「07.DOLL HOUSE」を読む

08.見えない小鳥


 START 

 
   は      ┐  ┐ じ  な  い  め   ┐     ┐  ┐ 秋  て  た  っ  様  い  な  き      ┐         
   少  今  う  |  長  る  く  ば  :  原  こ  終  の  い  ち  て  子  靄  濃  な  芝  こ          
   し  回  |  |  さ  よ  つ  わ  :  稿  の  わ  中  く  が  い  が  の  さ  が  生  れ          
   変  の  ん  っ  だ  う  も  か  あ  の  話  り  に   ゜ 立  る  い  よ  を  ら  の  で     見    
   わ  そ  :  て  け  に  続  る   ` ほ  の  っ  佇  そ  ち  の  や  う  失  聞  上  も     え    
   っ  の  :  こ  ど  し  け  と  そ  う  こ  て  ん  し  止  を  で  だ  い  い  に  う     な    
   た  話 └   と └   て  て  思  れ  を  と  ?  で  て  ま  実  も  っ   ` て  寝  終     い    
   印  は     は     る  る  う  ?  目 └  └   い  気  っ  感  目  た  そ  み  転  わ     小    
   象  い     ま     か  ん  け     で        る  が  て  し  に   ゜ こ  た  ん  り     鳥    
   が  ま     だ     ら  だ  ど  そ  示        の  つ  い  た  入  草  に   ゜ で  ?          
   し  ま     続     ね  け   ゜ の  し        だ  い  た  よ  っ  の  懸  空  読 └           
   た  で     く      ゜ ど  い  話  て        っ  た  と  う  て  上  か  の  ん             
    ゜ き     っ     次   ` ま  は  言        た  ら  し  な  き  で  る  青  で             
   そ  み     て     に  長  書  こ  っ         ゜ 僕  て  気  て  寝  雲  は  い             
   れ  が     こ     書  さ  い  れ  た           た  も  に   ` 転  は  夏  た             
   ぞ  書     と     い  は  て  で   ゜          ち  時  な  そ  ん  う  に  原             
   れ  い     だ     て  そ  る  終              は  だ  っ  れ  で  っ  見  稿             
   独  て     ね     る  れ  の  わ              こ  け  た  で  い  す  せ  を             
   立  い    └      話  ぞ  は  り              う  は  り  季  る  ら  て  頭             
   し  た           も  れ  短  だ              し  必  す  節  と  と  い  の             
   て  も           ま  同  い  よ              て  ず  る  が  そ  し  た  横             
   完  の           た  じ  話   ゜             ま  過   ゜ 替  ん  た  よ  に             
   結  と           同  に  を  読              た  ぎ  僕  わ  な  白  う  置             
                                                                             
END TOP (P.1) BACK NEXT

 
    ┐  ┐  ┐ て  嘘  っ  最  信   ┐  ┐ い  つ  な  場  盾  な  ろ  う  世  て  な  に  が  し    
   私  や  :  こ  っ  て  後  す  で  こ  の  の  流  人  し  こ  き  か  界  い  ら  な  本  た    
   は  っ  :  と  て  る  に  る  も  の  だ  ス  れ  物  て  と  み  と  が  る  同  っ  当  短    
   ど  ぱ  う  な  こ  よ  あ  た   ` 話  ろ  ト  が  が  い  は  の  い  同  話  じ  て  に  い    
   れ  り  ん  の  と  ね  っ  め  何  っ  う  |  一  同  る  な  話  う  じ  な  長  い  無  話    
   が  後   ` か  ?   ゜ た  の  と  て   ゜ リ  定  じ  よ  く  は  の  だ  ん  さ  る  関  が    
   本  の  ま  な     こ  話  機  な  基     |  だ  と  う  て  繋  は  っ  じ  で  世  係  い    
   当  ほ  あ └   そ  れ  っ  械  く  本     と  と  い  に   ` が  ま  た  ゃ  書  界  な  く    
   か  う └      れ  っ  て  が  似  的     し  も  う  感  他  っ  た  か  な  い  が  の  つ    
   っ  が        と  て  途  出  て  に     て  思  わ  じ  の  て  別  ら  い  て  似  か  も    
   て  本        も  ど  中  て  る  は     繋  え  け  る  話  い  な  と  か  い  た  が  あ    
   の  当         ` っ  で  き  よ  1     が  な  で  部  の  る  の  い  と  る  よ  よ  る    
   は  な        も  ち  主  た  ね  話     っ  い  も  分  中  の  だ  っ  い  と  う  く  の    
   ど  の        し  か  人  り   ゜ 完     て  か  な  も  に  か  ろ  て  う  い  な  わ  だ    
   う  ?        か  が  公  し  戦  結     い  ら  い  け  書  と  う  話  気  う  話  か  け    
   で └         し  本  の  て  争  な     る   ` だ  っ  い  思  け  が  も  こ  も  ら  ど    
   も           て  当  話   ゜ が  ん     と  少  ろ  こ  て  っ  ど  続  し  と  あ  な   `   
   い           両  で  の  :  あ  だ     い  な  う  う  あ  て   ゜ い  て  も  る  か  そ    
   い           方  も  内  :  っ  よ     う  く  し  あ  る  読  実  て  く  あ  か  っ  の    
   気           と  う  容  そ  た  ね     こ  と   ` っ  こ  む  際  い  る  っ  ら  た  そ    
   が           も  一  が  う  り └      と  も  時  た  と  と  の  る   ゜ て   `  ゜ れ    
   す           嘘  方  変  だ   `       は  ひ  間   ゜ と  そ  と  か  ま  続  そ  背  ぞ    
   る           っ  が  わ   ` 通        な  と  的  登  矛  ん  こ  ど  あ  い  れ  景  れ    
                                                             `               
END TOP (P.2) BACK NEXT

 
    ┐ の   ┐ ト     ん     ∧  通      ┐  ┐ と      ┐ る  も     ざ   ┐  ┐  ┐    ん    
   2  に  2  ベ  僕  そ  と  ま  り  僕  :  ね  言  そ  う  よ  の  実  わ  い  わ  :  き  だ    
   年  し  年  ル  が  れ  つ  だ  に  た  :   ` お  う  う  う  を  際  ざ  や  か  :  み  よ    
   前  て  前  ト  そ  は  ぜ  帰  停  ち  う  そ  う  言  ん  な  読   ` 訊   ` り  う  は  ね    
   :  み  に  を  ん  き  ん  り  め  は  ん  ろ  と  っ   ` 気  ん  情  く  あ  に  |  困 └     
   :  た  書  締  な  み   ` た  て  立   ` そ  し  て  伝  が  だ  け  ほ  や  く  ん  っ       
   ?  い  い  め  こ  の  そ  く  い  ち  そ  ろ  た  き  わ  し  頃  な  う  ま  か   ` た       
  └   な  た  終  と  話  ん  は  た  上  う  行  僕  み  ら  て  は  い  が  る  っ  そ  よ       
      っ  短  わ  を  の  な  な  車  が  だ  か  よ  は  な  い  何  話  変  こ  た  っ  う       
      て  い  っ  考  中  言  い  へ  っ  ね  な  り  笑  い  た  も  だ  な  と  ?  か  な       
      言  話  て  え  に  葉  ∨   ` た └   い  先  っ  の  の  聞  と  ん  な    └   顔       
      っ  で  い  て  出  が     並   ゜    ?  に  た  は  に  か  思  だ  ん  ご     で       
      て   ` た  い  て  頭     ん  そ    └   き   ゜ 作  :  な  っ  か  か  め     そ       
      た  そ   ゜ る  き  に     で  し        み  |  者  :  く  た  ら  な  ん     う       
      の  の     あ  た  浮     歩  て        は  |  が   ゜ っ   ゜ :  い └      言       
      :  う     い  台  か     い  公        言  そ  へ     た  初  :  よ        っ       
      :  ち     だ  詞  ん     た  園        葉  ん  た     っ  め └    ゜       た       
      覚  も     に  な  だ      ゜ を        を  な  だ     て  て     こ         ゜      
      え  っ     き  の   ゜       出        続  こ  か     何  き     ん                
      て  と     み  だ  :        て        け  と  ら     で  み     な                
      る  長     は  ろ  :        す        た  な  だ     も  の     こ                
      ?  い     シ  う  た        ぐ         ゜ い  よ     わ  書     と                
     └   も     |   ゜ ぶ        の           よ └      か  く     わ                
                                           `                                 
END TOP (P.3) BACK NEXT

 
   と  時  て            ┐  ┐ れ   ┐ と  い        な      ┐ に  と  て   ┐ た          
   い  ほ  く  あ  |  あ  ん  :  な  こ  も  る  僕  交   ゜ 感  :  な  思  い  や  頃  2  話    
   う  ど  れ  の  |  の   ゜ :  い  れ  そ   ゜ た  差  そ  じ  :  っ  っ  う  っ  だ  年  し    
   こ  自  て  時  信  こ  何  え └   書  の  信  ち  点  う  が  そ  て  た  の  ぱ   ゜ 前  な    
   と  分  あ   ` 号  と  と  !?     き  向  号  は  の  言  変  う  る  も  は  り      ゜ が    
   を  が  り  僕  が  が  な        終  こ  が  黙  信  い  わ   ゜ よ  の  そ  も     :  ら    
   思  き  が  は  青  あ  く  ど     わ  う  青  っ  号  か  っ  そ  う  な  の  う     :  車    
   っ  み  と  何  に  っ  ね  う     っ  に  に  て  が  け  た  う  な  ん  話  覚     僕  を    
   た  に  う  も  替  た └   し     た  広  替  い  黄  た  の  だ  気  だ  を  え     た  発    
   こ  と └   出  わ  か     て     ら  が  わ  た  色  言  は  っ  も  よ  ち  て     ち  進    
   と  っ  と  来  る  ら     ?     も  っ  る   ゜ か  葉  時  た  す  ね  ょ  な     が  さ    
   は  て  言  な   ゜ な    └      う  て  の  き  ら  を  間  ん  る   ゜ っ  い     文  せ    
   な  何  っ  か  ま  の           お  い  を  み  赤  呑  が  だ  け  何  と  か     芸  る    
   か  の  て  っ  た  だ           話  る  待  は  に  み  過 └   ど  か  別  な     サ   ゜   
   っ  力  く  た  車  ろ           書  空  っ  前  替  込  ぎ     ね  だ  の   ゜    |       
   た  に  れ   ゜ を  う           く  を  て  の  わ  ん  た    └   い  形  い     ク       
    ゜ も  た  き  走  か           の  眺  い  ほ  っ  だ  か        ぶ  で  ま     ル       
      な  け  み  ら   `          や  め  る  う  た   ゜ ら        違  書  書     で       
      れ  れ  は  せ  と           め  て  の  を   ゜    :        う  い  い     初       
      な  ど   ┐ る  思           る  い  か  見        :        感  て  て     め       
      い   ` 励   ゜ っ           か  る   ` つ        な        じ  み  る     て       
      の  あ  ま     た           も  の  そ  め        の        の  よ  話     会       
      だ  の  し      ゜          し  か  れ  て        か        話  う  っ     っ       
                                  ゜                                          
END TOP (P.4) BACK NEXT

 
   で  た  が  感   ┐     ┐ 推  や  の  B   ┐  ┐ た  は  別  が  い   ┐     ┐  ┐  ┐  ┐   
   し  と  あ  じ  普  何  :  理  っ  ふ  だ  だ  う  ら  B  の   ┓ た  た  き  あ  ど  さ  さ    
   ょ  え  き  で  通  が  :  を  ぱ  た  っ  け  ん  普  だ  探  犯  手  と  み  あ  っ  っ  っ    
    ゜ ば  れ  ず  は  言  や  す  り  つ  て  ど   ` 通  っ  偵  人  記  え  は   ` ち  き  き    
   だ  A  る  っ  そ  い  っ  る  犯  目  こ  そ  そ  は  た  役  は  が  ば  僕  :  が  の  の    
   け  が  ほ  と  う  た  ぱ  の  人  の  と  の  れ  B  ん  が  A  あ  ミ  の  :  本  話  話    
   ど  犯  ど  A  い  い  り   ゜ は  手  に  話  は  が  だ  後  だ  る  ス  ほ  そ  当  っ  だ    
    ` 人  繰  犯  う  ん  A  そ  A  記  な  は  そ  犯 ┗   か ┗   の  テ  う  れ  で  て  け    
   そ  だ  り  人  こ  だ  が  こ  だ  を  っ  そ  う  人  っ  ら  っ   ゜ リ  を  が  ど  ?  ど    
   れ  っ  返  説  と  ろ  犯  で  っ  読  た  こ  だ  だ  て  別  て  そ  |  少  ?  っ └   さ    
   で  て  さ  と  に  う  人  話  た  ん  部  で  ね  っ  言  の  言  の  で  し └   ち     :    
   も  こ  れ  B  な  か  っ  が  の  だ  分  終 └   て  う  推  う  手  さ  だ     が     :    
   も  と  て  犯  る  と  て  終  だ  最  も  わ     思  の  理  ん  記   ` け     嘘    └     
   し  で  い  人  よ  思  こ  わ ┗   初  実  っ     う   ゜ を  だ  の  最  向     か          
   そ  完  っ  説  ね  っ  と  っ  っ  の  は  て     よ  そ  し  け  中  初  い     っ          
   の  結  て  と   ゜ た  だ  た  て  探  手  な     ね  こ  て  ど  に  に  た     て          
   小  し   ` の  で   ゜ よ  ら  ま  偵  記  い    └   で   ┓  ` 出  事   ゜    い          
   説  て  そ  ど  も     ね  ど  た  役  な  の        話  い  手  て  件        う          
   を  い  れ  ん  さ     ?  う  別  が  の   ゜       が  や  記  き  の        話          
   途  た  で  で   `   └   思  の   ┓  ゜ 真        終   ` を  た  顛       └           
   中  と  最  ん  そ        う  新  い  で  犯        わ  真  読  探  末                   
   の  す  後  返  ん        ?  し  や   ` 人        っ  犯  ん  偵  を                   
   B  る  は  し  な       └   い   ` そ  が        て  人  だ  役  書                   
                                                                             
END TOP (P.5) BACK NEXT

 
   て  だ  て  推  だ  て   ┐  ┐ り  と  の   ┐ て  な   ┐ た  は   ┐ 考  後   ┐ 相  し  犯    
    ` か  も  理  っ  最  意  で  犯  が  あ  そ  :  く  そ  ら  2  そ  え  ま  う  だ  た  人    
   何  ら  そ  っ  て  後  味  も  人  き  と  う  :  な  ん   ` 番  れ  た  で  |  と  ら  説    
   を  さ  の  て  決  に  が   ` は  に  が   `└   る  な  ど  目  じ  も  読  ん  信   ` ま    
   信   ` 文  意  ま  み  な  そ  A  だ  き  意     よ  :  う  の  ゃ  の  ん   ` じ  そ  で    
   じ  何  章  味  っ  ん  い  れ  か  っ  の  味      ゜ :  ?  手  あ  が  で  確  ち  の  し    
   る  が  は  が  て  な  っ  じ  も  て  言  な     し   ゜└   記   ` 真  い  か  ゃ  読  か    
   か  本  そ  な  る  を  て  ゃ  し  意  葉  ん     か  そ     の  そ  相  な  に  う  者  読    
    ` 当  こ  い  ん  集  言  何  れ  味  を  て     も  れ     B  の  に  い  そ  こ  は  ま    
   信  か  に  わ  だ  め  う  を  な  は  信  な     あ  じ     犯  小  な  わ  う  と   ┐ な    
   じ   ` あ  け  か  た  の  信  い  な  じ  い     と  ゃ     人  説  る  け  だ  も  B  い    
   ら  何  る  で  ら  時  な  じ  よ  い  れ  の     が  2     説  の  わ  だ  け  出  が  で    
   れ  が  も  し  そ  に  ら  た └   か  ば  か     き  番     が  あ  け  し  ど  来  犯  や    
   る  嘘  の  ょ  れ  発  普  ら └   も  ね  も     で  目     真  と  じ   ` ね  る  人  め    
   か  か  な   ゜ よ  表  通  い     し   ゜ し     そ  以     相  が  ゃ  :   ゜ わ  だ  ち    
   っ  っ  ん  で  り  さ  の  い     れ  で  れ     ん  降     で  き  な  :  で  け └   ゃ    
   て  て  だ  も  前  れ  ミ  ん     な  も  な     な  の     す  で  い  や  も  で  っ  っ    
   こ  こ  と   ` に  る  ス  だ     い   ` い     こ  手    ┗   作  の  っ  そ  し  て  た    
   と  と  思  意  考  推  テ  ?     し  そ   ゜    と  記     っ  者  か  ぱ  れ  ょ  い  人    
   が  じ  う  味  え  理  リ └       ` れ  読     書  の     て  が  な  り  は └   う  が    
   大  ゃ   ゜ は  ら  が  |        や  な  者     く  意     書   ┓└   作  話     の  い    
   事  な  |  な  れ  真  だ        っ  ら  が     な  味     い  本     者  を     を  た    
   な  く  |  く  た  相  っ        ぱ  あ  そ     ん  が     て  当     が  最     真  と    
                                                                             
END TOP (P.6) BACK NEXT

 
   分  言  て  の  ゃ      ┐ 間  言   ┐ く  た  き  だ  そ  の     だ  た      ┐ そ  ば  こ    
   の  葉  よ  本  い  い  :  な  う  今  て  く  っ  け  れ  言  以  け   ゜ 僕  あ  う  ん  と    
   知  に  け  当  け  つ  :  ん  け  回  も  さ  と  ど  が  お  前  な  :  は  あ  い  大  じ    
   ら  出  い  の  な  の  そ  て  ど  の  想  ん  僕  い  何  う  は  の  :  や   ` う  事  ゃ    
   な  来  に  気  い  間  う  ど   ` 話  い  あ  た  つ  も  と  も  か  と  っ  :  こ  だ  な    
   い  な  見  持  こ  に  だ  ん  私  は  は  っ  ち  の  話  し  っ  も  い  と  :  と  と  い    
   と  い  え  ち  と  か  ね  ど  が  大  伝  た  に  間  さ  て  と  し  う  き  そ  な  は  か    
   こ  想  な  は  に  何 └   ん  の  変  わ  は  は  に  な  い  わ  れ  か  み  う  ん  限  と    
   ろ  い  く  そ  は  か     先  ろ  だ  る  ず  話  か  く  る  か  な   ` が  か  だ  ら  思    
   で  は  な  う  触  を     に  の  よ  も  な  さ  そ  て  こ  っ  い  わ  言 └   と  な  う    
   獣  ど  っ  し  れ  話     行  ろ   ゜ の  の  な  れ  も  と  て  け  か  お     思  い  ん    
   の  う  て  て  な  す     っ  書  事  だ  だ  き  が  伝   ` い  れ  っ  う     う  し  だ    
   よ  な  い  交  い  こ     ち  い  実  と  ろ  ゃ  伝  わ  き  た  ど  た  と    └    ゜  ゜   
   う  る  っ  わ  よ  と     ゃ  て  は  信  う  い  わ  っ  み  よ   ゜ よ  し        :  小    
   な  の  た  さ  う  で     う  る  小  じ   ゜ け  り  て  が  う     う  て        :  説    
   姿  だ  の  れ  に  本     ん  あ  説  て  だ  な  に  き  考  な     な  い        私  だ    
   に  ろ  か  る  し  当     だ  い  よ  い  け  い  く  た  え  気     気  た        が  っ    
   な  う  も  言  て  に     か  だ  り  た  ど  言  く  の  て  が     に  こ        書  て    
   っ   ゜ し  葉  い  言     ら  に  奇  :  そ  葉  な  だ  い  す     な  と        き  最    
   て  そ  れ  に  た  わ     ね  現  な  :  れ  が  っ  と  る  る     っ  が        た  後    
   い  れ  な  囲   ゜ な    └   実  り   ゜ を  も  て  思  こ   ゜    て  わ        い  が    
   る  は  い  ま  き  く        の  っ     し  っ  い  う  と  き     い  か        の  い    
   の  自   ゜ れ  み  ち        時  て     な  と  た   ゜  ゜ み     る  っ        も  ち    
                                           ゜                                 
END TOP (P.7) BACK NEXT

 
   風         ┐ ら  も  れ  か     て  き  ご  と  な  と  し      ┐  ┐ た  じ  と  こ  か    
   に  そ  き  ふ  れ  笑  ほ  ご  そ  い  だ  の  を  の  一  て  き  う  何  く  ゃ  は  と  も    
   運  の  み  う  る  い  ど  な  れ  る  と  扉  口  か  緒  飛  っ  ん  か  て  な  ね  を  し    
   ば  た  は  :  よ  な  遠  ん  で   ゜ い  を  に  も  に  び  と   ` っ  書  い   ` 考  れ    
   れ  め  小  :  う  が  く  て  も  そ  う  開  す  し  い  立  き  そ  て  い  っ  こ  え  な    
   て  息  さ └   に  ら  は  も   ` し  気  け  る  れ  る  と  み  う   ` て  て  の  て  い    
   い  が  く     な  き  な  の  き  て  持  る  こ  な  こ  う  の  な  :  る  気  話  し   ゜   
   く  そ  た     り  み  い  は  み  こ  ち  よ  と  い  と  と  心  の  :  よ  が  っ  ま  き    
   の  っ  め     た  の  の  本  が  れ  は  う  な   ゜ は  し  の  か  何  う  す  て  う  み    
   を  と  息     い  飛  だ  当  自  か  本  な  ん  だ  そ  て  中  も  を  な  る  何  の  の    
   僕  車  を      ゜ び  ろ  は  分  ら  当  こ  て  け  の  い  に  し  信  気   ゜ か  は  場    
   は  の  つ     そ  立  う  な  の  も  の  と  出  ど  小  る  い  れ  じ  が  そ  が  感  合    
   見  中  い     ん  っ   ゜ い  こ  そ  こ  は  来   ` 鳥  の  る  な  る  す  う  言  傷  な    
   た  を  た     な  て  :  ん  と  れ  と  :  な  い  を  だ  小  い  か  る  じ  い  に  ら    
   よ  吹   ゜    ふ  い  :  だ  を  は  だ  :  い  ま  閉  と  鳥 └   っ  ん  ゃ  た  過  小    
   う  き        う  く  そ  と  閉  変  し   ゜  ゜ の  じ  思  は     て  だ  な  く  ぎ  鳥    
   な  抜        に  先  の  気  じ  わ   ` き  ま  僕  込  う  新     こ └   く  て  る  か    
   気  け        考  を  日  が  込  ら  僕  み  だ  に  め   ゜ し     と     て  書  か  な    
   が  て        え  見  ま  つ  め  な  は  の  僕  は  て  こ  い     ?     何  い  な  :    
   し  い        て  守  で  く  て  い  そ  こ  か  そ  い  う  何    └      か  て   ゜ :    
   て  く        い  っ  に  の  い  か  う  と  ら  ん  る  し  か           が  る   ┐ な    
   い  秋        た  て  は  も  る  ら  信  を  鳥  な  だ  て  を           訊  わ  ほ  ん    
   た  の         ゜ い  僕  そ  鳥   ゜ じ  好  か  こ  け  僕  探           き  け  ん  て    
    ゜                                                                        
END TOP (P.8) BACK NEXT

「09.ふたり」を読む