「06.楽園のリンゴ売り」を読む

07.DOLL HOUSE


 START 

 
      中  が  な  入      ┐ 間  で  け        な  み  な  あ     か  ん  昼  を             
   :  に  時  波  っ  こ  と  は  眠   ゜ こ  そ  が   ` 海  な  わ  寂  な  と  見  あ          
   :  あ  折  の  て  う  て  ま  る  窓  こ  う  ら  隣  を  た  た  し  黄  夜  つ  な          
   そ  る  り  音  く  し  も  る  あ  の  に   ` だ  で  い  と  し  げ  昏  の  め  た     D    
   れ  風  翻  を  る  て   ` で  な  側  い  ち  ん  わ  つ  わ  が  な  の  交  な  が     O    
   も  景  る  連  風  耳  静  人  た  に  る  ょ  だ  た  ま  た  見  薄  わ  代  が  夢     L    
   わ  み  様  れ  が  を  か  形  を  置  の  う  ん  し  で  し  て  暮  ず  が  ら  を     L    
   た  た  子  て  海  澄  ね  た  見  い  は  ど  と  が  も  が  い  の  か  こ  わ  見          
   し  い  を  く  岸  ま └   ち  つ  た  た  い  眠  と  漂  た  る  景  な  の  た  て     H    
   の  だ  見  る  か  し     の  め  椅  っ  ま  り  り  い  っ  の  色  時  世  し  い     O    
   願  な  て  だ  ら  て     も  て  子  た  の  の  と  続  た  は  の  間  界  も  た     U    
   望  ん  い  け  の  い     の  い  に  ふ  よ  中  め  け  ふ  終  よ  に  の  は  か     S    
   か  て  る   ゜ 潮  て     の  る  腰  た  う  に  な  て  た  わ  う  だ  色  か  ら     E    
   も  気  と  そ  の  も     よ   ゜ 掛  り  に  落  く  い  り  り  に  け  を  な   `         
   し  に  ま  の  香   `    う  わ  け   `  ゜ ち  続  る  で  の  は  人  塗  い  そ          
   れ  な  る  風  り  開     に  た   ` あ     て  け   ゜ 小  な  か  の  り  夢  ん          
   な  っ  で  で  と  け     止  し  わ  な     い  て  あ  舟  い  な  目  替  を  な          
   い  て  こ  白  一  放     ま  と  た  た     く  い  な  に  夢  い  に  え  描  あ          
   の  し  こ  い  緒  し     っ  あ  し  と     の  る  た  乗   ゜ 夢  触  て  い  な          
   ね  ま  は  カ  に  た     て  な  は  わ     :  話  は  り  そ  を  れ  い  て  た          
    ゜ う  写  |  か  窓     い  た  ベ  た     :  を  ま   ` こ   ゜ る  く  い  の          
   写   ゜ 真  テ  す  か     る  の  ッ  し      ゜ 聞  ど  静  で     ど   ` た  寝          
   真     の  ン  か  ら      ゜ 時  ド  だ        き  ろ  か  は     こ  そ   ゜ 顔          
                                                                             
END TOP (P.1) BACK NEXT

 
   し  あ     :  ら  姿     想     こ     と  と  真  な     と  真  の  自     い  界  の    
   ま  な  そ  こ  そ  な  ひ  い  |  ん  わ  変  同  に  い  で  す  を  に  分  写   ゜ を  よ    
   う  た  ん  ん  の  ん  ょ  は  |  な  た  わ  じ  残   ゜ も  る  撮  な  に  真     切  う    
   の  に  な  な  一  て  っ  ど  あ  こ  し  っ  よ  し  だ   ` の  る  っ  と  は     り  に    
   で  こ  ふ  は  瞬  映  と  う  な  と  が  て  う  た  か  現  で  こ  て  っ  ほ     取  こ    
   し  ん  う  か  で  っ  し  な  た  を  写  し  に  過  ら  実  し  と  し  て  ん     っ  の    
   ょ  な  に  な  わ  て  た  っ  が  考  真  ま   ` 去   ` は  ょ  で  ま  の  の     て  時    
   う  想  考  い  た  は  ら  て  眠  え  を  う  そ  の  止  時  う  そ  う  大  一     し  間    
   け  像  え  夢  し  い  そ  い  り  て  は  の  こ  姿  ま  の  ね  の  こ  事  瞬     ま  と    
   ど  を  る  は  の  な  の  る  か  い  か  で  に  と  ら  運   ゜ 避  と  な  の     い  空    
    ゜ 話  と   ゜ 世  い  時  の  ら  る  な  し  写  は  ず  命     け  を  瞬  時     た  間    
      し  悲     界  の  の  か  醒  か  い  ょ  し  離  に  か     ら  よ  間  を     い   `   
      た  し     は  か  あ  と  め  ら  も  う  取  れ  続  ら     れ  く  が  紙      ゜ あ    
      ら  く     溶  も  な  考  た  な  の  :  ろ  て  い  逃     な  知  ま  の     |  な    
      き  な     け  し  た  え  ら  の  だ  :  う  い  て  れ     い  っ  た  上     |  た    
      っ  っ     去  れ  の  て   ` で  と   ゜ と  っ  い  る     運  て  た  に     そ  と    
      と  て     っ  な  瞳  み  そ  し  感     し  て  く  こ     命  い  く  残     ん  わ    
      ま  し     て  い  に  る  の  ょ  じ     た  し  現  と     か  る  間  す     な  た    
      た  ま     し   ゜ は   ゜ 時  う  て     想  ま  実  な     ら   ゜ に  も     は  し    
      笑  う     ま  そ  わ     あ  ね  い     い  う  の  ん     逃  だ  過  の     か  だ    
      わ   ゜    う  う  た     な   ゜ る     も   ゜ 姿  て     れ  か  去   ゜    な  け    
      れ  :      ゜ し  し     た     の     き  そ  は  出     よ  ら  の  人     い  の    
      て  :     :  た  の     の     は     っ  れ  写  来     う  写  も  は     願  世    
                                                                             
END TOP (P.2) BACK NEXT

 
   も  も  出  を  れ  を  を  そ      ┐ た  屋     も  て  こ  て  っ     た  に  の  こ       
   の  交  来  人  だ  情  ひ  し  |  こ   ゜ の  で  時  記  か  い  て  け  の   ` よ  の  も    
   を  換  た  々  っ  報  と  て  |  う     隅  も  を  憶  へ  く  い  れ  な  こ  う  夢  し    
   見  し   ゜ は  た  と  つ  そ  人  い     で   ` 止  も  還   ゜ る  ど  ら  の  に  が  も    
    ` て  そ  モ  わ  い  に  れ  間  う     い  も  め   ゜ っ  そ  の   ` :  わ   ` 醒  あ    
   同  い  う  ニ  け  う  結  を  は  話     ま  し  る  そ  て  れ   ゜ わ  :  た  そ  め  な    
   じ  っ  や  タ   ゜ 形  び  実  共  も     は  例  こ  れ  い  と  海  た   ゜ し  し  る  た    
   も  て  っ  |  も  で   ` 現  通  あ     黙  外  と  は  く  同  岸  し     の  て  こ  が    
   の  :  て  を  ち  集  そ  さ  の  る     り  が  は  わ   ゜ じ  に  も     夢  綺  と  こ    
   を  :  個  通  ろ  め  こ  せ  記  ん     込  あ  出  た  人  よ  打  そ     も  麗  も  の    
   聞   ` 人  し  ん  て  に  よ  憶  だ     ん  る  来  し  も  う  ち  れ     そ  な  な  ま    
   き  最  と  て  そ  い  す  う  を  よ     で  と  な  に   ` に  寄  は     の  人  い  ま    
    ` 後  シ  好  う  く  べ  と  持 └      い  し  い  も  人  す  せ  叶     動  形  の  眠    
   同  に  ス  き  や  っ  て  し  つ        る  た  の  わ  の  べ  た  わ     き  た  に  り    
   じ  は  テ  な  っ  て  の  て  こ        モ  ら  だ  か  想  て  波  な     を  ち  ね  続    
   こ  ど  ム  よ  て  い  人  い  と        ニ  :  か  っ  い  の  は  い     止  が   ゜ け    
   と  こ  と  う  集  う  間  た  を        タ  :  ら  て  も  も  ま  願     め  住  写  て    
   を  の  で  に  め  シ  の  の  望        |   ゜  ゜ い   ` の  た  い     る  む  真  い    
   知  誰  情  見  ら  ス  思   ゜ ん        に  わ     る  夢  は  海  だ     こ  部  の  た    
   っ  も  報  る  れ  テ  考  世  で        目  た     の  も  や  へ  と     と  屋  中  の    
   て  が  を  こ  た  ム  と  界  い        を  し      ゜  ` が  と  は     が  の  の  な    
   い  同  何  と  情  が  記  全  た        や  は     誰  そ  て  還  わ     出  よ  風  ら    
   る  じ  度  が  報  そ  憶  体   ゜       っ  部     に  し  ど  っ  か     来  う  景   `   
    ゜                                                                        
END TOP (P.3) BACK NEXT

 
   い  て  で  よ  て  な  体  わ  の     含  っ  た     来     と  よ  け  て  い  じ     そ    
   う  く  あ  ね  こ  も  で  っ  中  そ  め  て  も  嘘  な  そ  も  う  じ  判  う  ゃ  そ  ん    
   判  る  る   ` の  の  は  て  に  う  て  思  の  の  か  れ  嘘  に  ゃ  断  判  な  の  な    
   断  は  の  し  情  じ  他  し   ┐ い  い  わ  と  情  っ  で  も  な  な  さ  断  く  シ  世    
   し  ず  な  か  報  ゃ  の  ま  人  う  ろ  せ  か  報  た  そ  す  っ  く  れ  を  て  ス  界    
   た  が  ら  も  の  な  も  う  間  嘘  い  よ  現  の  の  の  べ  て  て  た  自   ` テ  を    
   の  な   ` 短  集  か  の └   の  情  ろ  う  実  中   ゜ シ  て  た  創  情  分  ど  ム  創    
    ゜ い  こ  時  ま  っ  と  と  顔  報  な  と  に  に     ス  記  の  作  報  で  う  っ  り    
   そ   ゜ れ  間  っ  た  較  い  が  と  も  す  存  は     テ  憶   ゜ 物  は  し  考  て  出    
   れ  そ  ほ  に  て  の  べ  う  あ  い  の  る  在  ど     ム  さ  だ  だ  そ  て  え  い  そ    
   で  の  ど   ゜ く  だ  て  ニ  る  っ  が  も  し  こ     は  れ  か  と  の  い  て  う  う    
    ┐ 時  大  も  る  ろ  も  ュ  日  た  あ  の  な  か      ┐ て  ら  い  ま  た  も  の  と    
   こ  に  量  し  量  う  た  |  と  よ  っ  と  い  の     忘  た   ` う  ま  の  現  は  し    
   の  な  に  こ  が  け  い  ス  つ  う  た  か  場  国     れ  っ  そ  こ  削   ゜ 実  た  て    
   情  っ  し  れ  異  ど  し  が  ぜ  な   ゜  ` 所  を     る  て  の  と  除  そ  に  だ  い    
   報  て  か  が  常   ` て  あ  ん  も     そ  か  滅    └   こ  シ  に  さ  れ  は  情  た    
   は  シ  も  実  な  あ  問  っ  動  の     れ  ら  ぼ     と  と  ス  し  れ  で  あ  報  の    
   事  ス  一  際  ほ  る  題  た  物  と     以  発  そ     い  に  テ  て  た  あ  り  を   ゜   
   実  テ  度  に  ど  時  と  の  の  思     外  信  う     う  な  ム  記  と  り  え  集       
   だ  ム  に  嘘  増  期  な   ゜ も  え     の  し  と     こ  る  に  憶  か  え  な  め       
  └   は  送  の  え  に  る  そ  の  る     も  た  意     と  の  は  さ  い  な  い  る       
   っ  そ  ら  情  た  な  よ  れ  に  も     の  ん  図     が  ね  ほ  れ  う  い  と  だ       
   て  う  れ  報  の  っ  う  自  変  の     も  だ  し     出   ゜ ん  る  わ  っ  か  け       
                                                                             
END TOP (P.4) BACK NEXT

 
      か  れ  も     て     し  嘘  て  る  が  に  ょ     直  な  っ  の  情  判  は     こ    
   あ  な  て  の  |  い  そ  て  か  て  な  サ  な  っ  そ  し  も  て  情  報  断  ど  |  と    
   な   ゜ し  に  |  う  れ  そ  な  い  ん  カ  っ  て  う  て  の  し  報  だ  で  れ  |  に    
   た     ま  な  そ  わ  で  れ  ん  た  て  ナ  ち  い  し  し  で  ま  も  け  き  が  こ  な    
   の     う  る  れ  け  生  は  て  人  話  に  ゃ  う  た  ま  も  う   ` じ  な  ほ  れ  っ    
   顔     で  な  が  な  き  ほ  こ  間  ま  な  っ  話  ら  っ  お └    ┐ ゃ  い  ん  っ  た    
   を     し  ん  わ  の  残  ん  と  た  で  っ  た  ま   ` た  か  っ  人  な  よ  と  て  わ    
   覗     ょ  て  た   ゜ っ  と  も  ち  ね  て  の  で  い  の  ま  て  間  く  ね  で  極  け    
   き     う  こ  し     て  の  わ  に   ゜ し   ゜ が  く   ゜ い  い  の  て   ゜ ど  端   ゜   
   込     ね  と  の     い  こ  か  は  だ  ま  た  ほ  ら     な  う  顔  創  だ  れ  だ       
   ん      ゜ 自  話     る  と  ら  ど  け  う  と  ん  な     し  内  が  作  け  が  と       
   で     :  体   ゜    の  に  な  こ  ど  な  え  と  ん     に  容  と  物  ど  嘘  思       
   そ     :   ` だ     は  な  く  ま   ` ん  ば  の  で     み  を  つ  と   ` か  わ       
   う     ち  あ  け     わ  っ  な  で  そ  て  顔  こ  も     ん  含  ぜ  し  そ  な  な       
   つ     ょ  な  ど     た  て  っ  が  の  話  だ  と  そ     な  ん  ん  て  の  ん  い       
   ぶ     っ  た  人     し  し  て  事  情  や  け  と  こ     事  で  動  記  シ  て  ?       
   や     と  に  間     と  ま  し  実  報  世  じ  し  ま     実  さ  物  憶  ス  そ          
   い      ` 話  の     あ  っ  ま  で  に  界  ゃ  て  で     と  え  の  し  テ  ん  実       
   て     無  し  顔     な  た  っ  ど  依  が  な  流  は     し  い  も  て  ム  な  際       
   い     理  た  が     た  :  た  こ  存  戦  く  れ  な     て  れ  の  い  は  に  の       
   る     が  ら  動     だ  :  の  ま  し  争  て  る  い     記  ば  に  た  新  簡  と       
    ゜    あ  笑  物     け   ゜  ゜ で  き  に  全  よ  で     憶  ど  変  過  し  単  こ       
   眠     る  わ  の     っ     そ  が  っ  な  身  う  し     し  ん  わ  去  い  に  ろ       
                                                                             
END TOP (P.5) BACK NEXT

 
   っ  見     は  き  く  し  す  た  が  拒     ん     と  が  の  い        と  聞  た  り    
   た  て  そ  ぎ  て  て  か  べ  だ  既  絶  そ  て  少  に  や  多  ろ  そ  |  を  か  し  続    
   の  い  ん  の  そ   ` も  て  そ  に  さ  れ  話  な  な  っ  さ  言  の  |  思  せ  は  け    
   だ  る  な  よ  れ  ま  そ  の  れ  持  れ  で  よ  く  る  ぱ  に  わ  シ  そ  っ  て  そ  る    
   け  よ  ふ  う  ぞ  っ  れ  情  に  っ  る   ` り  と  の  り  処  れ  ス  れ  た  い  の  あ    
   ど  う  う  な  れ  た  は  報  は  て  よ  処  は  も  で  そ  理  て  テ  じ  り  る  子  な    
    ` な  に  も  の  く  も  を  も  い  う  理  ず  さ  し  の  機  い  ム  ゃ  し  母  供  た    
   そ  支  し  の  か  関  と  何  う  る  に  能  っ  っ  ょ  中  能  る  が  あ  て  親  が  は    
   れ  離  て  ば  け  係  も  度  何  情  な  力  と  き  う  で  が  ん  壊   ` い  っ  眠  ま    
   で  滅  流  か  ら  な  と  も  の  報  っ  を  ほ  の  ね  も  追  で  れ  話  る  て  ろ  る    
   も  裂  さ  り  を  い  あ  何  抑  を  た  超  ん   ┐  ゜ い  い  し  た  を   ゜ こ  う  で    
   ち  な  れ  だ  無  情  っ  度  え  出  の  え  と  人     ち  つ  ょ  原  変     と  と  子    
   ゃ  も  た  っ  作  報  た  も  も  力   ゜ た  っ  間     ば  か  う  因  え     に  す  供    
   ん  の  情  た  為  を  形  繰  な  す  そ  情  ぽ  の     ん  な  け  に  る     な  る  み    
   と  ば  報  の  に  い  で  り  く  る  し  報  い  顔     現  く  ど  つ  ね     る  時  た    
   意  か  は   ゜ 繋  く  流  返  て  だ  て  は  で  が     実  な   ` い   ゜    の  に  い    
   味  り  ほ     ぎ  つ  れ  し   ` け  シ  そ  し  動     的  っ  入  て        か  枕  で    
   の  に  ん     合  も  た  流  記  に  ス  れ  ょ  物     な  た  力  は        な  も   `   
   通  な  と     わ  取  わ  し  憶  な  テ  か  う  に     も  っ  さ  他         ` と  そ    
   る  っ  に     せ  り  け  て  し  っ  ム  ら  ?  :     の  て  れ  に        な  で  れ    
   文  て  夢     た  出  じ  い  て  た  は  入     :     っ  い  る  も        ん  お  な    
   章  し  で     つ  し  ゃ  た  い  の  自  力    └      て  う  情  い        て  話  ら    
   に  ま  も     ぎ  て  な  の  る   ゜ 分  を     な     こ  の  報  ろ        こ  を  わ    
                         ゜                                                   
END TOP (P.6) BACK NEXT

 
   た  だ  遠  の     ?  そ  ら  れ  こ     る  の  思     は  を     ん  の         ┐ な    
   と  と  い   ゜ だ     の  め  を  に  そ  夢  わ  う  だ  ほ  し  こ  と   ゜ し  :  我  っ    
    ` し  国  わ  け  そ  画  な  見  は  こ  の  た   ゜ け  ん  て  ん  に  そ  か  :  が  て    
   あ  て  か  た  ど  こ  面  話  て  平  に  中  し  た  ど  と  る  な  戦  し  も  な  国  し    
   な  も  ら  し  ね  に  に  ば   ┐ 和  あ  を  と  ぶ   ` に  の  話  争  て  そ  ん  は  ま    
   た  そ  流  に   ` あ  映  か  ほ  な  る  漂  同  ん  そ  自  か  で  へ  そ  れ  て  貴  う    
   と  ん  れ  は  ほ  る  る  り  ら  世  モ  っ  じ   ` れ  分 └   も  と  れ  を  ね  国  こ    
   暮  な  て  わ  ん  の  世  す   ` 界  ニ  て  よ  世  だ  で   ` あ  向  を  読   ゜ に  と    
   ら  こ  く  た  と  は  界  る  戦  が  タ  い  う  界  け  見  な  な  か  信  ん     対  も    
   す  と  る  し  は  嘘  は  な  争  あ  |  る  に  も  で  た  ん  た  っ  じ  で     し  あ    
   こ  は  も  の  そ  の  ほ └   な  る  の  も   ゜ 夢  は  も  て  は  て  た  真     核  る    
   の  関  の  夢  ん  世  ん  と  ん  か  ス  の  わ  を  見  の  言   ┐ し  人  に     ミ  も    
   部  係  が  が  な  界  と  言  て  も  イ  な  た  見  え  し  う  ま  ま  間  受     サ  の    
   屋  な  軍  あ  こ  か  に  う  起  し  ッ  の  し  て  な  か  の  た  っ  た  け     イ  な    
   と  い  歌  る  と  も  信  か  こ  れ  チ  か  た  い  い  信  で  そ  た  ち  て     ル  の    
    `  ゜ だ  の  は  し  じ  も  っ  な  を  も  ち  る  も  じ  し  ん  わ  の  し     を  ね    
   あ  わ  と  だ  ど  れ  ら  し  て  い  入  し  は  も  の  な  ょ  な  け  た  ま     発   ゜   
   な  た  し  か  う  な  れ  れ  い   ゜ れ  れ  世  の  も  い  う  い   ゜ め  う     射       
   た  し  て  ら  だ  い  る  な  な  あ  て  な  界  な  あ  の  ね  い     に  人     せ       
   と  に  も   ゜ っ  の  の  い  い  な  み  い  が  の  る  だ   ゜ 加     世  間     り       
   過  は  子  た  て  に  か   ゜  ゜ た  れ   ゜ 見   ゜ の  か  あ  減     界  も    └        
   ご  あ  守  と  い   ゜ し  で  で  は  ば     て  い  だ  ら  な  な     は  い             
   す  な  歌  え  い     ら  も  た  そ  そ     い  ま  と   ゜ た  話     ほ  た             
                         `                                                   
END TOP (P.7) BACK NEXT

 
   に      ┐    な  れ            ┐ る  :  醒  と  去     い  て        な  し  い  こ    
   微  そ  さ  |  ゆ  も  こ  あ  暮  :  こ  :  め  が  に  夢  う  こ  夢  あ  い  続  時  の    
   笑  う  あ  |  っ  生  こ  な  れ  :  と  だ  れ  出  な  と  も  と  を  な   ゜ け  間  時    
   み  言   ` そ  た  き  に  た  て  ほ  を  か  ば  来  っ  写  の  は  見  た  わ  て  な  間    
   か  っ  次  れ  り  残  る  が  い  ら  願  ら  そ  る  て  真  は  な  た  は  た  い  ん  が    
   け  て  は  が  と  っ  の  目  く   ` っ  わ  れ  か  し  は  な  い  と  ど  し  ら  て  い    
   た  わ  ど  こ  し  て  は  を  部  も  て  た  は  ら  い  似  い  の  し  ん  に  れ  必  つ    
    ゜ た  ん  の  た  い  あ  醒  屋  う  い  し  瞬   ゜ ま  て   ゜ で  て  な  は  る  要  ま    
      し  な  お  時  な  な  ま  を  夜  る  は  く  だ  っ  い  だ  し  も  夢  こ  の  な  で    
      は  話  話  間  い  た  す  見  が   ゜ こ  間  け  た  る  か  ょ  あ  を  の  な  い  も    
      ま  を   ゜ だ  く  と  の  つ  来     の  に  ど  時  ね  ら  う  な  見  夢  ら   ゜ 続    
      だ  し     け  て  わ  は  め  る     夢  失  夢  を   ゜ そ  ね  た  て  し  そ  こ  け    
      眠  よ     が   ` た  い  な  よ     を  わ  に  鮮  写  の   ゜ は  い  か  れ  ん  ば    
      り  う     残  後  し  つ  が └      醒  れ  は  や  真  時  あ  そ  る  な  で  な  い    
      か  か     っ  に  だ  か  ら        め  て  形  か  と  間  な  れ  の  い  も  ふ  い    
      ら  し     て  は  け  し  つ        る  い  な  に  同  は  た  を  ?  の  う  う   ゜   
      醒  ら     い  眠   ゜ ら  ぶ        こ  っ  ん  思  じ  わ  に  憶     だ  他  に  わ    
      め └      る  っ  他   ゜ や        と  て  て  い  よ  た  は  え     か  に  あ  た    
      な         ゜ て  に     い        な  し  も  出  う  し  夢  て     ら  は  な  し    
      い           い  は     た        く  ま  の  さ  に  の  の  い      ゜ 何  た  に    
      あ           る  も      ゜       見  う  は  せ  夢  も  時  る        も  に  は    
      な           よ  う              続  も  な  る  も  の  間  な        い  話  新    
      た           う  だ              け  の  い  こ  過   ゜ と  ん        ら  を  し    
                                        ゜  ゜                                 
END TOP (P.8) BACK NEXT

「08.見えない小鳥」を読む