「08.見えない小鳥」を読む

09.ふたり


 START 

 
   は        に  交  用  れ  の  込  を  通     実  い  究  い     る  女  旅  町             
   他  同  そ  な  換  し  れ  交  み  電  信  そ  験  う  の  く  ふ  も  に  を  で  い          
   に  じ  の  る  が   ` ば  換   ` 波  手  の  の  わ  た  つ  た  の  は  始  暮  ま          
   も  よ  試  は  よ  ど   ` を  そ  に  段  研  た  け  め  か  り  は  彼  め  ら  か     ふ    
   い  う  作  ず  け  ん  そ  可  れ  換  を  究  め  で  に  の  は  何   ` た  し  ら     た    
   た  に  機  で  い  な  れ  能  に  え  開  と  に  は  そ  研  あ  ひ  ふ  時  て  ほ     り    
   の  そ  が  し  な  に  は  に  よ  る  発  い  そ  あ  こ  究  る  と  た   ` い  ん          
   で  の  ふ  た  道  遠  世  し  っ  こ  す  う  こ  り  に  を  場  つ  り  い  ま  の          
   す  試  た   ゜ 具  く  界  よ  て  と  る  の  で  ま  住  し  所  あ  に  え  し  少          
   が  作  り     を  離  中  う  言  が  た  は  育  せ  ん  て  か  り  と   ` た  し          
    ` 機  に     持  れ  に  と  葉  出  め  人  て  ん  で  い  ら  ま  っ  そ   ゜ だ          
   そ  を  は     つ  た  広  し  も  来  の  間  ら   ゜ い  る  逃  せ  て  れ  ふ  け          
   の  埋  埋     こ  相  が  て  文  る  も  と  れ  そ  ま  場  げ  ん  互  以  た  昔          
   中  め  め     と  手  る  い  字  超  の  人  て  の  し  所  て  で  い  前  り   `         
   で  込  込     な  と  通  た  も  小  で  間  い  研  た  で  き  し  の  か  に  ふ          
   も  ま  ま     し  も  信  の  必  型  し  の  た  究   ゜  ` た  た  存  ら  は  た          
   他  さ  れ     に  速  網  で  要  回  た  あ  の  で  研  ふ  の   ゜ 在  彼  身  り          
   の  れ  て     行  く  を  す  と  路   ゜ い  で  行  究  た  で     以  に  寄  の          
   人  て  い     わ  正  合   ゜ し  を  人  だ  す  わ  者  り  す     外  は  り  男          
   間  い  た     れ  確  わ  実  な  脳  間  の   ゜ れ  だ  も   ゜    に  彼  が  女          
   と  た  の     る  な  せ  用  い  に  の  新     て  っ  あ  そ     は  女  な  が          
   は  人  で     こ  情  て  化  意  埋  思  し     い  た  る  こ     頼   ` く  あ          
   比  間  す     と  報  利  さ  思  め  考  い     る  と  研  は     れ  彼   ` る          
          ゜                                                                  
END TOP (P.1) BACK NEXT

 
   る  し  奥  た  し  で  が     分  わ  い     と  の  の     の  っ     り  度  の  こ  較    
   よ  た  深  し  ず  し  合  ふ  た  け  う  そ  ま  ふ  通  で  よ  た  機  に  の  端  な  に    
   う  が  く   ` つ  た  っ  た  ち  で  わ  の  で  た  信  も  う  こ  械  互  人  末  し  な    
   な   ` に  町  ぼ   ゜ て  り  の  も  け  施  は  り  が   ` な  と  自  い  間  に  て  ら    
   こ  そ  潜  の  や  ま  い  が  暮  あ  で  設  わ  が  成  研  も  と  体  の  ば  短  い  な    
   と  こ  め  周  け  わ  る  暮  ら  り  も  で  か  そ  功  究  の  は  の  意  か  い  た  い    
   も  に  た  辺  さ  り  の  ら  し  ま  な  は  り  こ  し  者  も  別  性  思  り  文  の  ほ    
   な  住  森  に  せ  を  で  し  を  せ  く  非  ま  か  て  た  影  に  能  疎  の  章  が  ど    
   く  む  が  は  な  取  は  て  送  ん  厳  人  せ  ら  い  ち  響   `  ` 通  中  を  そ  そ    
   受  人  広  暗  が  り  な  い  る   ゜ 重  道  ん  逃  る  に  し  通  機  が  で  出  の  の    
   け  々  が  い  ら  囲  い  た  た  し  な  的  で  げ  こ  と  て  信  械  出   ` 力  ふ  能    
   入  は  っ  闇  遙  ん  か  の  め  か  監  な  し  出  と  っ  い  し  と  来  ふ  す  た  力    
   れ  ふ  て  と  か  だ  と  は  に  し  視  生  た  す  は  て  た  て  人  た  た  る  り  を    
   て  た  い  鋭  遠  山  思  む  逃   ` が  活   ゜ 話  わ  は  の  い  間  の  り  こ  で  自    
   く  り  ま  い  く  並  え  し  げ  そ  布  を     を  か   ` だ  る  の  で  だ  と  し  分    
   れ  の  す  牙  ま  み  る  ろ  出  れ  か  強     し  っ  ふ  と  人  脳  す  け  が  た  の    
   た  こ   ゜ を  で  は  よ  村  し  で  れ  い     て  て  た  考  間  と   ゜ は  出   ゜ も    
   の  と  そ  持  続  そ  う  と  た  も  て  ら     い  い  り  え  ど  の     実  来  せ  の    
   で  を  ん  っ  い  の  な  い  の  ふ  い  れ     る  て  の  ら  う  順     験  る  い  に    
    ` 詮  な  た  て  輪  小  っ  で  た  た  て     と  も  あ  れ  し  応     の  と  ぜ  し    
   ふ  索  場  獣  い  郭  さ  た  す  り  と  い     い  そ  い  ま  の  と     狙  い  い  て    
   た  を  所  と  ま  を  な  ほ   ゜ は  い  た     う  の  だ  し  相  か     い  う  普  使    
   り  す  で  を  し  少  町  う     自  う  と     こ  時  で  た  性  い     通  程  通  い    
                                                    ゜                        
END TOP (P.2) BACK NEXT

 
         や  て  春     え  う  考  合  あ  に     ふ  交  と  だ  頃        も  え   ┐ は    
   世  そ  っ   ` が  そ  る  ふ  は  に  っ  知  普  た  換  さ  っ  に  彼  ふ   ` 夢  こ  そ    
   界  の  て  そ  来  う  よ  た  も  は  て  ら  通  り  が  え  た  は  と  た  ず  を  れ  こ    
   に  頃  来  し  て  し  う  り  う  そ  も  れ  は  の  行  区  の  自  彼  り  っ  見  か  が    
   は   ` ま  て   ` て  な  は  分  ん  嫌  る  も  あ  え  別  か  分  女  は  と  て  ら  と    
   も  町  し  雪  光  毎  も  ふ  け  な  な  と  し  い  る  が  そ  の  は  毎  離  い  も  て    
   う  を  た  が  に  日  の  た  隔  こ  気  な  自  だ  よ  つ  れ  考  与  日  れ  る  ず  も    
   あ  騒   ゜ 降  溢  が  だ  り  て  と  持  れ  分  に  う  か  と  え  え  そ  る  時  っ  気    
   ら  が     り  れ  過  っ  揃  る  は  ち  ば  の  は  に  な  も  て  ら  の  こ  も  と  に    
   ゆ  し     積  る  ぎ  た  っ  こ  あ  に  た  考  も  な  い  相  い  れ  こ  と   ` ふ  入    
   る  始     む  夏  て  の  て  と  り  な  と  え  う  っ  ほ  手  る  た  と  な  た  た  っ    
   場  め     冬  を  い  で  初  が  ま  る  え  て  秘  て  ど  の  こ  能  を  く  と  り  て    
   所  た     を  過  き  す  め  出  せ  も  そ  い  密  い   ` 考  と  力  確  生  え  で  い    
   を  噂     越  ぎ  ま   ゜ て  来  ん  の  の  る  な  た  お  え  が  を  か  き  生  暮  ま    
   繋  が     え   ` し     ひ  な  で  で  相  こ  ど  の  互  だ  も  使  め  て  ま  ら  し    
   い  あ      ` 山  た     と  い  し  す  手  と  あ  で  い  っ  と  い  あ  い  れ  し  た    
   で  り     ま  も   ゜    り  も  た  が  が  の  り  す  無  た  も  続  っ  こ  変  て   ゜   
   通  ま     た  色  風     の  の   ゜  ` 好  す  ま   ゜ 意  の  と  け  て  う  わ  い       
   信  し     新  付  の     人  で  ふ  ふ  き  べ  せ  で  識  か  自   ` い └   っ  こ       
   が  た     し  く  生     間  し  た  た  な  て  ん  す  に  と  分  も  ま     た  う       
   出   ゜    い  秋  ま     だ  た  り  り  人  が  で  か  意  い  の  う  し     と   ゜      
   来        春  を  れ     と   ゜ の  の  間  相  し  ら  思  う  考  そ  た     し  た       
   る        が  経  る     い  も  思  場  で  手  た   ` の  こ  え  の   ゜    て  と       
                                           ゜                                 
END TOP (P.3) BACK NEXT

 
    ┐ 同     う   ┐ 間  因  狂   ┐  ┐ ゃ  も  全  し  の  っ   ┐ い     う  に  し  網  よ    
   さ  じ  彼  か  は  の  も  暴  で  そ  っ  顔  体  ま   ゜ て  あ  た  買  し  は  た  に  う    
   あ  よ  女  ?  ぁ  顔  不  に  も  う  た  が  が  っ  い  し  る  の  い  た  普  の  流  に    
   ね  う  の └   :  に  明  な  ね  な  り  獣  変  た  ま  ま  日  は  物  噂  及  で  れ  な    
   え  に  思     :  戻  ら  る   ` ん  す  に  わ  人  ま  う  と  こ  に  は  し  す  る  っ    
    ゜ 思  考      ゜ っ  し  っ  私  で  る  変  っ  も  で  っ  つ  ん  出  い  て  が  情  て    
   私  っ  を     で  た  い  て  が  す  ら  わ  て  い  に  て  ぜ  な  か  つ  い  こ  報  い    
   も  て  感     も  っ  し  わ  聞  か  し  っ  し  る  も  事  ん  話  け  の  ま  の  を  ま    
   ほ  い  じ      ` て   ` け  い   ゜ い  た  ま  っ  熊  件  に  で  た  間  せ  町  管  し    
   ん  ま  て     そ  い  獣  じ  た  な  の  途  っ  て  や  が  人  し  彼  に  ん  で  理  た    
   と  し   `    ん  う  に  ゃ  話  ん └   端  た  話  猫  世  間  た  女  か  で  は  ・  し    
   に  た  そ     な  人  な  な  だ  だ     に  人  だ  と  界  の   ゜ が  広  し  そ  統   `   
   見   ゜ の     こ  も  っ  い  と  か     理  も  し  か  中  顔     隣  ま  た  う  制  そ    
   た     時     と  い  て  ら  獣  怖     性  い   ` 鳥  で  が     の  っ   ゜ し  す  の    
   わ     仕     本  る  少  し  に  い     が  る  顔  や  起  何     家  て  し  た  る  頃    
   け     事     当  み  し  い  な  で     消  ら  だ  ヘ  こ  か     に  い  か  機  機  に    
   じ     を     に  た  し  の  っ  す     え  し  け  ビ  っ  の     住  ま  し  械  械  は    
   ゃ     し     あ  い  て  よ  た  ね     て  い  じ  の  て  獣     む  し   ` さ  も  そ    
   な     て     る  な  か  ね  人 └      人  の  ゃ  顔  い  の     夫  た  そ  え  出  う    
   い     い     ん  の  ら   ゜ は        を  よ  な  に  る  顔     人   ゜ れ  一  来  し    
   か     た     で  よ  ま  ま  み        殺   ゜ く  な  ら  に     か     で  般  て  た    
   ら     彼     し  ね  た  だ  ん        し  し  て  っ  し  変     ら     も  家  い  通    
  └      も     ょ └   人  原  な        ち  か  体  て  い  わ     聞     そ  庭  ま  信    
                                                                             
END TOP (P.4) BACK NEXT

 
          ┐ た     し   ┐ か  が  証   ┐ 時  ま     て  冬  の      ┐ ろ  町     の       
   3  応  彼  り  3  れ  こ  ら   ` 言  確  の  た  事  そ  な  森  そ  狼  に  の  そ  は  も    
   度  対  の  の  度  な  の  町  そ  に  か  被  同  件  れ  ら  に  う  だ  あ  外  れ  ず  し    
   目  に  ほ  家  目  い  町  の  ん  よ  に  害  じ  は  を  ば  は  言 └   る  れ  は  で  も    
   の  出  う  に  の └   に  人  な  っ  狼  者  よ  解  否  と  狼  っ     森  に  何  し  本    
   事  た  に  や  事  と  は  た  凶  て  の  は  う  決  定  も  な  た     に  住  か  た  当    
   件  彼  ち  っ  件  話  狼  ち  暴  大  よ  幸  な  し  し  か  ん  人     入  ん  の   ゜ の    
   の  女  ょ  て  が  す  に  は  な  掛  う  い  事  な  ま  く  て  も     っ  で  獣  :  話    
   被  に  っ  来  起  よ  変  事  獣  か  な  な  件  い  し   ` 出  い     て  い  に  :  だ    
   害  刑  と  ま  こ  う  身  件  は  り  獣  こ  が  ま  た  い  や  ま     い  る  噛  そ  っ    
   者  事  用  し  っ  に  す  の  発  な  だ  と  起  ま   ゜ ま  し  し     く  人  み  の  た    
   は  は  が  た  た  な  る  こ  見  森  っ  に  こ   `    は  な  た     小  で  殺  夏  と    
   亡  そ  あ   ゜ 次  り  人  と  さ  の  た  命  り  そ     夏  い  が     径   ` さ  の  し    
   く  う  る     の  ま  間  を  れ  捜 └   を  ま  れ     の   ゜  `    で  ち  れ  事  て    
   な  言  の     日  し  が  あ  ま  索  と  取  し  か     さ  し  年     発  ょ  た  件  も    
   っ  い  で      ` た  住  の  せ  が  言  り  た  ら     な  か  配     見  う  男  が  そ    
   て  ま  す     警   ゜ ん  噂  ん  行  う  留   ゜ 1     か  も  の     さ  ど  性  起  れ    
   い  し  が     察     で  と  で  わ  そ  め  し  か     だ  獲  人     れ  町  の  こ  は    
   た  た └      の     い  結  し  れ  の  た  か  月     ぞ  物  た     た  を  死  る  遠    
   の   ゜       人     る  び  た  た  被  の  し  ほ    └   の  ち     の  出  体  ま  い    
   で           間     の  つ   ゜ の  害  で   ` ど     と  少  は     で  た  で  で  国    
   す           が     か  け  そ  で  者  す  そ  し     言  な   ┐    す  と  し  は  の    
   が           ふ     も  て  れ  す  の   ゜ の  て     っ  い  こ      ゜ こ  た   ゜ 話    
    `                                                              ゜         
END TOP (P.5) BACK NEXT

 
       ┐ ∧  ち     て  と  ず     隣  が     あ  わ         ┐ た  し  ん      ┐ い  事    
   続  き  あ  上  狼  い  同  く  月  に  し  あ  ら  か  彼  そ  す  り  か  し  彼  そ  う  件    
   い  ゃ  れ  が  |  る  じ  ま  に  い  て  る  ぬ  り  女  ん  ぐ  は  し   ` は  れ  目  の    
   て  あ  は  っ  |  そ  茶  っ  照  る  な  日  疑  ま  に  な  近  感   ` そ  そ  が  撃  あ    
   い  あ  :  て   ゜ の  色  て  ら  は  ぜ  の  い  し  は  噂  く  じ  そ  の  う  僕  者  っ    
   る  あ  :  後  そ  姿  が  唸  さ  ず  か  真  を  た  彼  話  に  て  れ  日  答  で  が  た    
   悲  |  私  ず  れ  は  全  り  れ  の  目  夜  か   ゜ が  が  狼  い  か  は  え  す  い  時    
   鳴  |  じ  さ  が  苦  身  声  た  彼  を  中  け  た  何  近  男  ま  ら  と  ま  か  た  間    
   が  |  ゃ  っ  顔  し  を  を  部  を  醒   ゜ ら  だ  も  所  が  し  ま  り  し  ?  の  に    
   彼  |  な  て  を  ん  覆  上  屋  見  ま  彼  れ   ` し  で  住  た  わ  あ  た     で  現    
   女  |  い  い  上  で  っ  げ  の  て  し  女  た  そ  て  は  ん   ゜ り  え   ゜ そ  す  場    
   自  っ  ∨  た  げ  い  て  て  中  思  ま  は  せ  れ  い  さ  で     の  ず  被  ん   ゜ か    
   身  !     彼  ま  る  い  い   ` わ  し  誰  い  で  な  れ  る     目  そ  害  な     ら    
   の  !     女  し  よ  ま  ま  何  ず  た  か  だ  も  い  る  な     が  れ  者  わ     走    
   も └      と  た  う  し  す  か  息   ゜ に  と  な  と  よ  ん     変  だ  と  け     り    
   の        目   ゜ で  た   ゜ が  を  そ  呼  思  ぜ  い  う  て     わ  け  の  な     去    
   だ        が  い  す   ゜ :  ベ  呑  し  ば  っ  か  う  に  怖     っ  で  関  い     る    
   と        合  つ   ゜ 激  :  ッ  み  て  れ  て  不  こ  な  い     て  済  係  で     人    
   い        い  の     し  彼  ド  ま  な  た  い  安  と  っ  わ     い  み  も  し     物    
   う        ま  間     く  の  の  し  ん  よ  ま  な  が  た  ね     く  ま  あ  ょ     を    
   こ        し  に     ふ  髪  上  た  と  う  し  の  す  の └      の  し  り  う     見    
   と        た  か     る  の  に   ゜ な  な  た  は  ぐ  で        を  た  ま └      た    
   に         ゜ 立     え  毛  う     く  気   ゜  ` に  す        ふ   ゜ せ        と    
                                                 ゜                           
END TOP (P.6) BACK NEXT

 
            た  に     流     婦  ?     い  そ     て      ┐ っ     硬      ┐ ず  気    
   あ  し  |  ん  な  そ  し  撃  が     彼  た  の  カ  何  そ  い  て  外  直  彼  あ  に  づ    
   の  か  |  だ  っ  の  な  た  出  警  女  彼  狼  チ  が  れ  っ  入  か  し  女   ` 体  く    
   時  し  あ └   て  瞳  が  れ  て  察  が  女  に  ャ  起  は  た  っ  ら  て  も  あ  が  ま    
   に   ` な  と  い  は  ら  た  い  を  よ  に  狙   ` こ  隣  い  て  激  し  狼  な  小  で    
   彼  そ  た  そ  た  ひ  倒  後  っ  呼  う  は  い  と  っ  に  ど  き  し  ま  も  た  刻  に    
   女  の  は  れ  時  ど  れ  に  た  ん  や  銃  を  い  た  住  う  ま  い  い  互  な  み  は    
   が  声  私  を  に  く  て  狼  後  で  く  声  つ  う  か  む  し  し  音  ま  い  の  に  し    
   何  は  の  見  私  寂  い  か  で  く  自  さ  け  音  理  夫  た  た  が  し  に  ?  ふ  ば    
   も  彼  こ  た  を  し  る  ら  し  る  分  え  て   ゜ 解  婦  ん   ゜ 聞  た  目     る  ら    
   考  女  と  彼  見  げ   ` 人  た  か  を  耳  い  隣  し  で  だ     こ   ゜ を  本  え  く    
   え  に  を  女  つ  で  そ  間   ゜ ら  取  に  ま  の  た  し  !     え     そ  当   ` 時    
   ら  は  呼  は  め   ` れ  の     ね  り  入  し  主  よ  た └      ま     ら  に  歯  間    
   れ  聞  ん  思  て   ┐ は  姿    └   戻  り  た  人  う   ゜       し     す  :  も  が    
   な  こ  で  い  い  :  間  に     と  し  ま   ゜ が  で  彼        た     こ  :  噛  か    
   か  え  い  ま  た  :  違  戻     言  た  せ  呆  ラ  し  女         ゜    と └   み  か    
   っ  ま  た  し  の  そ  い  っ     っ  の  ん  然  イ  た  の        誰     が     合  り    
   た  せ  ん  た  も  う  な  て     て  は  で  と  フ   ゜ 視        か     出     い  ま    
   の  ん  だ   ゜ こ   ` く  胸     か   ` し  そ  ル     線        が     来     ま  し    
   は  で  ね     の  さ  彼  か     ら   ┐ た  れ  を     の        ド     な     せ  た    
   自  し   ゜    目  っ  で  ら     隣  大   ゜ を  構     先        ア     い     ん   ゜   
   分  た        だ  き  し  血     の  丈     見  え     を        を     ま      ゜ 知    
   の   ゜       っ  狼  た  を     夫  夫     て  て     見        破     ま        ら    
                      ゜                                                      
END TOP (P.7) BACK NEXT

 
      そ  見     は     い  声   ┐ 彼     こ   ┐    そ  な  が  し  だ  何     に  ま  心    
   |  し  に  し  も  し  れ  を  き  の  死  と  た  彼  う  く  わ   ` か  も  彼  あ  っ  の    
   |  て  来  ば  う  か  ば  交  っ  声  体  を  と  は  彼  な  か  彼  ら  わ  自  っ  た  中    
   も  な  た  ら  あ  し └   わ  と  が  に  信  え  何  女  っ  っ  の  彼  か  身  た  か  か    
   う  ぜ  時  く  り   `    す  機  聞  向  じ  あ  も  は  た  た  姿  女  っ  は  は  ら  ら    
    ` か  に  し  ま  本     こ  械  こ  か  て  な  わ  思  |  の  を  に  て  自  ず  で  と    
   季  彼  は  て  せ  当     と  の  え  っ  い  た  か  い  |  で  見  も  い  分  の  し  つ    
   節  の  も  隣  ん  に     が  力  る  て  な  が  ら  ま  い  す  る  何  な  に  彼  た  ぜ    
   は  死  う  の  で  彼     出  な  よ  彼  き  何  ず  し  や   ゜ こ  も  か  起  の   ゜ ん    
   秋  体  ふ  夫  し  が     来  ん  う  女  ゃ  で  に  た   ` き  と  感  っ  こ  思  そ  何    
   に  も  た  婦  た  そ     た  て  な  は  い  あ  ず   ゜ 聞  っ  が  じ  た  っ  考  れ  か    
   な  消  り  が   ゜ の     ん  使  気  そ  け  っ  っ     こ  と  出  ら  の  て  だ  は  が    
   ろ  え  の  警     言     だ  わ  が  う  な  て  と     う  そ  来  れ  だ  い  っ  い  す    
   う  て  部  察     葉     ね  な  彼  話  か  も  不     と  の  た  な  と  る  た  つ  っ    
   と  い  屋  を     に      ゜ く  女  し  っ   ` 安     し  時  彼  か  彼  こ  の  で  ぽ    
   し  ま  に  呼     答     :  て  に  か  た  私  だ     な  に  女  っ  女  と  で  も  り    
   て  し  彼  ん     え     :  も  は  け  の  だ  っ     く  彼  の  た  は  に  す  分  と    
   い  た  女  だ     る     耳  私  し  て  に  け  た     な  の  ほ  の  思  つ   ゜ か  抜    
   ま   ゜ の  後     と     を  た  ま  い  ね  は  の     っ  声  う  だ  い  い     ち  け    
   し     姿  に     い     す  ち  し  ま └   あ  で     た  が  に  と  ま  て     難  落    
   た     は  様     う     ま  は  た  し     な  し     の  聞  は   ゜ し  本     く  ち    
    ゜    な  子     こ     し  心   ゜ た     た  ょ     だ  こ  そ  し  た  当     そ  て    
         く  を     と     て  の      ゜    の  う      ゜ え  れ  か   ゜ に     こ  し    
          `                                ゜                                 
END TOP (P.8) BACK NEXT

「10.七角錐の少女」を読む