き  央  学     毎  た        る  て     送  っ  葉  な  私  わ  は    
   を  と  断  し  様  信  出  通  習     日  頃        こ  い     ろ  た  を  っ  は  し  な    
                                     `                                       
END TOP (P.3) BACK NEXT

 
         と     い  信  れ  私  て      ┐    て  て  そ  余     え  子  と  を  る  そ  見    
   そ     め  そ  る  だ  ど  は  か  そ  こ  で  い  も  ん  計  も  い  供  も  通   ゜ ば  る    
   の     た  れ  ド  っ  も  そ  ら  の  わ  も  て  そ  な  な  し  れ  で  出  信  そ  に   ゜   
   日     ち  は  リ  た  そ  れ  二  文  い   ` も  の  ふ  心  何  ば  も  来  機  う  生  そ    
    `    ょ  通  |   ゜ れ  も  ヶ  面  よ  そ  私  ヘ  う  配  か  ち  ド  た  構  い  え  こ    
   仕     う  信  ム  そ  は  い  月  を  :  れ  は  ル  に  を  あ  ゃ  リ   ゜ か  う  て  に    
   事     ど  機  シ  し  通  つ  ほ  見  :  は  何  メ  考  す  っ  ん  |  つ  ら  機  い  は    
   を     そ  構  ッ  て  信  も  ど  た   ゜ 間  も  ッ  え  る  た  と  ム  ま  受  械  る  う    
   途     の  が  プ  差  機  の  た  の  た  違  言  ト  て  必  時  通  シ  り  信  だ  植  さ    
   中     日  よ  の  出  構   ┐ っ  は  す  い  わ  を  い  要  に  信  ッ   ` す  っ  物  ぎ    
   で     の  う  端  人  宛  苦  た  私  け  だ  な  か  た  が  は  が  プ  機  る  た  の  や    
   抜     こ  や  末  の  て  情  日  が  て  っ  か  ぶ  か  な  そ  出  の  械  だ   ゜ こ  き    
   け     と  く  の  コ  で └   だ  ド └   た  っ  っ  ら  く  れ  来  ヘ  の  け  そ  と  つ    
   て     だ   ┐ も  |  は  の  っ  リ     の  た  て   ` て  で  る  ル  扱  で  の  な  ね    
   急     っ  苦  の  ド  な  文  た  |     だ  の  い  お  ち  連  わ  メ  い  な  上  ど  が    
   い     た  情  :  は  く  章   ゜ ム     ね  だ  る  ま  ょ  絡  け  ッ  が  く   ` を  現    
   で      ゜└   :  お  私  だ  仕  シ      ゜  ゜ こ  え  う  出  だ  ト  出  逆  こ  説  れ    
   帰        の   ゜ ま  個  と  事  ッ           と  が  ど  来  っ  を  来  に  の  明   `   
   っ        原     え  人  思  を  プ           に  寝  い  る  た  か  な  発  機  を  そ    
   て        因     が  宛  っ  し  を           気  て  い  の   ゜ ぶ  い  信  械  し  の    
   き        を     使  て  た  て  購           が  も   ゜ だ     っ  よ  す  は  て  動    
   た        つ     っ  の   ゜ い  入           つ  醒  |  か     て  う  る  情  く  物    
   私        き     て  通  け  た  し           い  め  |  ら     さ  な  こ  報  れ  や    
                                                                             
END TOP (P.4) BACK NEXT

 
   覚  拒  子  超  こ        る  な  る  書        に  言  よ  は  は  通     え  来  か  を    
   な  絶  供  え  と  ド  そ  子  通  端  の  通     な  わ  う  も  既  信  い  が   ` ぶ  家    
   ど  し  た  る  が  リ  の  供  信  末  送  信     っ  な  に  う  に  機  ま  目  私  っ  で    
   肉  た  ち  負  出  |  子  た  を  ば  信  機     て  く  な  す  わ  構   ` を  が  て  待    
   体   ゜ は  担  来  ム  供  ち  送  か  元  構     い  て  る  ぐ  か  も  私  さ  何  眠  っ    
   か  し  新  を  た  シ  た  だ  っ  り  が  の     た  も  予  人  っ  も  は  ま  度  る  て    
   ら  か  し  か  け  ッ  ち  っ  て  だ  睡  調     の  仕  定  間  た  う  は  す  名  お  い    
   入  し  く  け  れ  プ  は  た  い  と  眠  査     か  事  だ  な  の  辞  ず  こ  前  ま  た    
   っ   ` 外  た  ど  は  み  の  た  い  学  に     も  に  っ  し  だ  め  っ  と  を  え  の    
   て  そ  か   ゜  ` 莫  ん  だ  の  う  習  よ     し  関  た  で  し  た  と  は  呼  の  は    
   く  の  ら  そ  そ  大  な   ゜ は  こ  機  っ     れ  し  か  も   `  ゜ こ  も  ん  姿  い    
   る  結  入  れ  れ  な  い     す  と  ド  て     な  て  ら  あ  通  も  の  う  で  だ  つ    
   現  果  っ  を  は  量  ま     べ  だ  リ  わ     い  は   ` ら  信  っ  病  な  み  っ  も    
   実  と  て  処  子  の  も     て  っ  |  か     け  近  も  ゆ  機  と  院  か  て  た  の    
   の  し  く  理  供  情  眠     そ  た  ム  っ     れ  い  し  る  構  も  に  っ  も   ゜ よ    
   情  て  る  し  た  報  り     の   ゜ シ  た     ど  う  か  問  の   ` 通  た  そ  け  う    
   報  視  あ  き  ち  を  続     機  そ  ッ  の      ゜ ち  し  題  コ   ┐ い   ゜ れ  れ  に    
   ま  覚  ら  れ  の  脳  け     械  し  プ  は        に  た  を  ン  苦  詰     に  ど  ヘ    
   で   ` ゆ  な  脳  へ  て     を  て  を   ┐       辞  ら  処  ピ  情  め     応   ` ル    
   も  聴  る  く  の  送  い     使  意  繋  苦        め  自  理  ュ └   て     え  そ  メ    
   が  覚  情  な  限  り  た     っ  味  い  情        る  分  出  |  の  い     て  の  ッ    
   拒   ` 報  っ  界  込   ゜    て  不  で └         こ  か  来  タ  原  る     お  日  ト    
   絶  触  を  た  を  む        い  明  い  文        と  ら  る  |  因   ゜    ま  以  を    
                                                                             
END TOP (P.5) BACK NEXT

 
   こ     も  な  っ  し        ま  続  起  な     に  使     わ  自        れ  て  は  さ    
   こ  も  私  か  た  て  人     っ  け  き  ど  事  呼  わ  ド  か  分  彼  |  た  彼  出  れ    
   に  う  の  っ  の  私  の     た  た  た  と  件  び  れ  リ  っ  に  ら  |  自  ら  来   `   
    ` お  耳  た  だ  は  せ     く  場  の  は  に  か  て  |  て  い  は  そ  分  の  な  つ    
   す  ま  に  の  ろ  き  い     予  合  は  予  関  け  い  ム  は  っ  あ  れ  の  意  い  ま    
   ぐ  え  は  だ  う  っ  に     想  だ  子  測  し  ら  た  シ  い  た  の  が  夢  識  と  り    
   そ  は  入   ゜  ゜ と  な     外  け  供  出  て  れ  も  ッ  な  い  通  専  の  は  い  本    
   ば  遠  っ  私  :  お  ん     の  ら  が  来   ` た  の  プ  か  何  信  門  中  ド  う  人    
   に  い  て  に  :  ま  て     使  し  起  な  メ   ゜ に  は  っ  が  で  家  に  リ  状  の    
   あ  と  い  話  い  え  出     用  く  き  か  |     対  す  た  起  私  の  閉  |  態  意    
   る  こ  な  し  や  の  来     法   ` て  っ  カ     し  ぐ  の  こ  た  話  じ  ム  に  識    
   の  ろ  か  か   ` こ  な     だ  そ  い  た  |     て  に  だ  っ  ち  だ  こ  シ  な  は    
   に  へ  っ  け  実  と  い     っ  れ  る  と  側     も  製  ろ  た  に  っ  め  ッ  っ  あ    
    ` 行  た  て  際  を   ゜    た  は  時  言  は     そ  造  う  の  助  た  ら  プ  て  る    
   お  っ  の  く  に  ち  忙     の  メ  に  っ  そ     の  中  け  か  け   ゜ れ  に  し  の    
   ま  て  だ  る  少  ゃ  し     だ  |  も  た  ん     使  止  れ  さ  を     て  よ  ま  に    
   え  し  か  お  し  ん  い     そ  カ  機   ゜ な     用  に  ど  え  求     し  っ  っ  目    
   の  ま  ら  ま  も  と  こ     う  |  械  実  事     を  な   ゜ 彼  め     ま  て  た  を    
   心  っ   ゜ え  見  見  と     だ  に  を  際  態     や  っ     ら  て     っ  作  の  醒    
   は  た     の  え  て  を      ゜ と  作   ` が     め  た     に  い     た  り  だ  ま    
   私   ゜    声  て  い  理        っ  動  問  起     る   ゜    は  た      ゜ 上   ゜ す    
   の  体     さ  は  な  由        て  さ  題  こ     よ  既     よ  の        げ  そ  こ    
   手  は     え  い  か  に        は  せ  が  る     う  に     く  だ        ら  し  と    
                                                          ゜                  
END TOP (P.6) BACK NEXT

 
      く  て     の  か  れ     う  れ  さ     ま  の  か  り  る  い  こ  し  語     じ  な    
   た  な  い  し  だ  に  は  私  ず  て  ま  お  え  言  ら  は  こ  の  う  て  り  終  こ  ど    
   く  っ  て  か   ゜ 眠  決  に  く  い  よ  ま  に  葉   ` し  と  だ  し  い  か  わ  め  い    
   さ  て  も  し  か  っ  し  は  ま  る  っ  え  も  は  も  な  し  ろ  て  な  け  る  ら  く    
   ん  し   `  ` す  て  て  お  っ  の  て  は  届  夢  し  い  か  う  話  い  て  こ  れ  ら    
   の  ま  こ  い  か  い  気  ま  て  か  い  い  い  の  強   ゜ 出   ゜ し  か  み  と  て  伸    
   子  っ  ん  ま  に  る  の  え  い   ゜ る  ま  て  中  い  そ  来  で  か  ら  る  の  し  ば    
   供  て  ど  に  私  の  せ  の  る  そ  の  ど  く  へ  想  れ  な  も  け  そ   ゜ な  ま  し    
   た  い  は  な  を  を  い  泣  の  れ  か  こ  れ  広  い  に  い   ` て  れ  も  い  っ  た    
   ち  る  私  っ  呼  見  で  い  だ  と   ` に  る  が  を  力   ゜ そ  も  を  う  夢  た  と    
   が  か  の  て  ん  て  は  て  ろ  も  そ  い  の  っ  乗  を  も  れ  物  使  そ  を  の  し    
   同  も  声  こ  で  い  な  い  う  ま  れ  る  で  た  せ  与  と  で  理  っ  の  見  だ  て    
   じ  し  の  ん  い  る  い  る  か  っ  と  の  は  暗  る  え  も  も  的  た  頭  て   ゜ も    
   よ  れ  ほ  な  る  と   ゜ 声   ゜ た  も  だ  な  い  こ  る  と  私  に  通  に  い     届    
   う  な  う  ふ  声  本  こ  が     く  ど  ろ  い  海  と  の  言  に  は  信  は  る     か    
   に  い  が  う  さ  当  う  聞     何  こ  う  だ  を  が  は  葉  は  ま  だ  あ  お     な    
   果  :  お  に  え  に  し  こ     も  か   ゜ ろ  漂  出  想  に  信  っ  っ  の  ま     い    
   て  :  ま  い  も  聞  て  え     な  に  砂  う  流  来  い  は  じ  た  て  ヘ  え     暗    
   る   ゜ え  く  が  こ  お  て     い  閉  漠  か  し  た  な  何  て  く  出  ル  に     い    
   こ     に  ら   ゜ え  ま  く     闇  じ  の  :  て  な  の  の  言  意  来  メ  そ     世    
   と     届  話     て  え  る     の  こ  世  :  い  ら  だ  力  葉  味  な  ッ  れ     界    
   の     か  を     く  が   ゜    中  め  界   ゜ る   `  ゜ も  を  は  い  ト  で     に    
   な     な  し     る  静  そ     で  ら  を     お  そ  だ  あ  送  な   ゜ も  も     閉    
                                                                             
END TOP (P.7) BACK NEXT

 
   夜     丈  る  い  に  の        私  ま     に  て  の  い  お  私     な  や  孤  界  い    
   へ  そ  夫  よ  夢  済  こ  も  私  も  え  だ  も  い  中  の  ま  の  お  い  っ  独  で  夢    
   と  し  だ  う  か  む  と  う  は  お  が  け  な  る  に  だ  え  指  ま  夜  ぱ  な  い  を    
   響  て  よ  に  ら  よ  を  ど  こ  ま  そ  ど  ら  と  入  ろ  に  先  え  を  り  夜  ま  見    
   く  私   ゜ こ  解  う  見  こ  こ  え  こ  私  な  い  れ  う  は  よ  の  過  私  を  も  て    
   子  は     う  放  に  守  へ  に  も  に  は  い  う  ら  :  こ  り  ほ  ご  と  過  そ  い    
   守  歌     し  さ  と  っ  も  い  同  い  お   ゜ の  れ  :  う  も  う  し  同  ご  の  る    
   歌  い     て  れ  祈  て  行  る  じ  る  ま     に  て   ゜ し  い  へ  て  じ  し  ひ   ゜   
   を  始     待  て  っ  い  か   ゜ 世  と  え     名  い  ま  て  く  静  い  よ  て  と  私    
    ゜ め     ち  本  て  る  な  |  界  い  の     前  る  る  触  ら  か  る  う  い  り  た    
      た     続  当  い   ゜ い  |  に  う  心     を  よ  で  れ  か  に  の  に  る  ひ  ち    
       ゜    け  の  る  も   ゜ そ  生  こ  の     呼  う  扉  て  冷  手  だ  彼   ゜ と  に    
      静     て  安   ゜ う  い  う  き  と  扉     ん  だ  を  い  た  を   ゜ ら  そ  り  は    
      か     い  ら  そ  誰  つ  強  て  は  を     で  と  閉  る  く  差     の  し  が  辿    
      に     る  か  し  も  で  く  い  幻  ノ     も  思  ざ  私  感  し     こ  て  お  り    
       `     ゜ な  て  悪  も  思  る  な  ッ     扉  っ  し  の  じ  伸     と  た  ま  着    
      だ     |  眠  お  い  す  っ  の  ん  ク     を  た  た  指  ら  べ     を  く  え  け    
      け     |  り  ま  夢  ぐ  た  だ  か  し     叩   ゜ ガ  も  れ  る     心  さ  と  な    
      ど     だ  を  え  に  側   ゜ か  じ  続     い  そ  ラ  感  た   ゜    配  ん  同  い    
      世     か  迎  が  お  で     ら  ゃ  け     て  こ  ス  じ   ゜ そ     し  の  じ  虚    
      界     ら  え  そ  び  お      ゜ な  る     も  に  ケ  ら  し  の     て  家  よ  構    
      中      ` ら  の  え  ま        い   ゜    ど  見  |  れ  か  頬     眠  族  う  の    
      の     大  れ  長  ず  え         ゜ お     う  え  ス  な  し  は     れ  が  に  世    
                                                       `                     
END TOP (P.8) BACK NEXT

「06.楽園のリンゴ売り」を読む